採用見える化クラウド

記事更新日: 2021/11/09

執筆: 編集部

編集部コメント

「採用見える化クラウド」は"求人コストの削減と効率化"を可能にする採用分析システム

「採用見える化クラウド」はさまざまな採用システムと連携しデータを分析。
採用応募の獲得から入社まではもちろん、入社以降も使用した求人費用がどのように売上や業務に貢献したのかをデータで可視化するサービスです。
また、採用活動に特化したレポートも自動で作成でき、採用コスト削減を効率よく進めることができます。
採用の効果分析に時間を取ることが難しい飲食店やスーパーなどの小売系の企業にはとくにおすすめです。

採用管理システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

採用管理システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする13サービスの資料をダウンロードできます。

採用見える化クラウドだけ知りたい方はこちら

採用見える化クラウドの資料を請求
良い点

「採用見える化クラウド」は専門的な知識やITスキルは不要。データを用意するだけで取り込みやシステムの設計、導入までおこなってくれるため、簡単に運用開始できます。

悪い点

すでに採用管理システムを導入している企業が「採用見える化クラウド」にシステムを切り替える場合、 一部の機能しか乗り換えることができません。

費用対効果:

月額プランはわかりやすくシンプル。無料プランもあり、気軽に導入することができます。

UIと操作性:

直感的に操作できるシンプルなUI。レポートは自動作成機能があり複雑な操作は必要ありません。

導入ハードル:

設計から導入まではもちろん、機能のカスタマイズにも柔軟に対応可能です。

採用見える化クラウドの導入メリット4つ

1.売上向上やコストの削減を実現

ダッシュボードでは、指定した店舗やエリアの採用情報をスムーズに把握・分析することができ、すばやく現状を把握することができます。

さらに、レポートを一元管理することにより一目で施策を比較できるシステムになっています。

これらのデータを元に効果を検証し施策を改善するまで、たった3ステップで無駄なく効果的に対応することができます。


採用見える化クラウドの特徴

2.どのような形式のデータにも対応可能

既存のデータの形式にかかわらず、採用に関するすべてのデータを統合することができます。

求人媒体やWeb広告などのデータだけでなく、面接や採用の情報に加え入社後の勤怠データも統合が可能。

すべてのデータの一括管理することができます。

「採用見える化クラウド」ならデータの取り込みはもちろん、異なるツールのデータ統合作業の手間もありません。


データを簡単に一括集約

3.データの自動作成機能で運用も簡単

「採用見える化クラウド」はデータの加工や接続、連携までをおこなってくれます。

設計から運用までを手厚くサポートしてくれるため、プログラミングの専門的な知識は不要。

ITに詳しい人材を配置する必要もありません。

導入後も採用活動に特化したレポートが標準レポートとして用意されており、誰でも簡単に使うことができます。


レポートは1日1回自動で最新化

4.施策ごとの分析が簡単

「採用見える化クラウド」では求人から採用後の効果までが一目でわかるようになっています。

レポート機能では、採用活動に特化した4つのレポートを利用することができ、採用からコストパフォーマンスまでを確認することが可能です。

1日1回自動的にレポートが更新されるため、Excelを使ったレポートを作成する手間がなくなり、施策検討に時間をかけることが可能です。


基本機能で使えるレポート例

画像出典元:「採用見える化クラウド」公式HP

採用見える化クラウドの資料を無料ダウンロード

 

採用見える化クラウドのデメリット3つ

1.別の採用管理システムからの乗り換えが一部しかできない

すでに別の採用管理システムを利用している場合、システムのすべてを「採用見える化クラウド」に移行することはできません。

既存の採用管理システムはそのまま利用を続け、CSVデータのみを「採用見える化クラウド」で運用することになります。

2.カスタマイズしたい場合は別途費用が必要

レポートを自社用にカスタマイズしたい場合など、標準のレポート機能以外への対応には別途費用が必要です。

標準のレポートで事足りる場合をのぞき、必要な機能に応じて別途費用がかかるため高額になることも。

カスタマイズには柔軟に対応してくれるため、採用分析に必要な項目が多い場合には予算の確保が必要です。

採用見える化クラウドの料金プラン

無料のトライアルプランと有料プラン3種類があり、必要に応じて機能を追加するカスタムプランがあります。

有料プランでは別途初期費用300,000円がかかります。

おすすめは月額48,000円(税込52,800円)の「ベーシックプラン」です。

  ベーシック コンサル カスタム
月額料金
(税抜)
¥48,000 ¥148,000 お問い合わせ
採用支援業務 なし あり あり
ユーザー数 複数人利用可 複数人利用可 複数人利用可


採用見える化クラウドの資料を無料ダウンロード

 

競合製品との料金比較

ジョブカンは初期費用無料で、月額費用は競合と少し安いです。

候補者登録数により料金があがっていくので、大企業名ででは総額が競合サービスを利用した場合より高くなる可能性はあります。

  採用見える化クラウド ジョブカン HRMOS
初期費用 ¥300,000 ¥0 非公表
月額費用 ¥48,000~ ¥30,000~ 非公表

 

採用見える化クラウドを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

飲食店、スーパーなどの小売系で派遣・アルバイト・パートの採用をおこなっている会社

支店がたくさんあるような大規模の企業には「採用見える化クラウド」の導入がおすすめです。

支店や店舗のエリア別に採用活動や費用対効果を分析できるため、

毎月たくさんの応募があり、採用分析に業務負荷がかかりがちな大規模の会社にはうってつけのシステムです。

システムの導入に不安を感じているITに疎い企業

「採用見える化クラウド」の導入はプロが設計からおこなってくれます。

まだ採用分析システムを導入したことがない会社では、導入のための準備やデータ整理の手間もかかりません。

プロにすべてお任せでシステムを導入することができるため、準備の段階から業務を効率化することが可能です。

向いていない企業

すでに別の採用分析システムを導入している企業

すでに別の採用分析システムを導入している企業には不向き。すべてのデータを移行することができないので、運用できるデータが限られてしまいます。また、予算が極端に少ない企業にもおすすめできません。導入には初期費用もかかります。カスタマイズも検討している場合はある程度の予算が必要です。

 

 

まとめ

「採用見える化クラウド」は、採用応募が多く管理・分析に悩んでいる会社には最適のシステムです。

導入から運用までがスムーズで、レポートの自動作成機能を使って簡単に採用分析をすることができます。

また、レポート自動作成機能により作業工数も削減できるため、改善のための施策に集中することが可能。

「採用見える化クラウド」を導入すれば、採用分析の業務効率を高めることができます。

採用見える化クラウドの資料を無料ダウンロード

 

画像出典元:「採用見える化クラウド」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

採用管理システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】採用管理システム選びのお役立ち資料
採用管理システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ