メール配信システムの導入メリットを解説!機能と無料有料の違いは?

メール配信システムの導入メリットを解説!機能と無料有料の違いは?

記事更新日: 2021/04/20

執筆: 編集部

この記事では、メール配信システムの導入メリットを中心に、導入ポイント、メール配信システムに搭載されている機能、基本的な種類などを取り上げます。

せっかくメルマガを配信しても通常のメールソフトを利用するとユーザーに届かず無駄になる事も多くあります。

また、メールの配信内容や日時を担当者が手で行うのは非効率です。

メール配信システムは「ユーザーに届ける」「メールの効果を分析」するためのシステムです。

この記事を読めば自社に最適なメール配信システムを見つけることができます。

このページの目次

メール配信システム導入のメリット

メール配信システムとは、メルマガのようなお知らせメールを配信・分析するシステムです。

ECサイトやメールマーケティングが増え、メールで情報を配信する事が売上に繋がると考えるようになりました。

「メールを送る」

「メールを見てもらう」

「メールによって興味を持ってもらう」

「メールからアクセスしてもらう」

この4つを目的とした機能が搭載されているのが「メール配信システム」です。

メール配信サービス導入で得られるメリットを紹介します。

メリット1、一斉配信・大量配信ができる

メール配信システムはメルマガや情報などのメールをユーザーリストに基づいて大量に一斉配信できます。

手作業でたくさんの人に同じタイミングでメールを送るなら手間と時間がかかり、誤入力や誤送信のリスクが高まります。

Outlookなどのメールソフトで利用するサーバーは一斉配信を想定したものとはなっておらず、大量のアドレスにメールを一斉配信すると迷惑メールを送っていると認知され、ユーザーに届きません

メール配信システムで利用するサーバーは一斉配信を前提としたものになっているため「メールの未達」を防ぐことが出来ます。

メリット2、HTMLメールが送れる

メールには文字だけのテキストメール、ウェブサイトのように文字に画像や動画を設置することができるHTMLメールの2種類があります。

メール配信システムではHTMLメールをテンプレートなどを使って作成することができ、訴求効果の高いデザインのメールを配信できます。

メリット3、ステップメールで優良顧客の育成

メール配信システムでは、資料請求や見積依頼、会員登録や購入に至ったユーザーに自動的にステップメールを送ることができます。

ステップメールはフォローアップメールとも呼ばれており、見込み客を顧客へと育成する、顧客を優良顧客へと育てる効果を期待できます。

ステップメールで、必要している情報やサポートを最適なタイミングで配信すれば、メール配信元の企業やサイトに対する見込み客や顧客の愛着を強めることができます。

メリット4、セキュリティ対策ができる

メール配信システムは、個人で利用するメールソフトよりセキュリティ対策が優れているというメリットがあります。

通信やデータの暗号化機能、ログ管理、アクセス制限機能などで、第三者の不正利用、情報の流出を防ぐことができます。

メリット5、マーケティング活動との連携

メール配信システムの効果計測機能を使えば、メール受信者の関心事、配信に適した曜日や時間などを分析できます。

HTMLメールはメールの開封、メール内のリンクのクリックなどメール受信者の行動追跡・測定が可能です。

分析結果をもとにより効果的なメールマーケティングの施策を打ち出せます。

メール配信システムの導入ポイント

メール配信システムは大企業だけでなく、中小企業や個人でも導入可能です。

この部分ではメール配信システム導入前に検討すべきポイントを紹介します。

メール配信の種類を考える

メールの配信スタイルは大きく分けると次の2種類になります。

一斉配信 セール情報やキャンペーン情報など同じ内容の情報をたくさんのユーザーに配信
セグメント配信 配信先を年齢や性別、地域や関心、行動履歴などにそって分類(セグメント化)し、その分類に従った内容の情報を配信する


自社の配信スタイルがどちらのものなのか、あるいは両方とも必要なのかを分析し、それに応じた機能を備えているメール配信システムを選択できます。

メール配信システム導入の費用と運用までの期間

メール配信システムは、オンプレミス型とクラウド型で導入費用と運用までの期間が大きく変わります。

  クラウド型 オンプレミス型
サーバー構築 必要なし 自社で構築する必要あり
導入費用 安価 高額
運用開始までの期間 即日運用も可能 数週間から数カ月
月額コスト 登録メールアドレス数や送信数により変動 固定
保守・メンテナンス ベンダーが行うので不要 自社で行うので必要
導入後のカスタマイズの自由度 制限あり 自社のニーズに合わせて自由に行える
自社システムとの連携 制限あり 自社のニーズに合わせて自由に行える
セキュリティ ベンダー提供しているセキュリティレベルに依存
個人情報を扱うので高度なセキュリティ対策を行っている
自社でセキュリティを堅牢にする
障害対応 ベンダーが対応するので、自社で原因の特定や対応は困難 自社で障害の原因を特定し対応できる
災害対策 ベンダーがハードウェアの二重化などによる冗長化対応をしており、堅牢なシステム構築により災害対策が行われている サーバーが被害に遭う可能性を考慮し、遠隔地にバックアップを作成するなど自社での対策が必要


導入費用を抑えたい、すぐに導入したいという状況ならばクラウド型がおすすめです。

 

必要な機能が搭載されているか

一斉配信だけでなく、ユーザー個々の関心事や悩みに寄り添うようなOne to Oneのメールマーケティングを目指しているのであれば、セグメントや行動履歴に応じたステップメールを送る機能を搭載したシステムを探せます。

携帯やスマホへのメルマガを強化するならSMS配信機能を備えているシステムを選べます。

導入前に必要な機能が実装されているか調べるもの大切なポイントです。

月に配信するメール数

クラウド型のメール配信システムでは、月額料金が登録しているメール数やメールの配信数に応じて変動するプランを提供しているものがあります。

登録するメールアドレス数、月の配信数はいくらぐらいなのかを把握してメール配信システムを選択することもポイントの一つです。

メール配信システムの主な機能

次に、メール配信システムに搭載されている基本的な機能を紹介します。

メール配信システムに搭載されている機能は「人が判断していたことが自動設定出来る」事です。

機能の名称は各メール配信システムで違う場合もありますが、内容はほぼ同じです。

メール配信設定機能

メール配信設定機能を使うと、設定された日時や配信種類(一斉配信かセグメントなど)を自動配信できます。

 

メールデザイン作成機能

メールコンテンツのデザイン作成をサポートしてくれる機能です。

テキストメール作成

文章のみのメールが作成可能です。

デコメール作成

携帯向けに画像付きや文字の装飾をしたメールを作成し配信できます。

テンプレート

メールの出だし文書、書式、署名など利用頻度の高い文面を伝プレートとして登録し保存できる機能です。HTMLメールのテンプレート登録ができるメール配信システムもあります。

定期的に配信するメルマガなどはテンプレートを使用すれば作成時間を短縮できます。

差し込み機能

メール受信者の名前、会社名などの登録情報を、メール本文や件名に差し込める機能です。

HTMLメールエディタ

HTMLの知識やスキルがなくても、メールに文字の装飾、画像や動画の挿入などが簡単にできる機能です。

レスポンシブ対応

作成したHTMLメールのレイアウトをメール受信者側の端末の画面サイズに合わせて自動変更してくる機能です。

メール配信先の登録・管理機能

メールアドレスの管理に関係する機能です。こうした機能があるのでたくさんのメールアドレスを登録しても管理が容易にできます。

一括登録

CSVファイルを読み込んで、受信者データのリストを一括登録することができる機能です。

受信者データの検索

登録されている受信者データを管理画面から検索できます。

受信者データの編集・削除

管理画面から受信者のデータを編集したり削除したりできます。

項目設計

受信者データと紐づけしたい氏名・住所・性別などの情報を追加し登録できます。

メールマガジンの登録・解除機能

メールマガジンの登録・管理に関係する機能です。

登録・解除フォーム

メルマガの登録フォームや解除フォームが簡単に作成できる機能です。

空メール登録・解除

メール受信者から空メールを送ってもらえれば、それだけでメルマガへの登録や解除ができる機能です。

受信者はメールアドレスの入力不要になる事で、メルマガ登録へのハードルが低くなります。

QRコード作成機能

メルマガ登録フォームや解除フォームのQRコードを作成する機能です。

ワンクリック解除

メール本文のURLをクリックするだけで簡単にメルマガ解除ができます。

メール配信の効果測定機能

メール配信結果

配信に成功したアドレス、配信エラーになったアドレスが確認できます。

配信エラー解析機能が搭載されていれば、その理由を分析・集計することが可能です。

配信エラーの上限回数を設定し、その回数に達したメールアドレスへは配信を自動停止することもできます。

メール開封率チェック

HTMLメールは開封率を取得できます。

測定結果から、読まれやすい件名、配信に適した日時などを分析可能です。

クリック測定

メールの中のURLが誰により、いつクリックされたかを測定できる機能です。

クリックした顧客をリスト化し、それぞれの反応、関心、嗜好に応じたフォローアップメールを送れば、見込み客から顧客への育成、再購入や再利用に応じる優良顧客への育成ができます。

分析結果のグラフ表示

HTMLメールの開封率、URLのクリック率、登録者数などをグラフ表示できます。

メールマーケテイング活動の振り返り、経営層へのメールマーケティングの投資対効果(ROI)の説明などに利用できます。

メール配信システム|無料版と有料版の違い

メール配信システムには無料版と有料版があります。

メール配信機能制限の有無

無料版では登録できるメールアドレス数や配信数、利用可能な機能などに制限があります。有料版では月額料金を増やせば、登録メールアドレス数や配信数を増やすことが可能です。機能制限もありまぜん。

無料版のメール配信システムの中にはステップメールの配信には対応していないものもあります。そうしたものはビジネスでの利用には不向きです。

しかしオレンジメールやMailChimpのように無料版でもステップメール送信機能が利用できるものがあります。無料版で操作性や効果を試してから有料版に切り替えるという使い方ができます。

利用期間の制限

無料版を提供しているメール配信システムでは利用期間に制限を設けているものもあります。

無料版と有料版のメリット・デメリット・利用シーンの比較表

  無料版 有料版
登録数・配信数制限 あり なし
機能制限 あり なし
利用期間制限 あり なし
メリット 無料で機能や操作性、メール配信の効果を試せる
気に入ればそのまま有料版に切り替えることも可能
制限なしにすべての機能が利用可能
デメリット すべての機能が利用できない
利用可能期間に制限がある
コストがかかる
利用シーン メール配信システムを選択する際のお試しとして 登録メルアド数や配信数が多い企業や個人は有料版がおすすめ

 

MA・CRMメール配信システム機能の活用

メール配信以外のマーケティング活動も積極的に行っている企業ががたくさんあります。

MAツールのメール配信機能を活用する

MAツールにもメール配信機能はあります。

オンライン・オフライン両方の見込み客を管理できる、営業部門との連携が取れるなど、メール配信システムにはない特徴を備えています。

自社のマーケティング活動がオンライン・オフライン両方を活動範囲にしているのか、訪問営業や電話営業などの営業活動の有無を考慮し、MAツールにするかメール配信システムにするかを決定できます。

ECサイトなどのオンラインで見込み客・顧客を集めることから、事業規模が拡大し実店舗を展開するに至った場合などは、メール配信システムからMAツールに乗り換えるという選択肢もあります。

優良顧客の育成や維持にはCRM

CRMにもメール配信機能は搭載されています。

リピート顧客をすでにたくさん獲得していて、メールを通じてその顧客との関係をさらに強固にしたいという場合はCRMの利用を検討できます。

 

おすすめのメール配信システム 

WiLL Mail(ウィルメール)


画像出典元:「WiLL Mail」公式HP

特徴

WiLL Mail高機能を比較的安価に使うことができる、コスパの良さが魅力です。

初期費用も無料なので気軽に導入することができます。

ドラッグ&ドロップのマウス操作だけで簡単に作ることができるため、専門知識も必要ありません。

分析機能では開封・クリック・コンバージョンの分析をグラフやヒートマップを用いて比較することもできます。

ヒートマップを活用すれば、多数のユーザーが注目している部分とそうでない部分が浮き彫りになるため、バナーを張る位置や、レイアウトなどの検証しながらユーザーの行動を分析することが可能です。

配信数に応じた従量課金制の料金プランを導入しているため、無駄な出費を抑えて導入することができるのも大きな魅力と言えるでしょう。

機能

  • ドラッグ&ドロップの簡単操作
  • スマホ対応のHTMLメール作成
  • 開封・クリック・コンバージョンの分析
  • 12種類の分析機能
  • ステップメール配信機能

料金プラン

「WiLL Mail」の料金プランは月間配信数に応じた従量課金制です。

プレミアムプランとシングルプランがあり、シングルプランで定額課金の場合には以下のような料金体系となります。

初期費用 月額費用 配信数
無料 4,000円~ 5,000〜

 

 

 

blastmail(ブラストメール )


画像出典元:「blastmail」公式HP

特徴

blastmail(ブラストメール )は法人導入シェア数7年連続1位を獲得し続けているメルマガ配信システムです。

年間メール送信数の上限の高さとお手頃な価格、長年の実績から多くの企業に信用度の高いツールとして使用されています。

ブラストメールは最安プランでも3,000件ものアドレスに向けて配信することが可能です。

加えて月額費用内での配信数は無制限のため、1か月の間に多くの人に向けて複数回配信する使い方をする場合に特に適しています。

機能

  • HTMLメール作成
  • アドレス自動排除機能
  • 空メール登録
  • ターゲット配信
  • クリック率・開封率の測定

料金プラン

初期費用 月額費用 登録アドレス数
10,000円(1年契約で半額) 3,000円~ 3,000件~

 

 

 

Benchmark Email(ベンチマークイーメール)

画像出典元:「Benchmark Email」公式HP
 
 

特徴

Benchmark Emailは世界50万社に選ばれている、とても人気なメール配信システムです。

ドラッグ&ドロップだけで誰でも簡単にHTMLメールを作成でき、500種を超える豊富なデザインテンプレートを使うこともできます

HTML上級者の人向けにはより自由にカスタマイズできるエディタも用意されているので、初心者だけでなく、デザイン重視の場合にもおすすめできるサービスです。

初期費用が無料で月額費も1,800円から選べるので、コスト面も優しいのが特徴です。

機能

  • HTMLメールの作成
  • 購読者分析・クリックヒートマップによる効果測定機能
  • オートメーション
  • A/Bテスト

料金プラン

初期費用 月額費用 登録アドレス数
無料 1,800円~ 500件~


無料トライアルで基本的な機能を試すことができるため、導入を検討している場合には是非一度試してみることをおすすめします。

 

 

MailPublisher(メールパブリッシャー)

画像出典元:「MailPublisher」公式HP
 

特徴

「MailPublisher」は配信速度や配信到達性に課題をお持ちの企業におすすめしたいメール配信システムです。

「4,100万通/時」の圧倒的な高速配信が実現するだけでなく、500種類以上のエラーメールを自動解析するエラー解析エンジンを搭載しており、高い到達率を実現します。

また、CDP、BIツール、ECシステムなど社内外のシステムと連携可能な点も魅力です。

機能

・エラーメール自動解析機能
・受信環境に応じた送り分け設定
・CDP、MA、ECシステム、レコメンドエンジン等、外部ツールとの連携

料金

月額費用25,000円からの利用が可能です。

月の配信通数によって、料金体系が分かれており、月の配信通数が多ければ多いほど、メール1通あたりの金額はリーズナブルになります。

詳しくは無料資料をご参照ください。

 

 

VPS-NEO(ブイピーエスネオ)

画像出典元:「VPS-NEO」公式HP

特徴

「VPS-NEO」は利用者ごとに専用のサーバーを用意しているため到達率の高さに定評があるサービスです。

初心者でも使いこなせるような工夫やサポートが充実。ユーザーの要望に応えて機能の追加や改善を重ねているので、低コストで多くの機能を搭載しています。

特にステップメールが無制限で使い放題など、本格的なメールマーケティングを考えている場合に嬉しい機能が充実しているのも特徴です。

機能

  • スケジュールに沿って自動配信
  • ステップメール使い放題
  • 基本属性19項目、自由属性15項目で読者管理を行い、メール差し込みが可能
  • 携帯電話や外部システムからのメルマガ配信が可能

料金プラン

初期費用 月額費用 リスト数
0円~ 4,600円~ 2,500名~

 

 

関連記事

VPS-NEOの特徴・評判・口コミ・料金を徹底解説!

この記事ではVPS-NEOの特徴や評判などをご紹介し、他のメール配信システムとの比較も徹底解説していきます!

 

メール商人

画像出典元:「メール商人」公式HP

特徴

アイデアを凝らして大きな効果を狙いたい企業にオススメしたいのが「メール商人」です。

「メール配信」「ステップメール」「入力フォーム」の3大機能を中心に、一括予約配信、セグメントメール、HTMLメール、パーソナライズメール、メール配信後の効果測定、CRM機能、お誕生日メールなど、メールマーケティングを実践する上で必要な機能を一通り備えています。

利用者が完全に「メール商人」を使いこなせるように、操作説明会・電話・メールにおいて、何回でも無制限にサポートしてくれるので、初めてメール配信システムを導入する方でも安心して利用することができます。

料金プラン

初期費用 月額費用 登録アドレス数
5,000円 3,800円 1000件まで

 

 

 

お名前.comメールマーケティング


画像出典元:「お名前.comメールマーケティング」公式HP

特徴

お名前.comメールマーケティング」は、業界最安値の月額790円から利用することができ、管理画面内でメールのリンククリック数や「購入」「資料請求」などの着地点に到達した読者の数を把握することが可能です。

格安のサービスですが、ステップメール配信機能がついていたり、さらに詳しい分析をしたい人のためにGoogle Analyticsとの連携も可能で、必要な機能は一通りそろっているメール配信システムと言えます。

料金プラン

初期費用 月額費用 登録アドレス数
無料 790円~ 無制限(容量制限あり)

 

 

 

まとめ

メール配信システムについて紹介しました。

メール配信システムでは、キャンペーン情報やセール情報などを大量のアドレスに一斉に配信する場合、性別・年齢・地域などで分類しそのセグメントに沿った内容のメールを配信する場合の両方の使い方ができます。

さらにテキストメールだけでなく、画像や動画を埋め込んだHTMLメールの配信も可能です。

メールマーケティングの効果を分析するために、メール開封率、URLのクリック率、誰がいつメールを開封したのかなどの測定もできます。

メール配信システムの用途・機能・導入形態などを理解できれば、自社にふさわしいメール配信システムを選択できます。

画像出典元:Pixabay

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ