MosP

記事更新日: 2020/09/15

執筆: 編集部

編集部コメント

MosPは自社社員の勤怠情報をより詳しく把握したいと考えている会社に適しています。社員の役割分担があいまいになっているなど、工数管理の面で苦労している会社では重宝されるでしょう。

勤怠管理システムを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

勤怠管理ツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

1. 内製化可能

外部委託することなく自社で勤怠管理できる

2. 生産性管理

各社員が一つの工程にどの程度時間を割いているか確認できる

3. リモートアップデート

遠隔地からMosPの機能をアップデートできる

良い点

各社の要望に合わせてカスタマイズできる機能が充実しています。各社員の生産効率を管理できたり、きめ細やかなサポート体制が整っている点が魅力的です。

悪い点

低コストで始められるとはいえ、機能は基本的に有償だと考えてよいでしょう。またマイナンバーの収集には対応していない点もネックです。

費用対効果:

MosPを自社でインストールおよびセットアップして利用する分には費用が発生しません。

UIと操作性:

スマートフォン専用画面がなく、PCと同様の画面から操作しなければなりません。

サポート体制:

初期設定やアップデートなどに関するユーザーサポートが整っているため、誰でも気軽に利用できます。ただしサポートサービスは有料です。

MosPの特徴3つ

1. 導入ハードルが低い

「MosP」における特筆すべきポイントは、オープンソースソフトウェアであることです。

オープンソースソフトウェアとは、「利用を検討している方が無料で利用すること」などを、開発者が認めているものです。

そのため誰でも自由に「MosP」をインストールし、適した環境さえ整えればすぐに利用を開始できます。

サポート体制が充実しているため、システム開発に精通した自社社員がいない場合でも安心して「MosP」を利用できる点も魅力的です。

 


「MosP」オープンソースソフトウェア
 

2. カスタマイズで最適化を図れる

「MosP」にはおよそ60項目にものぼるカスタマイズ可能な機能が搭載されています。

「自社にどの機能をカスタマイズすればよいのか分からない」という方でも、問い合わせをすれば相談に応じてもらえるため安心して利用できます。

カスタマイズサービスは有償ですが、自社にとって最適な勤怠管理システムを作成でき、なおかつ外部委託でないためサービス終了の心配がないことを考えると、利用する価値は高いといえるでしょう。

MosPカスタマイズ(有償)

3. 導入実績が豊富にある

「MosP」は50,000ダウンロードを突破している、導入実績が豊富な勤怠管理システムサービスです。

日本国内においては唯一とされるオープンソースソフトウェアの勤怠管理システムですが、稼働数は400社以上を誇ります。

導入実績が豊富にあるということは、利用各社の要望に対して柔軟に対応してきた経験が豊富ということにもつながります。

「MosP」は主に大学・工場・情報通信業などといった業種に対応してきたケースが多くあります。

しかし多種多様な業界にも豊富な経験を積んだスタッフが相談に応じてくれるので安心して使用できます。


「Mosp」活用実績

 

MosPの料金プラン

上述しましたが、「Mosp」はオープンソースソフトウェアなので、基本的にインストールして利用するだけであれば料金は発生しません

ここでは、様々ある有償サポート料金の一部を紹介します。

こちらは「ユーザーサポート」の料金表です。「MosP」の機能やバージョンアップなどに関する問い合わせの料金が表記されています。

そのほかにも自社で機能をカスタマイズした場合の差分サポートなどもあり、こちらも有償です。自社社員でのカスタマイズに不安がある場合は、すべてサポートしてもらう方法も検討してみるとよいでしょう。

MosPの評判・口コミ

担当者変更の際の引継ぎがしやすくなった
運送業A社

これまではExcelを使用して勤怠管理を行ってきましたが、Excelのスキルは社員によってさまざまですよね。そのため担当者変更に伴い引継ぎは、スキルに差があり難航していました。しかし「MosP」を利用すると、担当者のスキルに関わらずほかの社員も利用できるようになりました。サポート体制も万全なので、安心して使えますね。

授業時間の短縮にも柔軟に対応できるようになった
K大学

始業時間と終業時間の変更があってから、これまで手書きで行っていた記録簿への記入ミスが増えるようになっていました。またペーパーレス化を行いたいが、予算をできるだけ抑えたいという要望もあり、「MosP」を採用しました。「MosP」は初期費用を抑えられ、また時間の変更を適切に管理することもできることがうかがえます。

※『MosP』公式HP参照

まとめ

この記事では[MosP]の特徴・評判・料金を解説しました。

「MosP」は自社社員の勤怠管理の一元化や生産性向上について悩んでいる会社に最適です。

業種・業界を問わずさまざまな会社への導入実績がありますが、特に実績が多いのは大学・工場・情報通信業の業種です。

実績が多いほど利用している各社のニーズを把握しているため、上記の業種の会社には特におすすめです。

画像出典元:「MosP」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

勤怠管理の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【勤怠管理システム】【無料勤怠管理システム】【製造業向け勤怠管理システム】のツール

起業ログが厳選する勤怠管理
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
THE給与
jinjer勤怠
マネーフォワード クラウド勤怠
ジョブカン勤怠管理
MINAGINE就業管理システム
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ