Adobe Dreamweaver(アドビドリームウィーバー)

記事更新日: 2020/01/21

執筆: 編集部

運営コメント

「Adobe DreamWeaver」は、デザイン性の高いホームページを自由に構築することができるWebサイト制作ソフトです。デザインに関する技術はもちろんのこと、Web構築を素早く行うための編集作業にも様々な機能が詰まったソフトです。本格的なWebサイトを素早く制作したいという人におすすめです。

1. ライブビューでの編集が可能

コードビューの内容と自動同期

2. 既定フォントの設定

日本語版では新しい既定フォントが設定

3. コードヒントの強化

コードヒントの検索精度が向上

良い点

ライブビュー編集やコードヒントなどの利用で、サイト開発時間が短縮できます。

悪い点

本格的な機能が搭載されているため、使いこなすにはWeb制作に関する基礎知識が必要です。

費用対効果:

初期費用は不要で、単体プランなら月々2,480円で使用できます。

UIと操作性:

ライブビュー編集やコードヒントなど便利な機能はありますが、基礎的な知識は必要です。

サポート体制:

チュートリアルが充実しています。

Adobe Dreamweaverの3つの特徴

1. 豊富な機能でWebサイト制作が素早くできる

「Adobe Dreamweaver」は、デザイン性の高いWebサイトを素早く制作することが可能です。それは、コーディングの際に表示されるコードヒントにより、HTMLやCSSの編集が素早く行えサイト開発時間が短縮されるからです。

スターターテンプレートを使用することでもWebサイト構築時間の短縮が可能になります。もちろんテンプレートはカスタマイズ可能です。

Adobe Stockの素材を簡単に利用できることも強みです。

設定はテンプレートの利用が便利

自由度の高いデザインが可能な「Adobe Dreamweaver」は、デザインだけでなくデバイスへの対応も柔軟です。対応する画面サイズに関わらずサイトの構築が可能です。

プレビューしながらの作業が可能なので、デザイン性の高いWebサイトが構築しやすくなっています。


あらゆる画面サイズに対応可能

2. 新機能も随時追加

「Adobe Dreamweaver」では、随時新機能が追加されるのも魅力の一つといえるでしょう。技術革新が進むWebの世界では、新機能の追加は必須事項ともいえます。

ライブビューでの編集が可能になった事もその一つです。「Adobe Dreamweaver」では、コードビューに切り替えることなく、ライブビュー上でWebページの編集やデザインが可能になりました。

ライブビューでの編集方法にはいくつかあります。その一つが、クイックプロパティインスペクターです。これは、ライブビュー上で、エレメントの編集やテキストの書式設定ができる機能です。

画像のサンドイッチアイコンをクリックすると表示され、その場で編集を行います。切り抜きの形状や大きさをライブビュー上で見られるため、コードビューへの切替えやプレビューの確認が省け、大幅な時間短縮につながります。

テキストの場合も同様の操作で、ハイパーリンクやフォントの変更などの編集が可能です。


ライブビュー上で画像の編集が可能


この他にも、新しい既定のフォント設定やコードヒントの検索精度の向上など、Web制作に役立つ新機能がリリースされ、進化を続けるのも「Adobe Dreamweaver」の特徴といえます。

3. チュートリアルが分かりやすい

「Adobe Dreamweaver」には詳細なチュートリアルがあることも広く使用されている理由の一つといえるでしょう。

高度な技術が搭載され自由にWebサイトを構築できるソフトは一見難しそうに感じますが、ダウンロードの方法やインストールの仕方といった、初心者にもわかりやすいマニュアルが完備されています。

ダウンロード後の操作もステップバイステップで使い方をマスターしていけるようになっています。


段階を踏んで習得可能


ソフトの使い方だけでなく、Web構築に必要な基礎知識についても、入門から中級まで幅広く解説されており、使いながら学んでいけるソフトといえるでしょう。


学べる基礎知識の一例

 

Adobe Dreamweaverの料金プラン

搭載されているアプリによって価格が異なります。

シンプルな単体プランの他に、30以上のアプリが搭載されたコンプリートプランが用意されています。

まとめ

「Adobe Dreamweaver」は、デザイン性の高いWebサイトを自由に素早く構築したい人におすすめのソフトです。本格的な機能と素早いWeb構築のための工夫が詰まったソフトだからです。

カスタマイズ可能なテンプレートやライブビュー編集で、構築時間を短縮しつつも本格的なWebサイトの制作が可能です。ただし、プロまで通用する高度な技術が詰まったソフトなので、基礎知識は必要です。

チュートリアルによって段階を踏んで学んでいける仕組みも作られているため、様々な技術を習得しながらサイト構築が行えます。今までとは違った本格的なサイトを制作したいという人にはおすすめのソフトといえるでしょう。

画像出典元:「Adobe Adobe Dreamweaver」公式HP

その他の【Web制作ソフト・CMS】【ホームページ作成ソフト】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ