ecbeing

記事更新日: 2019/08/30

執筆: 編集部

編集部コメント

数あるECサイトツールでも業界で一番有名な「ecbeing」。1,200サイト導入で培った充実のパッケージで、最新のトレンドやニーズに合った高い拡張性が特徴です。

1. 顧客のアクセス数UP機能

リスティング広告 、内部・外部SEO対策、SNS活用などにより集客効果を高める

2. 注文率UP機能

アクセスログ解析、サービス分析など高い接客支援サービスを提供

3. 注文・出荷管理、商品・顧客管理機能

ワンストップサービスで素早く正確にサービスが提供できる

良い点

マーケティング機能から、注文・出荷管理、商品・顧客管理、セキュリティ管理まで一貫してこの製品一つでサービスを受けられる点が魅力的です。

悪い点

導入の初期費用や追加オプションの価格が他社と比べると多少割高に感じられます。

UIと操作性:

1,200を超えるサイトで導入されており、使いやすく操作性の良いパッケージだと好評です。

社外連携:

高水準のセキュリティのため、社外での作業は簡単にできないようになっています。

知名度:

11年連続でシェアNo.1を達成しています。

ecbeingの3つの特徴

1. マーケティング力の高さ

「ecbeing」が選ばれる最大の理由は、高いマーケティング支援です。

単にサイトの構築・サポートだけでなく、SEO/SEM対策やセールキャンペーン、レコメンド、RFM分析などの機能を充実させることで、集客→接客→追客という仕組みを作り、PDCAサイクルを実現させました。

お客様の事業を軌道に乗せ、成長させていくことをマンツーマンで長期的にサポートしてくれます。

もともと年商100億のパソコンショップ「ソフトクリエイト」を運営しており、自らECサイトを運用し、自らの問題・課題解決してきたノウハウをこの商品に詰め込んでいます。

お客様と同じ目線で提案を聞き入れ、必要なサービスを提供しているのが特徴的でしょう。

またマーケティング戦略部隊には、デジタル分析や測定プランの策定方法など、デジタル解析に優れたGAIQ保持者が40名以上在籍しており、毎月ログ分析から課題を把握し、新しい提案をしてくれます。

2. 柔軟なカスタマイズができる高い拡張性

2つ目の「ecbeing」の特徴は、最初に導入したパッケージにかかわらず、後で最新トレンドやニーズへ拡張できる追加機能の充実です。

例えば 、海外へ事業展開を望んでいる企業であれば「グローバル対応・越境EC」、幅広い客層をターゲットとした企業は、「オムニチャネル施策」。

現在売り上げ上位を誇るアマゾンや楽天などのような販売形態をしたい企業は「ショッピングモール連携」など、他にも「基幹システム連携」「コーポレートサイトとの一元化」「幅広い決済手段への対応」など、企業のニーズに合ったオプションを迅速に追加できる高い拡張性が特徴です。

このようにお客様のニーズを応えるために、カスタマイズ開発部隊は400名以上います。独自性のあるカスタイマイズの連携を、スピーディーに高品質に提供することができます。

3. 高水準のセキュリティ

「ecbeing」の最大の特徴として、24時間365日常駐サポートがあり、自社でデーターセンターを管理し、高水準のセキュリティを実現している点が挙げられます。

情報セキュリティの認証基準ISMSを取得し、またクレジットカードセキュリティの国際基準である「PCI DSS」にも対応。

 

料金プラン

「ecbeing」のパッケージ版では、導入時にライセンス費用やオプションの費用等の初期費用が必要となりますので、初期設定費用は300万円~と決して安い料金ではありません。

また追加カスタマイズするには、企業の目標やカスタイマイズサービスによりますが、数十万かかります。

クラウドを通してのSaaS版や「メルカート」ではパッケージを購入するわけではないため、初期費用は必要なく、毎月使ったサービス利用料金を支払う契約となります。

初期費用を抑えたい方は、こちらのSaaS版やメルカートをお勧めします。

評判・口コミ

開発から運営・保守まで一気通貫で任せられる
株式会社Zoff様

オムニチャネルを推進するにあたり、パッケージの拡張性はもちろん、開発から運営・保守まで一気通貫して任せられるところを探し、打合せしていく中で「最も信頼できる」と思ったecbeingさんに決めました。ecbeingさんは対応が誠実でしたし、実績が多数あるところも安心感を覚えました。

安心して長く運営をお願いできると感じた
株式会社タニタ様

全ての企業に対して「御社が力を入れているところはどこですか?」と質問していたのですが、 ecbeingさんの返答は「セキュリティ」でした。リニューアルに関してはタニタとしての”統一感”を出すことを意識し、複数のサイト統廃合を実施しています。

※「ecbeing」公式HP参照

まとめ

初期費用やカスタマイズの費用が少し高いということを考えれば、やはり大手企業におすすめです。

ECサイトを構築する際に初期費用がかからないASPもありますが、カスタマイズすることができず、企業独自のECサイトを作りにくいです。

「ecbeing」の特徴の一つは多様なカスタマイズができるということです。そのため他社と競合する際、企業のニーズや方針に合った独自のECサイトを構築することで差をつけることができます。

画像出典元:「ecbeing」公式HP

その他のECパッケージ

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ