レコメンドエンジンについて

【2020年版】レコメンドエンジンとは?おすすめ13選を徹底比較

記事更新日: 2020/08/21

執筆: 編集部

ECサイトやwebサイトを運営していると、集客数の維持やカゴ落ち対策、離脱率などの悩みや、売上・集客力をアップさせる方法について頭を抱えている方も多いことでしょう。

そんな時力強い味方となってくれるのが、レコメンドエンジンです!

近年では比較的簡単に導入でき、お手頃価格なレコメンドエンジンが登場しています。そこで今回は、「おすすめのレコメンドエンジン13選」をはじめ、「導入効果の出やすいサイト」や「選ぶ際の注意点」など紹介していきます。

レコメンドエンジンとは

ユーザーの好みに合う商品や推薦したい商品を選び出し、表示するシステムです。

目的の商品の下や横に表示される、「あなたへのおすすめ商品」や「月間・週間ランキング」、「最近チェックした商品」などの部分にあたります。

名前は知らなくてもほとんどの方が見たことがある様に、近年多種多様なwebサイトで利用されています。

おすすめのレコメンドエンジン3選

1. 導入企業20,000社以上!『コンビーズレコ』

画像出典元:「コンビーズレコ」公式HP

特徴

業界最大級の導入実績を誇るCombzReco。ウェブサイトとメールそれぞれの媒体からユーザーに合わせた接客を可能にするレコメンドエンジンです。

人工知能がパーソナライズするリターゲティングメールで、顧客に対するアプローチが確実に行えます。

機能

・レポート表示・A/Bテスト
・デザインのカスタマイズ
・Google Analytics連携
・定期購入レコメンド
・メール配信時刻の最適化
・メールとウェブ両方からお知らせ

料金プラン

初期費用:50,000円(税抜)
月額費用:39,800円~(税抜)

 

2. 他サービスと柔軟に連携可能!『NaviPlusレコメンド』

画像出典元:「NaviPlusレコメンド」公式HP

特徴

800サイト以上の導入実績を持つNaviPlusレコメンドは、スムーズに導入・運用を進めたい方におすすめのレコメンドエンジンです。

2006年の創業以来、多くのECベンダーやシステム会社との連携で培ったノウハウを基に、専任のコンサルタントが導入後の運用・効果測定に至るまでサポートしてくれます。

ユーザー属性分析・行動履歴などを踏まえたパーソナライズリコメンド機能や、AIによる自動最適化といった高機能を搭載。さらに、外部データのインプットやレコメンドデータのアウトプットを他システムと連携することで、より強固なパーソナライズ化を実現します。

機能

・会員属性をふまえたパーソナライズレコメンド
・リアルタイムレコメンド
・AI自動最適化
・効果測定機能

料金プラン

・初期費用:200,000円
・月額費用:100,000円~

 

3. かんたん導入かんたん運用!『パーソナライズド・レコメンダー』

画像出典元:「パーソナライズド・レコメンダー」公式HP
 
 

特徴

パーソナライズド・レコメンダーは、株式会社アピリッツによる完全自社開発のレコメンドエンジンです。

ASPサービスのツールなので、当該商品のタグをサイトに貼り付けたりスクリプト埋込んだりするなど、導入は数ステップで完了します。サーバやデータベースの準備などが必要なく、最短1 週間から1ヶ月程度でサービスを開始できます。

webサイトを訪れたユーザーの行動履歴をリアルタイムに追跡し、販売戦略にあわせた最適なレコメント情報でwebサイトを活性化させます。

また、導入後の改善サポートなど、webサイトの目標達成に向けた継続的な支援を行っています。

機能

・行動履歴に基づくパーソナライズレコメンド
・ランキング機能
・リマインド機能
・効果測定機能

料金プラン

<ASPサービス版>

・初期費用:200,000円~
・月額費用:50,000円~

 

その他のおすすめレコメンドエンジン

Rtoaster

画像出典元:「Rtoaster」

特徴

ユーザーの滞在時間が短い、顧客になる確率が低いなどで悩んでいるなら、レコメンド機能が充実したRtoasterがおすすめです。

問い合わせへ対応への出費が多く困っている企業にもぴったりのツールです。DMPを利用したサイト運営は効率化を実現してくれるでしょう。

料金プラン

150,000円/月~です。

料金やプランは各サイトのPV及び、利用機能により変動します。利用機能は、トラッキング数のことで、導入時にサイトへ埋め込むRtoasterタグコール数をベースに計算されます。

 

アクティブコアマーケティングクラウド

画像出典元:「アクティブコアマーケティングクラウド」

特徴

DMPの構築からデータ分析、顧客に対するレコメンド等が一括操作で簡単にできるBtoC向けのMAツールです。

保有する多種多様なデータを同じプラットフォームで統合して管理でき、顧客が利用するチャネルに対して幅広いアプローチをすることも可能です。

多くの顧客を抱えており、顧客の状況に合わせたアプローチを効果的におこないたい企業におすすめです。

 

チームラボレコメンド

画像出典元:「チームラボレコメンド」

特徴

ECサイトからメディアまで業種は不問、あらゆる規模のサイトに対応可能で、ユーザーに最適な商品を案内して売上を向上させたい企業におすすめのレコメンドエンジンです。

リマインドのプッシュ通知など多彩な機能を持ち、高い技術力で大規模なサイトにも対応できます。

 

おてがるレコメンド

画像出典元:「おてがるレコメンド」
 
 

特徴

作り方はタグをコピー&ペーストするだけ、簡単な操作かつ低コストでECサイトの売上をアップさせたいと考えている企業におすすめのレコメンドエンジンです。

顧客の関心に合わせておすすめ商品を表示させることで、客単価を向上させます。1契約で、PC・スマホどちらのデザインにも対応できる使い勝手の良さも便利で重宝するでしょう。

料金プラン

月額費用

【50万PV未満】22,000円(税込)

【150万PV未満】44,000円(税込)

【250万PV未満】66,000円(税込)

初期費用は33,000円(税込)です。その他オプションを追加した場合には別途料金がかかります。

 

EC RECOMMENDER

画像出典元:「EC RECOMMENDER」
 
 

特徴

月額4,743円~利用可能なので、ECサイトの作り方に詳しくない方や低コストで運用し、売上UPを図りたいという企業におすすめのレコメンドエンジンです。

導入にあたっての大きな開発も必要ありません。とくにコストパフォーマンスを重視したい中小規模のWebサイトを運営する企業にはうってつけのツールです。

料金プラン

【エントリープラン】初期費用・月額費用ともに4,743円

【ベーシックプラン】初期費用:9,500円/月額費用:10,000円

【スタンダードプラン】初期費用:19,000円/月額費用:20,000円

 

Adobe Target

画像出典元:「Adobe Target」

特徴

機械学習やAIによる顧客のデータ分析も可能なので、ECサイトの作り方やレコメンド機能の使い方に詳しくない企業にもおすすめのレコメンドエンジンです。

A/Bテストや多変量テスト、人工知能の活用により、顧客のパーソナライゼーションの自動化が可能で、顧客一人ひとりに最適な商品の提供を実現できます。

 

ZETA RECOMMEND

画像出典元:「ZETA RECOMMEND」

特徴

機械学習により顧客に最適な商品を提供したいけどECサイトの作り方に詳しくないor売上向上のために改善したい企業におすすめのレコメンドエンジンです。

「ZETA RECOMMEND」に搭載された機械学習機能は、顧客一人ひとりの傾向を掴むことで最適なレコメンドをタイミングよく発信することができます。導入後もエンジニアによるサポートが受けられるので安心です。

 

さぶみっと!レコメンド

画像出典元:「さぶみっと!レコメンド」

特徴

最大2カ月の無料お試しが可能、50種類以上のテンプレートでECサイトの作り方も簡単、最短1週間など短期間で導入したい企業におすすめのレコメンドエンジンです。

他社の同サービスに比べて低コストで利用でき、費用をかけずにユーザーのリピート率アップや購買意欲アップを促せるので、大きな収益率の増加が期待できます。

料金プラン

PV数 20万PVまで 50万PVまで 100万PVまで 1000万PVまで
月額 39,000円 59,000円 79,000円 99,000円

 

初期費用:99,000円

契約単位は1ドメインで、料金発生月から最低6ヶ月間の利用が必須です。最大2か月間の無料トライアルを利用できます。

 

Logreco

画像出典元:「Logreco」

特徴

最長2ヶ月の無料お試しも可能、レコメンドエンジンの有効な使い方のサポートもほしいという企業やECサイトの売上をUPさせたい企業におすすめのレコメンドエンジンです。

Webサイトにてユーザーが閲覧しているページやチェックしている商品をログから解析し、そのユーザーにとって最適なページや商品を自動表示させることが可能なレコメンドエンジンとなっています。

料金プラン

初期費用:100,000円

取得API 5万回まで 100万回まで 500万回まで
月額 10,000円 50,000円 100,000円

 

レコメンドメール支援機能利用の場合は、初期費用:50,000円~、月額費用:10,000円~です。

最長2カ月の無料トライアルが用意されています。

 

楽レコ

画像出典元:「楽レコ」

特徴

通常の商品ページから関連商品を掲載し、“ついで買い”を増やしたいと考えている企業におすすめです

サイト更新作業工数の削減を検討中の企業にも最適です。

料金プラン

使用できる機能により以下の3つのプランが選択できます。

【バリュープラン】初期費用:30,000円 /月額費用:10,000円 

【スタンダードプラン】初期費用50,000円 /月額費用:20,000円 

【プレミアムプラン】初期費用:50,000円 /月額費用:30,000円 

 

自社にあうレコメンドエンジンの3つの選定ポイント

1. 課金スタイル

多くのレコメンドエンジンは従量課金制となっており、〇円~と表記されていることが多いのはそのためです。

従量課金制ではサーバーへのアクセス数に対する課金になるので、セール期間などアクセス数が多くなる場合は、想定していた金額よりも高額になることがあります。

初期費用や月額料金以外にも、課金方法・予想される金額を事前に確認しましょう。

2.  他サービスとの連携・互換性

レコメンドエンジンは他のサービスやツールと連携させると、より活用の範囲が広がります。

そのため、MAツールやショッピングカートツールなど、すでに使っているツールや導入予定のサービスと連携できるか・互換性はあるかどうかを確認しましょう。

ショッピングカートツールの場合では、種類によってレコメンドエンジンとの併用が難しい場合があるので注意が必要です。

3. スマホ対応

スマホ向けサイトを持っている場合は、スマホサイトにも適用されるのかを確認しましょう。売上の大部分をスマホやタブレットからの訪問が占めている、というサイトも少なくないと思います。

スマホ対応しているだけでなく、スマホならではの画面の動きに対応できるか、見やすさはどうかなどデザイン性に注目するとよいでしょう。

レコメンドエンジンが向いているサイトは?

具体的に導入に向いているサイトはどんなものか見ていく前に、レコメンドエンジンに搭載されている主な機能をご紹介します。

レコメンド機能

商品の購入をより促してくれる基本機能です。関連商品や自社のおすすめしたい商品、ユーザー属性や行動履歴をもとにおすすめの商品を表示します。

ランキング機能

人気商品ランキングや売れ筋商品ランキングなどを表示します。人気のある商品を表示することで、ユーザーの関心を集め、購買意欲を刺激します。

レポート機能

レコメンドした結果を集計・分析する機能です。レコメンドしたコンテンツの中で何が高い効果を発揮したか、購入単価やコンバージョン率はアップしたかなど、さまざまな視点から分析でき、次の施策に活かせます。

このような機能の特徴から、ユーザーに提供できる商品・サービス及びアクセス数が多いサイトがレコメンドエンジンの導入に向いていると言えます。

レコメンドエンジンの導入は、Amazonや楽天のような無数の商品を取り扱っているECサイトが代表的ですが、その他の幅広い分野でも利用されています。

例えば不動産・旅行・銀行・ニュースといった、物を扱う場合だけでなくサービスを扱う場合も有効性があり、積極的に活用されています。

レコメンドエンジンのメリット3つ

1. 売上・集客力のアップ

レコメンドエンジンを導入することで、ユーザ一1人ひとりの好みに沿った商品・サービスの提供が可能になると同時に、常に変化していくニーズに対して自動的に改善策が打てるようにもなります。

これらにより、ユーザは欲しい商品の情報や求めていたサービスに触れる機会が増加するため、売上高や集客力のアップが期待できます。

2. ユーザー体験の向上

レコメンドエンジンでユーザーの興味関心を引き出すレコメンデーションを提示することにより、ユーザー体験の向上につながります。

年齢・性別といったユーザー属性や購入履歴など、多様な観測データに基づいてさまざまなジャンルの中からおすすめの商品・サービスをピックアップします。

ユーザーは楽しみながら買い物していくうちに行動データが蓄積し、より的確なレコメンデーションを得るので、顧客ロイヤリティの向上が見込めます。

3. リピートユーザーの獲得

上記2つのメリットが生まれることにより、リピートユーザーの獲得が期待できます。

企業経営において、リピートユーザーの獲得は売上を伸ばしていく上で非常に重要とされており、「2:8の法則」として有名です。これは「売上の8割は、2割のリピートユーザーが占めている」とする理論です。

リピートユーザーを獲得することで、高い売上の維持が可能になるでしょう。

レコメンドエンジンのデメリット2つ

1. 向き不向きが分かれる

レコメンドエンジンの特性上、商品の種類が豊富な場合に利便性をもたらしますが、そうでない場合、効果を発揮することは難しいでしょう。

取扱い商品が限られていたり、ある分野に特化していたりするようなwebサイトでは、レコメンドエンジンを使うことで本当に他の商品を探しやすくなるのか、事前に検討する必要があります。

2. アクセス数が必要

アクセス数が少なくデータ蓄積が順調でない場合、ユーザーに最適なおすすめを表示できない可能性が高くなります。他にも、コンテンツの入れ替わりの激しいサイトなどでは、レコメンドの精度が低くなりがちです。

アクセス数が少ないサイトでは、蓄積データに頼らない、クリックストリームデータを基にしたレコメンドエンジンを選ぶとよいでしょう。

まとめ

レコメンドエンジンの導入により、購買率や集客率、リピート率の高いwebサイトの運用が可能になります。

今回おすすめしたレコメンドエンジンをご参考に、MAツールとの連携や既存システムとの互換性なども意識して、あなたのwebサイトを最適化していきましょう!

画像出典元:O-dan

レコメンドエンジンのITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ