Adobe Audience Manager

記事更新日: 2019/03/11

執筆: 編集部

運営コメント

「Adobe Audience Manager」は、顧客との接点になり得る全てのプロモーションからデータを収集。そのデータを一元管理することで顧客の全体像を明確にし、顧客のニーズに最適なキャンペーンを発信し続けられます。

1. データ収集

オンライン・オフラインのデータを万遍なく収集し集約する

2. データ分析

AIシステムを利用しながらニーズごとにターゲット市場を細分化し管理する

3. キャンペーンの最適化

A/Bテストなどを行いながら最適なキャンペーンを顧客に提供する

良い点

一般的なDMPの機能に加え、「Audience Marketplace」にてアンケートサイト等の情報を購入可能。企業だけでは把握しきれないマーケット全体の需要を把握できます。

悪い点

日本語によるサポートが充実していないため、トラブル時の対応に時間を要することがあります。

費用対効果:

料金は導入規模により異なりますが、概ね満足しているという声が多いです。

UIと操作性:

直感的操作でほとんどの処理を完了できます。

セキュリティ:

EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠したセキュリティ対策を行っています。

Adobe Audience Managerの3つの特徴

1. 中立性の高い体験中心型DMP

「Adobe Audience Manager」ではAdobeの独自分析データを導入していないため、導入企業はAdobe以外の第三者から習得したデータでも、中立的立場を保ちながら活用可能。既にデータ分析ツールを導入している場合は統合することも可能。企業やブランドの枠に捉われないことで、オリジナル性の高い顧客体験を提供できます。

顧客体験に重きを置く「Adobe Audience Manager」ならあらゆるツールから得た分析結果や顧客行動をリアルタイム追跡できます。企業と相性のよいツールで管理している動的なデータをマーケティングに活用することで、適切なタイミングに顧客が求める質の高いキャンペーンを提供できるでしょう。

リアルタイムなデータ追跡で最適な顧客体験を提供





 

2. AIシステム「Adobe Sensei」搭載

「Adobe Audience Manager」にはAdobeのAIシステム「Adobe Sensei」を搭載。マシンラーニング機能があるため、データ分析など単調な作業の高速化に役立ちます。

その他、AIによる徹底したデータ分析により、些細なビジネスチャンスも逃さない環境が整います。マーケティング担当者の先入観がない状態で分析作業を進めることで、今までにない視点で顧客を分類できる可能性も。「Adobe Sensei」をビジネスパートナーにすることは、キャンペーンの恒常化を防ぎ、新しい発見を顧客へ発信し続けることにつながるでしょう。

Adobe Senseiがデータ分析をサポート

3. 厳格なセキュリティ体制

「Adobe Audience Manager」は顧客のデータを確実に保護すべく厳格なセキュリティ体制が整っています。その1つの指標として、EUの一般データ保護規則(GDPR)を採用。データ使用許諾契約違反に対し強制的にデータ送信を抑制する業界初の「データエクスポートコントロール機能」やデータの使用権限を規制する「ロールベースアクセスコントロール機能」により顧客データの流出を抑制します。

個人情報の漏洩は顧客に多大な迷惑をかける上、企業の信頼を一瞬にして失います。そのため、Adobeではコンサルティングチームと個別にセキュリティ対策について相談できる体制を確立。「Adobe Audience Manager」と企業の担当者が協力できる体制が整っていることで、大切な顧客の情報を確実に保護できます。


セキュリティ対策は企業とAdobeが一丸となって取り組む課題


 
 
 

料金プラン

「Adobe Audience Manager」の利用料金は企業の規模や導入環境により異なります。詳しくは公式HPよりお問い合わせください。

公式HP

評判・口コミ

効果的なキャンペーンを実施できるようになった
Princess Cruises様

Adobe Audience Managerはデータの活用とチーム間の連携を促進し、オーディエンスに対する具体的なメッセージの提供を可能にします。おかげさまで、以前よりダイナミックでクリエイティブな施策を展開し、価値の高いオーディエンスに効率的なマーケティングキャンペーンを配信できるようになりました。

社員の意識向上に役立った
National Bank of Canada様

Adobe Audience ManagerをDMPとして導入した途端、社内のカルチャーが急速に変化し始めました。オーディエンスとパーソナライゼーションをいかに活用して顧客にリーチするかに、皆が夢中になっています。売上が向上するとともに、最適化のコストを30%削減できました。

※「Adobe Audience Manager」公式HP参照

まとめ

「Adobe Audience Manager」はキャンペーンに行き詰まりを感じている企業におすすめ。「Adobe Sensei」の提案やアンケートサイトの結果を収集することで、今までにない切り口による顧客へのアプローチが可能。新鮮な顧客体験を提供し続けることで、市場拡大への期待も膨らみます。

急激な市場の変化にも、オンライン・オフライン問わず全ての顧客行動を素早く把握しアクティブ化できる「Adobe Audience Manager」なら安心。むしろ、柔軟に対応しながらあらゆる変化をビジネスチャンスに変えていけるでしょう。

画像出典元:「Adobe Audience Manager」公式HP

その他の【DMP】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ