オンラインストレージについて

【厳選4選】もう迷わない!おすすめのオンラインストレージを徹底比較!

記事更新日: 2018/10/04

執筆: 松木大誠

「有名なオンラインストレージはどれを選んだら良いかわからない…」

「会社で導入する際に選ぶ基準を教えてほしい…」

と悩んでしまう経営陣の方は多いことでしょう。

そんな方達のために、今回は選びに選んだおすすめのオンラインストレージ4選をご紹介し、ツールを選ぶポイントを解説していくので、導入する際のご参考になればと思います!

必ず抑えておきたい おすすめのオンラインストレージツール4選

 

1. 定番中の定番!Googleドライブ

【特徴】
社内でオンラインストレージを使うとしたら、Googleドライブはもはや定番のツールです。

ビジネスプランのG suiteでは、たった月600円/1ユーザーで、30GB +Googleドキュメントやスプレッドシート、カレンダーなどのほとんどのGoogleアプリをチームで共有して使うことができるので、これほどコスパの良いサービスは他にはないでしょう。

筆者も企業で取り入れる際には、最もおすすめのオンラインストレージツールです!

【料金プラン】

 

2. 全世界で5億人が使用しているDropbox

【特徴】
全世界でも多くの人が利用しているDropbox。その理由は初めての人でも使いやすい、シンプルなデザインにあります。ただ、社内の情報共有ツールとして使用する場合、どうしても他のツールの方がメリットが多いのであまりおすすめできません。

Dropboxの使い方としては、コスパや使いやすさから個人用でデータや写真・動画などを保存するツールとして使うと良いでしょう。

【料金プラン】

 

3. Officeアプリとの連携が嬉しいOneDrive

【特徴】
OneDriveはMicrosoft社が提供しているので、Officeアプリとの連携が非常に便利です。

特にビジネスプランでは、OneDrive 1TBとは別にOfficeアプリ(WordやExcel、PowerPointなど)を最新の状態で使うことができます。Windowsユーザーにとってはとてもお得なサービスなので、使わない手はないでしょう!

【料金プラン】

 

4. セキュリティ重視で選ぶならbox

【特徴】
boxはあらゆるオンラインストレージツールの中で、最もセキュリティに定評があるツールです。そのセキュリティの高さから、企業で使う際にはとても重宝されています。

boxを企業に取り入れるのであればセキュリティが高いことはもちろん、容量が無制限でストレスなく使うことができることから、ある程度大きくなっている企業で導入することをおすすめします。

【料金プラン】

 

オンラインストレージの3つの選定ポイント

1. 容量の大きさ

オンラインストレージを選ぶ上で、最も重要視したいポイントは容量です。

特に人数の多い会社では、あらゆる部署の情報を1つに集約するため、容量は気になるところでしょう。

できれば無制限の容量を選んでおくと安心ですが、コストとの掛け合いもあるので、「自分の会社ではどれくらいの容量で足りるのか?」をあらかじめ意識して、容量選びをすると良いでしょう。

2. コスト

オンラインストレージは、ユーザーが増えれば増えるほどコストがかかっていきます。

例えばA社は1,000円、B社は1,500円の契約をしているとしましょう。

1,000円×10人×12ヶ月=120,000円

1,500円×10人×12ヶ月=150,000円

差額30,000円

仮に100人に増えた場合、差額30万円!!

最初の段階であまり調べずにツールを選んでしまうと、初めは10人規模の会社であっても、2、3年後に成長し、100人規模の会社になったときに、大きな差となってしまうので、コストはしっかりと検討しましょう!

3. 機能の豊富さ

オンラインストレージにはデータを貯めるだけではなく、情報の共有のしやすさであったり、セキュリティを守るための機能があり、それぞれのツールごとに付随している機能が異なるので、選ぶ際にはどんな機能があるのかを知っておく必要があります。

特に、GoogleドライブやOneDriveの場合、他のGoogle(Office)のアプリを一緒に使うことができたりと、利便性がとても高いです。

自分の会社はオンラインストレージにどんな機能を求めるのか?」を意識しながら、ツール選びをすると良いでしょう。

オンラインストレージの正解は?

どのオンラインストレージを使うべきか、という疑問に対する答えは会社によって異なります。ただし、筆者がおすすめするのはGoogleドライブです。定番中の定番ですが、そのコスパとGoogleアプリとの連携は非常に素晴らしいです。

セキュリティにこだわらないといけない特別な事情などが無い限りは、Googleドライブを導入しておいて問題はないでしょう。

画像出典元:「Googleドライブ」公式サイト、「OneDrive」公式サイト、「Dropbox」公式サイト、「box」公式サイト、「pixabay」

オンラインストレージのITツール

ページトップへ