ホームページ作成ソフトについて

おすすめホームページ作成ソフト6選を比較!初心者向けはどれ?

記事更新日: 2020/07/20

執筆: 編集部

企業の商品やサービスを効果的に宣伝するために、自社ホームページを持つことは必須条件です。

企業だけではなく、個人の趣味サイトやブログ、副業としてアフェリエイト広告収入のためのサイトなど、今や誰もがサイトを運営できる環境にあります。

サイト開設にはホームページの作成が必要ですが、いざ作成しようと思った時、多くの人から見てもらえるサイトを作るにはどうすればよいか、考えるポイントは多いです。

簡単に、できるだけ費用を抑えてホームページを作成する方法は無いか?

開設するからには検索結果の上位に掲載されるページにしたいが、どうすれば良いのか?

こんなときに是非ご検討頂きたいのが、ホームページ作成ソフトです。

今回は世間に数多く展開されているホームページ作成ソフトの中から、それぞれの特徴をまとめたので、比較検討する際の参考にしてください。

ホームページ作成ソフトとは?

ホームページ作成ソフトとは、Web画面を見るように直観的な操作でWebデザインを作成できるソフトウェアです。

通常、ホームページはHTMLなどの専門的なプログラミング言語を駆使して作りますが、ホームページ作成ソフトを使えば文字や画像の配置を決めるだけで良く、プログラミングの必要がありません。

予め用意されているテンプレートから好みのデザインを組み合わせることで、PC向けはもちろんスマホなどモバイル対応サイトの作成も行えます。

プログラミングができる方は煩雑な作業を省略しつつ、必要な個所だけ自分でプログラミングすれば、より個性的なサイトを作ることが可能です。

ホームページ作成ソフトとCMSの違い

ホームページ作成ソフトは、基本的には自分のPCにソフトをインストールして作業を行います。

そのため、常時ネットに接続していなくてもページ作成が行えます。

自分のPC内でじっくりデザインなど確認した後、レンタルサーバなどに出来上がったhtmlファイル等をアップロードすることで、初めてネット上で公開となります。

対してCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは、オンライン上でブログを更新する感覚でブラウザからホームページを作成するシステムです。

有名な製品としては「WordPress」が挙げられます。

PCに専用アプリをインストールする必要が無く、また出先のスマホからでもページ編集が行えますが、反面全ての作業をオンライン上で行うため、CSS本体が悪意あるハッカーに狙われ、ページの改ざんや個人情報が盗まれる危険性もはらんでいます。

自分に合ったホームページ作成ソフトの4つの選定ポイント

1. 自分のPCスキルに見合ったソフトか?

ホームページの作成には、本来HTMLなどのプログラミングを行う必要があります。

そういったプログラミング経験が全くない場合は、テンプレートを基本にサイトの見た目から部品をレイアウトしていくことで作成可能なソフトを選ぶことをおすすめします。

プログラミングができる方は、用意されたテンプレートだけでは物足りないと感じる部分が出ることを想定して自分でカスタマイズできるかを確認しておきましょう。

さらにサイトをネット上に公開するためには、作成したホームページをサーバにアップする作業が必要になります。

初心者の方はサイトのアップまで対応してくれるソフトを選びましょう。

2. SEO対策できるか?

せっかく作ったホームページですから、より多くのユーザから注目されたいと思うのは当然です。

特にアフェリエイトサイトやショッピングサイトを公開するなら、よりたくさんのアクセスを稼ぐためにも、検索で上位に表示されることが必須条件です。

ホームページ作成ソフトの機能上位版には、SEO対策機能を搭載しているものがあります。

初心者でも簡単にSEO対策が行える機能があるかをチェックしておきましょう。

3. スマートフォン対応ページを作成できるか?

最近ではPCを持っていなくてもスマホは持っているというユーザーが増えています。

しかしスマホ画面はPC画面より狭く小さいため、従来のPCサイトをそのままスマホで表示させると字が小さくなったり、全てのページが画面上に入りきらなくなったりしてしまいます。

そのため、今からホームページを作るのであれば、従来のPCブラウザ向けホームページとは別に、スマホなどのモバイル機器画面に対応したホームページの作成が必要です。

自動的にレスポンシブ対応ページ(PCで開いた時とスマホで開いた時を自動的に検知して最適化してくれるページ)が作成できるかどうかをチェックしておきましょう。

レスポンシブ対応ページを採用すると、運営後に記事を更新する際、1カ所のみ更新すれば良いので更新の手間を省くことができ便利です。

4. サポート体制は整っているか?

特に初めてホームページを作成しようと思っている方にとっては、細かいレイアウト調整や作成後のサーバへのアップ方法など、つまづく事があるかと思います。

そんな時に気軽に質問できるサポート窓口があるかを確認しておきましょう。

ヘルプページやマニュアルが最初から付いているのか、オンラインでページ検索するのかで使い勝手が変わってきます。

QAページやヘルプサイトがあるか、電話やメールで受け付けしてくれるサポート窓口が用意されているか、などがチェックポイントです。

おすすめのホームページ作成ソフト3選

1.かんたん・使いやすさが人気の理由!『ペライチ』

画像出典元:「ペライチ」公式HP

特徴

ペライチは日本製のホームページ作成ツールです。日本人に馴染みやすいインターフェイスとなっており、始めにテンプレートを選んだ後は、直感的に必要な箇所を埋めていくだけで、驚くほど簡単に作成することができます。

豊富なオプション機能の中でも、特に決済オプションは魅力の一つです。月額1,000円で利用できる上に、決済手数料が売上高の3.5%と、業界最低水準で提供されています。

また「ペライチ サポーター制度」という、全国で300名を超えるWEBのプロに相談できるサービスが用意されているので、初めての方にも安心です。

1ページ分までなら無料プランで作成できるので、LP作成を試してみたい方や、初心者の方におすすめのツールです。

機能

・決済機能
・スマホ表示の自動最適化
・SNS連携機能
・検索エンジン最適化(SEO)機能
・常時SSL対応

料金プラン

  スタート ライト レギュラー ビジネス
月額費用 0円 980円 1,980円 2,980円


ペライチは無料でも十分LP 作成が可能な有能ツールです。なのでまずは無料で試してみて、その後下記を参考に、自社でどの程度のwebマーケティングを実施していきたいか、に合わせてプランを選定していくと良いでしょう。

  • ライトプラン
    :自店に合わせてデザインもカスタマイズしたいという方
  • レギュラープラン
    :ページのPV数・UU数などアクセス解析をしてマーケティングに活かしていきたいという方
  • ビジネスプラン
    :作成したページ内での決済も可能にしたい・メルマガ配信も可能にしたいという方

 

2. 低予算で作りたいなら!『BiNDup(バインド・アップ)』

画像出典元:「BiNDup(バインド・アップ)」公式HP

特徴

「BiNDup」は、ホームページ作成の目的に合わせて低予算で作成できるソフトです。スマホサイト用のテンプレートが350種類以上あり、スライドショーなど流行の演出設定も可能。

サイト公開時に必要なセキュリティ対策万全のサーバもセットになっており、マーケティングツールも充実。SEOに強いサイト作り対策も万全ですので、趣味に起業に商売に、幅広く活用できるソフトです。

機能

・WebアプリケーションとPCアプリケーションの両方を用意
・公開サーバや独自ドメインなどもセットで用意できる
・スマホなどモバイル環境へ適応するレスポンシブ対応

料金プラン

・エントリーコース:初年度0円 / 2年目以降480円 / 月
・基本コース:2,980円/月(29,760円/年)
・ビジネスコース:9,800円 / 月(98,000円 / 年)

 

3. 誰でも簡単に作れる!『ホームページビルダー』

画像出典元:「ホームページビルダー」公式HP

特徴

「ホームページビルダー」はホームページ作成ソフトとしては老舗のソフトです。

現在は3つのタイプが用意されており、直接HTMLを打ち込めるクラシックバージョン、ネットショップ専用バージョン、部品のドラッグ&ドロップで簡単レイアウトが可能なバージョンの中から選択できます。

テンプレートが4,000種類以上あり、素材も豊富。自社のイメージにぴったりのこだわりのサイトを作りたいという方におすすめです。

機能

・部品のドラッグ&ドロップで簡単レイアウト
・ネットショップ用サイト作成も簡単
・4000種類以上の豊富なテンプレート

料金プラン

・パッケージ版:26,500円
・ダウンロード版:23,000円

 

その他のおすすめのホームページ作成

SIRIUS(シリウス)

画像出典元:「SIRIUS(シリウス)」公式HP

特徴

「SIRIUS(シリウス)」は、HTMLなどの知識が無くても簡単操作でSEOに強いサイトを作成できるホームページ作成ソフトです。

特にショッピングサイト向けやアフェリエイトに特化した機能が豊富で、「稼げるサイト」作りのための機能が満載です。

既に50,000名以上のユーザに支持されており、もちろんレスポンシブ対応も可能。困った時にはすぐに相談できるサポートフォーラムも用意されています。

機能

・「稼げるサイト」を作るための機能が満載
・PC向け/モバイル向けサイトを同時に作成可能
・簡単操作で使える作成画面

料金プラン

・通常版:18,800円
・上位版:24,800円

 

 Adobe Dreamweaver

画像出典元:「Adobe Dreamweaver」公式HP

特徴

「Adobe DreamWeaver」は、デザイン性の高いホームページを自由に構築することができるWebサイト制作ソフトです。

デザインに関する技術はもちろんのこと、Web構築を素早く行うための編集作業にも様々な機能が詰まったソフトです。本格的なWebサイトを素早く制作したいという人におすすめです。

料金プラン

・Dreamweaver単体プラン:2,480円/月(税別)
・コンプリートプラン:5,680円/月(税別)
・フォトプラン:980円/月(税別)

搭載されているアプリによって価格が異なります。

シンプルな単体プランをはじめ、30以上のアプリが搭載されたコンプリートプラン、Photoshopなどが含まれたフォトプランがあります。

 

自分で更新できる最短ホームページテンプレート

画像出典元:「自分で更新できる最短ホームページテンプレート」公式HP

特徴

自分のホームページを持ちたいけれど作ってもらうには高すぎる、自分で作りたいけれど何からしていいか分からないという人にぴったりのツールです。

作り方はすべて動画で解説されているため、動画の真似をしながら作業を進めていくだけ。誰にでも分かるようシンプルに解説されているので、パソコンが得意でない人でも、一からスキルが身に付きます。

料金プラン

基本的なテンプレート、動画解説、パーツ、その他特典のセットは税込みで14,800円です。30日間の全額返金保証が付いているので、解説通りに行っても作成できなかった場合は、購入代金を返金してもらえます。

さらに内容を充実させたいという人のために、スマホ用のテンプレートのセット12,800(税込み)や、動画作成ソフト付きの動画作成マニュアル14,800円(税込み)もあります。

こちらの2つは「自分で更新できる最短ホームページテンプレート」と同時購入する場合は、+5,000円で購入できます。

 

ホームページ作成ソフトのメリット3つ

1. サイト作成のために専門知識を覚える必要が無い

本来、ホームページはHTMLやJavascriptなどのプログラミング言語で作成する必要があります。

またSEO対策は、これまでの実績を元により効果的な対策を打てなければ意味がありません。

これらを初心者が一から取得するのは大変です。

その点、ホームページ作成ソフトを利用すれば難しい所はおまかせできるので、初心者でも気軽にサイトを公開できます。

2. ページレイアウトやデザインの手間が省ける

ホームページのデザインは重要です。

自分のサイトとしてお気に入りのデザインにしたいと思うのは当然ですし、より多くの人に注目されるサイトを運営したいと思うのならば、なおさらデザインにはこだわりたいところです。

より注目される演出を持ったデザインは、本来ならばプログラマーとデザイナーにそれぞれ仕事を依頼しなくてはなりません。

これら全てをホームページ作成ソフトで実現できるので、全くの初心者でも今流行りの効果的なデザインでホームページを作成できます。

3. 記事の更新も簡単に行える

サイトを公開してから大事なことは、小まめに記事を更新することです。

せっかくホームページを開設しても中身が変わらないままでは、2度3度と見に来てくれるユーザはいなくなってしまいます。

しかし例えばPC用とモバイル用の2種類のホームページを持っている場合、同じ内容の記事を2カ所に更新することになり、手間も時間も2倍になります。

ホームページ作成ソフトでレスポンシブ対応ページを作っておけば、1カ所の更新でPC用とモバイル用のページを更新でき便利です。

更新の手間が少なくなれば、より更新頻度も多くなり、常に情報が追加されていくため訪問ユーザも2度3度と来てくれるようになります。

ホームページ作成ソフトのデメリット2つ

1. 作成されたHTMLファイルの中身が煩雑になりがち

ホームページ作成ソフトではパーツをドラッグ&ドロップすることでレイアウトを決められます。

しかしそのページは実際には、ソフトがHTMLなどのプログラム言語で自動的にプログラミングしています。

自分で手入力するよりも余分な情報や重複したプログラミングがそのまま残ることがあり、ファイルサイズが自分でプログラミングするよりも大きくなる場合があります。

このように自動作成されたソースは内容が煩雑になりがちで、あとから手入力で修正しようとすると解析に多くの時間がかかる場合があります。

2. 見たことがあるデザインのページになりがち

大抵のホームページ作成ソフトにはデザインテンプレートが数多く用意されているので、簡単にページ作成が行えて便利です。

反面、単純なデザインまたは色違いで用意されているテンプレートを利用すると、個性的なページからは遠ざかります

ちょっとだけレイアウトを変えようと思っても、場所によってはデザインを変えられない作りになっていることも。

個性的なデザインにしたいのであれば、別途Webデザイナーに依頼する方が良いでしょう。

まとめ

今回ご紹介したホームページ作成ソフトの導入によって簡単に目的のサイトが作成できるため、より気軽に自分のホームページを持てるようになります。

また幅広いユーザから注目されるサイトを作成しやすいので、アフェリエイトなどの収入源となる可能性もあがるでしょう。

ホームページ作成を考えている方は、ぜひ今回紹介したソフトを始めとしたホームページ作成ソフトの導入を検討してみることをおすすめします!

画像出典元:O-dan

ホームページ作成ソフトのITツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ