TeraCLOUD

4.0

記事更新日: 2021/05/27

執筆: 編集部

編集部コメント

昨今似たようなオンラインストレージが乱立しています。しかし、TeraCLOUDは有料プランにしてから毎年無料で100GBが追加されるという差別化を図っているのが特徴的です。

オンラインストレージを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

オンラインストレージツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする7サービスの資料をダウンロードできます。

1. データの保存

写真や動画などのデータをクラウド上に保管できる

2. データのシェア

有料アカウントではアップロードしたデータを限定的に共有することができる

3. データの復元

万が一に備えて一定期間、破損したデータの復元が可能

良い点

サーバーの設置は日本国内に限定されています。厳重な安全基準を超えた場所で管理されており、データの安全性が高いです。

悪い点

無料アカウントで使用している場合、ログインせず90日経過するとデータが消されてしまいます。

費用対効果:

無料で10GBまで使えるのは魅力的です。データ量に対する費用は、有料アカウントにしても他のサービスよりやや安価です。

UIと操作性:

データのバックアップが主な機能で、複雑な操作は要しません。

セキュリティ:

サーバーの管理にこだわっており国内配置による安心感があります。

知名度:

オンラインストレージサービスは多く立ち上げられており、その中でも特別目立つ存在とまではなっていません。



TeraCLOUDの3つの特徴

1. 「長期増」サービスで長く使うほどお得になる

TeraCLOUDでは、プランによる上限に加えて容量を増やすことができます。それが「長期増」というサービスです。

「長期増」サービス

このサービスは有料アカウントにのみ対応しています。継続利用期間が1年を経過するごとに自動で100GBずつ容量が追加されます。つまり、このサービスを利用するために申し込みなどをする必要はありません。

また、月払いや年払いの区分には関係なく有料アカウントでの利用であれば誰もが適用され、最大でも500GBまでの追加となります。

しかし、無限に追加されることはありません。無料アカウントから有料アカウントに切り替えた場合、無料の期間は算入されず、有料への切り替えからの計算になるので注意しましょう。

2. 過去のデータを復元することが可能

データを保管することになるサーバーは国内にのみ配置されています。サーバーが配置される国内のデータセンターは様々な選定基準をクリアした場所に限られています。

このことは物理的なセキュリティの高さを表しており、例えば耐震や防火、津波などの対策も施されています。

しかし、万が一の場合に備えて一定期間、破損したデータの復元ができるようになっています。

スナップショットのイメージ

データに変更などがあればその分はスナップショットとして保存され、データの復元ができるようになっています。しかし、スナップショットも保存するために容量が必要です。そのため、上限ギリギリの場合にはスナップショットが削除されることもあります。

絶対の安全を確保するものではありませんが、多くの場合過去データに参照ができるため便利な機能として役に立ちます。

3. アクセス方法が多様

場所や端末に依存することなくデータの管理が可能です。連携が可能なアプリが多数あるため、好きなものをダウンロードしてTeraCLOUDにアクセスできます。

下の画像は、アクセス可能なスマートフォンアプリの一部です。

TeraCLOUDと接続可能なアプリ

Windowsの場合、TeraCLOUDが配信しているオフィシャルアプリがあります。これ以外にも多数のソフトが利用でき、Macでも問題なくアクセスできます。

画像にあるように、各アプリによる接続方法が説明されているので迷うことなくアクセスを始められるでしょう。

料金プラン


上限容量と対応する料金

  • 300GBプラン 月額 880円 または 年額 8,800円
  • 3TBプラン 月額 1,320円 または 年額 13,200円
  • 10TBプラン 月額 4,400円 または 年額 44,000円

※価格は全て税込表記です

無料アカウントでも10GBまで使用することができます。有料アカウントでは容量の大きさによって増額をしていき、最大10TBまで追加購入することができます。

しかし無料アカウントの場合に限り、90日間のログインがないとTeraCLOUD上のデータおよびアカウントは自動的に削除されてしまうため注意が必要です。

まとめ

スマホの普及により写真や動画、音楽から文書、様々な情報がデータとして保存することができるように変わってきています。動画のような容量が大きいデータをスマホに抱えていると、すぐに許容量に達してしまいます。TeraCLOUDを使えば、こうした問題を解決してくれます。

日本の企業が開発し、データの保管も国内です。セキュリティ面も十分考慮されているため、安心してデータを預けたい人にはおすすめです。まずは無料利用から始めてみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「TeraCLOUD」公式HP

TeraCLOUDの評判・口コミ

エンジニア

101〜250人

大量のデータファイルを破損させることなくバックアップできる

利用にかけた費用

初期費用は不明です。月額費用は4,500円です。

使いやすいと感じた点を教えてください。

写真が使用されているデータでも簡単に管理できるところです。プレゼンで使う写真が多く容量が大きいデータでもバックアップできたのは助かりました。リモートワークが増加している中で、必要なデータを管理しやすくするために導入しました。

不便だと感じた点を教えてください。

保管したデータを取り出すまでに時間がかかることです。同じ部署の社員たちの過去の人事評価に関するデータを確認したかったのですが、どこにあるのかがなかなか分からず、辿り着くまでに時間がかかったので大変でした。

外部連携はしやすいと感じましたか?

TeamFileと連携して、バックアップを取ったファイルをすぐに共有できました。

他の会社にもおすすめしますか?

大量のデータファイルを破損させることなくバックアップできるので、安心してデータ保管したい会社は試してみてはいかがでしょうか?

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

オンラインストレージの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】オンラインストレージ選びのお役立ち資料
オンラインストレージ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ