クラウドファイルサーバ on Oracle Cloud

記事更新日: 2023/12/04

執筆: 田中桜

編集部コメント

ファイルサーバのクラウド化で大幅なコスト削減を実現!

株式会社MECが提供する「クラウドファイルサーバ on Oracle Cloud」は、Oracle Cloud上に専用のファイルサーバを構築し、ファイルサーバに関する課題の解決を実現するサービスです。

オンプレミス同様の操作性とオンラインストレージのメリットを持ち合わせているので、トータルコストの大幅な削減を実現できます。

また、Oracle Cloudの専門家による構築・導入支援を受けられるのも魅力

最短10日間で運用を開始できるため、ファイルサーバに関する課題を抱えているなら導入を検討するのがおすすめです。

ただし、初期導入費用として40万円〜が別途必要となる点には注意しましょう。

法人向けオンラインストレージを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

法人向けオンラインストレージ を徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする5サービスの資料をダウンロードできます。

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudだけ知りたい方はこちら

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudの資料を請求
良い点

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudは、オンプレミスと同じくらいのレスポンス速度であるほか、Windowsエクスプローラで利用できるのが魅力です。

悪い点

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudの導入はトータルコストの大幅な削減に効果的ですが、初期導入費用として40万円〜が別途必要になります。

費用対効果:

アウトバウンド転送料も10TBまでなら無料で、かつユーザー数無制限で利用できるという点が他社サービスと比較しても費用対効果が高いポイントと評価できます。

UIと操作性:

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudは、オンプレミスと同様の使い勝手を実現できるほか、Windowsエクスプローラで利用できます。

セキュリティ:

誤操作やバックアップに関して万全な対策がなされているので安心して利用できます。

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudの導入メリット4つ

1. トータルコストの削減に効果が期待できる

株式会社MECが提供する「クラウドファイルサーバ on Oracle Cloud」は、初期導入費用とランニングコストが低価格なのが魅力

初期費用を除けば、1TBを月額2万円で利用できます。

アウトバウンド転送料も10TBまでなら無料で利用できるので、トータルコストの大幅な削減につながります。

また、クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudは、ユーザ無制限で使えるのも嬉しいポイント。

オンラインストレージの場合、ユーザ数が増えるほど月額料金がかさむ傾向にありますが、クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudなら無制限で使えます。

ユーザ数が増えたとしても費用負担が増えないので、費用の点で導入を悩んでいた企業におすすめです。

コスト削減の例

2. 操作性・パフォーマンスの高さが魅力

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudは、操作性やパフォーマンスが高いのも魅力です。

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudはオンプレミスと同様の操作性を誇っており、クラウド移行後の操作性が心配な企業でも安心して導入できます。

また、ストレージは標準で 60 IOPS/GBの高速SSD、ネットワークは大阪リージョン・東京リージョンとデータセンターを採用しています。

多くの利用者がクラウド移行に気づかないほど操作性がスムーズであるため、パフォーマンス低下や作業効率の悪化などの心配も必要ありません。

パフォーマンスの高さが十分あるので、ファイルサーバに関する課題を抱えている場合は重宝するでしょう。

パフォーマンス比較例

3. バックアップやセキュリティが万全

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudは、バックアプリやセキュリティが万全です。

利用者拠点との接続に安全性の高いIPsecVPN通信を使っているので、セキュリティや誤操作が心配な方でも安心して利用できます。

なお、クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudは、バックアップの柔軟性の高さも魅力。

要望に応じて1日〜年単位まで広く対応してもらえるので、データ保存に関する課題を抱えている企業にもおすすめです。

構成イメージ

4. サーバ運用の負担を軽減できる

Webブラウザの管理画面から運用できるのも、クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudのポイント。

リストアやバックアップ操作をブラウザ上で行うことができます。

ディスク容量の追加は30分程度で終わるので、サーバ運用にかかる手間を省きたい企業におすすめです。

また、クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudは、リソース不足やサービス提供などに関するさまざまな監視サービスを提供しています。

リソース追加や故障などに必要な人手を削減できるため、コストカットを実現したい企業にも最適と言えます。

メンテナンスはWebブラウザの管理画面から可能

資料請求リストに追加する

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudの料金プラン

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudは、初期費用40万円、月額費用2万円で利用できます。

また、相談料が無料であるため、導入を迷っている方や導入に不安がある方でも安心です。

  クラウドファイルサーバ on Oracle Cloud
ファイルサーバ構築費 40万円
月額費用 2万円
アウトバウンド転送料 10TBまで無料
相談料 無料

(税表記なし)

資料請求リストに追加する 
「クラウドファイルサーバ on Oracle Cloud」の競合サービスと比較したい方はこちら!

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudの評判・口コミ

品質・使い勝手・コストのバランスの良さから導入を決めた
①アメリカン電気株式会社

「Webブラウザでの操作が主体となるSaaSへの移行は、使い勝手の点で利用者に納得してもらうのが難しそう」という悩みを、オラクルの営業担当者に漏らしたところ、解決策として紹介してもらったのがMECの「クラウドファイルサーバ on Oracle Cloud」でした。 このサービスは、Oracle Cloud上にファイルサーバを構築するというものであり、オンプレのファイルサーバと同じように利用できるだけでなく、他のクラウドでは従量課金となるネットワーク費用もほぼ発生しないなど、さまざまなメリットがあります。 まさに目からウロコでした。この仕組みならコスト面は期待以上の削減が可能ですし、利用者にとって使い勝手がまったく変わらないという点は魅力的でした。

*「クラウドファイルサーバ on Oracle Cloud」公式HP参照

まとめ

今回は、クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudの評判や特徴について紹介しました。

クラウドファイルサーバ on Oracle Cloudを導入すれば、ファイルサーバの運用にかかる手間を大幅に削減することができます。

月額費用が低価格であるため、トータルコストを3分の1程度に削減できるのも嬉しいポイントです。

セキュリティやバックアップに関するサポートもあるので、ファイルサーバに関する課題を抱えている場合に役立つでしょう。

資料請求リストに追加する 
画像出典元:「クラウドファイルサーバ on Oracle Cloud」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

法人向けオンラインストレージ の資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

比較検討におすすめのお役立ち資料
法人向けオンラインストレージ
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ