dejam

記事更新日: 2024/03/07

執筆: 木下千恵

編集部コメント

最短30秒でWebサイトの改善案が手に入るLPOツール

「dejam」は、CROサジェストという独自機能で、最短30秒でWebサイトの具体的な改善案を自動で取得できます。Webサイトの画像をアップロードするだけのシンプルな使い方に特徴があり、気軽にCVR改善に取り組みたいときに便利です。

Webコンサルタントとやり取りをする時間がない企業や、すぐにでも改善案を取得したい企業に適しています。

CROサジェスト機能はまだ特許出願中です。今後、類似サービスが登場する可能性がないとは言い切れません。

LPOツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

LPOを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

Webサイトのスクリーンショットをアップロードすることで改善案を提案してもらえます。 シンプルな利用方法なので、LPOツールが初めてでも直感的に利用しやすいでしょう。

悪い点

完全成果報酬型のサービスではないため、成果が出なくてもコストが発生します。

費用対効果:

通常プランは平均的な料金ながらも、Web改善のサポートが無料で付帯。サポートを必要とする企業にとってコスパ◎です。

UIと操作性:

競合他社が行った改善案をまとめて検索できます。

導入ハードル:

デモ説明が可能です。専用フォーマットから会社名や氏名、電話番号などを送信するだけで申し込めます。

dejamの導入メリット4つ

1.膨大なデータ分析にもとづきデザインの改善案まで生成

「dejam」では、数百の施策や数万のデザインデータを解析したナレッジから、デザインの改善案を自動で提案してくれます。

データ解析にもとづく客観的な提案を受けたい場合に役立つでしょう。

Webサイトの課題だけを把握できるツールと異なり、どのようにデザインを変更すればよいのかわかるのが実用的です。

具体的なデザインもわかる

2.操作方法はシンプル

「dejam」では、シンプルな方法で改善案を提示してもらえます。

改善したい画面のスクリーンショットをアップロードし、改善したい箇所を選択するだけ。改善案が自動で提案される仕組みです。

最短30秒で改善案を提示してもらえるので、自社サイトの改善に向けてスムーズに対策を講じられます。

使い方が簡単

3.読むだけで実践できる改善ナレッジが満載

「dejam」では、読むだけで実践できる改善知識を獲得できます。

たとえば、Web接客ツールの効果的な使い方や、効果的なメインビジュアルを作成する方法、重要な部分を目立たせる考え方などのナレッジがよい例です。

改善ナレッジを読んでいるうちに、インバウンド増加施策のアイデアが浮かんでくることでしょう。

インバウンド増加施策のアイデアが満載

4.大手企業に勤めていたWebアナリストが在籍

「dejam」では、大手企業で勤務経験のあるWebアナリストが在籍しているのが特長です。

たとえば、株式会社リクルートで250件ほどのUX改善をした経験のあるスタッフが改善活動をサポートしてくれます。

ちなみに導入後のサポートは無料です。

ツールの利用だけでなく専門家のアドバイスまで受けられるのは、はじめてLPOツールを利用する方にとって安心でしょう。

経験豊富な専門家がサポート

dejamのデメリット

サイトの制作ではなく改善がメイン

「dejam」は、すでにあるWebサイトを改善するためのサービスです。

一からランディングページを作るためのサービスではありません。

高額にはなりますが、豊富なデザインテンプレートから穴埋め感覚でランディングページを作れるサービスもあります。

制作と改善を同時並行したいか、個別の対応の方が適切か、社内リソースを含めた検討が必要です。

成果が出なくても費用が発生する

「dejam」は完全成果報酬型のサービスではありません。ツールを利用した分の成果が発生しているのか、不安に思う方もいるでしょう。

最近では、CVRが規定以上にならないと成果報酬の支払いを不要とするサービスもあります。

ただし、完全成果報酬型のサービスでは、当然、CVRが増えればコストも増え、改善による収益が減ってしまいます。

成果を心配するよりは、「絶対に成果を出す!」心構えで「dejam」やサポートを使い倒しましょう。

dejamの料金プラン

「dejam」では、アカウント料金(月額2,000円)と通常機能料金(月額100,000円)を基本料金として支払う必要があります。

CROサジェスト機能は月額140,000円でオプションとして利用可能です。

初期費用は200,000円ですが、半額の100,000円になるキャンペーンが実施されています。

初期費用 200,000円
アカウントの料金 月額2,000円/ユーザー
通常機能の料金 月額100,000円
CROサジェスト機能の料金 月額140,000円

 

競合製品との料金比較

「dejam」の月額料金は、ユーザー数にもよりますが、相場相応です。

注目すべき点は、「dejam」のサポートは無料で回数無制限。自社に適した活用方法を徹底的にサポートしてもらえます。

VWOのようにサポート回数に制限があるサービスもあるため、サポートを重視したい企業にとってはコストメリットが大きいです。

  dejam DLPO VWO
初期費用 200,000円
100,000円
※半額キャンペーン中
200,000円 非公開
月額料金 102,000円~* 100,000円~ 100,000円~
サポート 無料 無料 通常プランだと月3回まで

*通常機能+1ユーザーでのアカウント利用の合計額を想定。

dejamの評判・口コミ

最小の工数でLPを改善できた
SHE株式会社

最小限の工数でLP改善ができるようになるので、LP改善の工数や知見蓄積に課題がある方にはかなりオススメです!あとは代表のLP改善に関する知見の深さと、dejamのサポートとして無料でもらえるアドバイスのレベルの高さも圧倒的なので、そこだけでもdejamを導入する価値があると感じています。

サイト改善の案件化が増えた
代理店Kさん

会社の強みとしてLPOを打ち出すことができるようになったので、「獲得のためならなんでもやってくれる代理店」としてのブランディングを確立できました。最近はサイト改善文脈からの案件化も多くなってきています。

*「dejam」公式HP参照

dejamを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・効率と結果を重視する企業

「dejam」では、最短30秒で改善案が得られるだけでなく、実績あるスタッフに改善活動をサポートしてもらえます。

LPOツールの利用において、効率と結果の両方を重視する企業におすすめです。

・デザインツールがない企業

「dejam」では、デザインツールがなくても、デザインの改善案を自動で作成できます。

デザインの改善案を表示する環境が整っていない企業も、導入を検討してみる価値は高いでしょう。

向いていない企業

「dejam」は、導入企業の数が公表されていません。導入社数が公表されているLPOツールは比較的多く、中には9,000社以上から導入されているツールもあります。

ツールとしての実績を重視する企業は、問い合わせ時に確認しましょう。

まとめ

「dejam」は、簡単な方法で素早くWebサイトの改善案を取得できるLPOツールです。

大手企業で経験を積んだWebアナリストによる改善サポートも受けられます。

気軽で効果的なLPOツールを探しているけれど、使いこなせるかどうか不安がある企業や、初めてLPOツールを導入する企業におすすめです。

画像出典元:「dejam」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

LPOの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

LPO
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ