w2Cloud台湾版

記事更新日: 2022/09/28

執筆: 桐野ひさや

編集部コメント

業界トップの機能数で高いコスパが得られるECカートシステム

「w2Cloud台湾版」は、台湾のビジネスモデルに特化した越境ECカートシステムです。

手軽な操作感と手厚いサポート体制が特徴で、越境EC事業が初めての企業でもストレスなくECサイトの運用が期待できます。

台湾の有名モールと連携が利用できるだけでなく、サーバー環境が整っているため、アクセスが集中しやすい環境でも安定して運用できるでしょう。

料金プランによって利用できる機能は異なり、分析自動化や複数販売チャネルの一元化を求めている場合は上位プランがおすすめです。

ECパッケージを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

ECパッケージを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする9サービスの資料をダウンロードできます。

w2Cloud台湾版だけ知りたい方はこちら

w2Cloud台湾版の資料を請求
良い点

業界TOPの機能数、セキュリティを誇るため、安全に、安心してECサイト運用が可能です。

悪い点

コストを抑えたい場合は導入機能を絞る必要があります。

費用対効果:

プランごとに機能が異なり、後から機能追加もできるため競合サービスよりもコスパよく運用できます。

UIと操作性:

欲しい機能を後から追加できるため、スモールスタートが可能です。

サポート体制(運営会社の):

100%の内製サポートで、PLやエンジニア、ディレクターなどプロのサポーターによる手厚いサポートが受けられます。

w2Cloud台湾版の導入メリット4つ

1. 台湾ビジネスを始めるのに最適なECサイトパッケージ

w2Cloud台湾版には特許取得中の独自機能「自動受注ワークフロー機能」が搭載されていて、日々の業務工数を90%も削減可能です。

通常であれば受注承認から配送管理まで必要ですが、自動受注ワークフロー機能を活用することで1分で受注から配送まで完了します。

また、台湾のビジネスモデルに特化したECサイトを構築が可能なので、越境EC事業のノウハウがなくてもワンストップで運用できるでしょう。

受発注画面が使いやすいので、初めてECカートシステムを導入する企業もストレスなく利用できます。

40分の作業を1分で完了できる独自機能

2. 標準機能数は950種類以上

サイト分析や広告分析、会員ランクやギフト機能など、業界TOPレベルの機能を搭載しているw2Cloud台湾版。

売上向上や顧客管理、業務効率化などEC事業に必要な機能を950機能搭載し、さらにシステム拡張性も満載です。

流入経路やページ別アクセスなど基本的な分析機能も標準装備されていて、レポート出力もできます。

CRMツールと連携させれば、より高度なマーケティングも実現できるかもしれません。

業界TOPの機能数とシステム拡張性

3. 700以上のショップが導入しているカートシステム

運営元のw2ソリューション株式会社は「リピートPLUS」や「w2commerce」といった複数のECパッケージを提供しており、700以上のショップに導入された実績を持ちます。

スタートアップから大手まで多くの企業が利用しており、リアルタイムのカスタマーサポートも利用できるため、初めてカートシステムを導入する企業も安心でしょう。

運用ニーズに合わせたバージョンアップはもちろん、サーバーのセキュリティリスクなどのサポートも受けられます。

台湾の有名モールとの連携も手軽で、アクセスが集中したときでもサーバー落ちの心配がありません。

豊富な導入実績

4. 業界NO.1のセキュリティ対策

w2ソリューション株式会社は、リピートPLUS や w2commerce において日本マーケティングリサーチ機構のセキュリティが強い通販カートシステム会社NO.1を獲得しています。

ウイルス対策やSSL通信など基本的なセキュリティ対策はもちろん、外部機関のセキュリティ監査も実施しているので安心してECサイト運営ができるでしょう。

セキュリティ保険にも加入しているため、万一の補償も万全です。

社内情報セキュリティ管理もしっかりと運用していて、創業初年度から情報漏えいの事故なくISMSも更新を続けています。

世界基準のセキュリティ対策

資料請求リストに追加する

 

w2Cloud台湾版のデメリット2つ

1. 導入まで4ヶ月程度かかる

ECサイトの構築には時間がかかるものですが、w2Cloud台湾版では最低でも4ヶ月の導入期間が必要です。

決済代行会社との審査等に時間がかかると、さらにスケジュールが長引く可能性もあります。

導入時期の希望がある場合は早めに着手を開始し、デザインや構成、各種設定など具体的に決めておくといいでしょう。

2. ランニングコストは高め

w2Cloud台湾版は高い機能性と手厚いサポートが受けられますが、競合サービスと比較してランニングコストが割高です。

その分、初めてECサイトを運用する企業も扱いやすい操作性、豊富な機能が搭載されています。

また、サーバー費用は不要になるため、トータルコストでは安くなる可能性もあります。

w2Cloud台湾版の料金プラン

w2Cloud台湾版は4種類の料金プランが用意されていて、プランによって機能が異なります。

自社オリジナルの機能を追加したい場合は、エンタープライズプランの契約が必要です。

後から機能を拡張することも出来るので、自社の年商規模で料金プランを選ぶといいでしょう。

  ベーシック スタンダード プロフェッショナル エンタープライズ
初期費用 29,800円 49,800円 79,800円 79,800円
+開発費用
月額費用 29,800円 49,800円 79,800円 79,800円
+カスタマイズ
保守費
機能 ・受注管理
・定期台帳
・商品数制限なし
・マーケティング
・受注ワークフロー
・分析自動化
・CMS
・マーケティング
オートメーション
・オリジナル機能
・複数販売チャネルの一元化
・外部システムの
自動連携
オプション 月間出荷件数1,000件以上は、超過1件につき30円

(税表示なし)

競合製品との料金比較

w2Cloud台湾版は競合の越境ECサイト構築サービスと比較すると、コストが高めです。

しかし、競合サービスよりも高い機能面やセキュリティ面、拡張性を考慮すれば、決して高いとは言えません。

特に海外でのECサイト運用が初めてのスタートアップ企業にとっては、手厚いサポートと手軽な操作感は見逃せないでしょう。

  w2Cloud台湾版 コマース21 Live Commerce
初期費用 29,800円~
(税表示なし)
要問合せ
ECサイト構築費用・パッケージライセンス料金・システム連携費用などが必要
34,769円~
(税表示なし)
月額費用 29,800円~
(税表示なし)
起業家3GBプラン:1,650円~
(税込)

 

資料請求リストに追加する 

w2Cloud台湾版の評判・口コミ

決め手は、『国内外の実績とECサイト構築経験の豊富さ』
株式会社台湾アーバンリサーチ

カートシステムの選定段階では台湾の会社が提供するカートシステムの利用も視野に入れて検討していましたが、台湾大手のECカートシステム会社だとデザインや機能の型が決まっており、決められた仕組みのなかでやらないといけないことが多いのでサイトの詳細なデザイン設定・調整をしたくてもできないと言われ、自分たちがやりたいこと・表現したいこととは少し違うと感じました。 それに対して、w2Cloudは多種の台湾システムとの連携が可能であり、機能もカスタマイズできることから総合的に考えてw2Cloudに決めました。

圧倒的なサイト構築スピードが決め手
三ッ輪ホールディングス株式会社

11月中のサイトオープンに向けて、ECサイトの制作・開発を8月にスタートしました。 まず不動産管理会社に入居者様に対してサービスを紹介してもらう必要があるのですが、繁忙期になると不動産管理会社が忙しくて検討してもらう時間がなく、プロジェクトを進めづらくなってしまいます。そのため納期を延ばすことはできない状況でした。 他社からは、「データ連携の開発実績がないため6ヶ月は納期が欲しい」と言われていましたが、w2ソリューションさんには「3ヶ月後の納期までに必ず完成できる」との言葉をいただいたので、すごく心強かったです。

“1.5人分の作業工数を削減” w2Commerce Value5 導入後に実感
株式会社 加賀麩不室屋

導入前と導入後で、作業効率が格段に変わったと言うことは現場の方から伝え聞いていて、ワークフロー機能を活用したり、自分たちでカスタマイズしたりだとか、うまく最初は作るのに苦労していたみたいなのですけれども、慣れてくると今まで結構かかっていた作業がボタン一つで終わるようになったとかで、すごく業務改善されていて、繁忙期でも以前に比べて残業が出なくなってきている部分はありますね。

*「w2ソリューション」公式HP参照

w2Cloud台湾版を導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

初めて越境ECサイトを運用する企業

w2Cloud台湾版は、初めて越境ECサイトを運用する企業でも安心して利用できるECサイトパッケージです。

大企業だけでなくスタートアップ企業も多く導入していて、プロによるサポートも手厚いので安心してECサイトを運用できます

対応スピードも圧倒的な早さであり、自社の課題解決に向けた提案力も見逃せないでしょう。

拡張性高いECサイト運用を求めている企業

料金プランによって機能拡張が可能なw2Cloud台湾版は、スモールスタートしたい企業にぴったりです。

事業フェーズに合わせてプランを選択すれば、ランニングコストをうまく抑えられるかもしれません。

オリジナルの機能や複数販売チャネルの一元化を求めている場合は、エンタープライズプランがおすすめです。

資料請求リストに追加する 

向いていない企業

コストを最小限に抑えたい企業

w2Cloud台湾版は競合サービスと比較してランニングコストが高めです。

豊富な機能は魅力的ですが、できるだけコストを抑えたい企業にはあまり向いていません。

しかし、サーバー運用費用や注文、在庫連携処理費用などはかからないので、導入検討時はトータルコストで比較することをおすすめします。

まとめ

w2Cloud台湾版は、業界トップの機能数とセキュリティ環境が利用できるECパッケージシステムです。

初めて越境ECを利用する企業でも安心して利用できる操作性は、ECサイト運用のノウハウがない企業でもストレスなく利用できるでしょう。

あとから柔軟に機能を拡張できるシステムになっているので、コストを抑えながらスモールスタートしたい企業におすすめです。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「w2ソリューション」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

ECパッケージの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

ECパッケージ
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ