firestorage

記事更新日: 2018/09/24

執筆: 編集部

運営コメント

オンラインストレージの中でも特に知名度が高く、料金プランの豊富さも、機能面のクオリティも評価が高いツールになっています。プランには会員プランと法人プランがありますが、プライベートで個人利用であれば無料登録で十分便利に使う事が出来ます。

1. ファイル管理

アップロードの際に設定した保存期間内であれば、いつでもファイル詳細を確認変更できる

2. メールグループ

メールアドレスを登録しておくと、データを共有や一括通知を送る事もできる

3. ファイルグループ

複数回に分けてアップロードしたものを、ダウンロードURLの形で一つにまとめることが可能です。

良い点

ID制限がなく低価格で利用でき、データ容量も1TB/4TB/12TBと選ぶことができます。

悪い点

未登録での使用も可能ですが、ダウンロードURLを忘れてしまった場合、再度URLを知ることも削除を行うこともできません。

費用対効果:

容量は250MBまでは無料で使用可能です。有料会員で2GiBが月額1,018円、4GiB/8GiBが2,047円で利用できます。

UIと操作性:

別のサイトを介さずに画像をアップロードできるなど、firestorage内で完結できる点は非常に使いやすいです。

社外連携:

新機能ではQRコードを使用した共有が可能になり、連絡先を交換していない相手とも気軽に情報交換ができます。

firestorageの3つの特徴

1. 無料でも使える機能が豊富

未登録でも使えるfirestorageですが、使える機能に制限があります。無料会員登録後は、アップロードしたファイルの保存期間をアップロード後も自由に変更可能です。

作成したダウンロードURLはいつでも確認でき、ファイル名も変更できます。

ダウンロードURLを相手に送り、ファイルをダウンロードされた際にはメールで通知が届きます。また、自分で作ったファイルを削除できる機能も付いています。有料会員になるかどうかは、一度無料会員登録で使い勝手を確認してから決めるのが確実でしょう。

会員登録時の表示画面

firestorageの会員登録はとても簡単です。登録画面にてメールアドレスを入力した後、届いたメールのURLをクリック。その先で表示された画面の指示に従って必要事項を入力すると登録が完了します。

Yahoo!JapanのIDでログインも可能。登録の短縮にもなります。

2. 画像アップロード時の悩みも解決

スクリーンショットや写真などの画像をアップロードする際、一度別のツールを使用して画像を貼り付け、切り出しなどの加工する必要がありました。

しかし、firestorageならその手間がなくなり、貼り付けからトリミングまで、全ての工程をブラウザ内で完結させることができます。

画像やスクリーンショット加工方法例

3. QRコードとLINEで簡単に共有

外部の人とデータを共有する際、URLなどをメールやメッセージなどで送るか、同じブラウザ内でドライブを共有する方法などが主流です。

しかし、この従来のやり方では相手のメールアドレスを事前に知っておく必要があるなど不便な点が見受けられました。

firestorageではファイルの共有方法の一つとして、データのアップロード完了後にQRコードを発行し、画像として保存ができます。このQRコードを使用した共有方法は、初対面で連絡先の交換をまだ済ませていない場面で活用できる便利な機能です。

最近、プライベートの連絡や会社の連絡などで気軽に使われているチャットアプリLINE。こちらを持っている相手となら、事前の情報交換無しでファイルの共有が可能です。発行したQRコードをLINEで読み取る事で、そのままダウンロードページに移動することができます。

QRコードやり方

アップロード後にQRコード発行ボタンをクリック

スマホでLINEアプリを開き、友達追加

友達追加画面のQRコードをタップ

発行したQRコードを読み取り

ファイル名をタップでファイル確認

メニューアイコンをタップすると、トークを選択して送信・タイムラインに投稿・keepに保存・Safariで開くやコピー等を行うことができます。

料金プラン

プランには大きく分けて、会員プランと法人プランがあります。まずは個人利用向けの会員プランから説明していきます。

プラン 月額料金 容量
非会員 無料 250MB
無料会員 無料 250MB
ライト会員 1,018円/月 2GB
プラス会員 1,533円/月 3GB
正会員 2,047円/月 8GB

上限容量と対応する料金

無料アカウントでも250MiBまで使用することができます。有料アカウントでは容量の大きさによって価格が変動し、最大8GBまで追加購入することができます。キャンペーン時は10GBまで使用できます。

続いての法人プランは全部で5つあります。支払い方法は月額制と年一括払いの2つ。一番金額設定の低いプラン5から値段順に並べて紹介していきますね。

プラン5は、月額払いで49,800円。保存容量の上限は1TBで、複数の会社と共有してサーバーを使います。ユーザー数は各社100人までという制限もあります。

プラン5の詳細

プラン1は、月額払いで8万9千800円。プラン2の年一括払いでは月額制に比べて12万7千円お得です。保存容量の上限は4TBで、自社専用のサーバーを使う事が出来ます。ユーザー数の制限は無し。

プラン1・2の詳細

プラン3は、月額払いで12万8千円。プラン4の年一括払いでは月額制に比べて13万6千円お得です。保存容量の上限は12TBで、自社専用のサーバーを使う事ができます。ユーザー数の制限は無し。

プラン3・4の詳細

まとめ

firestorageの機能や特徴と料金プランについて解説してきました。firestorageは国内で管理提供されているオンラインストレージの一つです。

個人向けと法人向けのサービスがあり、幅広い層の方がご利用できます。厳重なセキュリティ対策も行っており、安心安全に使う事が出来ます。

現在も、ファイル共有やアップロード前の手間を省き、firestorage内で完結できるなど使いやすい新機能などが追加されています。

難しい操作もなく、初心者の方でもストレスなく使用することができます。無料登録で十分な機能が使えるfirestorageは、誰でも気軽に利用出来るオンラインストレージと言えるでしょう。

画像出典元:「firestorage」公式HP

その他の【オンラインストレージ】のツール

ページトップへ