OneDrive

3.7

記事更新日: 2021/08/05

執筆: 松木大誠

良い口コミ・評判

MS Officeとの連携でらくらく導入

利用していたMS Officeからアカウントを設定するのみで、OneDrive上のファイルの利用や保存ができて便利だと思った。全社員が簡単に導入でき、移行がスムーズに進められた点も助かりました。

悪い口コミ・評判

Google workspaceとの連携は面倒

Microsoft officeに限定している企業にはおすすめですが、併用している我が社では、Google workspaceと連携するために別サービスを経由する必要がありました。設定が増えたうえに、対応できるメンバーが限定されるので、手間と時間がかかってしまいました。

編集部コメント

OneDriveはMicrosoft Officeアプリケーションのオンラインサービスです。Microsoftのサービスだけあって、OneDriveはOfficeアプリケーションと連携することができ、Windowsを使っている方にとっては便利なサービスです。ただGoogle Driveと比較すると割高なので、ActiveDirectoryの認証を必要としないような企業であればGoogle Driveをおすすめします。

編集部へもMSOffice製品を利用している企業からは、すぐ導入できる・扱いやすいと絶賛です。ただし無料プランのユーザーからは、5GBでは足りない!との声も。必要に応じて有料プランに切り替えましょう。

オンラインストレージを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

オンラインストレージツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

1. 情報を保存・共有

プランごとの容量に応じて情報を保存することができ、保存した情報を共有できる

2. 文書を作成・編集

プランに応じてWordやExcelを使うことができるので、文書を作成・編集することが可能

3. 検索機能

見つけたい情報を検索するだけで、簡単に見つけることが可能

良い点

Windowsを使用している方にとっては、Officeアプリケーションとの相性がいいためとても使いやすいです。無料からの料金プランもあるので導入しやすいでしょう。

悪い点

Windowsを使用していない方にとっては、他ツールと比べて大きなメリットが少なく、多少割高になっています。

費用対効果:

社内で導入する場合にはGoogle Driveに劣ります。個人で使うには申し分ないでしょう。

UIと操作性:

シンプルで初めての人でも使いやすいです。

社外連携:

URLを作成するだけで簡単に共有することができます。

知名度:

Microsoftアプリケーションなので、知名度はとても高く信頼があります。

はじめに

社内の情報共有ツールとして、OneDriveを導入しようと考えている方は少なくないでしょう。その際に同じく検討される類似サービスは「Google Drive」です。正直、この2つのツールは似通っており、ビジネスで導入する場合にはどちらを選ぶか悩ましところです。

この記事ではOneDriveとGoogle Driveを比較し、どちらのツールがより優れているのかを検証していきたいと思います!

OneDriveの特徴

1. 簡単に保存・共有できる

ファイルやフォルダ、写真やPDFなどといったあらゆる情報を、OneDrive内に保存することができます。そして保存した情報はリンクを作成し、メール・Facebook・LINEやMessengerなどからリンクを送信するだけで、情報を共有することができます。

さらにはファイルすべてのアクティビティの履歴を追跡することが可能なので、全員の状況を常に把握することができ、セキュリティもばっちりです。

2. さまざまなデバイスから使用可能

PC・スマホ・タブレットといったデバイスから、いつでもどこでも作業をすることができます。さらに変更した内容は、全てのデバイスで更新されるので、同期も簡単です。

OneDriveのスマホアプリはシンプルで見やすく、操作性も高いので、使いやすいことも魅力の一つです。スマホアプリではファイルの操作・閲覧・編集をすることができ、写真のアップロードなども可能です。

3. 共同作業が便利

組織内外の相手との共同作業をスマートに行うことができます。

OneDriveならWordやExcelなどのアプリを使って、リアルタイムで共同編集ができます。さらにOutlookでメールにファイルを添付することも、クリック1つで簡単にすることができます。

4. OneDrive(1TB分)が無料で付いてくる

Office365とはWord・Excel・PowerPoint・Outlook・OneNote・OneDriveといったアプリを全て使うことができるサービスです。Microsoftのサービスを中心に使っている方であれば、Office365を使用している方は多いと思います。

なんとこのOffice365を購入すると、OneDrive(1TB分)が無料で付いてきます。Office365を購入している人は、他のオンラインストレージ を購入する必要なく、OneDrive(1TB)を使うことができます!

OneDriveの料金プラン

個人利用と法人利用の差は、利用可能な容量が主なポイントですが、その他にも、安全面での違いとして、法人利用特有のメリットがあります。

法人利用限定の安全面対策

・ファイルのバージョン履歴(差分バックアップと復元機能)
・ファイルの操作記録
・SLA(Service Level Agreement)の定義(99.9%)
・管理者によるデータのバックアップ操作

また、法人用プランは法人のアカウントを利用するため、個人がWindows 10で使っているマイクロソフトアカウントでは、ビジネス環境にログインできません。他社と情報共有したい、という場合は注意してください。

個人利用の場合

OneDrive Basic 5GBとStandalone 100GB は、OneDriveの容量のみになります。

Officeアプリケーションを既に持っており、容量が足りる方は無料の5GBプランで十分でしょう。

Microsoft365 PersonalはPowerPointやWord、ExcelなどのOfficeアプリケーションを全て使うことができます。

Officeアプリケーションを持っていない方は、MS365 Personalをおすすめします。

単体で購入すると高額になるOfficeアプリケーションを、全て最新のバージョンで使用することができ、OneDriveの容量も1TB付いてきます。

法人利用の場合

OneDrive for Business Plan 1・2は、OneDriveのみの利用となります。容量が1TB(1,000GB)で足りるのであれば1、不足の場合は2を選びます。

プランの途中変更はカンタン。具体的な方法は、次のサポートページに書かれています。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/commerce/subscriptions/upgrade-to-different-plan?view=o365-worldwide

Microsoft 365 Business Basicは、Microsoft Teams と、Web 版・モバイル版の Word、Excel、PowerPointを使うことができます。

オフライン環境で作業をさせたなくないパートタイムスタッフ・インターン生などへの環境提供は、Basicプランで充分でしょう。

パワーユーザーや、これからOfficeアプリケーションを購入しようと考えている企業にはStandardプランがおすすめです。

どちらのプランも1人あたり1TB使うことができます。

OneDriveとGoogle Driveの比較

料金と容量の比較

Google Driveの料金・容量


OneDriveの容量については料金プランのところで説明しているので、そちらをご覧ください。

料金を比較するとOneDriveの方が安いと感じますが、Google Driveは月/600円払うだけでGoogleサービスを全て使うことができるため、Googleドライブの方がコスパは高いです。

対してOneDriveは1,360円のプランでないとOffieサービスを使うことができません。元からサービスを持っている方であればいいですが、全員が持っているとは限りませんし、購入するとコストが大幅にかかってしまいます。

仮に社内で導入する場合、OneDriveの「Office 365 Business Premium」を使用する場合と、Google Driveの「Google Suite」を使用する場合では、かかる費用が異なります。

仮に社員10人で使用する場合だと…?

【Google Driveの場合】

600円×12ヶ月×10人=72,000円


【OneDriveの場合】

1360円×12ヶ月×10人=163,200円


【差額】

163,200円−72,000円=91200円

OneDriveとGoogle Driveを比べた場合、1年間に一人あたり年/9120円もの差額が出てきてしまいます。コストの面で考えても「Google Drive」を導入すべきでしょう。

機能の比較

Google Driveをビジネスプランにする場合には、「Google Suite」に登録する必要があります。登録することによりチーム内で、ビジネスにおけるあらゆるサービスを使うことができます。

機能の比較ではビジネスプランの「Office 365 Business Premium」と「Google Suite」の比較を行っていきます。

OneDriveの方がコストが高いからといって機能が優れているわけではなく、表を見てもらうとわかる通り、機能面では2つのサービスに大きな違いはありません。

どちらを使うべきか?

結論からいうと、新しく企業で導入する場合にはビジネスプランの「Google Suite」をおすすめします。

理由は先ほども述べたように、月/600円でGoogleサービスをチームで使うことができるコスパの良さです。

月/1360円の「Office 365 Business Premium」と比べても、機能面で劣る心配はありません。Googleサービスに慣れている人も多いことから、Google Suiteをおすすめします。

 

まとめ

Windowsを使用しており、個人で情報を保存・管理したい方は、Officeアプリケーションとの連携が便利で使いやすいことから、OneDriveを使うことをおすすめします。

Macをお使いの方はOneDriveを選ぶ必要はなく、他のオンラインストレージ サービスとの比較の上、ご自分に合ったサービスを選ぶことをおすすめします。

ビジネスで使用する場合には、Google Drive(Google Suite)を導入すべきでしょう。何度も述べたように「コスパと使いやすさ」がOneDriveと比べて違います。

Google Driveについても詳しい記事を書いているので、気になる方はそちらもご覧になってください!

画像出典元:「OneDrive」公式HP

 

OneDriveの評判・口コミ

製造

101〜250人

データ保存容量が大きい

利用にかけた費用

年間14,000円

使いやすいと感じた点を教えてください。

データ保存容量が大きく、ネット環境があれば自宅やスマホからアクセスできるので、社員間の情報共有を効率化できました。データをクラウドに置いてからメールなどで連絡し、相互の作業の進捗状況を共有して作業を効率化していました。

不便だと感じた点を教えてください。

ネット環境を確実に確保することが大前提となることです。

屋外や自宅からアクセスする際に、結局のところ個人の意識に依存してしまいます。各自が意識を高く持つように努力する必要がありました。

他の会社にもおすすめしますか?

業務上でパソコンを活用されている企業であれば、ほとんどの企業が採用すべきというくらいおすすめできます。

製造

101〜250人

デジタルアーカイブとインタラクティブな作業は必須

使いやすいと感じた点を教えてください。 

デジタルアーカイブと情報共有を目的に導入を始めました。

写真などのクラウド保存にはDropBoxなどがありましたが、保存できるデータ容量の大きさなど、ビジネス上の使いやすさからOneDriveが最適だと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

ツール自体に不便を感じることは、ほとんどありませんでした。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Officeソフトとの連携は抜群であり問題なかった。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。デジタルアーカイブとインタラクティブな作業は必須であり、今後ますます重要になると思うからです。

メーカー

1001人以上

スマホで見る時、データ使用量が大きいと費用が増す

使いやすいと感じた点を教えてください。

クラウドへのデータ保存を行いCドライブへのデータ保存をなくすために導入しました。社内で共有されるPPTや動画ファイルをOneDriveに入れておくと、PCを開くことなくスマホで隙間時間に確認できて助かります。

不便だと感じた点を教えてください。

  • データ量が大きいとOneDriveへ移行する時間を要してしまうこと
  • スマホで見る際にデータ使用量が大きくなり費用が増すこと

他の会社にもおすすめしますか?

データ使用量が大きいときの不便はありますが、それを考慮して使えるなら便利に使えると思います。

通信

251〜500人

PCとスマホで同じ情報にアクセスできる

使いやすいと感じた点を教えてください。

OneDriveは、一度動画が流れ出すと、そのまま放っておいても全て再生されるので安心して使えます。過去にYammerを使用しておりましたが、スマホでYammerの動画を見ていると数分で画面が暗くなるので、スマホの液晶を常に触っておく必要がありました。

不便だと感じた点を教えてください。

正直いって、特に不便はありません。

PC、スマホと連動できるので、使うべきデバイスをで同じ情報にアクセスできるのはとても便利です。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。PCとスマホで同じ情報にアクセスできること、特にスマホでアクセスできるメリットが大きいと思うからです。隙間時間や移動時間を有効活用できて、効率化に繋がるでしょう。

IT

101〜250人

外付けディスクを購入するよりもコスパが良い

利用にかけた費用

ライセンス費用880円程度

使いやすいと感じた点を教えてください。

ファイルサーバーに個人用フォルダを作る手間を省くために使い始めました。自動でファイルのバージョン管理を行ってくれるので、誤ってファイルを削除してしまった際も、バージョン管理から簡単に復元できて助かっています。

不便だと感じた点を教えてください。

OneDrive上のファイルを自分のPCに同期設定しているときに、同期するファイルの量が多いと、インターネット回線が重くなることがあります。特に、無線接続でインターネットを使用しているときは、同期するファイルが多いと無線接続が切れてしまうことがありました。

他の会社にもおすすめしますか?

  • バージョン管理がしやすいところ
  • 1TBという大容量で利用できるところ

などから、外付けディスクを購入するよりもコスパが良いと思います。個人用のファイルが膨大な会社に特におすすめだと思います。

IT

2〜10人

MS Officeが利用でき、共有が簡単

利用にかけた費用

無料

使いやすいと感じた点を教えてください。

MS Officeが利用できて、共有が簡単だったので利用しています。AIを教育する作業を受注した際、クライアントとOneDrive上にあるExcelファイル内で作業を行って、簡単に共有できました。

不便だと感じた点を教えてください。

フォルダーが違うと同じ名前のファイルを作成できず、管理が煩雑になってしまうことがあります。また、慣れていない人とファイルを共有したときは、内容を書き換えられてしまって復元ができず、とても困りました。対処法として、バックアップを絶対に取っておかないといけないと思いました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

スマホと連携することがあります。アプリから閲覧ができて便利です。

他の会社にもおすすめしますか?

他社にもおすすめしたいです。今でもOfficeはやはりMSが強いです。スマホで正確な資料を閲覧・編集できて、安心して利用できるので良いと思います。

エンジニア

1001人以上

大企業でwindowsOSを使っている会社は導入必須

使いやすいと感じた点を教えてください。

ブラウザー上でファイルサーバーのようにして操作できる点です。アクセスコントロールも簡単に設定できるので、ファイルサーバでの管理より煩雑ではないと感じました。また、社内ではファイルサーバーで個人に割り当てた容量が少なく、導入前は容量制限を気にして利用していました。しかしOnedriveが導入されたため、容量面でも助かりました。

不便だと感じた点を教えてください。

画像データやビッグデータを扱う業務だったのですが、約10GB程度の容量制限があったため、上限容量を上げてほしかったです。(ただ、これはツールの機能上の問題というよりは、社内運用の方法が問題だと思っています)

外部連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft社の製品であるため、外部ツール連携はしやすいと感じます。例えば、別案件でデータカタログツール(データのメタデータを集めるツール)を導入した際、Onedriveはコネクタとして対応していました。

他の会社にもおすすめしますか?

少なくとも大企業でwindowsOSを使っている会社は、導入必須だと思います。Microsofts製品のOutlookやTeamsとも連携できて便利です。

通信

101〜250人

Office365を使っている会社におすすめ

利用にかけた費用

Office365と一緒に契約しているバージョンなので、単独ではナシ

使いやすいと感じた点を教えてください。

在宅ワークになって、クラウドに保管するほうが面倒ではないと実感しています。出社していたときは、自社サーバを使った方がセキュリティ上安全でした。在宅勤務せざるを得ない状況になったとき、各自のPCにVPNを設定しないと自社サーバに入れず、VPNの設定のためだけに出社する人がいる状態でした。

その点から考えると、Office365に付随するOneDrive上のファイルは家からでも問題なく見られて、アカウント管理さえしていれば安心です。もっと早く移行すればよかったとすら思っています。

不便だと感じた点を教えてください。

OneDrive上のワードやエクセルを編集するとき、自動保存がデフォルトになっているので、自分のタイミングで保存できずに不便を感じたことがあります。たとえばエクセルで作った台帳に関数を埋めこんで改良しようと思っていたとき、少し前に戻そうとしたら自動保存されていて、大変な思いをしたことが何度もあります。

外部連携はしやすいと感じましたか?

ファイルの読み込みは良いです。Teamsにファイルを保存したときより早く、関数が壊れたりレイアウトが崩れたりということもないので、安心しています。

他の会社にもおすすめしますか?

Office365を使っている会社であれば、特に問題なく利用できるツールだと思うのでおすすめします。ただし、私用PCからもID/PWで簡単に入れてしまうので、情報管理を厳重に行いたい場合は適さないでしょう。

デザイン

1001人以上

個人用ツールという印象

利用にかけた費用

無料

使いやすいと感じた点を教えてください。

複数のデバイスから閲覧できるのは良かったです。特に、先方に見せなければならない情報をローカルで保存してストックすることで、管理も簡単になりました。社内でPCにファイルを入れこみ、外出時にはタブレットやスマートフォンでファイル閲覧・編集できるのもありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

Google driveを社内で共有ツールとして水平利用していたので、それに比べれば、One Driveは個人用ツールという印象。画像ファイル、PDFなどの保存用途しかないので、これではなくても大丈夫とは思った。

他の会社にもおすすめしますか?

営業活動などで外回りが多い職種であれば、スマホやタブレットからでも閲覧できるので良いと思う。内勤の方は、画像をただ保存するだけのクラウドツールとしての利用にしかならない。

マスコミ

251〜500人

会社パソコンのデータを保存できる

使いやすいと感じた点を教えてください。

OneDrive上に会社パソコンのデータを保存できるので、家のパソコンでも業務が可能な点が使いやすくてありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

今回はこういったツールを初めて会社が導入したので、他との比較はできませんが、導入時に会社からの詳しい説明がなく、使っていてわからないことがあっても自分自身で解決するしかないのはすごく不便でした。今でも仕組みがよく分からないまま使っていて不安はあります。

エネルギー

251〜500人

データが重いと保存まで時間かかる

使いやすいと感じた点を教えてください。

ドロップボックスを使っていたが不具合があり、保存されてないことも多々あったOneDriveはそうした心配が全くなく、スムーズに作業ができたので助かった。

不便だと感じた点を教えてください。

ドロップボックスに比べれば少ないけど、不具合はある。パワポのデータが重いと、保存まで時間かかる。なんらかの理由で「保存されません」と出てくることがある。原因がわからないので、作成したデータを修正することで対処しているが、この作業手間がちょっとキツい。

医療

51〜100人

すぐ試してみたいOfficeソフトユーザーにおすすめ

利用にかけた費用

無料枠内でのみ利用

導入に至った決め手を教えてください。

同じビル内の別室でリモート会議をする際に、資料や説明書等を共有するにあたって、従来の共有サーバーを使用するのはセキュリティ対策上難しいと感じた。気軽に使えるツールとして導入した。

使いやすいと感じた点を教えてください。

そもそも会社内ではOfficeソフトを使っていたこともあり親和性が高かった。違和感なく導入できたことは大きい。

不便だと感じた点を教えてください。

あまり不便だと感じたことはないが、その後使ったDropboxはシンプルなデザインでわかり易かったので、こちらでもよかったなとは思った。検討する時間が少なかったためOneDriveを選択したが、複数検討する必要はあると感じた。

他の会社にもおすすめしますか?

会員登録をすればすぐに使えるので、すぐ試してみたいOfficeソフトユーザーにおすすめできる。

IT

101〜250人

Microsoft officeクラウドライセンスに利用料金が含まれている

利用にかけた費用

2,180ユーザー/月

導入に至った決め手を教えてください。

Microsoft officeを導入していたため、ファイルやドキュメント連携が容易であることから導入しました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

Microsoft officeのドキュメントやファイルの公開を管理側で一律管理できるため、外部公開用と内部公開用が明確に分けられます。社内のセキュリティレベルを向上させて、セキュリティミスが低減したのは最大のメリットです。

不便だと感じた点を教えてください。

Microsoft officeとの連携は容易なのですが、Google workspaceとは連携に別サービスを経由する必要がありました。設定が増えたうえに、対応できるメンバーが限定されるので、手間と時間がかかってしまい不便だと感じました。

Microsoft officeに限定して利用している会社であれば便利です。

外部連携はしやすいと感じましたか?

slackworkflowとの連携が容易なので、リモートワークが始まってからの承認手続きの管理が簡単になりました。

他の会社にもおすすめしますか?

Microsoft officeを中心に利用している会社であれば、導入や管理がしやすいので良いと思います。Microsoft officeのクラウドライセンスに利用料金が含まれているので、扱いやすくておすすめです。

メーカー

2〜10人

動作の快適性があまり良くない

利用にかけた費用

5GBまで無料

導入に至った決め手を教えてください。

PCに標準でインストールされており、Microsoft Office等との相性も良いと思ったから。

使いやすいと感じた点を教えてください。

タスクトレイに常駐し、自動的にバクアップ等を行ってくれるため、意識せずにクラウドへファイル等を保存できて良かった。保存のし忘れをある程度防いでくれるので助かった。

不便だと感じた点を教えてください。

ツールによっては、ファイルがバックアップ中であった場合などに競合し、上書き保存等ができずないことがあった。その場合は処理を待たなければならないので、ストレスになった。また、ファイル容量が上限に近づくとしばしばアラート等での通知が来るため、不便だと感じる。

他の会社にもおすすめしますか?

5GBまで無料で使用できる点では、コストを気にする会社にすすめる価値はあると思うが、動作の快適性などを考慮すると積極的にすすめようとは思わない。

IT

101〜250人

既存でMicrosoft製品を利用している場合は移行がシンプルなのでおすすめ

利用にかけた費用

1,090円 月/ユーザー

導入に至った決め手を教えてください

コロナ禍によるリモートワークにおいて、社内に設置していたファイルサーバー上のファイルなどをクラウドサービスで管理する必要が発生したため。比較的低価格かつ既存のMS Officeから利用しやすいOneDriveを導入した。

使いやすいと感じた点を教えてください。

既存で利用していたMS Officeからアカウントを設定するのみで、OneDrive上のファイルの利用や保存ができて便利だと思った。全社員が簡単に導入でき、移行がスムーズに進められた点も助かった。

不便だと感じた点を教えてください。

GoogleWorkspaceも合わせて利用していることから、OneDriveとサービスを超えた共有がしづらく、同様のファイルが別々のサービスで管理されている事態が発生していること。・GoogleWorkspaceと比べて編集や操作に必要なツールが別提供となるため、料金的に高額となること。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Slackなど外部ツールでは標準機能で連携できることが多い。

他の会社にもおすすめしますか?

既存でMS OfficeなどのMicrosoft製品を利用している会社の場合、移行がシンプルなのでおすすめ。Googleなどのサービスを既に利用している場合、移行や併存などをしっかりと考える必要があるため注意が必要。

ゲーム

1001人以上

Officeアプリとの親和性は優秀

利用にかけた費用

Microsoft 365 Business Premium

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • ローカルのWindowsPCとのデータ連携を適切に設定できれば、バックアップなどの手間や別途ソフトウェアの導入などのコストが大幅に省ける
  • 社員間のデータ共通や共同での更新作業などのコラボレーションもしやすい。特にリモートワークが増えた昨今では大変便利に使える

不便だと感じた点を教えてください。

以前はWindowsのエクスプローラーにマウントして使えたが、いつ頃からかできなくなってしまい、ファイル操作が基本的にブラウザ経由になってしまう。ローカルで作成したファイルをアップロードするのがいちいち面倒に感じることがある。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Officeアプリとの親和性はさすがにMSということもあり優秀だと感じた。

他の会社にもおすすめしますか?

今までMS Officeのライセンスを購入して業務に使っていた会社であれば、働き方が柔軟になるのでおすすめできる。ただ、ActiveDirectoryなどの認証を必要としないような小規模事業にはあまり向かないかもしれない。

サービス

501〜1000人

無料で使用できる

利用にかけた費用

無料プラン

使いやすいと感じた点を教えてください。

無料で使用できること、teamsやOutlookなどマイクロソフト社のサービスと連携できることから、導入を決めました。マイクロソフトのサービスと連携ができる点は大きなメリットだと感じています。アカウントログインすれば、スマホで撮った写真をすぐにOneDriveで共有できる点も便利だと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

無料だと保存できる容量が限られているので、動画などの大容量データの保管には向いていないところがデメリットに感じます。10GBくらいは使えるようになるとより良くなるのではないかなと思います。

メーカー

1001人以上

直感的な操作で使用できる

導入に至った決め手を教えてください。

これまでは会社のサーバーを利用していたのですが、容量に限界が近づいていたこと、海外の従業員も使用しやすい環境を整えることを目的に導入したと聞いています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

最も便利だと感じたことは、自分自身で簡単に、必要な人に、必要なフォルダごとに、アクセス権を与えられる点です。これまでの会社のサーバーは権限付与のために様々な手続きが必要で、権限付与に数日かかっていました。このツールにはそういった手間がまったくかかりません。

不便だと感じた点を教えてください。

これは会社の設定の問題なのかもしれませんが、onedriveを通じて社外の人と資料を共有することができず、社外の人との共有にはBOXを使用しています。プロジェクトを進行する際は、社内・社外の人と連携する必要があるのですが、onedriveとBOXを使い分けることが面倒でした。

(結局、社内外問わず、他者と共有する可能性があるものはBOX、自分のstrageとして活用する場合はonedriveと使い分けていました)

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。誰でも簡単に使用することができるためです。直感的な操作で使用できるため、50代以降のITツールに使い慣れない上司達も難なく使用していました。

IT

31〜50人

office365を使う機会が多い職場にはおすすめ

利用にかけた費用

初期費用0円、月額費用950円

使いやすいと感じた点を教えてください。

パワーポイント、エクセル資料をクラウド上でやりとりする事が多いので、そのために導入した経緯がある。office365で色々使えて便利だった。

不便だと感じた点を教えてください。

office365を使用する目的で導入しているが、それ以外のGoogle Cloud Platformを使う比率が高く、自分的には相互互換性があるのかイマイチわからないままその場の流れで使っている。利便性そこまで感じない。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Google Cloud Platformとの互換性はイマイチだと個人的には思う。

他の会社にもおすすめしますか?

会社のクラウドシステムがマイクロソフトでoffice365を使う機会が多い職場の方等には、互換性の観点からもonedriveは使いやすくおすすめだと思う。一方で、グーグル使いは向いていないのでおすすめしない。

その他

101〜250人

ドラッグ&ドロップで簡単に保存できる

使いやすいと感じた点を教えてください。

以前は大塚商会の「どこキャビ」を使用していましたが、クラウドサービスに不具合が多かったのでOneDriveに変更しました。変更後は、アップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップでより簡単に保存できるので、作業の効率化に繋がりました。

不便だと感じた点を教えてください。

業務が多忙すぎて、マニュアルを読みこなせていなかったのですが、共有フォルダの保存先であったり、他者との共有の状態がイマイチ理解できておりません。そのあたりがクリアになると直観的に操作ができるようになるので、もっと業務がスピードアップできると期待しています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft 365と連携し、保存容量が向上しました。現業職は外出先でi-PadからOneDriveにアクセスして、あらかじめアップロードした資料を確認しながら作業を進めるという使い方をしております。これまで紙を持参していたものが、個人情報保護の観点からも紛失防止になり、かつスマートに作業を行えて助かっています。

他の会社にもおすすめしますか?

Microsoft 365やI-Padとの連携で、業務をスマートにスピーディに変革させることができるため、外出先で写真や資料を確認する必要のある業種の企業様へおすすめいたします。

インターネット

1001人以上

One Driveのみで事足りる

導入に至った決め手を教えてください。

gsuiteから切り替える際に、Microsoft製品を選定したため。従来のファイルサーバーでは容量不足や外部との共有が難しいなどの問題も考慮した。

使いやすいと感じた点を教えてください。

Microsoft製品間の情報連携がしやすいため、グループウェアとしてMicrosoftを選定した場合は非常に有効だと感じる。従来のファイルサーバーと比べるとスマホアプリなどもあり、外出時の情報連携もしやすい。

不便だと感じた点を教えてください。

過去に使っていたgoogledriveと比べると、細かい設定が色々あるため、管理者としてはセキュリティインシデントが起きないように細かな設定も気をつける必要がある。そこが神経を使うので疲れる。

boxと比較すると、他社サービスとの連携がしづらい点も気になった。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft製品間の連携は非常にしやすい。ローカード開発ツールであるpower platformと連携し、画像データの保存などをしている。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめする。グループウェアをMicrosoft製品にするのであれば、無理して他のストレージをいれずに、ONE driveのみで事足りると思う。コスト的にも追加費用がかからず、Microsoft製品間の連携や、ファイル保存先としては必要十分な機能が備わっている。

外食

101〜250人

タスク管理として使いやすい

使いやすいと感じた点を教えてください。

自分の持っている仕事を周知できて、かつ、同じ課の社員の仕事がどのくらいあるのか、手伝った方がいいのか等を把握できるようになった。他の社員の記載から自分の仕事にも関係するものかどうかも判断しやすくなった。

不便だと感じた点を教えてください。

まだ導入したばかりということもあり、PCに不慣れな社員はなかなかタスクを入れてくれないため、進捗状況がわかりづらい。クラウドストレージなので、作りがどちらかといえばWord等よりもスプレッドシートに近い。そうなると、クラウドに慣れないうちは操作がしづらい

他の会社にもおすすめしますか?

タスク管理として使いやすいと思います。特に課員が多い部署ほど、管理職にとっては部下の持っている(把握している)仕事が見える化できます。

メーカー

51〜100人

モバイルとの連携が素晴らしい

使いやすいと感じた点を教えてください。

パソコンの一部として使用している感覚で、大変使いやすかったです。データの共有やテレワークでも使用できて、非常に便利だったと思います。

不便だと感じた点を教えてください。

初期設定が少しわかりにくく感じましたが、色々と調べて何とかできました。モバイルとの連携設定についても、少し苦労しました。とは言っても、接続できたら重宝するもので、テレワークにおいては有用で、画期的なデジタル化で感動ものでした。

外部連携はしやすいと感じましたか?

特にモバイルとの連携は素晴らしいです。

通信

11〜30人

無料なので利用する価値はある

導入に至った決め手を教えてください。

Office導入した後、バックアップ目的やファイルの保存先として。他、共有目的。

使いやすいと感じた点を教えてください。

出先などでofficeファイル作成・修正等、自動で保存されるのがありがたいです。扱いファイルが多いので、ストレージの容量を気にせずにすむのはポイントです。

不便だと感じた点を教えてください。

クライアント企業などには意外とOneDrive利用者が少なく、ファイルの共有をする際に抵抗を示されることがあります。また、保存・共有・バックアップ以外で利便性を感じることはないので、今以上に使い込もうという気にはなりません。

他の会社にもおすすめしますか?

無料で利用できる機能や容量もそこそこあるので、利用する価値はあると思います。テレワークや出先などでプレゼンやファイル操作を行う際には便利なのでおすすめしたいです。

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オンラインストレージの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】オンラインストレージ選びのお役立ち資料
オンラインストレージ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ