TREASURE DATA

記事更新日: 2019/03/08

執筆: 編集部

運営コメント

社内に蓄積されたデータを分析・活用したいという会社にはうってつけです。非エンジニアでも簡単に使いこなすことができます。顧客のリアルタイムの行動履歴から、IoT/M2Mが生み出すセンサー情報まで、社内の膨大なデータを収集・分析し、広告運営へ繋げます。

1. 転送機能

Output Resultを使うと、実行結果をAmazonのS3やRedshiftなど別のシステムに転送できます。

2. ジョブ登録

定期実行設定しておけば、毎日決まった時間に集計結果を他のサービスに連携可能です。

3. 豊富な外部ツールとの連携

MQTTやMySQLなど外部クラウドサービスと連携し、広告を行うことができます。

良い点

他のDMPシステムと比べても、サポートが充実。「TreasureData」のエンジニアがデータインフラ全体を管理・サポート。

悪い点

複雑な計算や集計がやりづらく、ある程度、集計された値を「Treasure Data」に格納するなど工夫が必要。

費用対効果:

他のDMPシステムに比べて割高になっています。

UIと操作性:

UbuntuやDebianなどのOSの場合、インストールやアップデートの際、コマンド入力必要なことがあります。

社外連携:

MQTTやMySQLなど外部クラウドサービスとの連携機能が豊富です。

TREASURE DATAの3つの特徴

1. 高速データロード

DMPシステムとは企業の様々なシステムのデータ倉庫の中から必要なデータを収集し、時系列ごとに保管したデータベースです。

通常のデータベースと違い、DMPシステムの場合はデータ分析を目的として蓄積されるため、過去のデータも残っています。

オンプレミスであれば、データ量のピークに応じて、巨大なデータストレージを調達する必要があります。しかし、クラウド上であれば、多種多様なビッグデータをシステムに莫大に資金投資して自社運用する必要がありません。

「Treasure Data」はHadoopベースのDMPシステムですが、一般的なHadoopよりも高速にデータロードができます。

データプラットフォームイメージ

「Treasure Data」は大手IT企業が顧客分析してきた長年のノウハウを、誰でも使えるようにしたデータのプラットフォームです。

2. 顧客を360度ビューで把握

「Treasure Data」は、デバイスやアクセスの場所・時間を選ばず、顧客行動を詳細にトラッキング。パーソナライズされた施策実現を手助けします。より多くの顧客とより強い信頼関係を築くことができるでしょう。


360度ビューのイメージ


多くの顧客は、色々な情報を足跡として残しています。「Arm Treasure Data eCDP」を使えば、それら多くのデータを活用し、顧客を360度あらゆる角度から分析できます。

各顧客に即した施策を行うためには、顧客の全容を捉えることが肝心です。「Treasure Data」を活用すれば、点在していた情報を可視化し、体形的に捉えることができるでしょう。

3. セグメントデータの柔軟性


様々なマーケティングツールと連携


作成したセグメントデータは、広告、メール、プッシュ通知など、500を超えるマーケティングツールと連携し、実行することが可能です。

より少ない労力でデータ解析でき、結果をあらゆる対策に活用できるでしょう。

 料金プラン

 クラウド上にあるため、インフラ構築など初期費用は不要です。月額で利用可能。既存システムとも簡単に連携・統合できます 。

詳細はこちらにお問い合わせください。

 評判・口コミ

マーケティング施策の売上貢献を期待
KIRIN株式会社様

TREASURE CDPの運用を開始してからは収集するデータのバリエーションを大幅に増やしています。これまでアクセスログを収集していなかった全てのオウンドメディアでアクセスログを収集しています。得られる気付きと改善を積み重ねることで、広告効率の改善や顧客に合わせたコミュニケーションのパーソナライズ化が実現し、マーケティング施策の売上貢献を更に明確にできるはずです。

導入方法や活用方法が明確
日本たばこ産業株式会社様

デジタル施策を強化する中でオウンドメディアのアクセスログなども収集していきたいと考えていたため、データ収集の部分でも迅速に始められる仕組みを必要としていました。データ容量を気にせず自由に使えることもポイントでした。他社はデータ容量に制限があったり、導入手法が明確でなかったりしたが、トレジャーデータは導入方法や活用方法が明確に示されていました。

 「TREASURE DATA」公式サイト参照

まとめ

社内のデータ蓄積を分析し、マーケティングに活用したいという会社にはうってつけです。

エンジニアでなくても、様々なリソースからすぐにセグメント化できることも魅力です。

「TreasureData」を活用すれば、企業の抱える様々なデータを一元化し、顧客データとして集約すれば、顧客の現状を可視化できるでしょう。

スピーディーに顧客に即した施策を行う上で、非常に有効なツールです。

 画像出典元:「TREASURE DATA」公式HP

その他の【DMP】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ