DropboxとOneDriveを機能・容量・料金で比較!オンラインストレージの使い方も

DropboxとOneDriveを機能・容量・料金で比較!オンラインストレージの使い方も

記事更新日: 2020/03/03

執筆: 編集部

オンラインストレージでも特に有名なサービスにDropboxとOneDriveがあります。

どちらのストレージを利用しようか迷っている方にとって

  • どちらのサービスの方が機能が良いのか
  • 各々メリット・デメリットは何なんのか

という点は気になるところですよね

今回はDropboxとOneDriveの機能を比較し、メリット・デメリットをまとめてみました。

本記事で、あなたに適したサービスを見つけていきましょう。

DropboxとOneDrive(オンラインストレージ)とは?

オンラインストレージとは?使い方は?

オンラインストレージとはインターネット上でデータの保存ができる仕組みのことをいいます。

例えばスマートフォンで撮影した写真をオンラインストレージの中にいれるだけで、パソコンから見れるようになります。

以前ではUSBケーブルが必要でしたが、オンラインストレージによりインターネットさえつながっていればどこからでもアクセスできるようになりました。

オンラインストレージは下記の使い方があります。

  • 写真データの管理や共有
  • エクセルなどのオフィスデータの管理や共有
  • 動画やエクセルなどを複数人で同時編集
  • 重要なファイルのバックアップ
  • ファイル情報のWEB上に公開

情報共有やバックアップという観点で便利なサービスとなっています。

どのようなシーンで使える?

オンラインストレージはプライベートや会社あらゆるシーンで利用できます。

プライベートの場合は

  • 友人と思い出の写真を共有できる
  • 家族の動画をいつどこでも見ることができる

といったシーンで利用できます。

会社の場合は

  • 営業先からすぐに会社のデータにアクセスできる
  • 資料がいつでも取り出せるので、出先で忘れる心配がない
  • 自宅からでも会社のデータにアクセスし、仕事ができる

といったシーンで利用できます。

DropboxとOneDriveとは?

オンラインストレージの中でも有名なサービスがDropboxとOneDriveです。

Dropboxとはオンラインストレージの先駆け的な存在です。シンプルさと使いやすさが特徴となっています。

Onedriveはマイクロソフト社が提供しているサービスです。

そのため、エクセルやワードといったオフィスソフトの共有に優れたオンラインストレージを提供しています。オフィスを利用するビジネスマン向けのサービスとなっています。

このDropboxとOneDriveどちらを利用するか迷っている方向けに容量・料金・機能を比較していきましょう。

DropboxとOneDriveのストレージ容量・料金を比較

無料プランを比較

無料プランのストレージ容量は下記のとおりです。

Dropbox OneDrive
2GB 5GB

ストレージ容量はOneDriveの方が大きいです。

エクセルやワードなど容量が大きくないファイルのみ保存する場合はOneDriveの容量があれば十分足りるかと思います。

しかしながら、写真や動画をストレージの中に入れる場合はどちらとも容量は心もとないです。

有料プランを比較

有料プランの容量は下記の通りです。

Dropbox OneDrive

・個人事業主やフリーランス向け
【Plus】
容量:2TB
料金:月1,200円

【Professional】
容量:3TB
料金:月2,000円

・法人向け
【Standard】
容量:5TB
料金:月1,250円

【Advanced】
容量:利用状況に応じて
料金:月2,000円

【OneDrive365 Solo】
容量:1TB
料金:月1,284円

【OneDrive100GB】
容量:100GB
料金:月224円

ストレージ容量においてはDropboxの方が大きいです。

法人向けの場合はOneDriveと比較すると5倍の差があり、なおかつ値段もDropboxの方が安いです。

DropboxとOneDriveの機能を比較

DropboxとOneDriveは無料版の場合は機能に大きな違いはありません。

そのため、今回は有料版の機能を比較していきます。

Dropboxは処理の速さとシンプルな機能が特徴

Dropboxの特徴は下記の通りです。

  • シンプルな機能なので使いやすい
  • データ移行やアップロード時間が早い
  • ストレージ容量が非常に大きい 

Dropboxの特筆すべき点はアップロードの早さです。

余分な機能を搭載していないため、アップロード時間はOneDriveよりも早いです。

例えば1MBのデータの場合、

  • Dropboxは3~5秒程度でアップロード完了
  • OneDriveは8~10秒程度でアップロード完了

2倍近く速さに差があります。

OneDriveはオフィスソフトが付帯してくる

OneDriveの有料版であるOffice365 Soloの場合はエクセルやワードなどのオフィスソフトが利用できるという機能を持ちます。

最新のオフィスソフトが付帯してくるため、パッケージソフトを購入する必要がありません。

また、ランサムウェアと呼ばれるウィルス対策もされています。

ビジネス目的向けの機能が搭載されています。

オンデマンドの機能の違いは?

オンデマンド機能は有料版であればどちらでも利用できます。【OneDrive100GBを除く】

ファイルオンデマンド機能はファイルのデータを好きなときにダウンロードできる機能です。

例えばクラウド上に

  • 動画データ(2GB)
  • エクセルデータ(1MB)
  • 写真データ(2MB)

のデータがあったとき、動画データはダウンロードせず、エクセルデータと写真データのみダウンロードすることができます。

3MBのみのダウンロードとなりますので、パソコンの容量を節約することができます。

Dropboxはスマートシンク、OneDriveはファイルオンデマンドという機能となっています。

以前はDropboxは安めのプランの場合は利用できませんでしたが、現在はどのプランでも利用できるようになっています。

Dropboxのメリット・デメリット

【メリット】フォルダの管理機能が優れている

フォルダの管理機能が優れているのもメリットです。

Dropboxの場合は例えばフォルダの中のフォルダのみ同期させるという設定ができます。

他のオンラインストレージは一番上のフォルダしか同期できないケースが多く、フォルダの管理という観点ではやや使いにくいです。

【デメリット】無料版は利用できるデバイスが3台までで使い勝手が悪い

無料版のDropboxで利用できるデバイスは3台までです。

無料版はOneDriveの方が同期できる端末が多く、ストレージ容量が大きいです。

Dropboxの無料版は魅力が少ないというデメリットがあります。

OneDriveのメリット・デメリット

【メリット】オフィスやWindowsとの連携に優れている

OneDriveのメリットはオフィスやWindowsなどマイクロソフト社の製品との連携に優れているということです。

同期の整合性の高さやスピードが早いです。

会社でWindowsがメインのパソコンとしており、エクセルやワードメインで仕事をしている場合は最も適したオンラインストレージです。

【デメリット】テキストファイルが一部文字化けする

テキストファイルで一部文字化けするケースがあります。

特に日本語で文字化けするケースが多いため、テキストファイルで保存することはおすすめできません。

DropboxとOneDriveの両方使いは便利?

両方使っている方の口コミ

TwitterにてOneDriveとDropbox両方使っている方の口コミを調べてみました。

「OneDriveに保存をしておくと、卒業とともにライセンスが切れ、データが消えることです。dropboxとの併用をお奨めします。」

「有料のOfficeSoloについてる1TBのOneDriveの方が、無料版のDropBoxより同期が遅くて結局両方を使い分けています。あまり更新しないバックアップ系をOneDrive、更新の激しい動いてるプロジェクト系はDropBoxみたいな感じ。」

「WinPC連携だとOneDrive、気軽さでDropBoxみたいな感じになりました。」

口コミをまとめると

  • Dropboxの方が使いやすいのでメインに利用している
  • エクセルなどのオフィスソフトやWindowsPCを利用している場合はOneDrive
  • OneDriveの方が同期が遅いので、バックアップ専用に利用している

という方が多かったです。

無料版の両方使いでストレージ容量アップに

ストレージ容量をあまり利用しない方は無料版を両方使うことをおすすめします。

Dropboxが2GB、OneDriveが5GBあるので、合計7GBを利用することができます。

エクセルやワードなど容量が少ないデータのみの保存の場合や個人でのみ利用する場合は十分な容量になります。

まとめ

今回は人気のオンラインストレージDropboxとOneDriveを比較していきました。

まとめると

Dropboxは

  • 大容量のストレージが欲しい方
  • シンプルな使いやすい機能を重視する方
  • アップロードの速さを重視する方

に適したサービスです。

OneDriveは

  • 会社のPCがWindowsで、エクセル、ワードを使う機会が多い方

に適したサービスです。

 

画像出典元: BURST

オンラインストレージの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】オンラインストレージ選びのお役立ち資料
オンラインストレージ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ