OneDrive

4.0

記事更新日: 2021/06/02

執筆: 松木大誠

編集部コメント

OneDriveはMicrosoft Officeアプリケーションのオンラインサービスです。Microsoftのサービスだけあって、OneDriveはOfficeアプリケーションと連携することができ、Windowsを使っている方にとっては便利なサービスです。ただ社内で導入する場合には割高なので、コストを考慮してGoogle Driveを導入すべきでしょう。

オンラインストレージを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

オンラインストレージツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

1. 情報を保存・共有

プランごとの容量に応じて情報を保存することができ、保存した情報を共有できる

2. 文書を作成・編集

プランに応じてWordやExcelを使うことができるので、文書を作成・編集することが可能

3. 検索機能

見つけたい情報を検索するだけで、簡単に見つけることが可能

良い点

Windowsを使用している方にとっては、Officeアプリケーションとの相性がいいためとても使いやすいです。無料からの料金プランもあるので導入しやすいでしょう。

悪い点

Windowsを使用していない方にとっては、他ツールと比べて大きなメリットが少なく、多少割高になっています。

費用対効果:

社内で導入する場合にはGoogle Driveに劣ります。個人で使うには申し分ないでしょう。

UIと操作性:

シンプルで初めての人でも使いやすいです。

社外連携:

URLを作成するだけで簡単に共有することができます。

知名度:

Microsoftアプリケーションなので、知名度はとても高く信頼があります。

はじめに

社内の情報共有ツールとして、OneDriveを導入しようと考えている方は少なくないでしょう。その際に同じく検討される類似サービスは「Google Drive」です。正直、この2つのツールは似通っており、ビジネスで導入する場合にはどちらを選ぶか悩ましところです。

この記事ではOneDriveとGoogle Driveを比較し、どちらのツールがより優れているのかを検証していきたいと思います!

OneDriveの特徴

1. 簡単に保存・共有できる

ファイルやフォルダ、写真やPDFなどといったあらゆる情報を、OneDrive内に保存することができます。そして保存した情報はリンクを作成し、メール・Facebook・LINEやMessengerなどからリンクを送信するだけで、情報を共有することができます。

さらにはファイルすべてのアクティビティの履歴を追跡することが可能なので、全員の状況を常に把握することができ、セキュリティもばっちりです。

2. さまざまなデバイスから使用可能

PC・スマホ・タブレットといったデバイスから、いつでもどこでも作業をすることができます。さらに変更した内容は、全てのデバイスで更新されるので、同期も簡単です。

OneDriveのスマホアプリはシンプルで見やすく、操作性も高いので、使いやすいことも魅力の一つです。スマホアプリではファイルの操作・閲覧・編集をすることができ、写真のアップロードなども可能です。

3. 共同作業が便利

組織内外の相手との共同作業をスマートに行うことができます。

OneDriveならWordやExcelなどのアプリを使って、リアルタイムで共同編集ができます。さらにOutlookでメールにファイルを添付することも、クリック1つで簡単にすることができます。

4. OneDrive(1TB分)が無料で付いてくる

Office365とはWord・Excel・PowerPoint・Outlook・OneNote・OneDriveといったアプリを全て使うことができるサービスです。Microsoftのサービスを中心に使っている方であれば、Office365を使用している方は多いと思います。

なんとこのOffice365を購入すると、OneDrive(1TB分)が無料で付いてきます。Office365を購入している人は、他のオンラインストレージ を購入する必要なく、OneDrive(1TB)を使うことができます!

OneDriveの料金プラン

個人プラン

OneDrive50GBはOneDriveの容量のみになります。Office365 soloはPowerPointやWord、ExcelなどのOfficeアプリケーションを全て使うことができます。

Officeアプリケーションを既に持っており、容量が足りる方は「無料プラン」のままで十分でしょう。Officeアプリケーションを持っていない方は、Office365 soloをおすすめします。

Officeアプリケーションを全て最新のバージョンで使用することができ、OneDriveの容量も1TB付いてきます。

ビジネスプラン

OneDrive for Business Plan 1は容量が1TB(1000GB)で、2は容量が無制限になります。Office 365 Business Premiumは容量が1人あたり1TB使うことができ、Officeアプリケーションを全て使うことができます。

社内でOfficeアプリケーションを取り入れたいと考えている方は、Office 365 Business Premiumがおすすめです。すでに個人でOfficeアプリケーションを購入している方が多い場合は、OneDrive for Business Premium 1で十分でしょう。

OneDriveとGoogle Driveの比較

料金と容量の比較

Google Driveの料金・容量


OneDriveの容量については料金プランのところで説明しているので、そちらをご覧ください。

料金を比較するとOneDriveの方が安いと感じますが、Google Driveは月/600円払うだけでGoogleサービスを全て使うことができるため、Googleドライブの方がコスパは高いです。

対してOneDriveは1,360円のプランでないとOffieサービスを使うことができません。元からサービスを持っている方であればいいですが、全員が持っているとは限りませんし、購入するとコストが大幅にかかってしまいます。

仮に社内で導入する場合、OneDriveの「Office 365 Business Premium」を使用する場合と、Google Driveの「Google Suite」を使用する場合では、かかる費用が異なります。

仮に社員10人で使用する場合だと…?

【Google Driveの場合】

600円×12ヶ月×10人=72,000円


【OneDriveの場合】

1360円×12ヶ月×10人=163,200円


【差額】

163,200円−72,000円=91200円

OneDriveとGoogle Driveを比べた場合、1年間に一人あたり年/9120円もの差額が出てきてしまいます。コストの面で考えても「Google Drive」を導入すべきでしょう。

機能の比較

Google Driveをビジネスプランにする場合には、「Google Suite」に登録する必要があります。登録することによりチーム内で、ビジネスにおけるあらゆるサービスを使うことができます。

機能の比較ではビジネスプランの「Office 365 Business Premium」と「Google Suite」の比較を行っていきます。

OneDriveの方がコストが高いからといって機能が優れているわけではなく、表を見てもらうとわかる通り、機能面では2つのサービスに大きな違いはありません。

どちらを使うべきか?

結論からいうと、新しく企業で導入する場合にはビジネスプランの「Google Suite」をおすすめします。

理由は先ほども述べたように、月/600円でGoogleサービスをチームで使うことができるコスパの良さです。

月/1360円の「Office 365 Business Premium」と比べても、機能面で劣る心配はありません。Googleサービスに慣れている人も多いことから、Google Suiteをおすすめします。

 

まとめ

Windowsを使用しており、個人で情報を保存・管理したい方は、Officeアプリケーションとの連携が便利で使いやすいことから、OneDriveを使うことをおすすめします。

Macをお使いの方はOneDriveを選ぶ必要はなく、他のオンラインストレージ サービスとの比較の上、ご自分に合ったサービスを選ぶことをおすすめします。

ビジネスで使用する場合には、Google Drive(Google Suite)を導入すべきでしょう。何度も述べたように「コスパと使いやすさ」がOneDriveと比べて違います。

Google Driveについても詳しい記事を書いているので、気になる方はそちらもご覧になってください!

画像出典元:「OneDrive」公式HP

OneDriveの評判・口コミ

製造

101〜250人

データ保存容量が大きい

利用にかけた費用

年間14,000円

使いやすいと感じた点を教えてください。

データ保存容量が大きく、ネット環境があれば自宅やスマホからアクセスできるので、社員間の情報共有を効率化できました。データをクラウドに置いてからメールなどで連絡し、相互の作業の進捗状況を共有して作業を効率化していました。

不便だと感じた点を教えてください。

ネット環境を確実に確保することが大前提となることです。

屋外や自宅からアクセスする際に、結局のところ個人の意識に依存してしまいます。各自が意識を高く持つように努力する必要がありました。

他の会社にもおすすめしますか?

業務上でパソコンを活用されている企業であれば、ほとんどの企業が採用すべきというくらいおすすめできます。

製造

101〜250人

デジタルアーカイブとインタラクティブな作業は必須

使いやすいと感じた点を教えてください。 

デジタルアーカイブと情報共有を目的に導入を始めました。

写真などのクラウド保存にはDropBoxなどがありましたが、保存できるデータ容量の大きさなど、ビジネス上の使いやすさからOneDriveが最適だと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

ツール自体に不便を感じることは、ほとんどありませんでした。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Officeソフトとの連携は抜群であり問題なかった。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。デジタルアーカイブとインタラクティブな作業は必須であり、今後ますます重要になると思うからです。

メーカー

1001人以上

スマホで見る時、データ使用量が大きいと費用が増す

使いやすいと感じた点を教えてください。

クラウドへのデータ保存を行いCドライブへのデータ保存をなくすために導入しました。社内で共有されるPPTや動画ファイルをOneDriveに入れておくと、PCを開くことなくスマホで隙間時間に確認できて助かります。

不便だと感じた点を教えてください。

  • データ量が大きいとOneDriveへ移行する時間を要してしまうこと
  • スマホで見る際にデータ使用量が大きくなり費用が増すこと

他の会社にもおすすめしますか?

データ使用量が大きいときの不便はありますが、それを考慮して使えるなら便利に使えると思います。

通信

251〜500人

PCとスマホで同じ情報にアクセスできる

使いやすいと感じた点を教えてください。

OneDriveは、一度動画が流れ出すと、そのまま放っておいても全て再生されるので安心して使えます。過去にYammerを使用しておりましたが、スマホでYammerの動画を見ていると数分で画面が暗くなるので、スマホの液晶を常に触っておく必要がありました。

不便だと感じた点を教えてください。

正直いって、特に不便はありません。

PC、スマホと連動できるので、使うべきデバイスをで同じ情報にアクセスできるのはとても便利です。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。PCとスマホで同じ情報にアクセスできること、特にスマホでアクセスできるメリットが大きいと思うからです。隙間時間や移動時間を有効活用できて、効率化に繋がるでしょう。

IT

101〜250人

外付けディスクを購入するよりもコスパが良い

利用にかけた費用

ライセンス費用880円程度

使いやすいと感じた点を教えてください。

ファイルサーバーに個人用フォルダを作る手間を省くために使い始めました。自動でファイルのバージョン管理を行ってくれるので、誤ってファイルを削除してしまった際も、バージョン管理から簡単に復元できて助かっています。

不便だと感じた点を教えてください。

OneDrive上のファイルを自分のPCに同期設定しているときに、同期するファイルの量が多いと、インターネット回線が重くなることがあります。特に、無線接続でインターネットを使用しているときは、同期するファイルが多いと無線接続が切れてしまうことがありました。

他の会社にもおすすめしますか?

  • バージョン管理がしやすいところ
  • 1TBという大容量で利用できるところ

などから、外付けディスクを購入するよりもコスパが良いと思います。個人用のファイルが膨大な会社に特におすすめだと思います。

IT

2〜10人

MS Officeが利用でき、共有が簡単

利用にかけた費用

無料

使いやすいと感じた点を教えてください。

MS Officeが利用できて、共有が簡単だったので利用しています。AIを教育する作業を受注した際、クライアントとOneDrive上にあるExcelファイル内で作業を行って、簡単に共有できました。

不便だと感じた点を教えてください。

フォルダーが違うと同じ名前のファイルを作成できず、管理が煩雑になってしまうことがあります。また、慣れていない人とファイルを共有したときは、内容を書き換えられてしまって復元ができず、とても困りました。対処法として、バックアップを絶対に取っておかないといけないと思いました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

スマホと連携することがあります。アプリから閲覧ができて便利です。

他の会社にもおすすめしますか?

他社にもおすすめしたいです。今でもOfficeはやはりMSが強いです。スマホで正確な資料を閲覧・編集できて、安心して利用できるので良いと思います。

エンジニア

1001人以上

大企業でwindowsOSを使っている会社は導入必須

使いやすいと感じた点を教えてください。

ブラウザー上でファイルサーバーのようにして操作できる点です。アクセスコントロールも簡単に設定できるので、ファイルサーバでの管理より煩雑ではないと感じました。また、社内ではファイルサーバーで個人に割り当てた容量が少なく、導入前は容量制限を気にして利用していました。しかしOnedriveが導入されたため、容量面でも助かりました。

不便だと感じた点を教えてください。

画像データやビッグデータを扱う業務だったのですが、約10GB程度の容量制限があったため、上限容量を上げてほしかったです。(ただ、これはツールの機能上の問題というよりは、社内運用の方法が問題だと思っています)

外部連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft社の製品であるため、外部ツール連携はしやすいと感じます。例えば、別案件でデータカタログツール(データのメタデータを集めるツール)を導入した際、Onedriveはコネクタとして対応していました。

他の会社にもおすすめしますか?

少なくとも大企業でwindowsOSを使っている会社は、導入必須だと思います。Microsofts製品のOutlookやTeamsとも連携できて便利です。

通信

101〜250人

Office365を使っている会社におすすめ

利用にかけた費用

Office365と一緒に契約しているバージョンなので、単独ではナシ

使いやすいと感じた点を教えてください。

在宅ワークになって、クラウドに保管するほうが面倒ではないと実感しています。出社していたときは、自社サーバを使った方がセキュリティ上安全でした。在宅勤務せざるを得ない状況になったとき、各自のPCにVPNを設定しないと自社サーバに入れず、VPNの設定のためだけに出社する人がいる状態でした。

その点から考えると、Office365に付随するOneDrive上のファイルは家からでも問題なく見られて、アカウント管理さえしていれば安心です。もっと早く移行すればよかったとすら思っています。

不便だと感じた点を教えてください。

OneDrive上のワードやエクセルを編集するとき、自動保存がデフォルトになっているので、自分のタイミングで保存できずに不便を感じたことがあります。たとえばエクセルで作った台帳に関数を埋めこんで改良しようと思っていたとき、少し前に戻そうとしたら自動保存されていて、大変な思いをしたことが何度もあります。

外部連携はしやすいと感じましたか?

ファイルの読み込みは良いです。Teamsにファイルを保存したときより早く、関数が壊れたりレイアウトが崩れたりということもないので、安心しています。

他の会社にもおすすめしますか?

Office365を使っている会社であれば、特に問題なく利用できるツールだと思うのでおすすめします。ただし、私用PCからもID/PWで簡単に入れてしまうので、情報管理を厳重に行いたい場合は適さないでしょう。

デザイン

1001人以上

個人用ツールという印象

利用にかけた費用

無料

使いやすいと感じた点を教えてください。

複数のデバイスから閲覧できるのは良かったです。特に、先方に見せなければならない情報をローカルで保存してストックすることで、管理も簡単になりました。社内でPCにファイルを入れこみ、外出時にはタブレットやスマートフォンでファイル閲覧・編集できるのもありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

Google driveを社内で共有ツールとして水平利用していたので、それに比べれば、One Driveは個人用ツールという印象。画像ファイル、PDFなどの保存用途しかないので、これではなくても大丈夫とは思った。

他の会社にもおすすめしますか?

営業活動などで外回りが多い職種であれば、スマホやタブレットからでも閲覧できるので良いと思う。内勤の方は、画像をただ保存するだけのクラウドツールとしての利用にしかならない。

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オンラインストレージの資料を一括ダウンロード

その他のオンラインストレージ

オンラインストレージ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ