CRM ANALYZER

4.0

記事更新日: 2022/04/18

執筆: 木下千恵

編集部コメント

「CRM ANALYZER」は、CRM分析サービスでありながら、分析結果をもとにダイレクトマーケティングまでワンストップで対応してもらえるのが魅力です。

DM送付などのダイレクトマーケティング実施後、効果検証までを支援。次の施策でさらに高い効果につながる、継続利用により収益改善を見込めるサービスです。

顧客のデータをもとに、経験や感覚に頼ることなくダイレクトマーケティングを行いたい企業にはぜひおすすめです。

CRMを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

CRMツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする9サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

データ提供だけで分析レポートを得られる、手軽に利用できる分析サービスです。分析・立案だけでなく、DM設計をはじめとしたプロモーション施策も任せることができます。

悪い点

CRM構築ではなく分析サービスです。顧客情報に紐づいた売上明細など、基本のデータ収集を自社で実施し、データを提供する必要があります。

費用対効果:

UIと操作性:

データ提供後はレポートを待つだけです。戦略立案の時もアナリストの支援があり、自社の負担少なく、効果を得られます。

デザイン:

提供されるレポートは一律のデザインではなく、利用企業ごとに必要な情報がまとめられています。現状を把握しやすいデザインです。

サポート体制:

プロのマーケティングアナリストが伴走し、様々な切り口からの分析レポートを提供してくれます。

CRM ANALYZERとは?

「CRM ANALYZER」は、効果的なダイレクトマーケティングに必須の、CRM(顧客関係管理)を支援してくれる手軽な分析サービスです。

このサービスは、ダイレクトマーケティング活動の基盤となる事業計画の策定から、リサーチや分析、DMなどのプロモーション施策の実施・運営の改善に活かすことができます。

こんな課題を解決したい企業におすすめ

  • メール配信の効果に懐疑的
  • 実店舗とECの顧客を統合して分析できていない
  • 押さえるべきKPIがわからない
  • 思いつきの施策になっている
  • 分析まで手が回らない、専任者がいない、作業負荷が大きい

 

運営会社

運営元はフュージョン株式会社。

設立は1991年で、札幌証券取引所に上場もしている堅実な企業です。

ダイレクトマーケティングを基盤に、コンサルティング、調査・分析、設計・構築を行う総合マーケティングサービスを提供。

全日本DM大賞を連続受賞したり、取引先に多くの有名企業を抱えたりと、サービスに対する評価の高さがうかがえます。

取引先企業(一部)

CRM ANALYZERの特徴3つ

「CRM ANALYZER」は、ダイレクトマーケティングに必要な分析を徹底的に行い、KPI・利益の構造を可視化してくれます。

「重視すべきKPIは何か?」「どのような顧客がどのぐらい購入しているのか?」「売れ筋商品は何か?」「購入動機や購買間隔はどうなっているのか?」などを、具体的にレポート。

思いつきのマーケティングから脱却し、収益UPに導いてくれるでしょう。

ここからは、「CRM ANALYZER」の特徴的な分析手法と、分析結果を活かしたダイレクトマーケティングについてご紹介します。

1. 売上増減の根本要因を明確にできる

「CRM ANALYZER」の売上構造分析は、「上がった・下がった」だけを見ません。

基本的な公式を設定し分析することで、より売上増減の本質的要因を把握することができます。

「CRM ANALYZER」の売上構造分析の公式

売上は、購入件数「客数×来店回数」と客単価「一回当たりの購入数量×一点当たりの単価」の4要素の積から成る。


さらに、経年や年代、チャネル、地域といった区分も追加。

論理的に売上構造を可視化することで、優先して手を打つべきポイントを明確にできます。

2. 的確な購買施策につながる顧客分析

「CRM ANALYZER」の分析手法は、自社を支えてくれている顧客を明確に見える化してくれます。

顧客分析方法の一つ「流入・流出分析」では、顧客数の推移や、顧客の流出入の状況を数年単位で把握。

顧客の新規/継続の内訳をキャッチできます。

新規の顧客には継続に導くための、継続の顧客には離脱を防ぐためのアプローチをするなど、それぞれの顧客に対する施策を的確に打てます。


流入・流出分析レポート例


その他、「デシル分析」や「RFM分析」などの手法もあります。

購入金額によって顧客をランク分けし売上構造を分析したり、購入頻度の分布を確認したりと、さまざまな切り口で顧客を解明。

分析により、現状の売上構造や顧客の離反状況を把握でき、より効果的な施策を打つのに役立つでしょう。

3. 商品が売れるタイミングを可視化

「CRM ANALYZER」の分析レポートの三つ目は商品分析です。

商品分析では、特に商品の購買間隔にスポットをあて、主力商品が何日間隔でリピートされているのかを解明します。

購買間隔のデータにより商品が売れるタイミングを掴み、最適な施策のタイミングを検討できるようになります。


商品分析レポート例

プロモーションも得意!フュージョン株式会社の関連サービス

「CRM ANALYZER」の分析により、明確化されたターゲットに対し、どのようにアプローチすればよいでしょうか?

「CRM ANALYZER」を提供するフュージョン社のサービスの1つに、「Fumi」というDM(ダイレクトメール)に特化したサービスがあります。


DMマーケティング「Fumi」


「Fumi」は紙のDMを利用し、伴走型で企業の顧客コミュニケーションをサポートしてくれるサービスです。

DMにより顧客の来店・購買促進を狙えます。

日本郵便株式会社が主催している全日本DM大賞では2年連続グランプリを獲得

さらに、10年以上の連続受賞も果たし、その実績は確固たるものです。


2020年全日本DM大賞グランプリ

 

「Fumi」の導入メリットは?

戦略策定 → データによるターゲティング → クリエイティブ作成 → 効果検証

「Fumi」は、上記のサイクルを一貫し提供。

効果検証の結果を次の戦略策定に活かし、より高い効果につながるのが「Fumi」の強みです。

レスポンス率・客単価UP・購入回数UP、さらには顧客とのコミュニケーション改善も可能です。

DMプロモーションで、「取り組み方がかわからない」「効果が感じられない」といった悩みを抱える企業におすすめです。

「Fumi」は、利用企業からも大きな成果の報告があがっています!

ロイヤルDM実施後の購入率は、62.1%を記録。同条件顧客の前年実績と比較して、受注率は168%となりました。/スイーツ販売業

データを活用したDMで売上110%を達成!/食品製造販売業

*「CRM ANALYZER」公式HP・導入事例より抜粋

CRM ANALYZERの料金プラン

詳細はお問い合わせが必要です。

サービス概要については、以下から資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

CRM ANALYZERの評判・口コミ

購買データの分析から育成すべき顧客層を可視化
スイーツ販売業

過去3年分の通販の全明細データを分析した結果、1回のみ購入のお客さまが全体の約70%弱と非常に高いことが判明。分析の数値から、販促のテーマを、上位会員をもっと育てること、ギフトを中心とするセット商品の販売を強化する方針を決めました。DM実施後の購入率は、62.1%を記録。同条件顧客の前年実績と比較し、受注率は168%となりました。

データを活用したDMで売上110%を達成!
食品製造販売業

データはあるが活用できていない」ことから、店舗と通販の過去3年分の購買データから基礎分析を実施。結果、「顧客のファン化」が重要な課題であることが見えてきました。それをもとに、年間の販促計画を立案しDMをはじめとする施策に活かしています。結果として、来店率が上がり全体売上約110%を達成できました。

データを活用する文化を社内に醸成できた
大手化粧品会社

ブランド力を源泉として右肩上がりの成長を続けてきましたが、これまで業績が良かっただけにデータ分析は見向きもされておらず、何が悪くて何が良いのか、何故売り上げが落ちているのか全くわからないと言う状態でした。そこで、売上回復の施策ターゲットを探すことを目的として、現状把握を実施することにしました。今では、毎月15Pに凝縮した分析レポートを作成し「月次の分析結果が無いと始まらない」というデータを重んじる企業文化にまで変わってきました。

*「CAM ANALYZER」公式HP参照

CRM ANALYZERの評判・口コミ

IT

251〜500人

導入決定者

改善点をピンポイントで突き止められる

利用にかけた費用

初期費用は不明でした。月額費用は17万5000円でした。

 

利用期間

2021年1月~2021年8月

 

導入に至った決め手を教えてください。

リピーターの割合などこれまで着目できていなかったデータを中心に様々なデータを分析できて、改善点を詳細に知ることができるところが決め手となり導入することになりました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

同じデータでも様々な角度から分析を行うことができた点です。

・売り上げのデータだけでも、毎月の売り上げが上がったかはもちろん、1人のお客様に購入して頂けた金額が上がったかなど3つ以上の観点で分析できました。

・取り組みの効果が出ている部分を一部でも実感しながら、売り上げアップのための取り組みを進められたのでありがたかったです。

 

不便だと感じた点を教えてください。

担当者の方が自社の意見を考えずに、数値を重視して今後の販売戦略を提案して来たことがあったことです。

・担当者の方に分析したデータの読み取りなどをいつでも相談できたのは良かったのですが、「今後の販売戦略について子育て世代以外の売り上げを伸ばしたほうが早い」と、顧客ごとの購入金額をもとに主張されたのは不快でした。

・幼い子どもたちをメインターゲットとしたいと自社が主張しても、あまり聞き入れてもらえず、販売戦略の変更を何度も提案されました。配慮が少し足りないように思ってしまい、嫌な気がしました。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Excelと連携して、製品の1人当たりの購入数などのデータを膨大な数でも途中で止まることなく共有できたので、連携しやすかったです。

 

他の会社にもおすすめしますか?

売上の推移だけでなく具体的に何が課題となっているかを、数値を中心にした客観的なデータを算出して考えられるようになります。何を改善すればいいかをピンポイントで突き止めたいと考えている会社におすすめです。

まとめ

この記事では「CRM ANALYZER」の特徴・評判・料金を解説しました。

「CRM ANALYZER」はCRM分析サービスでありながら、分析結果をもとにダイレクトマーケティングまでワンストップで対応してくれるのが魅力です。

経験や勘に頼ることのないデータに立脚したマーケティングを展開したい企業にはぜひおすすめのサービスです。

画像出典元:「CRM ANALYZER」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

CRMの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】CRMツール選びのお役立ち資料
CRM
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ