Benchmark Email

記事更新日: 2019/11/11

執筆: 編集部

運営コメント

500以上の豊富なテンプレートの中から好みのデザインをカスタマイズすることができるので、ユーザーの興味を引くメールマガジンが作成できます。また、オートメーションメールやA/Bテストなどの高度な機能が価格内に含まれているのも魅力です。

1. 自動メール配信

初回メールや、フォローアップメールをタイミングに合わせて自動的に発信

2. デザイン機能

発信するメールを用途に合わせてビジュアルにデザインできる機能

3. 顧客管理

顧客リストの作成、セグメントリスト・ホットリードリスト機能で顧客の管理を支援

良い点

UI画像やテキストを直感的に配置でき、とても使いやすいです。個別のメルマガを特定の日程に設定できるステップメールで、ユーザーの誕生日等のイベントに自動でメールを配信可能です。

悪い点

過去のメールを用いて作成した時は文面がhtmlとテキストメールには自動同期されません。テキスト同期がされていない場合は警告文が出る仕様になっています。

費用対効果:

月額1,800円から始められ、充実した機能が備わっています。

UIと操作性:

HTMLコーディング済のテンプレートに作成できるのが便利で簡単です。

セキュリティ:

パブリックIPアドレス上からアクセスできないファイアウォールを使用して保護されているため、安全度は高い。

多言語対応:

英語やドイツ語、中国語など、日本語を含めて9言語に対応していて、国内最大級です。

サポート体制:

Benchmarkサポートというものがあり、チャットで対応してもらえる。平日10時から17時の間であればレスポンスも早い。

Benchmark Emailの3つの特徴

1. スタイリッシュなデザイン

Benchmark Email(ベンチマークイーメール)の最大のメリットは高品質なデザイン機能

使用できるデザインのテンプレートは500以上もあります。また、Photoshopに近い機能もあり、直接画像をアレンジできるので熟練者にもおススメできます。

デザインや視覚上の美しさを気にする人は、フロントページでそのサイトやサービス、商品の価値を判断する傾向があります。そういう人達にとっては、見た目が美しいかどうかが優先されてしまうこともあります。

Benchmark Emailのツールはそのようなユーザーにも注目してもらうことができ、さらに作成者自身がこだわりをもってデザインすることができます。

デザインテンプレートの例


画像を選んで、トリミングや配置、基調の色、ロゴなどを目的や趣向に合わせてアレンジすることができます。

2. カスタマイズ性の高いテンプレート

もう1つのBenchmark Emailの大きなメリットは、HTMLコーディング済のテンプレートのカスタマイズ性が高く、シンプルな操作画面で簡単にできることです。プログラミングやコーディングのことを全く知らなくとも、誰にでも簡単にHTMLメールを作成することができるのです。

自分で作成したいけど、やり方がわからない。そんな人の願いを叶えてくれるのが魔法のツール、Benchmark Emailなのです。コーディングができる人はもちろん、HTMLのドキュメントに直接入力して自分のやり方で使用していただけます。

作成用テンプレートの参考画像


画像左側の小さな白いアイコンによって、タイトル、見出し、画像挿入、リンク挿入などがワンタッチでできる素晴らしい機能です。大幅に作成時間が短縮できます。

3. 顧客管理のツールの充実

さらにBenchmark Emailは、顧客管理のツールが充実しています。

メール案内からHPを訪れたユーザーを決して逃したくはないですよね。そのためには具体的にどうすればいいのかわからない人もいるでしょう。そんな時にBenchmark Emailには顧客から情報を得る方法がたくさんあります。

会員登録のポップアップ画面をあなたのHPに設定したり、選択型やイエス、ノーだけのアンケート等のポップアップの設定など。

様々な顧客管理機能をポップアップできるので、用途に合わせて効果的に使ってみましょう。

1人でも多くのユーザーから1つでも多くの情報を集めておけば、イベントや誕生日グッズ、季節の新商品などの情報配信を自動設定しておくことができるのです。

また、配信したメールへの開封・クリックといったアクションに応じて変動するスコアを元に、より絞った顧客リストの作成が可能です。作成した配信リストを特定の条件で抽出するセグメント機能や、登録されている顧客情報を利用した差込機能も備えているため、ユーザーに好まれる配信ができます。

充実の日本語サポートは導入支援プランもあり
 
 
わかりやすく動画で使い方を解説してくれる

 

 
 

Benchmark Emailの料金プラン

基本料金体系

 

上記は、一部抜粋のプランとなりますが、配信先メールアドレスが600以下(月額1,800円)のプランから用意されており、5,000アドレスまでは配信数が無制限というのもポイントです。

送信数プラン

月間500,000通以上の配信を行う方は、ひと月あたりの配信数に応じたプランも用意されています。

無料トライアルプラン

毎月250通までのメール配信で全機能を試してみることができます。

有料プランにおいては、どのプランも初期費用が無料で月単位での契約が可能です。また、半年・年間契約割引も用意されています。1ヶ月のみの利用や、キャンペーン期間中や繁忙期だけに期間限定で利用するといった使い方もできます。

 
 

Benchmark Emailの評判・口コミ

マニュアルを読まなくても使えるシンプルなインターフェース
株式会社LOUPE
Benchmark Emailを導入して3~4時間かかっていたHTMLメールの作成が30分になりました。時間が削減できて助かっています。ドラッグ&ドロップのメールエディタを使って簡単にメールを作成することができるます。しかも安価なので、メール配信に大きな予算を割くことなく、本サービスの開発に時間、お金をかけることができます。
原稿と画像を用意するだけでHTMLメールを作ることができるのがすごい
スターフェスティバル株式会社
テンプレートに沿って画像やテキストをはめ込んでいくだけでHTMLメールが作れて、Googleアナリティクスとの連携も可能なので、送信してすぐに効果測定ができPDCAのサイクルが早くなったことが1番のメリットです。またメールを見て注文したと言う声も以前に増して多くなり、以前に配信を行った駅弁特集ではメールからの購入が15%に上がりました。

※「Benchmark Email」公式HP参照

まとめ

Benchmark Email(ベンチマークイーメール)の特徴を説明してきましたがどうでしょうか?

ターゲットとなる顧客が何を求めているのか?一度離脱してしまった顧客にどのようなアプローチをしていけばよいか?しっかり考えてメールの設定をすることで顧客の増加を狙うことができます

このように、使い方次第ではしっかり顧客の増加を狙うことができるツールです。無料トライアルもあるので、まずは一度体験してみましょう。

 
 

画像出典元:「Benchmark Email」公式HP

その他の【メール配信システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ