空電プッシュ

4.0

記事更新日: 2021/04/01

執筆: 編集部

編集部コメント

「空電プッシュ」は、顧客の電話番号にSMSでメッセージを送信できるサービスです。個別送信から一斉送信まで行えます。DMやメール配信では目標の開封率が実現できていない企業には、郵送などのコスト削減と開封率アップに効果的な「空電プッシュ」がおすすめです。

SMS配信サービスを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

SMS配信サービスツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. 高セキュリティ

国内主要3キャリアとの連携で強固なセキュリティを実現

2. 多彩な送信方法

PCやAPI、IVRを活用したメッセージ送信が可能

3. ビデオトーク機能

SMS送信後、顧客とビデオ通話ができる

良い点

サポートが24時間365日行われているので、深夜にトラブルが起こってもすぐに対応してもらえます。

悪い点

MVMO(格安SIM)についてはdocomo、au、ソフトバンク回線を利用している場合は送信可能ですが、SMS受信可能な端末でSMS契約を締結している携帯電話端末に限られます。

費用対効果:

UIと操作性:

シンプルな操作画面なので、誰でも使いやすい操作性となっています。

サポート体制:

24時間365日有人監視と受付が行われており、いつトラブルが起こってもすぐに対応してもらえます。

セキュリティ:

データの暗号化保存、外部機関による脆弱性診断、侵入検知システムの整備などのセキュリティ対策が行われています。

空電プッシュの特徴3つ

1. 顧客に対し、確実にメッセージ送信ができる

「空電プッシュ」は、SMSが利用可能な携帯電話に送信できます。docomoやau、ソフトバンクだけでなくY!モバイルなどに対応していますが、「空電プッシュ」の携帯キャリア自動判定機能では、番号ポータビリティにも完全対応しています。

SMSで送信できる文字数はdocomoの場合660文字、auは140バイト、ソフトバンクは333文字までとなっています。SMSメッセージの文字数を自動で調節してくれるため、担当者の入力業務もスムーズになります。

長文分割機能を利用すれば、キャリア問わず700文字まで送信可能です。メッセージ内にあるURLの短縮も行えるので、効率よくメッセージ送信ができるでしょう。

また、最近ではSMSを利用したなりすましや詐欺なども流行しており、SMSメッセージに対して不信感を抱く方も少なくありません。「空電プッシュ」では、送信元の番号を固定してメッセージを送るため、受信者側が安心して開封することができます。


安心と信頼度が高いから利用しやすい

2. LINEメッセージの送信も可能

「空電プッシュ」で送信可能なのはSMSメッセージだけではありません。「空電プッシュ for LINE」では電話番号からLINEを検索し、LINEメッセージを送信することができます。

「空電プッシュ for LINE」を活用すれば、文字数制限にとらわれず、写真やイラストつきのメッセージが送信できます。

スマートフォン所持者の中でも利用率の高いLINEであれば安心して利用できるため、受信者からの返信率アップが期待できます。

また、LINEでのメッセージ送信が行えなかった場合は、SMSメッセージを送信できるので送信漏れがおこらない点も魅力です。


LINEでより便利に使いやすく

3. SMSでコスト削減だけでなく、機会損失も防げる

「空電プッシュ」はSMS配信による開封率アップ以外にも様々な業種に利用メリットがある点も魅力です。例えば、配達や工事の訪問時間などを予めSMSで送信しておくことにより業者は無駄な訪問を行わずに済みます。

また、コールセンター業務では、電話が込み合っている場合はSMSで顧客にメッセージを送信し、公式HPを閲覧してもらうことで待ち時間を解消することができます。

さらに、クレジットカード利用の滞納者に対してSMSを活用すれば、郵送で催促する場合と比較して回収率を向上させることができます。

このように、「空電プッシュ」の利用シーンは多岐にわたります。

事前連絡でスムーズな業務

空電プッシュの料金プラン

料金は、配信ボリュームや利用目的に応じて変動します。

詳細は問い合わせをする必要があります。

空電プッシュの評判・口コミ

外食

51〜100人

リマインドメールが簡単に送れる

使いやすいと感じた点を教えてください。

請求書を送付しても未入金のお客様が多いので、そういった方々にリマインドして忘れずに入金してもらい、入金率を上げるために導入しました。

送信リストの取込、代入、定型文の保存、送達結果データの出力など、最低限必要な機能は一通り網羅しているところが非常に便利だと感じました。

不便だと感じた点を教えてください。

送信文字の上限が非常に少ない点にはやりにくさを感じています(例えばauは140バイトまで)。「こんなに制限がかかってしまっては何も送信できない」と感じたことはよくあります。ソフトバンクや楽天にはそういった不便を感じないので、同様に充実してほしいと思いました。2021年夏までには改善されると聞いているので、使いやすくなることに期待したいです。

他の会社にもおすすめしますか?

シンプルに送れるのが特徴的なので

  • オンライン上で顧客対応をしていきたい
  • ペーパーレス化を目指していきたい

といった会社にはおすすめできると思います。請求書の送付後、説明会開催直前などにリマインドメールが簡単に送れます。

不動産

101〜250人

月額1,000円

利用にかけた費用

初期費用0円、月額1,000円

使いやすいと感じた点を教えてください。

電話予約配信ができます。時間を設定すると自動的に送信できる点が良かったです。

不便だと感じた点を教えてください。

サイズが大きいファイルを添付して送信できなかった点です。また、過去に送信したメッセージをさかのぼって確認できるのは良いとして、膨大なメールから目的のメールを見つけるのが大変だったのは困りました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

LINEや、OneDriveでの共有がしやすいと感じました。

他の会社にもおすすめしますか?

月額料金が非常に安価なので、おすすめしたいです。大企業でも利用されていることもあって、安心して利用できると思います。

IT

251〜500人

セキュリティー面も安心で的確にSMSを配信できる

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

初期費用は不明。月額費用は8万円。料金プランは、自社の希望に応じたオーダーメイドのプランです。 

利用期間 

2019年10月~2020年3月 

導入に至った決め手を教えてください。 

お客様の質問に応じたSMSを迅速に送信できるようになるからです。自社のホームページに質問を頂いてもどのような回答を返すべきか分からないという事態が、勤務年数の少ない社員を中心に発生していました。導入することで、SMSで適切な回答を、数分で送信できる機能が整っていることが決め手となりました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

回答が長文になっても、正確にSMSを送信できた点です。お客様から質問を3つほどまとめて頂いたときに、回答の分量が多くなってしまったのですが、途中で配信が停止することなくスムーズに送信できたのでありがたかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

URLが上手く送信されない事態があったことです。お客様に対して自社の最新事業を紹介しているページのURLを含めてSMSを送信しようとしたとき、SMSで送信されたURLの部分をクリックしても指定したページに移動しないということが、複数回ありました。これはお客様や当社の業務に支障をきたす事態なので、とても困りました。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

自社のホームページと連携してホームページにアクセスして下さった方の情報を共有できたので、連携しやすかったです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

SMS配信を行いたいもののセキュリティの面で不安を感じていて導入を躊躇している会社におすすめです。セキュリティを保ちつつ、自社に興味を持っている企業に的確にSMSを配信できます。

まとめ

これまで、郵送や電話、メールなどで顧客にコンタクトをとっていたけど思うようにコミュニケーションがとれないと感じていた企業にうってつけのSMS配信サービスです。

受信者は企業から送信されるメッセージをSMSやLINEで手軽に確認できるので、到達率だけでなく開封率アップも期待できます。

郵送など通信料にかけていたコストを削減したい、それと同時に売り上げアップを実現したいという企業には「空電プッシュ」がおすすすめです。

画像出典元:「空電プッシュ」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

SMS配信サービスの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するSMS配信サービス
SMS配信サービス
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ