Cuenote SMS

4.5

記事更新日: 2021/11/15

執筆: 編集部

編集部コメント

Cuenoteは大手企業を含む1,800以上の導入実績がある、高いセキュリティで国内4キャリアと直収しているSMS配信サービスです。

API・IVR連携・双方向SMS・長文配信にも対応しています。

SMS配信サービスを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

SMS配信サービスを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

Cuenote SMSだけ知りたい方はこちら

Cuenote SMSの資料を請求
1.高い到達率

国内主要4キャリア直接接続しているので圧倒的な到達率

2.高セキュリティ

大手企業や金融機関を含む1800以上の導入実績でセキュリティも万全

3.長文対応

オプション費用不要で、最大660文字まで送信できる機能

良い点

管理画面ではSSL暗号化通信、IPアドレス制限によって、不正なIPアドレスからのアクセスを防止できます。 定期的なセキュリティチェック、データバックアップにより安心して利用できる環境が整えられています。

悪い点

長文SMSに対応してますが、70文字を超過した場合、docomoは66文字単位、auでは67文字単位で課金が行われるため注意が必要です。

費用対効果:

従量課金制なので、多様な機能をもつサービスを小規模から始めることができます。

UIと操作性:

配信レポートの画面で配信成功数が確認できるため、費用確認が容易に行えます。

セキュリティ:

サーバー側でユーザー保護の取り組みが行われているため安心して利用できます。

Cuenote SMSの特徴

1.様々な用途で使えるSMS認証

近年では企業でも本人確認の方法としてSMS認証を使うパターンが増えています。

SMS認証を導入することでユーザー・企業双方の安全性を高めることができます。

不正アクセスや不正ログインの防止ができるため、

  • サイト会員登録

のみならず

  • スマートフォンアプリダウンロード
  • ログインパスワード変更
  • 個人情報、設定内容変更
  • お申込み手続き

などの場面で活用することができます。

Cuenote SMSではAPI連携により開発も容易に行えます。

2.SMSに貼り付けたURLへの反応率を見える化

Cuenote SMSの機能として配信したSMS内に記載したURLがどれだけのユーザーにクリックされたのかを測定することができます。

SMS配信後に、レポート画面では総クリック数、ユニーククリック数、クリック率、キャリア比率、クリックされた時間帯等の情報を確認することができます。

この機能を利用すれば、どれだけのユーザーがどのようなコンテンツに興味を持ったか、重要な通知を送信した際にユーザーが内容を確認したかを判別することができます。

利用方法は、ショートメッセージ作成画面にてボタン1つクリックするだけで、クリックカウント機能を設定することができるため非常に簡単です。

Cuenote SMSの資料を無料ダウンロード

 

Cuenote SMSの料金プラン

初期費用は無料、月額料金は1通~12円の従量課金制です。

その他のオプション課金など、詳細は下記資料をご確認ください。

Cuenote SMSの資料を無料ダウンロード

 

Cuenote SMSの評判・口コミ

小売

501〜1000人

該当顧客に確実に届けるような使い方をしたい会社様にはおすすめ

利用にかけた費用

初期費用無料、 従量課金制で〜12円/通

使いやすいと感じた点を教えてください。

業者からお客様に荷物をお届けする際に連絡してもらうために使用しています。他のSMSとも比較しましたが、

  • 送信失敗時に、宛先別に理由を詳しくレポートで確認できる
  • Pマーク、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)取得など
  • 無料トライアルがあった

といった点を評価しました。

荷物お届けのときに不在であれば日時変更をしてもらうことで、確実に荷物を届けられるようにSMSを送っています。SMSサービスの中には、不特定多数送信は得意なものの、届いてるのか届いてないのかが実際分からないものもあります。ですがCuenote SMSについては、送る側がきちんと相手に届いているかどうかを把握できて、日時変更等でコントロールできるのが大変ありがたいです。従量課金制なので、送った分だけの支払いなのも助かっています。

不便だと感じた点を教えてください。

他ベンダーでは、携帯電話番号の履歴判定ができます。

そのため、携帯電話の契約者変更の可能性がある場合は自動的にSMS配信を止めることができるので、その機能がない点は不便に感じます。

他の会社にもおすすめしますか?

不特定多数の顧客に一斉送信という使用方法よりかは、該当顧客に確実に届ける(納品のお知らせ)ような使い方をしたい会社様にはおすすめできます。

まとめ

現在は認証用途としての利用が多いSMSですが、開封率が非常に高い(約90%ととも言われています)ことも特徴の一つです。

そのため、Cuenote SMSの機能の一つであるレポート機能や外部の分析ツールを組み合わせて用いることで顧客とのコミュニケーションをさらに深めることも可能になります。

Cuenote SMSの資料を無料ダウンロード


画像出典元:「Cuenote SMS」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

SMS配信サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するSMS配信サービス
SMS配信サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ