iCloud Drive

記事更新日: 2019/11/10

執筆: 編集部

運営コメント

iCloud Driveはビジネスで使用されることは少なく、基本的に多くは個人用として使用されています。実際にiCloud Driveで何ができるのかを知っておくことで、他のオンラインストレージとの使い分けをすることができるでしょう。

1. 自動バックアップ

iPhone、iPadなどiOS搭載のデバイスのバックアップを自動で取得

2. クロスプラットフォーム対応

Macだけでなく、Windowsからも利用可能

3. ストレージ容量の選択

自分の利用スタイルに合わせて容量を選択できる

良い点

ファイル共有機能についてはブラウザ上でやりとりができるため、Mac、Windows共にシームレスなやり取りが可能です。

悪い点

ファイル共有はあくまでバックアップのみを前提とした共有なので、細かなアクセス権の設定はできません。

費用対効果:

容量については、様々な容量を選択できます。ただ、他のクラウドツールと比較して少々割高に感じます。

UIと操作性:

直感的な操作が可能で分かりづらいところは一切ありません。

社外連携:

個人のiPhoneのバックアップ利用には最適だが、会社で何台もiPadを導入しているといったシーンではiCloud Driveは向いていません。

セキュリティ:

機能面がシンプルでアクセス権などの設定はできません。

iCloud Driveの3つの特徴

1. iPhoneのバックアップを自動作成

iCloud Driveの最大の特徴、それはiOSのバックアップの手軽さでしょう。従来、iPhoneのバックアップといえば、iTunesを起動しパソコン上にバックアップを取得するのが主流でしたが、iCloudが導入され、インターネット上にバックアップを取得することが可能になりました。

バックアップは、Wi-fi環境下で電源と接続されている場合に自動的に実行してくれます。

また、復元も容易で買い替えや故障によるデータ移行などの際にとても重宝します。

復元方法はいたってシンプルで、新しいiPhoneの設定時にiCloudから復元するか尋ねられるので、「復元する」を選びましょう。しばらく待つと、以前使っていた状態と全く同じ状態に復元されます。

これはAndroidにはない機能で、機種変更時のデータ移行の煩わしさをほぼゼロにしてくれる優れものです。

iPhoneのバックアップ設定画面

2. シンプルなファイル共有機能

シンプルなユーザーインターフェース

 

iClod Driveはとてもシンプルです。ブラウザ上でiCloud Driveを開き、そこにファイルをドラッグ&ドロップするだけの操作となります。以上の操作で、iCloud Driveを利用できる端末からファイルを閲覧することが可能になります。

ただ、ユーザーインターフェースがシンプルだけではなく、機能もシンプルなものになっています。例えば、ファイル共有時のアクセス設定など、誰がどのファイルにアクセスを許可するといった細かな設定ができません。

設計思想としては、個人や家族での利用を想定しているので、法人で利用するにはセキュリティが弱いことから避けることをおすすめします。

3. iphoneに特化した詳細なバックアップ設定機能

「iCloud Drive」の特徴3つ目は、「iPhoneに特化したバックアップ設定機能」です。写真、メール、連絡先など、全ての項目をバックアップするだけではなく、バックアップの対象自体を細かに設定できます。

Androidと比較しても、特にシンプルにかつユーザビリティを考慮したバックアップシステムと言えます。

iPhoneの買い替えやトラブルにもスムーズに対応できるだけではなく、ユーザーが意識しなくてもバックアップが取られているので、トラブルの際にも対応できます。

iPhoneのiCloud設定画面







 

 

iCloud Driveの料金プラン

プラン 料金
無料プラン(5GB) 無料
50GBプラン 月/130円
200GBプラン 月/400円
2TBプラン 月/1,300円
 

似たようなITツールの「Dropbox」は2GBまで無料。1TBで1,200円。 「Google Drive」では15GBまで無料で使うことができます。個人のデータを管理する場合は、「iCloud Drive」をオススメします。

他のツールよりも細かく料金設定がされているため、データや写真で容量が足りなくなったら使用したい分だけ買い足すことが可能です。

まとめ

法人向けというよりは、iPhoneを使う個人を想定しているように見受けられる「iCloud Drive」。その設定はシンプルでありながらも非常に強力なバックアップストレージとして機能しています。

書類を保存するというより、iPhoneのためのデータ保管庫といったほうが正しいかもしれません。書類の保存はそのおまけ機能と考えると分かりやすいです。
もし、あなたがiPhoneユーザーであれば、iCloud Driveにバックアップを取得することをオススメします。

画像出典元:「iCloud-Apple」公式HP

その他の【オンラインストレージ】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ