ECパッケージについて

【徹底比較!】ECサイト構築におすすめなECパッケージ23選をご紹介!

記事更新日: 2023/02/01

執筆: 編集部

ECパッケージとは、ECサイト(ネットショップ)の構築・運営に必要な基本機能が一通り搭載されているショッピングカートシステムのことです。

ECパッケージを自社サーバーにインストールするだけで、ゼロからシステム構築をしなくても簡単にECサイトを開設することができます。

この記事ではおすすめのECパッケージ23選をご紹介し、それぞれの特徴や料金プラン、メリット・デメリットなどを徹底解説していきます!

おすすめサービスの比較を無料で!

ECパッケージの資料を一括ダウンロード

このページの目次

ECパッケージとは?

ECパッケージとは、ECサイト(ネットショップ)の構築・運営に必要な基本機能が一通り搭載されているショッピングカートシステムのことです。

自社サーバーにインストールするだけで、簡単にECサイトを構築・運営することが可能です。

ECパッケージの主な機能

  • カート機能
  • 商品管理
  • 在庫管理
  • 受注・売上管理
  • 顧客管理

上記のようなECサイトの構築・運営に必要な基本機能の他にも、運用の効率化、購入率・単価アップなどに向けた機能、デザインのカスタマイズ、他システムとの連携などツール毎に様々な機能が搭載されています。

ECサイトの構築方法別料金比較

ECサイトの構築方法は、ECパッケージの他にもいくつかあり、それぞれかかる費用が異なります。

ECサイト構築方法料金比較

ECパッケージは、フルスクラッチに次いで比較的費用はかかりますが、その分大規模なECサイトへの対応、拡張性の高さなどメリットもあります

ECパッケージのメリット

1. ゼロからECサイトを作らなくてよい

ECパッケージは、予めECサイトを構築・運用するために必要な基本機能が網羅されています。

そのため、フルスクラッチのように0からECサイトを自分で作り上げる手間を省くことが可能です。

2. 自社の希望に沿ったサイトが作れる

ECパッケージは、ある程度カスタマイズ前提で作られているため、利用者の要望に沿って必要な機能を追加することができます。

また、ベンダー側のサポート体制も充実しているものが多いので、専門チームの力を借りながら、自社独自のECサイトを比較的簡単に構築することが可能です。

ECパッケージのデメリット

1. 導入費用が高い

ECパッケージを用いたECサイト構築は、特に初期導入費用が比較的高額になる傾向があります。

カスタマイズ性は低くても無料で利用開始できるASPなどのサービスもあるため、作りたいECサイトをよく検討した上で導入しましょう。

ただ、高い費用を出しても良いサイトを作る方が費用対効果は高いと言えるため、自社に開発できる人材がいない場合はECパッケージはおすすめです。

2. システムの老朽化対策が必要

ECパッケージは、自社サーバーにインストールして利用するシステムのため、定期的なメンテナンスや新しいシステムへのアップグレードなどが必要です。

特に最近はどんどん新しい技術やセキュリティ面での強化などを取り入れる必要があるので、その都度対応したり費用が発生したりする必要があることは留意しておきましょう。

ECパッケージの4つの選定ポイント

1. コスト(初期費用・月額費用)

ECパッケージの費用は、初期費用、月額費用のコストがかかります。

費用レンジは、初期構築費用が抑えられるもの、500万円などの高額のものなどツール毎に幅広いので、予め無理のない範囲での予算編成を組みましょう

また、ECパッケージは基本機能はパッケージングされているシステムとはいえ、コストと機能や拡張性は比例することも多いので、欲しい機能は何かを明確にしておくことも必要です。

2. カスタマイズ性・拡張性

ECパッケージは、ECサイトに必要な基本機能は予め搭載されていますが、自社の希望に合わせたカスタマイズが可能なものが多いです。

例えば、以下のような要望が各社あるはずですので、事前に洗い出しましょう。

  • 実店舗とECサイトの在庫状況を共有したい(OMO)
  • ECサイトだけでなくSNSや自社メディアとシームレスにつなぎたい(オムニチャネル)
  • 複数の決済方法や外部システムとの連携が欲しい


また、社内で既に利用しているセールスや会計システムなどとの連携ができた方が、より効率が良いでしょう。

どの程度のカスタマイズ、拡張機能が必要かは、各ツール毎よく比較検討しましょう。

3. サポート体制

ECパッケージは、自社サーバーにインストール運用するものなので、定期的なシステムアップデートやメンテナンスが必要です。

また、カスタマイズや拡張を行う際にも、ある程度専門知識が必要なため、社内に知見のある社員がいない場合は、できるだけサポート体制の手厚いものを選びましょう

4. Webマーケティングの機能

ECパッケージは、自社でECサイトを作成するシステムのため、ECモールのように元々認知度や集客力があるものではありません。

そのため、SEO対策(検索サイトで上位表示させるための対策)や他サイトからの被リンクなど、いわゆるWebマーケティングの対策が打てるものが良いでしょう。

おすすめのECパッケージ6選を比較

1. 総合通販カートシステムならこちら!『W2 Unified』


画像出典元:「W2 Unified」公式HP

W2 Unifiedのポイント!
初期費用 要問合せ(無料資料にてご確認頂けます。)
月額費用 要問合せ(無料資料にてご確認頂けます。)
注目機能 顧客情報をセグメントし最適コンテンツ配信ができる。
導入企業例 WOWOW、Cosme Kitchen、gelato pique、きものやまとなど
導入実績 450ショップ以上

 

特徴

「W2 Unified(旧w2Commerce Value5)」は、業界トップの950以上の機能が標準搭載されているECパッケージで、サイト分析やSEOなどのマーケティング機能、CRM機能など売上向上に直結する機能が満載です。

また、セキュリティ・インフラ対策も万全で、基本的な対策に加えて、外部機関の審査として、Microsoft Partner、Nessusなども採用しています。

料金プラン

利用料金の詳細は以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

【無料】W2 Unifiedの資料をメールで受取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

2. 定期通販特化型ならこちら!『W2 Repeat』


画像出典元:「W2 Repeat 」公式HP

W2 Repeat のポイント!
初期費用 49,800円~
月額費用 49,800円~
注目機能 CV率を上げるフォーム一体型LP、ステップメール、アップセル/クロスセル
導入企業例 りーヴ21、やずやグループ、REDVision、SkinCure Lab.など
導入実績 450ショップ以上

 

特徴

「W2 Repeat(旧リピートPLUS)」は、定期通販・D2C・サブスクリプションに特化したカートシステムで、平均売上成長率354%、業務効率化コスト60%削減という驚異的な数値を記録しています。

定期通販に特化した機能を標準搭載しており、フォーム一体型LP、ステップメールやアップセル/クロスセル機能などのほか、受発注業務を完全自動化でき、運用面も業務効率化できます。

料金プラン

  スタンダードプラン プロフェッショナル
プラン
エンタープライズ
プラン
月商規模 〜月商1,000万円規模 月商1億円規模 月商1億円以上規模
初期費用 49,800円 79,800円 要問合せ
月額費用 49,800円 79,800円 要問合せ


売り上げに応じて料金プランを変更できるので、定期通販を立ち上げ後、年商100億円の売り上げ規模まで対応可能です。

出荷件数による従量課金が一部無償となるサービスもあるので、詳しい価格については、お問い合わせをおすすめします。

【無料】W2 Repeat の資料をメールで受け取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

3. CRMに強いD2C特化型カートシステム!『楽楽リピート』


画像出典元:楽楽リピート公式HP

 

楽楽リピートのポイント!
初期費用 68,000円~600,000円
月額費用 49,800円~
注目機能 封入物からのリピート率分析、CPM/RFM分析
導入企業例 GOLD GYM、幸楽苑、BOTANIST、SALONIA、JMECなど
導入実績 230社以上

 

特徴

「楽楽リピート」は、定期/単品通販・D2C特化型カートシステムで、カート・CRM・ステップメール・受注管理・顧客対応などがオールインワンで搭載されています。

定期通販に必要なサイト構築、店舗運営、分析、売上施策などが通気一貫で行えるため、コスト面でも抑えることは可能です。

料金プラン

  ライトプラン スタンダード
プラン
エキスパート
プラン
ゴールドプラン
初期費用 68,000円 98,000円  240,000円  600,000円
月額費用 49,800円 79,800円 98,000円 198,000円~


従量課金がないため、月額費用以上にコストがかかることはありません。

【無料】楽楽リピートの資料をメールで受け取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

4. マーケティングまでサポート!『ecforce』

画像出典元:「ecforce」公式HP

 

ecforceのポイント!
初期費用 148,000円~
月額費用 49,800円~
注目機能 広告管理機能、A/Bテスト機能、1クリック決済、離脱防止ポップアップ、
チャット型フォームなど
導入企業例 ユニリーバ・ジャパン株式会社、ロート製薬株式会社、株式会社ポーラ・オルビスホールディングスなど
導入実績 900ショップ以上

 

特徴

ecforceは、ショップの構築/商品管理/顧客管理/広告分析まで一気通貫したサポートが安心のECパッケージサービスです。

月間獲得総定数に応じた設計や目標LTVに合わせた企業選定、商品特性に基づく企業選定など、自社の目的や予算に合わせて最適な提案をしてもらえます。

年商100億円以上でも耐えうる強固なインフラが整備されているだけでなく、30カ月以上の連続アップデートで常に最新のシステムを提供しているなど、セキュリティ面も万全という点も大きなポイントです。

運営会社には、営業/PM/CS/エンジニアが揃っており、チャットツールでの相談も受け付けているため、トラブル発生時にもすばやく対応してもらえます。

ECパッケージを初めて利用する企業やマーケティングも含めたトータルサポートを求める企業には特におすすめのサービスです。

料金プラン

  スタンダードプラン エキスパートプラン 移行プラン
初期費用 148,000円 248,000円 別途見積もり
月額費用 49,800円 99,800円 99,800円
サーバー 共用WEBサーバー 専用WEBサーバー ※他社システムからの
リプレイスプラン
サポート FAQサイト・メール
チャットワーク対応
FAQサイト・メール
チャットワーク対応
※移行実績がある
決済システム
GMO PG/ZEUS/
NP後払い/GMO PS/スコア後払い
設定代行 初期対応 初期対応  


スタンダードプランであれば月額49,800円~利用できます。

詳しくは以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

【無料】ecforceの資料をメールで受け取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

 

5. 中堅・大手企業におすすめ『ecbeing』

 画像出典元:「ecbeing」公式HP

ecbeingのポイント!
初期費用 500万円~
月額費用 20万円~
注目機能 15種類以上の決済手段、RFM分析、100以上のセキュリティ対策機能
導入企業例 株式会社ビームス、株式会社コーセー、東日本旅客鉄道株式会社、
株式会社吉野家など
導入実績 1500サイト以上

 

特徴

ecbeing」は、中堅・大手企業のECサイト構築で20年の実績を持つ老舗のECパッケージツールです。

1,500サイト導入で培った充実のパッケージで、最新のトレンドやニーズに合った高い拡張性が特徴

柔軟なカスタマイズが売りで、自社の課題に向き合い提案を行ってくれる体制や、国内最大級のサポート体制には定評があります。

料金プラン

  ミドルプラン エンタープライズプラン
参考EC売上規模 1,000万円~/月 5,000万円~/月
初期費用 500万円~ 要問合せ
月額費用 20万円~ 40万円~

 

 

 

6. EC事業の立ち上げにおすすめ『メルカート』

画像出典元:「メルカート」公式HP

 

メルカートのポイント!
初期費用 190,000円〜
月額費用 50,000円〜
注目機能 オムニチャネル、モール連携、タイマーセール機能など
導入企業例 株式会社 伊藤園 、株式会社はとバスエージェンシー、株式会社オッシュマンズ・ジャパンなど
導入実績 1000サイト以上

 

特徴

「メルカート」は、ecbeingのSaaS版で、ASPより高いコストパフォーマンスが強みで、EC事業の立ち上げやASPからの乗り換えにおすすめです。

カスタマイズはできませんが、拡張機能を追加したい場合はecbeingへの乗り換えも可能です。

集客からCRMまで専門チームが対応してくれるので、SEO対策やSNS運用なども安心してお任せできます。

料金プラン

メルカートは、初期費用+月額費用の料金体系になっています。

オプションサービスによっては料金が追加されるため、自社ではどこまでのサポートが必要か確認しておくと良いでしょう。

初期費用 月額費用
190,000円〜 50,000円〜

 

【無料】メルカートの資料をメールで受け取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

その他のおすすめECパッケージ

リピスト


画像出典元:「リピスト」公式HP

特徴

リピストでは、自社ECサイト構築、受注管理などのバックオフィス業務、CRM機能、コールセンター管理などのECサイト構築に必要な機能が一つになったECパッケージです。

商品説明ページからダイレクトに申込みできる「申込フォーム一体型LP」と効率的な収益化を狙える「定期購入」設定を兼ね備えているのが魅力。

自由度の高いデザインで、ネットショップが簡単に開設でき、ネットショップ運営初心者から本格的な事業者まで幅広く対応できる機能が備わっています。

大手中堅企業のEC事業を支えてきた実績と多数のスタートアップ事業者の支援実績があり、抜群のサポート力で安心して導入開始できます。

料金プラン

「リピスト」月額14,800円から利用できます。

新規立ち上げに伴い、最短最小コストでスタートしたい場合などにおすすめです。

プラン ライト
スタンダード
プレミアム エキスパート
初期費用(税込) 29,800円 69,800円 98,000円 398,000円
月額費用(税込) 14,800円 39,800円 69,800円 148,000円
受注手数料
(1件あたり)
35円 20円 15円 10円
商品点数 20 30 50 無制限
LPフォーム 1ページ 2ページ 3ページ 無制限


プランにより利用できる機能が異なるため、詳細については以下の無料資料をご確認ください。

【無料】リピストの資料をメールで受け取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

 

W2 Repeat Food

画像出典元:「W2 Repeat Food」公式HP
 

特徴

「W2 Repeat Food(旧リピートPLUS FOOD)」は、1,000以上の販促機能が搭載されている食品特化型ECサイト構築サービスです。

ギフト機能や冷蔵・冷凍配送、サブスク対応など、ユーザーの利便性も意識したECサイトが自由に制作できます。

ECサイト構築において専任の担当者が付いてくれるので、ECサイト運用が初めての企業でも、安心です。

交通系ICカード決済以外であれば、様々な決済方法に対応しており、未回収リスクまで対応してもらえます。

機能

・ポイントや会員ランク、ステップメールや定期販売機能など800もの販促機能
・ギフト機能
・冷蔵・冷凍配送対応
・定期配送・サブスク・頒布会機能対応
・オフライン注文も一元管理

料金プラン

料金は企業にお問合せ頂くか、以下無料の資料からご確認ください。

【無料】W2 Repeat Foodの資料をメールで受取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

w2Cloud台湾版

画像出典元:「w2Cloud台湾版」

特徴

「w2Cloud台湾版」は、台湾のビジネスモデルに特化した越境ECカートシステムです。

手軽な操作感と手厚いサポート体制が特徴で、越境EC事業が初めての企業でもストレスなくECサイトの運用が期待できます。

売上向上や顧客管理、業務効率化などEC事業に必要な機能を950機能搭載し、さらにシステム拡張性も高いのが魅力。

台湾の有名モールと連携が利用できるだけでなく、サーバー環境が整っているため、アクセスが集中しやすい環境でも安定して運用できるでしょう。

料金プラン

w2Cloud台湾版は4種類の料金プランが用意されていて、プランによって機能が異なります。

自社オリジナルの機能を追加したい場合は、エンタープライズプランの契約が必要です。

後から機能を拡張することも出来るので、自社の年商規模で料金プランを選ぶといいでしょう。

  ベーシック スタンダード プロフェッショナル エンタープライズ
初期費用 29,800円 49,800円 79,800円 79,800円
+開発費用
月額費用 29,800円 49,800円 79,800円 79,800円
+カスタマイズ
保守費
機能 ・受注管理
・定期台帳
・商品数制限なし
・マーケティング
・受注ワークフロー
・分析自動化
・CMS
・マーケティング
オートメーション
・オリジナル機能
・複数販売チャネルの一元化
・外部システムの自動連携
オプション 月間出荷件数1,000件以上は、超過1件につき30円

(税表示なし)

【無料】w2Cloud台湾版の資料をメールで受け取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

EC-ORANGE


画像出典元:「Orange EC」公式HP

 

特徴

「EC-ORANGE」は、中堅・大手企業向けのECサイト構築パッケージで、年商100億円以上のECサイト構築、オムニチャネル構築、ふるさと納税向けECサイト構築などを得意としています。

強みは、ベンダーロックインを解除しソースコードを開示して自由にシステムのカスタマイズができる点、API連携をベースとしたシステム、ヘッドレスコマースやサーバーレス環境にも対応など、システムとしての機能の高さが挙げられます。

料金プラン

カスタマイズの内容や導入規模によっても異なるのでお見積りが必要です。

 

コマース21


画像出典元:株式会社コマース21公式HP

特徴

「コマース21」は豊富な経験と技術力が魅力のECサイト構築パッケージ会社で、消費者をロイヤルカスタマー化しLTV向上循環を生み出すシステム提案をすることを強みとしています。

長期的なサポートで、顧客のニーズや時代にマッチしたオリジナル性の高いECサイトを構築することができます。

また、カスタマイズ機能が充実しており、企業独自の機能も追加しやすいため、よりオリジナル性の高いECサイトを構築できます。

料金プラン

料金プランはお問合せが必要です。

 

SI Web Shopping

 出典元:SI Web Shopping公式HP

 
 

特徴

SI Web Shoppingは、1996年から続く中堅・大規模サイト向けのECサイト構築パッケージです。

SIerとして、経験豊富なエンジニアと膨大なノウハウを保持しており、安心して開発を任せることができます。

また、ソースコードは完全公開しているため、社内での内製化にも適しています。

料金プラン

詳しい料金はお問い合わせ下さい。

必要に応じて拡張パッケージもあり、別途料金が発生します。

 

その他のおすすめECサイト構築・関連サービス

この章では、ECパッケージ以外の構築方法のおすすめサービスや、ECサイトに付帯する使える関連サービスをご紹介します!

  • クラウドEC:クラウド上のプラットフォームを利用してECサイト構築
  • オープンソース:無償で公開されているソースコードを利用してECサイトを構築
  • ASP:クラウド上のプラットフォームを利用してECサイト構築(カスタマイズ低)
  • ECモール:ショッピングモール型ECサイトに出店・出品する形でECサイト構築

 

GMOおみせアプリ(関連サービス)

画像出典元:「GMOおみせアプリ」公式HP
 

特徴

GMOおみせアプリは、低コスト・短期間で、プッシュ通知、クーポンなどの集客・販促機能が豊富な自社アプリが簡単に作れるサービスです。

ECパッケージそのものではありませんが、既に実店舗を持っている企業であれば、マーケティング機能も豊富でおすすめです。

アプリ内や既存システムのデータと組み合わせて、性別や購入履歴別の出しわけも可能で、開封率60%以上の実績も。

パッケージアプリでありながら、程よくカスタマイズも可能なため、自社にぴったりなプッシュ通知アプリが短期間で制作・運用開始できます。

機能

・プッシュ通知(セグメント・店舗別など)
・ニュース配信
・クーポン発行
・スタンプカード機能

料金プラン

  Lightプラン Standardプラン Enterpriseプラン
初期費用 要問合せ 要見積もり 要見積もり
月額費用 22,000円 55,000円 要見積もり
利用可能店舗数 3店舗まで 10店舗まで 無制限

 

【無料】GMOおみせアプリの資料をメールで受け取る

その他のECパッケージのサービス資料もまとめて受け取ることができます。

 

EC-CUBE(オープンソース)

 画像出典元:「EC-CUBE」公式HP

 
 

特徴

「EC-CUBE」は、小規模から大規模ショップまで無料で構築できるオープンソースのEC構築システムです。

メンテナンスフリーのクラウド版とサーバーに無料インストールできるダウンロード版の2つのタイプから選べ、基本的なECサイトの機能の他にプラグインで800種類以上機能を自由に追加でいます。

社内で専門部署がある場合は自社で構築、もし不安がある場合は制作会社と構築するなど選択肢が多いことも魅力です。

料金プラン

無料で利用できます。

制作会社を通す場合は別途料金が必要となり、機能を拡張するためにストアから有料ダウンロードをした場合も別途費用がかかります。

 

Clipkit for EC (クラウドEC)

 画像出典元:「Clipkit for EC」公式HP

特徴

「Clipkit for EC」は、ECとメディアが一体化したコマースメディアをノーコードで簡単に構築できるツールです。

ShopifyのAPIを利用して、Shopifyに登録した商品のカートボタン、詳細、価格、在庫有無の管理機能を簡単にコマースメディア内に埋め込みが可能。

コマースメディア内にはPC・スマートフォンに最適化された記事ページを無制限で制作できるだけでなく、LPも作り放題なのが魅力です。。

初期費用を抑えてコマースメディアを立ち上げたい方、Shopifyで作ったECの売上を最大化したい企業にオススメです。

料金プラン

Clipkit for ECは、スタンダードプランとプロフェッショナルプランの2種類があります。

  スタンダードプラン
※1
プロフェッショナルプラン
※2
初期費用
(税込)
55,000円 要問い合わせ
月額費用
(税込)
66,000円 要問い合わせ


※1 スタンダードプラン:エンジニア・デザイナー不在でもサイト構築可能なプラン
※2 プロフェッショナルプラン:オリジナルのデザインや、コンテンツ制作までお任せ可能なプラン

 

ebisumart (クラウドEC)


画像出典元:ebisumart公式HP

 

特徴

ebisumartは、中・大規模のECサイト構築実績が700サイト以上ある、クラウドEC構築プラットフォームです。

カスタマイズ性・拡張性の高さが強みで、API連携を用いたカスタマイズや他社アプリケーションとのシステム連携で機能拡張が可能です。

サポート面でも、専任の運用サポート担当者が随時進捗や作業をサポートしてくれ、集客に向けた施策やマーケティングも行ってもらえます。

料金プラン

ebisumartの料金プランは、従量課金プラン/固定料金プラン/レベニューシェアプランの3プランから選べます。

詳細はお問合せが必要ですが、以下に料金例を載せておきます。

  標準機能 有料オプション 独自カスタマイズ
売上規模 1,000万円/月 5,000万円/月 5億円/月
初期費用 500万円 3,000万円 20,000万円
月額費用 30万円 80万円 650万円

 

 

futureshop(クラウドEC)

画像出典元:「futureshop」公式HP
 

特徴

futureshopは、SaaS型ECサイト構築プラットフォームで、多数のキャンペーン機能、豊富なデザイン対応、実店舗・ECサイト・SNSなどとシームレスに繋がれるオムニチャネル・OMO対応などが強みです。

特に、アパレル・ファッションECに人気で、顧客のファン化を促進する機能を多数搭載しています。

料金プラン

 

  スタンダート ゴールド
初期費用 24,200円~ 57,200円
月額費用 24,200円~ 89,100円
オプション機能(月額) 1,100円~ 1,100円~


スタンダードプランは商品数・オプションによってかなり細かく設定があるため、futureshop公式HPよりご確認ください。

 

 

Shopee Japan(ECモール)

画像出典元:「Shopee Japan」公式HP

特徴

Shopee Japan」は、東南アジア・台湾の最大級のネットモールで、シンガポール、台湾、マレーシア、タイ、フィリピンの5つの地域をマーケットとしているため、国内のECだけでなく市場を海外へ広げたい企業におすすめです。

2021年東南アジアの世界ショッピングアプリランキング(Apptopia)では、トップにランクイン。

初期費用、維持費用、販売手数料(新規出店から3か月間は手数料0%)は、今なら無料で開始できるのも魅力です。

サポート面では、Shopee Japanのスタッフが日本語はもちろん、英語、中国語、韓国語の対応も可能。フルフィルメントや国際送料の一部を補填してくれる配送サポート(条件あり)もあります。

また売上を伸ばす提案マーケティングをしてくれる出店後のサポートサービスまで揃っているのも嬉しいポイントです!

料金プラン

初期費用 無料
店舗維持費用 無料
出品手数料 無料
販売手数料 売上総額の3%(新規アカウント登録から90日間は0%
マーケティング費用 無料~有料(希望に合わせて提供)
決済手数料 売上総額の2%

 

 

マルチリンガルカート(ASP)


画像出典元:「マルチリンガルカート」公式HP

特徴

「マルチリンガルカート」は、海外で主流のさまざまな決済手段に対応した海外向けネットショップASPです。

越境EC販売実績はNo.1で世界109ヶ国への販売実績もあり、越境ECサイトの構築から運用に必要な機能は標準装備されています。

12言語と30通貨に対応し海外への配送に配慮されているので、多数の国を対象にサービス展開を予定する企業におすすめです!

料金プラン

マルチリンガルカートは、初期契約費用:70,000円/独自ドメインを設定する場合:30,000円が必要です。

その他、利用サービスに応じて別途料金が発生します。

  バリュープラン
(言語2言語、商品100点、サブ管理者2アカウント)
月額費用 19,800円
独自ドメイン月額費用 15,000円
使用可能言語数(2言語は標準) 10,000円 / 1言語追加につき
サブ管理者同時ログイン 3,000円 / 1アカウント追加ごと
商品点数500点追加 2,000円
翻訳者による翻訳サービス 1Word / 1文字 5円〜
グローバルCDN 1,000円
従量課金350円 / GB

 

 

Bカート(ASP)

 画像出典元:「Bカート」公式HP

 
 
 

特徴

「Bカート」は、企業間取引を表すBtoBの受発注業務をEC化するクラウドサービスです。

人為的ミスが削減でき、BtoB特有の商習慣に対応したカートシステムになっているため、作業時間の大幅な削減にもつながります。

また、API・CSV連携で決済サービスや在庫・販売管理システムなど幅広いシステムとの連携が可能です。

料金プラン

  ライト プラン10 プラン30 プラン50 プラン100 プラン300
初期費用 80,000円
月額費用 9,800円 19,800円 29,800円 39,800円 49,800円 79,800円
商品数 500 1,000 3,000 5,000 10,000 30,000
会員数 500 1,000 3,000 5,000 10,000 30,000

 

 

BuySmartJapan(関連サービス)

画像出典元:「BuySmartJapan」公式HP



 

特徴

BuySmartJapanは、自社の既存のECサイトに簡単なコードを加えるだけで海外からの購入に対応できるようになる海外消費者向けの輸入発送代行サービスです。

自社で越境ECの体制を整えることなく、他言語カートや海外発送を代行してもらうことができます。

グローバルの顧客を取り逃がしていると感じている企業にはおすすめのサービスです。

料金プラン

  • 初期費用:300,000円(税抜)
  • 月次費用:30,000円(税抜)〜+従量課金

 

 

CARTSTAR(2020年サービス終了)


画像出典元:CARTSTAR公式HP
 
 
 

特徴

「CARTSTAR」は運営の効率化と手厚い接客を実現できるECサイト構築サービスです。顧客ごとにサイトページの表示方法が変えられるため、リアルな接客同様、Webサイトでも顧客に合わせた接客を実現できます。

料金設定は豊富に用意されており、どのような規模の企業でも活躍することでしょう。

料金プラン

料金は商品点数によって「初期費用」「月額費用」「ストレージ」が異なります。

5GB以上のストレージを希望する場合には3,500円/月で5GB追加できます。

 

まとめ

起業ログ編集部おすすめのECパッケージ23選を比較紹介しました。

社内に全くITに詳しい社員がいない状態では、少し難易度が上がりますが、

ECパッケージは、ある程度の基礎的なIT知識がある社員がいれば、導入は非常にスムーズに行えるでしょう。

その他のEC構築方法と比較して、最適なECサイトを作成していけるようご検討ください。

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ECパッケージの資料を一括ダウンロード
ECパッケージ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ