Shopify

3.8

記事更新日: 2023/12/12

執筆: 編集部

編集部コメント

Shopifyは175か国で利用されている世界最大のECサイト構築プラットフォームです。低コストでありながら、利用できる機能が豊富で、海外のものを含め連携できるアプリの数は群を抜いています。ECサイトで海外展開を考えている企業にはとくにおすすめのサービスです。

ASPカートを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

ASPカートを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする11サービスの資料をダウンロードできます。

1. 簡単開設

豊富なテンプレートでECサイト開設が簡単にできる

2. マルチチャネル

SNSやアプリとの連携で拡張可能

3. かご落ち防止

見込み客へ自動でメール送信ができる

良い点

デザイン性の高いテンプレートを使って、簡単にネットショップを開設できます。SNSやアプリを利用したカスタマイズにより、独自性のあるショップが作れます。

悪い点

サイトは日本語ですが、サポートなどは英語が多く、また、利用できるアプリも日本ではまだ少ないようです。

費用対効果:

初期費用は必要ありません。どのプランも商品数に制限がないのが特徴的です。

UIと操作性:

デザイン性の高いテンプレートが豊富にあります。あらゆる画面サイズに対応しており、スマホやタブレットでも利用しやすいです。

社外連携:

SNSやアプリとの連携で機能を拡張できます。

Shopifyの特徴3つ

1. 簡単に開店できる

Shopifyの最大の特徴は簡単に始められることです。豊富なテンプレートを利用してすぐにでも開設できます。

まずはサイトの構築です。Shopifyでは70種類を超えるテンプレートの中から好きなものを選んで利用できます。

デザインは有名なデザイナーが手掛けたものもあるため、そのまま利用してもファッショナブルなサイトができあがります。

もちろん、ブランドコンセプトに合わせたカスタマイズも可能です。

ドラッグ&ドロップで直感的に行えるものから、HTMLによる編集まで様々なタイプに対応しているため、納得のいくスタイルのサイトにできます。


直感的操作でカスタマイズ可能


作成したサイトのサイズは様々な画面サイズに対応しています。

PCをはじめ、タブレットやスマーフォンでも利用できるため、場所、デバイスを問わず、いつでもショッピング可能な対応ができます。

2. 集客の工夫が豊富

次に紹介するShopifyの特徴は集客のための機能が豊富にあるというところです。

多くのユーザーに商品を知ってもらうには、販売チャネルの多さが必要です。

ShopifyではInstagramやFacebookなどとの連携でそれを実現しています。

例えばInstagramとの連携では、投稿やストーリーズ、ハッシュタグを利用して商品を広く告知します。商品を気に入ったユーザーは、そこから直接購入します。

Shopifyでは、ショップのサイトに移行することなく、アプリ内で購入が可能になるのが大きな特徴であり、ここに効果的な集客力があるといえます。

Instagramの他にFacebook Messenger、Facebookショップ、楽天市場などとも連携していますが、こちらももちろんアプリ内で買い物が完結します。

販路の拡大で気になるのが商品の在庫管理ですが、Shopifyでは、販売チャネルが多岐にわたっても、商品の在庫は一か所で管理します。

従って、販路が増えても、在庫管理業務に影響が出ることなく、売上アップが期待できます。


アプリ内で買い物が完結


販売チャネルはSNSだけではありません。

Shopifyでは様々なアプリとの連携が可能で、その数は有料、無料のものを合わせて2,000種類以上と言われています。

種類が多いうえに、その機能も様々ですが、Shopifyのサイトではカテゴリーによる検索機能があるので、目的に合った物を素早く見つけることができるでしょう。

3. 成長のための工夫

Shopifyの特徴3つ目は売上アップのための機能も豊富にあることです。

多彩な決済方法を始め、販売に関する分析機能など、ショップの成長に欠かせない機能が搭載されています。

Shopifyでは、その支払い方法の多彩さも特徴的です。

クレジットカードなどの外部サービスは導入までに時間がかかりますが、Shopifyペイメントを利用することで、登録後すぐに利用可能になります。

カードの他に、ネット通販では一般的に利用されている銀行振込やコンビニ決済をはじめ、様々なキャッシュレス決済など、利用できる方法は100種類以上とされています。

そのため、Shopifyでは支払い方法が通販利用の妨げになることはありません。

多彩な支払い方法

売上とともに、ショップのさらなる成長に欠かせないのは、販売に関する管理と分析です。Shopifyでは包括的なダッシュボードで一元管理を行います。

ここでは、注文、売上、在庫やオーディエンスまでを管理します。グラフを交えた視覚的な画面は、状況把握から今後の販売計画なども簡単に行えます。

ダッシュボードでの管理に加え、Googleアナリティクスとの連携による分析も可能です。Googleアナリティクスでは、売上数、訪問数、紹介数の追跡が可能です。


ダッシュボードで一元管理
 
 

Shopifyの料金プラン

初期費用は不要で、月額課金制になっています。

Shopifyは、3日間無料で試すことができます。

その後、どのプランも3か月間、月額$1米ドル(144円前後※2023/12)で利用することが可能です。

  ベーシック スタンダード プレミアム
価格設定 $33 米ドル/月 $92 米ドル/月 $399 米ドル/月
対象 個人事業主・スモール
ビジネス
スモールビジネス 中規模・大規模
ビジネス
特徴
オンラインストア
販売チャネル
POS
サポート
(24時間体制)
スタッフ
アカウント
2 5 15
クレジットカード手数料 オンラインで3.4%
+ 0円
オンラインで3.3%
+ 0円
オンラインで3.25%
+ 0円
レポート 基本的な項目を押さえた
レポート
プロフェッショナル
レポート
カスタムレポート
ビルダー

(税表示なし)

年払いの場合は25%オフとなります。
支払いは、選択した通貨での支払いが可能です。

  • ベーシック:ストアの作成、商品の配送、決済の処理に必要なものをすべて利用可能
  • スタンダード:プロフェッショナルレポート・多くのスタッフアカウントでビジネスをレベルアップ
  • プレミアム:カスタムレポート機能や最安の取引手数料などで、Shopifyのメリットをフル活用

Shopifyの評判・口コミ


投稿日: -
会社名
非公開
所在地
非公開
業界
IT
職種
非公開
従業員
2人〜10人
匿名ユーザー
役職
-
利用状況
-
アカウント数
-
費用感
-
導入年
-

総合評価点3.5

越境ECの企業などにお勧め

利用にかけた費用 

ベーシックプラン、初期費用無料、月額29ドル。 

利用期間 

2020年1月〜2021年11月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

ECサイトで本を販売したく、ノーコードで手軽にできるBASEやメイクショップと比較した結果、世界的に人気があることが理由でshopifyを使用することにしました。

使いやすいと感じた点を教えてください。 

カゴ落ちメールの自動配信ができるので、見込み顧客への掘り起こしができているなと感じます。またドメインなどインフラ面がしっかり整っており、サーバーダウンの心配もありません。テンプレートも豊富で、すぐに作って売り始めることができたので、使用してよかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

基本的にアメリカ仕様なところがデメリットです。英語になっているだけでなく、名前や住所の入力なども米国式で、コードを編集して直さなければなりません。分からないことがあってGoogleで検索しても、日本ではまだまだユーザ数が少なめなので、英語で調べないと解決策が出てこないことが多いです。初心者には少しハードルが高いとも思いました。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

あまり外部ツール連携はしていないのですが、zapierで注文通知をslackに来るようにしています。 

他の会社にもおすすめしますか? 

しっかりECに力を入れたい企業にお勧めします。逆に個人で小さく気軽に販売したい場合は、月額無料のBASEなどを使用した方がいいと思います。越境などに強いプラットフォームだと思うので、輸出入を行う会社にも最適だと思います。

投稿日: 1970/01/01
匿名ユーザー

総合評価点3.5

役職
-
費用感
-
導入年
-
所在地
非公開
職種
非公開
利用状況
-
アカウント数
-
会社名
非公開
業界
IT
従業員
2人〜10人

越境ECの企業などにお勧め

利用にかけた費用 

ベーシックプラン、初期費用無料、月額29ドル。 

利用期間 

2020年1月〜2021年11月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

ECサイトで本を販売したく、ノーコードで手軽にできるBASEやメイクショップと比較した結果、世界的に人気があることが理由でshopifyを使用することにしました。

使いやすいと感じた点を教えてください。 

カゴ落ちメールの自動配信ができるので、見込み顧客への掘り起こしができているなと感じます。またドメインなどインフラ面がしっかり整っており、サーバーダウンの心配もありません。テンプレートも豊富で、すぐに作って売り始めることができたので、使用してよかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

基本的にアメリカ仕様なところがデメリットです。英語になっているだけでなく、名前や住所の入力なども米国式で、コードを編集して直さなければなりません。分からないことがあってGoogleで検索しても、日本ではまだまだユーザ数が少なめなので、英語で調べないと解決策が出てこないことが多いです。初心者には少しハードルが高いとも思いました。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

あまり外部ツール連携はしていないのですが、zapierで注文通知をslackに来るようにしています。 

他の会社にもおすすめしますか? 

しっかりECに力を入れたい企業にお勧めします。逆に個人で小さく気軽に販売したい場合は、月額無料のBASEなどを使用した方がいいと思います。越境などに強いプラットフォームだと思うので、輸出入を行う会社にも最適だと思います。

投稿日: 2023/06/23
会社名
非公開
所在地
千葉県
業界
メーカー/製造
職種
その他
従業員
2人〜10人
匿名ユーザー
役職
一般
利用状況
利用中
アカウント数
不明
費用感
月額費は4000円程度
導入年
2022年10月
立場
導入決定者

総合評価点4

料金
4
機能の充実度
4.5
操作性・UI
3
サポート体制
4
社内での評判
4

HP改修のための分析に重宝している

利用にかけた費用

初期費用なし。月額費は4000円程度。料金プラン名はスタンダードプラン。

もっと上のプランであれば高度な分析が出来るようだが、予算的な問題でスタンダードプランにした。

導入に至った決め手を教えてください。

弊社のブランドのHPとして使用出来るツールを探していた。Shopifyは基準の機能よりも拡張機能がとても充実していて色々な分析をできるため選んだ。

利用期間

2022年10月~2023年5月現在も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

・拡張機能が豊富なため、それぞれの利用者が求めることが基本的には何でも出来る。

・現在lackyorangeという拡張機能機能を入れているのですが、これを入れると消費者がページのどこまで見てくれたかや、どのボタンのクリック率が多いかまでわかる。

・プログラムを書けなくてもページが作成できるくらい操作が分かりやすい

・自分でコードを書いて編集も出来るため、コードが書ける人は拡張性はとても上がる。

・更には、都度消費者の動きが録画されているので、どのようにサイト内を移動しているかも把握できる。普段からHP改修のための分析として重宝している

不便だと感じた点を教えてください。

・WEBページで使用できる部品が海外寄りのため、少し不自然なページになってしまうことがある。

問い合わせが全て英語になるので、英語ができない人は少し大変。いちいちGoogle翻訳を使って翻訳しながら問い合わせを行わなければならず、とても苦労した。

・機能が多すぎるので把握しきない。理解するのに時間がかかる。

そのツールを使うときに、コストダウンして使える工夫やウラ技、より効率的に使える工夫やウラ技があれば、教えてください。

明細書等のフォーマットを事前に作成しておけば、購入があると自動で名前や住所、商品情報が記載された明細書を発行できて手間が省ける。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Facebook広告を回すためにFacebookと連携を行いましたが、複雑な操作はなくとても簡単にできた。

他の会社にもおすすめしますか?

副業程度にやる場合は機能が多すぎるので、他の安いツールの方が良さそう。本業としてしっかりやるのであれば、スタンダードプランでも十分高度な分析ができる。出来るため何が足りないのかを明確にしながらHPを改善できるので、いいと思う。

投稿日: 2023/06/23
匿名ユーザー

総合評価点4

料金
4
機能の充実度
4.5
操作性・UI
3
サポート体制
4
社内での評判
4
役職
一般
費用感
月額費は4000円程度
導入年
2022年10月
所在地
千葉県
職種
その他
立場
導入決定者
利用状況
利用中
アカウント数
不明
会社名
非公開
業界
メーカー/製造
従業員
2人〜10人

HP改修のための分析に重宝している

利用にかけた費用

初期費用なし。月額費は4000円程度。料金プラン名はスタンダードプラン。

もっと上のプランであれば高度な分析が出来るようだが、予算的な問題でスタンダードプランにした。

導入に至った決め手を教えてください。

弊社のブランドのHPとして使用出来るツールを探していた。Shopifyは基準の機能よりも拡張機能がとても充実していて色々な分析をできるため選んだ。

利用期間

2022年10月~2023年5月現在も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

・拡張機能が豊富なため、それぞれの利用者が求めることが基本的には何でも出来る。

・現在lackyorangeという拡張機能機能を入れているのですが、これを入れると消費者がページのどこまで見てくれたかや、どのボタンのクリック率が多いかまでわかる。

・プログラムを書けなくてもページが作成できるくらい操作が分かりやすい

・自分でコードを書いて編集も出来るため、コードが書ける人は拡張性はとても上がる。

・更には、都度消費者の動きが録画されているので、どのようにサイト内を移動しているかも把握できる。普段からHP改修のための分析として重宝している

不便だと感じた点を教えてください。

・WEBページで使用できる部品が海外寄りのため、少し不自然なページになってしまうことがある。

問い合わせが全て英語になるので、英語ができない人は少し大変。いちいちGoogle翻訳を使って翻訳しながら問い合わせを行わなければならず、とても苦労した。

・機能が多すぎるので把握しきない。理解するのに時間がかかる。

そのツールを使うときに、コストダウンして使える工夫やウラ技、より効率的に使える工夫やウラ技があれば、教えてください。

明細書等のフォーマットを事前に作成しておけば、購入があると自動で名前や住所、商品情報が記載された明細書を発行できて手間が省ける。

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Facebook広告を回すためにFacebookと連携を行いましたが、複雑な操作はなくとても簡単にできた。

他の会社にもおすすめしますか?

副業程度にやる場合は機能が多すぎるので、他の安いツールの方が良さそう。本業としてしっかりやるのであれば、スタンダードプランでも十分高度な分析ができる。出来るため何が足りないのかを明確にしながらHPを改善できるので、いいと思う。

まとめ

コストを抑えつつ、コンセプチュアルなECサイトを構築したい会社にはおすすめのサービスです。

それは豊富なテンプレートを利用して簡単にネットショップを作れる、というのがShopifyの大きな特徴だからです。

SNSやアプリとの連携で集客効果も見込めるだけでなく、低コストで初心者にも利用しやすく、海外のアプリ連携が多数あるため越境ECを考えている人にもおすすめです。

ネットショップ開設に必要な機能が全て搭載されているShopifyは、どのようなひとにも使いやすいプラットフォームといえるでしょう。


画像出典元:「Shopify」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ASPカートの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ASPカート
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ