DLPO

記事更新日: 2018/11/05

執筆: 編集部

運営コメント

国内トップの売り上げと高い実績を誇るLPOツールです。訪問者のニーズにあった細かい設定や、Web解析ツールなどの多くのマーケティングプラットフォームとの連携も可能であるので、ランディングページの最適化を効率的に行うことが出来ます。

1. ユーザーに合わせたページ表示

ユーザーの求める情報を自動で表示できる

2. テスト検証で改善点の発見

「A/Bテスト」「多変量テスト」でユーザーの動向が分かる

3. テストデータの出力

テストデータはダウンロードしてプレゼン資料として活用できる

良い点

日本で最も実績のあるLPOツールであり、信頼ができるとともに導入事例も多いのでノウハウが蓄積されています。

悪い点

サイト訪問者数が少ないと、A/Bテストでどのサンプルサイトがパフォーマンスが高いのか見出せません。そのため、最低100名以上のコンバージョンが必要になります。

UIと操作性:

多機能ですが、その分情報量が多く操作手順も増えます。

知名度:

売上実績が国内トップで、導入企業は650社を超えます。

サポート体制:

電話やメールによるサポート、運用マニュアルやアイデアを作るためのサンプル集も充実しています。

導入ハードル:

導入以前に、コンテンツの充実や一定の訪問者数を確立しているほうが望ましい。

DLPOの3つの特徴

1. 多くのプラットフォームと連携可能

LPOツールを最大限活かすには、他のツール等も使いながら連携を取ることが大切です。ツールといってもLPOツール同士を複数使用するのではなく、特に親和性の高いDMPやWeb解析ツール、タグマネジメントツールの利用が効果的です。

DMPとはデータ・マネジメント・プラットフォームのことで、インターネット上に蓄積された情報を管理しています。例えばLBCなどがあります。

連携例

LBCを使った例では、ユーザーの所属する企業の業種や売上規模などを加え、新たなセグメントとしてより最適なコンテンツ配信が可能になります。

BtoBにおけるマーケティングパフォーマンスを高め、企業内の個人に対するアプローチが効果的になります。その他、DMPを活用することで一般的にユーザーに合わせたマーケティングを実現しやすくなります。

Web解析ツールとして有名なのはGoogleアナリティクスです。Webサイトの訪問者数を確認すること、サイト内でどのように滞在したのか解析することが可能なツールです。

タグマネジメントツールではWebサイト内のタグを管理、適切なタグ挿入などをしてくれます。これらのツールをDLPOと連携することで、より精度の高いランディングページの最適化が図れるでしょう。

2. 自由なパーソナライゼーション

DLPOのパーソナライゼーション機能によって各ユーザーに合わせたページ表示が行えます。パーソナライズすれば、ユーザーのサイト内のエンゲージメントやコンバージョン率を上昇させることができます。

最適化例

例えば、上の画像のように50代男性であればスーツの情報を見せ、20代女性であればドレスを表示するといった方法です。LPOを行う意味はコンバージョン率を高めることにあります。

つまり、商品の購入のような最終的なアクションを起こす確率を高めるのが目的です。

しかし、ページ表示が固定されていれば、男性が訪問してきたときにドレスが表示されているかもしれません。男性がドレスを購入する可能性は低いため、コンバージョン率は低くなることでしょう。

性別や年齢以外にも多くの条件を付けられるのがDLPOの特徴とも言えます。訪問の時間帯に合わせたクーポンの発行や住所に合わせた広告の表示など様々です。

もう少し専門的になると、検索キーワードに連動したコンテンツ配信、直前の閲覧ページとの連動、閲覧回数などに合わせた設定も可能です。

3. Webサイトを越えたマーケティング

DLPOでは最適化のため、A/Bテストと呼ばれる基本的なものから、それを拡張した多変量テストというものを行うことができます。

簡単に説明すると、前者では異なるページ間の検証を行いコンバージョン率の高いページの検出、後者では同一ページの要素間で効果的であったものを調べることができます。

例えば、A/Bテストではサイト内でどこが優れたページであるのか調べることが可能ですが、さらに多変量テストを行うことで、どうしてコンバージョン率が高かったのかを理解することができます

複雑にこれらを組み合わせ検証を行っていくことで、サイト内の状況を把握、そしてランディングページの最適化を実行していくことができるようになります。

さらに、ページ内の要素である商品写真や説明文、情報の順番などの関連性を知ることで、Webサイト内に限らないマーケティング全般に活用できるインサイトを取得することが期待できます。

インサイトの取得

まとめ

ランディングページの最適化をすることによる効果は非常に大きいです。LPOツールを使えば最適化が効率的に行えることでしょう。

DLPOは、数あるLPOツールの中でも知名度も高く実績もあります。そのため連携できるツールも多いです。LPOでは情報量の多さが武器の一つにもなるため利点と言えます。

さらに、DLPOではニーズの細かい設定ができることも強みです。単純なページ表示ではなく、できるだけ訪問者に合った情報を提供したい人にはおすすめのツールになります。

画像出典元:「DLPO」公式HP

その他の【Web制作ソフト・CMS】のツール

ページトップへ