カラーミーショップ

記事更新日: 2024/03/04

執筆: 編集部

編集部コメント

カラーミーショップはネットショップ開業・作成サービスです。

開設も簡単で、販売手数料が0円、決済手数料3.9%で利用することができます。

手厚いサポート体制、月商に合わせてプランを選択できる料金体系で高いコストパフォーマンスを実現し、導入企業数22,000社以上を誇っています。

また、同一ドメイン内へのWordPress導入が無料で、顧客獲得につなげることも可能です。

ただし、機能を追加する際は、無償・有償があり豊富な種類の中から選別する必要があります。

類似サービスと比較したい方はこちら

まとめて請求する

ASPカートを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする10サービスの資料をダウンロードできます。

この製品について詳しく見たい方はこちら

製品を請求リストに追加する
1. 豊富なプランでコストカット

販売手数料0円。月商にあわせてプランを選べるため、余計なコストがかからない。

2. 同一ドメイン内へのWordPress導入が無料

同一ドメイン内へのWordPress導入の月額利用料が無料。

3. 充実のサポート体制で安心

電話サポートはもちろん、開設サポートや画面共有によるサポートでいつでも安心。

良い点

コストパフォーマンス抜群。特に、同一ドメイン内でWordPressを導入できるサービスはカ ラーミーショップだけなので、集客に強いネットショップを構築することができます。

悪い点

テンプレートは使える機能が異なるので、目的にあったものを選ぶ必要があります。

費用対効果:

容量の違いによりコースがわかれますが、その範囲内であれば登録商品数に制限はありません。

UIと操作性:

テンプレートを利用して簡単にサイトの構築ができます。無料の公式スマホアプリを利用すれば、PCを使わずにリアルタイムで商品管理ができます。

サポート体制:

システムに関することだけでなく、運営ノウハウに関してのセミナーや動画配信もあります。

カラーミーショップの特徴3つ

1. 完全無料のWordPress導入で集客力アップ

カラーミーショップでは、同一ドメイン内でのWordPress導入によりSEOを強化し、集客力をアップ

他のサービスでは同一ドメイン内への導入に高額な費用がかかることが多いですが、カラーミーショップでは完全無料で提供します。

商品説明だけでは伝えきれない情報を、WordPressを通じて発信することで、集客に繋げます。

さらに、80種類以上の基本テンプレートとHTML・CSSでのカスタマイズに対応し、オリジナルのショップを作成することが可能です。

また、Instagramとの手軽な連携により、ショップや商品の魅力を広く伝えることができます。

WordPressを導入したカラーミーショップでは、コーポーレートサイトとネットショップを併用するケースもあり、一貫したブランドイメージの発信が可能です。

導入比較

 

2. 人気決済Amazon  Payを無料で導入

カラーミーショップでは、Amazon Payの導入により、コンバージョン率の向上を後押しします。

初めて利用するネットショップでもAmazonアカウントでの購入が可能なので、安心感が生まれます

また、購入までの手間が軽減されるので入力フォームでの離脱を防ぎ、コンバージョン率の改善が期待できます。

他のサービスでは、同様の機能を有料で提供するケースが多いですが、カラーミーショップでは月額無料で提供しているので、コストパフォーマンスの高さも魅力です。

導入前と比較して大きく売上成長を達成した事例もあり、Amazon Payの導入による利便性の向上が売上向上につながります。

Amazon Pay導入イメージ

3. 充実のサポート体制ではじめてのネットショップ運営でも安心

カラーミーショップの特徴の一つは、開設準備から売上アップまで、経験豊富なスタッフがサポートしてくれます。

無料体験を始めたその日からサポートを受けられるので、初めてのネットショップ運営でも安心です。

システム上の疑問についてはメールや電話での問い合わせが可能で、メールの返信は素早く、親身に寄り添う電話サポートで問題を解決します。

また、画面共有サポートにより、上手く言葉で伝えられない課題もPC画面をサポート担当者側にも映し出すことで、同じ画面を見ながらわかりやすく説明してくれます。

さらに、制作代行サービスでは、専門スタッフが悩みをヒアリングし、課題解決に最適なプランを無料で提案してくれたり、サイトの引っ越しやリニューアルについての問題を集中的に解決可能です。

プレミアムプランでは、ショップ運営の課題をより深く理解しサポートできるように、ショップ専任のECアドバイザーを配置し、定期的なミーティングでショップの成長に向けた提案を行います。

さらに、カラーミーショップのサポートで最も特徴的なところは運営についてのサポートも受けられることです。

ノウハウセミナーの開催や動画の配信が行われ、少人数制のセミナーは開催ごとに満席になるほど人気で、受講できない人向けの動画販売もあるようです。

カラーミーショップはこれらの手厚いサポートでネットショップ運営を全面的にバックアップします。

満足度の高いサポート

資料請求リストに追加する

 

カラーミーショップの料金プラン

カラーミーショップの有料プランは3つにわかれています。

大切な機能がまとまって搭載されているレギュラープランは、ネットショップをはじめたばかりのユーザーなどにおすすめです。

また、無料で気軽にはじめたい人にはフリープランもあります。

フリープランは、ディスク容量200MB、フリーページ10ページ、販売最低価格100円などの条件がある点には注意が必要ですが、まずは試してみたいという方におすすめです。

  レギュラー ラージ プレミアム
初期費用 3,300円 3,300円 22,000円
月額利用料 4,950円 9,595円 39,600円
ディスク容量 5GB 100GB 100GB

(税表示なし)

  • レギュラー:必須の機能をまるごと完備。ネットショップがはじめての事業者むけ。
  • ラージ:事業規模が大きくなっても安心。モール連携や卸販売をしたい事業者むけ。
  • プレミアム:課題解決に導くECアドバイザーを提供。さらに売上を伸ばしたい事業者むけ。

資料請求リストに追加する

 

カラーミーショップの評判・口コミ

管理の煩雑さを解消し売上は向上
洋麺屋五右衛門ストア 谷井 和麿様

売上は2017年から2021年にかけて3倍になりました。
運用面でも、受発注の管理が自動化できたことで人的なミスがなくなり、作業時間が3分の1になりました。
さらに、管理の煩雑さがなくなったことで、人の入れ替わりの度に発生していた教育コストもかなり削減できた

卸販売で業務の効率化
新三郎商店 万野 潤二様

発送までの1つ1つの作業が自動化されたので、業務効率もアップしています。
カラーミーショップの卸販売アプリにしたことで、入金確認もボタンを押せば完了しますし、注文が入った時も取引先へ自動でメールが送られるので便利ですね。
細かい作業がたくさんあり発送まで時間がかかっていましたが、卸販売アプリで自動化されたので作業が楽になったと感じています。

 

資料請求リストに追加する


*「カラーミーショップ」公式HP参照

カラーミーショップとBASEの比較

次に知名度No.1のネットショップ開業・作成サービス、BASEとカラーショップの比較を見ていきます。


BASEとは初期費用および月額費用ともに0円で利用できるサービスで、200万を超えるショップがあり、開設したその日からすぐに販売を始められます。

誰でも簡単にショップが作れ、1,100万ユーザーを持つショッピングアプリとの連携もあるため、集客にも強いツールです。

費用

どのプランを選択するかによって異なりますが、簡潔に述べると、初期費用月額料金0円で固定費がかからないのはBASE、販売手数料が0円で売り上げ規模が多ければ多いほどお得に運営できるのはカラーミーショップです。

しかし、ECの流通において、AmazonPayをはじめとするID決済の割合が大幅に増えています。

そのため、ID決済をメインに使う方には以下の通り、カラーミーショップがおすすめでしょう。

AmazonPayを利用する場合

BASE:販売手数料3% + 決済手数料4.6% + 40円

カラーミーショップ:販売手数料0円 + 決済手数料3.9%

スタンダードプランの比較

月商40万円、単価1万円のショップと仮定して比較してみました。

カラーミーショップは、販売手数料が0円であるものの、初期費用と月額料金が固定費としてかかる為、ランニングコストが必要です。

一方BASEではサービス利用料がかかるので、下記の表でも解るように固定費の差は感じません。

売り上げ金額が上がれば上がるほど、BASEではサービス利用料がかかってくるので、注意しましょう。

(月商10万円、単価1万円の場合) カラーミーショップ
スタンダードプラン
BASE
スタンダードプラン
月額費用 4,950円 0円
決済手数料 16,000円 16,000円
その他手数料 販売手数料:0円 サービス利用料:12,000円
月間ランニングコスト 20,950円 28,000円
年間ランニングコスト 251,400円 336,000円

※決済手数料はクレジットカード決済における手数料(カラーミーショップ:4.0%、BASE:3.6%+40円)を用いて計算
※カラミーショップは初期費用が3,300円が別途必要となります。

上位プランの比較

上位プランではBASEの決済手数料が2.9%、サービス利用料が0%と低くなるため、ランニングコストが割安になっていきます。

カラーミーショップでは、決済手数料が3.14%~と減るものの、月額費が高くなるので、大きく差が出てきます。

但し、カラーミーショップの上位プランではAmazonとの連携が無料になったり、ECアドバイザーからのサポートを受けられたりと機能がグレードアップします。

客単価1万円、月商200万円として年間のランニングコストを算出した場合、以下のようになります。

(月商200万円の場合) カラーミーショップ
プレミアムプラン
BASE
グロースプラン
初期費用 22,000円 0円
月額費用 39,600円 19,980円※
(年払いの1ヶ月あたりの費用は16580円)
決済手数料 62,800円 58,000円
その他手数料 販売手数料:0円 サービス利用料:0円
月間ランニングコスト 102,400円 77,980円
年間ランニングコスト
()内は初期費用を含んだ額
1,228,800円
(1,250,800円)
935,760円
(935,760円)

※決済手数料はクレジットカード決済における手数料(カラーミーショップ:3.14%、BASE:2.9%)を用いて計算
※BASEは新規会員登録時はスタンダードプランでの登録となるため、初期費用は0円として計算

月商が10万円以下や、これからショップを始める場合は、カラミーショップのフリープランBASEのスタンダードプランを比較すると良いでしょう。

このようにランニングコストだけを比較してみると、気軽に始めるならカラーミーショップ、本格的にネットショップ運営をするならがBASEがおすすめと言えます。

機能

  カラーミーショップ BASE
Instagramショッピング連携 550円/月 無料
商品写真/登録数 50枚まで/1商品 20枚まで/1商品
ID決済 楽天 Pay、LINE Pay、PayPayなど 後払いPay ID、Pay Palなど
AmazonPay 無料:月額0円 有料:手数料4.6%+
別途サービス利用料3%
HTML・CSS編集
SEO対策 WordPress
ページごとにタイトル要素
メタ要素の設定が可能
検索キーワード・説明文でSEO設定
カゴ落ち防止 amazon  pay
×
SNS連携 X、Instagram、
Facebook、Youtube
Instagram、X、
LINE公式アカウント、Facebook、Ameba
卸販売
会員ランク
商品レコメンド


カラーミーショップは、自社のECの集客に欠かせない、メディア運営に必須のWordPressの同一ドメイン内導入が無料

ネットショップだけでなくコーポレートサイトとしても利用でき、一貫したブランドイメージを保つことができます。

BASEは、SNS連携が充実しており、Instagramショッピング連携が無料で利用可能で、その他のSNSにも商品掲載や広告の配信が無料で利用ができます。

またどちらもHTML・CSS編集用のソフトは無料で利用することができるため、デザインを自由にカスタマイズすることが可能です。

サポート体制

カラーミーショップのサポート体制は、以下の通りです。

  • オンラインのチャットサポート
  • メール・電話サポート
  • 画面共有サポート
  • 制作代行サービス
  • 各種セミナー
  • お役立ち資料
  • 公式メディア
  • YouTubeチャンネル
  • ショップ専任のECアドバイザー(プレミアムプラン以上)

BASEのサポート体制は、以下の通りです。

  • BASEの機能を使った売上アップのノウハウ記事の配信
  • セミナー開催
  • チャットによるオンラインサポート

BASEはセミナーや問い合わせフォームがメインであるのに対して、カラーミーショップはサポートが充実しているのが特徴的です。

初心者で、文面や言葉では伝えにくい場合は、画面共有サポートで分からないことを共有できて安心という方にはカラーミーショップがおすすめと言えるでしょう。

一方、必要最低限のWEBショップに関する知識がある方には、BASEのサポート体制でも十分といえます。

どっちがおすすめ?

カラーミーショップもBASEも、テンプレートを利用することで、手軽に始められることができる点が魅力です。

カラーミーショップは無料体験を始めたその日からサポートを受けられるなど手厚いサポートが充実しているので、初心者におすすめです。

費用・機能・サポートと3つの条件で比較してみましたが、まずは手軽に始めてみたいという場合にはBASE、初心者だけど本格的にネットショップ運営を行いたいと考えている場合にはカラーミーショップがおすすめと言えるでしょう。

まとめ

自社ECは集客が課題となる事が多いので、コンテンツ発信が大切となります。

カラーミーショップ完全無料で同一ドメイン内に WordPressを導入でき、更新不要でショップに登録されている情報を元にGoogleショッピング広告に出稿することも可能です。

これらの機能を利用することで課題解決に大いに役立ちます。

ネットショップを始めてみたいけれど、コストもノウハウもなく不安を感じている人には、サイトの構築だけでなく運営に関してもきめ細かなサポートがあるカラーミーショップはおすすめのサービスといえるでしょう。

資料請求リストに追加する


画像出典元:「カラーミーショップ」公式HP・「BASE」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ASPカートの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ASPカート
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ