Microsoft Dynamics CRM

記事更新日: 2018/09/30

執筆: 編集部

編集部コメント

Office製品とインターフェースが似ているので非常に使いやすく、顧客情報を一元管理することができます。しかし、他サービスと比べて割高なので導入の際には必ず費用対効果を考えるようにしましょう。

CRMを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

CRMツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. 営業支援

Outlookで作成したメールやスケジュール、連絡先にタスクなど自動連携させることができる

2. 顧客情報管理

顧客情報をすべて一元化することができるので、社内連携が非常にスムーズになる

3. マーケティング支援

部署ごとに分散する顧客情報をデータ化したうえで分析・排出しながらマーケティングが可能

良い点

Microsoft社が提供する製品ということもあり、Office製品と連携をシームレスに行なうことができます。

悪い点

他サービスと比べてコストがやや高めです。最低でも月/ 10,000円以上かかるため費用がかかります。

費用対効果:

必要に応じたプラン選びや組合せなどが可能ですが、CRMは安くても月10,330 円/1ユーザーとコストがかかります。

UIと操作性:

すでにOutlookやExcel、WordなどMicrosoft社の製品を利用している方には使いやすい操作性となっています。

知名度:

多くの人が利用しているMicrosoft社の製品であり、導入数は世界で40,000社(440万人)を超えるなど、知名度は高いです。

他言語対応:

現在日本語をはじめ、英語・中国語など全41か国語に対応しており、他言語も柔軟に対応しています。

サポート体制:

技術的に困った際も、フリーダイヤルもしくはメールでのサポートが受けられるので安心です。

Microsoft Dynamics CRMの3つの特徴

1. Microsoft社製品とのシームレスな連携

Microsoft Dynamics CRMの最大の特徴は、Microsoft社が提供するOffice製品などとの連携がシームレスであるということ。

Office製品と言えばOutlook(メール)やWord、そしてExcelが有名で、個人・企業問わず日常的に使用している方も少なくありません。

Dynamics CRMは、そんな馴染みのあるOffice製品との相性も抜群で、たとえばOutlookで送受信されたメールを顧客活動履歴としてCRM内に反映させることが可能です。

また、Dynamics CRM内にある顧客データをExcelに反映させ、リアルタイムに情報を分析し、簡単にレポートを作成することも可能です。もちろんWordにも連携させることも可能で、顧客データからWordに反映させ見積書などを簡単に作成することもできます。

Dynamics 365とOfficeとの連携(Outlook)

このように、普段使い慣れているOffice製品との連携が非常にスムーズなため、違和感なく使用でき日常における業務効率化が図れます。

2. 顧客の抽出とデータ分析

ターゲットの抽出とデータ分析が簡単にできることも、Dynamics CRMの特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

このDynamics CRMでは、蓄積された顧客のデータから様々な切り口による顧客抽出が可能で、検索の仕方もOffice製品と似ているので、はじめて使う人でも直感的に操作することができます。

また、検索結果から抽出された顧客へ新商品やキャンペーンのお知らせなどそのままDMとして送信することもできるので非常に便利です。

さらにDynamics CRMは分析機能も優れており、今まで行ってきたキャンペーンの活動成果や顧客の反応などを、標準装備されているダッシュボードや各自Excelを使ってリアルタイムに分析することができます。

こうしてリアルタイムに分析をおこなうことにより、今までおこなってきた活動成果や営業への貢献度が視覚的にわかるようになるので、今後のマーケティング対策に役立ちます。

3. 顧客情報の統合管理

Dynamics CRMの特徴3つ目は、顧客情報をすべて一元化することができるということ。

社内においてバラバラに保管されている顧客情報を、Dynamics CRMを使って一元化することで顧客情報が重複してしまっているなど、情報の多重管理がなくなります。

また、企業名や住所、業種、従業員数、担当者名などで管理する「企業情報管理」から、キャンペーンや商談、メール配信などお客さんに実施した活動で管理する「活動管理」まで、幅広い管理方法が可能になります。

顧客情報を一元化することで社内での情報共有がスムーズになり、質の高い営業戦略を立てならが適切なタイミングで顧客にアプローチをかけていくことができるのです。

企業にとって顧客管理を一元管理することは、日常業務を効率的にするばかりか業績アップに繋がる重要なことであり、まだ一元化されていない場合は是非おすすめです。

料金プラン

Microsoft Dynamics CRM単体料金

Dynamics CRMの料金プランは、単体で購入するパターンとパックで購入するパターンの2パターンあります。なお、単体の場合は下記のように①~⑤に分類されます。

①:営業支援/10,330 円/月/ユーザー
②:カスタマー サービス/10,330 円/月/ユーザー
③:フィールド サービス/10,330 円/月/ユーザー
④:プロジェクト サービス オートメーション/10,330 円/月/ユーザー
⑤:ファイナンス & オペレーション/4,350 円/月/ユーザー

また、上記アプリ①~④までがセットになったCustomer Engagement Planも用意されており、これは1ユーザーにつき月額12,510円となります。

Microsoft Dynamics CRMのパック料金

その他にも①~⑤すべてがセットなったDynamics 365 Plan や、⑤のみ利用可能なUnified Operations Planなどが用意されていますが、Customer Engagement Plan以外の料金については各自直接お問い合わせが必要です。

ちなみにですが、筆者が直接Microsoft社に尋ねたところ、CRM 系の機能を必要とする企業のなかで比較的多く選ばれているのは①~④のCustomer Engagement Planとのことです。

評判・口コミ

 

以前は、スプレッドシートでのデータの抽出や操作、手動での請求書処理など、無駄な時間がかかっていました。しかし現在は Dynamics 365 で直接支払いをアップロードして処理したり、Excel でデータを操作したり、必要な処理を自由に行うことができます。今では以前と比べて 3 分の 1のほど時間を節約できました

 

手作業を排除することで、データの入力に内在する人的エラーのレベル、支払不能、間違ったコストセンターへの送信、元帳コードのミスなどの問題を減らすことができます。

 

まとめ

今回ご紹介してきたMicrosoft Dynamics CRMは、数あるMicrosoft製品との連携がシームレスで、特にOutlookやWord、ExcelなどOffice製品との相性は抜群です。導入した際も、各部署においてスムーズにシステムを浸透させていくことができるでしょう。

ただ、前項でも記述したとおりCRM系システムは比較的コストの負担が大きいとされ、なかでもMicrosoft Dynamics CRMのコストは高い方だと言われています。

使いやすくて高機能だが、それなりにコストはかかる。そういったコスト的なことも考慮しながら、あなたの会社にあった製品選定をしていただければと思います。

画像出典元:「Microsoft」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

CRMの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のCRM

起業ログが厳選するCRM
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Salesforce Sales Cloud
Salesforce Essentials
SMILE V
起業ログが厳選するCRM 資料請求する
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ