Yahoo! DMP

記事更新日: 2019/03/07

執筆: 編集部

運営コメント

会員制の顧客を持つ会社やオフラインでのやり取りが発生する会社にはうってつけ。Yahoo! JAPANが持つ膨大なデータと企業が持つデータを掛け合わせ、企業がPDCAを回すお手伝いをします。

1. インストールユーザーを除外

インストールユーザーを外した広告配信を、リアルタイムで実現できます。

2. 類似ユーザー拡張

Yahoo! JAPAN内行動履歴を基に、商品を継続購入している顧客と類似している層に広告配信。

3. 安心サポート機能

独自のモデリング技術による高精度なセグメント化を安心のサポートによって実現。

良い点

「Yahoo! DMP」は年間75億種類の検索キーワードから、Yahoo! JAPAN のビッグデータを活用できる唯一のDMPサービスです。

悪い点

導入コストは原則無料ですが、新規顧客獲得に努めるには100万円などある程度の予算が必要。

費用対効果:

リターゲティング広告以外の新規の顧客獲得のためには月額100万円ほどの別料金が必要。

UIと操作性:

アプリSDKからのデータ連携がリアルタイムに行われます。

社外連携:

アプリマーケティングツールと「Yahoo! DMP」やYahoo!ディスプレイ広告のシステムが連携済みなので簡単に始められます。

Yahoo!DMPの3つの特徴

1. オーディエンス拡張

「Yahoo! DMP」はビッグデータを活用し、PDCAを回す手助けをします。Yahoo! JAPANのビッグデータと企業が持つデータを掛け合わせ、顧客に最適なアウトプットを実現します。

Yahoo! JAPANのビッグデータ
 

Yahoo! DMPは自社サイトで集められた購買履歴や顧客の属性などのデータを活用する「プライベートDMP」と第三者が提供する閲覧情報などを活用する「パブリックDMP」の両方を兼ね備えています。

ウェブ経由の顧客の場合、サンプルを購入後、継続して本商品の購入へつながる割合が低い傾向があります。

「Yahoo! DMP」は検索キーワード・商品の購入履歴データ・ページ閲覧履歴など独自のモデリング技術で、「購買しそうなターゲット層」や「優良顧客になりそうな顧客層」「一度、離れてしまった顧客」の再導入を実現できます。

商品を購入した顧客層をYahoo! JAPANが持つ検索履歴や閲覧履歴など様々なデータから分析し、購入意欲が高そうなユーザー層を抽出してアプローチします。そのため新規顧客の獲得も狙えます。

一般的な通販サイトでは、購入完了ページにタグを入れて拡張をした場合、違う種類の商品を購入していた場合も商品の種類の区別なく「1つの購入」として捉えられます。

Yahoo! DMPを利用すると、商品の種類を区別してより精度の高い拡張セグメントを作成可能です。

2. リエンゲージメント

日数指定で、アプリ未起動からX日以上Y日未満のユーザーの自動算出ができます。

未起動期間に応じた適切な広告コミュニケーションを実現

 
 

何日以上アプリを起動していない顧客には、ディープリンクで課金付の特設ページに誘導するなど未起動期間に応じ、適切な広告コミュニケーションを実現できます。

未起動リストは自動更新が可能。さらに精度の高い広告施策を実現します。

3. 顧客一人一人に適したコミュニケーションを実現

 

様々なフォーマットの広告、メール配信やウェブページ最適化など、顧客一人一人に適したコミュニケーションを実現できます。

また、「Yahoo! JAPAN」が持つ様々なデータとの掛け合わせで、性別や年代から趣味・嗜好などを絞って広告を配信することも可能です。

 
様々なフォーマットで広告配信
 
 
 

料金プラン

原則無料。初期費用・データの保管・収集費用は無料です。別途広告出稿費用などがかかります。

評判・口コミ

効率よく新規獲得に成功
株式会社 生活総合サービス様

新たな顧客の獲得を目指しYahoo! DMPの「行動予測モデル」を活用。効率のよい新規獲得に成功しました。今回の取り組みを踏まえて、カスタムオーディエンス配信を使った新しい施策に挑戦中です。これまでアプローチできなかった顧客との接点につなげていきたいです。

継続率や課金率で結果
株式会社ディー・エヌ・エー様

「逆転オセロニア」のプロモーションでYahoo! DMPを利活用し、自社データを用いたターゲティングを実施しました。その結果、継続率や課金率の良好なセグメントへのリーチに成功しました。他タイトルでもリエンゲージメント広告を実施致。その結果、同様に良好な結果となりました。

「Yahoo! DMP」公式サイト参照

まとめ

取り扱い商品の種類が多く、ターゲット層が違う企業にはうってつけです。

「Yahoo! DMP」はYahoo! JAPANのマルチビッグデータと企業が持つデータを掛け合わせ、企業がPDCAを回す手伝いをします。

初期費用など原則無料ですが、リターゲティング広告以外の新規の顧客獲得をしようと思うと、月額100万円ほどの追加費用が必要になるため要注意です。ある程度、資金に余裕があり、大手検索WebサイトYahoo!で広告を配信したい会社におすすめです。

画像出典元:「Yahoo! DMP」公式HP

その他の【DMP】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ