Rtoaster

記事更新日: 2019/03/07

執筆: 編集部

運営コメント

サイトへのビジターの滞在時間が短い、顧客になる率が低いなどで悩んでいるなら、レコメンド機能が充実したDMP「Rtoaster」がおすすめです。利用者のニーズや興味が多角化している現在、ただサイトを運営しているだけでは、顧客を取り込むことは難しくなってきました。問い合わせへ対応への出費が多く困っている企業にもぴったりのツール。DMPを利用したサイト運営は効率化を実現してくれるでしょう。

1. レコメンド・機械学習機能

公式サイトを顧客に応じてパーソナライズできる

2. マルチチャネルアクション機能

レコメンドアルゴリズムを使って、相手に合った商品を紹介できる

3. 自社のユーザー行動を自動で可視化する分析機能

ユーザーの閲覧履歴などを元にセグメント作成

良い点

サイトの訪問者を無駄なく顧客として定着させる可能性が飛躍的に伸びます。また顧客管理に要する経費が抑えられ、合理的です。

悪い点

利用料が高額であるため、サイト訪問者が少ない場合はあまり効率アップとは言えません。

費用対効果:

月額150,000万円からですが、顧客の取り込み率を考えるとビジターの多いサイトを運営企業には十分メリットがあります。

UIと操作性:

導入は、サイトの指定場所にタグを入れるだけでわかりやすく、すぐに始められます。カスタマーセンターも充実。

社外連携:

社外セグメントとの連携で、データの充実度がアップ。

Rtoasterの3つの特徴

1. 多様なレコメンド機能 

「Rtoaster」の最大の特徴、それは「レコメンド機能」の多様さです。「Rtoaster」には、最新のレコメンドエンジンが搭載され、ユーザーのニーズを認知し、パーソナライズした記事や商品をレコメンドします。

アルゴリズムによって、ユーザーがどのような商品に興味を持つか、購買履歴も含め、データをフルに利用して、最適な対応が可能です。もちろん、顧客のニーズだけではなく、在庫データやプロモーションなど多種多様なロジックでと高性能なフィルタによって、成果に結びつけます。



 

機械学習機能が高度で、一度訪れたユーザーのニーズを見逃しません。コンテンツマッチレコメンド機能によって、ユーザーが本当に欲しいものを提供できます。

自動最適化機能により、工数が少なく、使い続けるうちにさらに使いやすさを実感し、ビジネスが効率化していきます。

2. 他社のデータ情報も使ってパーソナライズの理想化

パブリッシャーとして最適なメディアの構築が可能です。ビジターの中から、メディア運営者が求めるタイプを選定し、顧客獲得の可能性を高めます。メディアでの滞在時間を可能な限り伸ばし、会員登録に導きます。

Google DoubleClick for Publishersとも連携しているため、最適なパブリッシャーを実現。会員登録後は、レコメンドメールを通して、さらに顧客として安定化していきます。

セグメントフィールド機能を使って、他のメディアのセグメントとデータを交換しながら、さらに高度なデータを構築可能です。そのように効率的広範囲で収集したデータは、マルチチャネルによって統合され、パーソナライズがワンストップで実行できます。


3. データサイエンティストとコンサルタントによるサポート

「Rtoaster」は、データサイエンティストとコンサルタントによるサポートが充実しています。

「Rtoaster」導入に当たってコンサルタントが最適なプランを提案して、一緒にプロジェクトを最適な条件で推進していきます。導入時はサイトにタグを入れるだけで簡単。導入後に疑問がある場合もRtoaster専用窓口から電話、またはメールでの解決が迅速です。

カスタマーサクセス(CS)による運用支援で、機能をフルに利用可能です。さらに深いデータ分析をデータサイエンティストが実行し、常に最新のニーズに合わせながらデータを最大に利用する体制を提供します。


 

料金プラン

 



150,000円/月からです。

料金やプランは各サイトのPV及び、利用機能に応じます。利用機能とは、トラッキング数のことで、導入時にサイトに埋め込むRtoasterタグコール数をベースに計算されます。

詳細は、こちらよりお問い合わせください。

評判・口コミ

社内の業務改善と顧客育成に貢献
株式会社フェリシモ様

基幹システムにあるデータをRtoasterに蓄積し、チャネル横断のCMSとして活用。 社内の業務改善と顧客育成に貢献してくれました。年齢・性別というより、趣味・嗜好やライフスタイルが共通するお客様でクラスターを築き、商品販売だけでなく、一緒に商品を企画するなどの体験も共有する「クラスター戦略」を打ち出しています。

「ハイパフォーマンス」と「ユーザーフレンドリー」が継続利用の決め手
日本航空株式会社(JAL)様

Rtoasterを10年以上使い続ける理由は「ハイパフォーマンス」「ユーザーフレンドリー」であること。100万人に100万通りの提案を行うような究極の1 to 1マーケティングを目指したい。多くの施策でクリック率が出し分けをしない場合に比べ2倍から3倍近くになっていると思いますし、もっと高い効果が出た施策も多くあります。

「Rtoaster」公式サイト参照

まとめ

サイトへの訪問が多いにもかかわらず、顧客獲得に結びついていない場合に効果が発揮できます。レコメンド機能で、ライトユーザーをヘビーユーザーに転換させることも可能です。そのための営業パーソンを必要とせず、長い目で見ればかなり経費を抑えられます。

それだけではなく、ビジターのニーズや興味の方向が理解でき、時代にマッチした商品開発が可能です。セグメント機能の連携によって、他社のデータも読み込めるため、今までサイトに来なかった種類の人のニーズも読め、さらに顧客層を広げていけます。

アフターサービスも充実しており、コンサルタントやデータサイエンティストによる的確なアドバイスによって、データを無駄にせず、効率的なサイト運営で売り上げアップを実現します。

画像出典元:「Rtoaster」公式HP

その他の【DMP】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ