Visionary

4.5

記事更新日: 2021/05/06

執筆: 編集部

編集部コメント

「Visionary」は導入実績200社以上、今後さらにシェアが拡大すると注目を集めているCRM(顧客管理システム)。使いやすさにこだわったシステムで、ストレスなくマーケティングPDCAを回せます。企業のどんな要望も適えるカスタマイズ性の高さも注目!

CRMを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

CRMツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

1. 顧客管理

実店舗・ECサイトなどで収集した顧客情報を一元管理できる

2.メール配信

ターゲットを絞り、好みのタイミングでメール配信できる

3.問い合わせ管理

問い合わせ内容をカテゴライズし速やかな対応を支援する

良い点

CRMのプロフェッショナルが開発に携わっていることもあり、カスタマイズ性に優れ、導入後も機能追加等あらゆる要望に速やかに対応してくれます。

悪い点

サポート担当者の知識レベルがまちまち。問い合わせ対応のスピードや質に当たり外れがあるとの声があります。

費用対効果:

クラウド版なら月額固定料金制で10万人まで登録可能。低コストで運用できます。

UIと操作性:

操作画面はシンプルでわかりやすく、専門知識がない人でも欲しい情報にすぐ到達できます。

セキュリティ体制:

組織単位でアクセス権限を管理でき、情報漏洩対策が万全です。

Visionaryの3つの特徴

1. あらゆる顧客情報を一元管理

「Visionary」は実店舗だけでなく、ECサイトや独自の顧客管理システムなど、あらゆる場所に点在する顧客情報を集約。「Visionary」内で一元管理することで、情報の更新漏れや入力の重複を防ぎます。

顧客情報のデータベースでは、年齢・性別などの属性の他、購買情報も取込・管理可能。メルマガのクリック数やアンケート回答履歴など全の情報が「Visionary」内に蓄積されていくので、常に最新の情報を会得できます。

もちろん、購買履歴・行動履歴をもとに情報を抽出し、ターゲットを絞ったマーケティング施策に活用することも可能。メール配信はもちろん、特別ポイントの付与やクーポンプレゼント企画など、顧客が本当に欲しい情報のみ届けることで、企業と顧客との距離が今以上に縮まるでしょう。


全ての顧客情報をデータベースに集約
 

2. コンバージョン率の高いメール配信を実現

「Visionary」には、顧客データベースをもとに、顧客一人一人に最適なメールを配信するパーソナライズ配信機能が搭載されています。パーソナライズ配信は、メールマガジンのコンバージョン率向上に効果的。顧客の興味や関心にマッチするメールを配信することで、顧客満足度もアップします。

さらに、「Visionary」ではメール配信の効果測定や分析も可能。メール配信にまつわるPDCAを効率よく回すことで、顧客のメール開封率やクリック率、コンバージョン率を向上させるでしょう。


メール配信のPDCAサイクル
 

3. タブレットを用いた効果的な接客できる

「Visionary」には、タブレットに適したレイアウトに変更し表示する機能があります。そのため、タブレットで「Visionary」の管理画面を見ながらの接客が可能。顧客の基本情報はもちろん、購買履歴やポイント残高、クーポン獲得履歴などを確認することで、効果的な接客ができます。


タブレットを使用した接客


タブレットがあれば、接客後すぐに最新情報を入力可能。スタッフ同士で情報共有でき、接客したスタッフの不在時に顧客が来店した際でも、スムーズに対応できます。

「Visionary」では、各店舗での購買情報を1時間毎確認できる集計・分析機能を近日公開予定。この機能が公開されれば、多店舗の売れ行きを確認しながらディスプレイを変更したり、セールストークに活かすなど、更なる接客効率の向上が期待されます。

料金プラン

 

「ASPプラン」「ライセンスプラン」とクラウドを利用した「ライトプラン」の3つの料金プランがあります。

「ライトプラン」は会員数10万人までという制限があるものの、初期費用10万円+月額費用10万円のみで運用可能。ただ、カスタマイズには対応していません。

カスタマイズを希望するなら、「ASPプラン」もしくは「ライセンスプラン」を選択しましょう。

初期費用・月額料金はカスタマイズ内容や導入環境により異なるので、詳しくは公式HPからお問い合わせください。

公式HP

評判・口コミ

顧客情報の一元化により効果的なマーケティング施策を実現
ナノ・ユニバース様

店舗・ECそれぞれで付与されたポイントが共通化され、ポイントサービスの利便性が向上したことで、顧客満足度向上とポイント活用促進による売上の向上につながりました。また、会員情報を一元的に管理できるようになったことで、「お客様の足跡」の分析へ繋げ、ポイント施策をより効果的に展開できるようになり、マーケティング施策の効果をチャネル横断で測定できるようになりました。

顧客との関係が強化できた
アトレ様

PDCAサイクルを利用してコミュニケーションやアンケート、会員管理など、日々の運営に必要な業務負荷を考慮した機能を設計し、Webサイト、メール、実店舗を連動させたコミュニケーション・シナリオの運用実現が可能になりました。コミュニケーション・シナリオの運用が実現したことにより、お客様との関係強化や離脱防止の施策を効率的に行えると手応えを感じています。

※「Visionary」公式HP参照

まとめ

「Visionary」はリリースから約15年の間、顧客管理のノウハウを知り尽くしたスタッフが、企業のニーズを反映しながら進化させ続けているCRMです。そのため、一般的なCRMに物足りなさを感じている企業に最適。使いやすさにもこだわっているので、初めてCRMの導入を検討している企業にもおすすめです。

「Visionary」はリーズナブルな価格設定ながら、あらゆるマーケティング活動のサポート機能を網羅。それぞれをうまく連携させることで、営業活動のPDCAサイクルの効率化に貢献します。カスタマイズ性にも優れているので、企業が求めている通りのCRMを構築できるでしょう。

画像出典元:「Visionary」公式HP

Visionaryの評判・口コミ

小売

251〜500人

現場の販売に役立つ

使いやすいと感じた点を教えてください。

販売職として店頭でVisionaryを使用しています。顧客ナンバーや購入したアイテム、日にちや店舗など、細かい項目から過去の情報を追跡できるのが非常にありがたいです。顧客ナンバーが不明な購買に関する問合せの際も、日時と商品から細かく検索を行って特定できたことがあり、助かりました。

不便だと感じた点を教えてください。

Visionary単体で得られる購買情報だけだと、店舗単位の数値分析には活用が難しい気がします。必要な情報をやや探しにくく、特に若手がVisionaryを使いこなすための指導に時間がかかってしまいます。現在は外部連携ツールが反映されない店舗に所属しているため、この不便さがさらに目立っている印象です。

外部連携はしやすいと感じましたか?

一部店舗にてfollwUPとの連携を行っています。多面的な分析ができる反面、各ツールで算出される数値やカウントにはズレがあり、使いにくいです。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。

単に在庫の稼働を見る、顧客の動きを見るという視点だけではなく、全店の状況も把握できます。地域的な動きや所属店舗の得意な点など傾向が読み取りやすく、現場の販売に役立つと思うためです。

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

CRMの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】CRMツール選びのお役立ち資料
CRM
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ