WordPress

記事更新日: 2018/10/06

執筆: 狐塚真子

運営コメント

WordPressを利用すれば、ブログを作成する感覚で、無料でクオリティの高いWebを作成することができます。カスタマイズの自由度が高いところが魅力ですが、HTMLについての知識がある程度身についていなければ使いこなすのは難しいです。

1. プラグイン

ユーザーによって開発された数多くのプラグインによってWebサイトの機能を拡張できる

2. デザインのカスタマイズ

テンプレートの編集が可能で、コンテンツの表示内容を制御できる

3. レスポンシブWebデザイン

PC・スマホ・タブレットなど複数の機器での閲覧に自動的に対応

良い点

SEOに関しての設定がしやすく、プラグインも充実しているのでSEO的に有利です。カスタマイズの自由度が高く、テンプレートが豊富なのも魅力です。

悪い点

オープンソースのため悪意のある攻撃を受けやすいという面があり、またサーバーとドメインを自分で用意しなければならないので設定が面倒です。

費用対効果:

無料でデザイン性の高いWebを作成することができますが、サーバーとドメインの契約など別途費用がかかります。

UIと操作性:

管理ページは無料ブログとほぼ同じです。ただしカスタマイズなどを行うにはある程度の操作性を身につける必要があります。

導入ハードル:

WordPress自体は無料ですが、インストールや基本設定は自分で行わなければならないため、断念する人が多いのも事実です。

デザイン:

WordPressで利用できるテンプレートは約2,800種類と、他のWeb作成ツールに比べて圧倒的に多いことがわかります。レイアウトや機能別に検索が可能です。

セキュリティ:

オープンソースのためソフトウェアの欠陥が発見されやすく、ハッカーの標的になりやすいといわれています。

はじめに

無料でWebページを作成できるツールの一つ、WordPressについて、他のWeb作成ツールとの比較と共に、使いやすさなどの観点から紹介していきます。

WordPressとは?

WordPressは、2003年にオープンソースのブログ作成システムとしてリリースされました。単なるブログソフトとしての機能だけでなく、CMS(コンテンツ管理システム)としても利用されており、世界で約8,700万、日本では約500万ものサイトがWordPressによって作成されているといわれています。

料金プラン

WordPress自体は全ての機能を無料で利用することができます。

しかし、作成したWebをインターネット上で公開するにはサーバーとドメインの契約が必須であり、別途費用がかかる事を考慮しなければなりません。

(例:サーバー維持費 年間約12,000円 + 独自ドメイン 年間約15,000円)

またデザインテンプレートには有料版もありますので、別途料金がかかってしまう場合もあります。

WordPressのメリット

1. 操作性

基本的な操作は文字の入力や画像の挿入のみです。文字の色や太さといったアレンジも簡単に行うことができます。

2. 豊富なテンプレート

WordPressで利用できるテンプレートは約2,800種類。有料・無料、日本製・海外製の中から、レイアウトや機能別に検索し、好みのデザインを選ぶことができます。

海外製のほうがデザイン性が高いものが多いですが、日本製の場合だとプラグインなどの詳細な解説がついているため利用がしやすいという特徴があります。スタイルをつけ加えることも可能であるため、デザインの自由度が高いのも魅力です。

3. SEOに有利

WordPressで作成したサイトは、HTMLで作成したものよりもSEOの設定を初期段階で組み込めるようになっており、更にサイト稼働後もSEOに関する問題を自動的に解決してくれます。またSEOの対策がとれるプラグインも充実していることも強みです。

4. プラグインが充実

先述したように、WordPressではプラグインが充実しています。これらは管理画面から簡単に無料で追加ができます。

プラグインを追加することで、セキュリティの強化やFacebook・インスタグラムといったSNSとの連携、さらには問い合わせフォームの作成などといった機能を追加することが出来るのでとても便利です。

ただしプラグインの中には細かい設定が必要なものや日本語未対応のもの、ウイルス感染を引き起こすものもあるので注意が必要です。

5. カスタマイズが自由にできる

WordPressはオープンソースのため、ある程度の知識やスキルがあれば構成やデザインを自由にカスタマイズできます。またWordPressは世界中に利用者がいるため、カスタマイズや利用に関する情報がインターネット上に数多く存在します。自分好みのサイトを作成したいと思っている人にはお勧めです。

WordPressのデメリット

1. セキュリティ対策

WordPressはオープンソースであるためにプラグインやWebサイトのカスタマイズ機能が他のツールと比べて充実している、といったメリットがあります。

その反面 ソフトウェアの欠陥が発見されやすく、未対応のセキュリティ脆弱性があった場合にはハッキングされる可能性があるというデメリットもあります。

これらの予防策として以下の3点について留意しておきましょう。

  • WordPress本体やプラグインの新しいバージョンが公開されたときは最新版に設定しておく
  • テーマ、プラグインは公式で公開されているものを利用する
  • 不要なプラグインは削除する

2. サーバー・ドメインが必要

WordPressでWebサイトを制作し、インターネット上に公開する場合、サーバーとドメインの契約が必須になってきます。

サーバーをレンタルする場合、月額無料のものから数千円程のものまで料金は様々です。ただし無料のものを使用する場合、SEOを安定させるための独自ドメインが使えないなどの問題が発生するので有料版の利用をお勧めします。

Jimdoとの比較

2007年に誕生したドイツ発のオンラインホームページ作成サービスです。WordPressと同様に簡単な操作でクオリティの高いWebが制作できます。日本ではKDDIがサービスのサポートを管理しており、日本語に対応しています。

料金プラン

JimdoにもWordPressと同様に無料で利用が可能なFREEプランが存在します。

ただしFREEプランの場合、有料のプランと比較した際に、埋め込み広告の有無・独自ドメインの利用・オンラインショップの商品数などに差が生じます。ビジネス用のWebサイトを制作するにはPROプラン以上を利用することをお勧めします。

テンプレート

Jimdoで利用できるテンプレート数は約40種類です。より多くのデザインの中からテンプレートを選びたいのであればWordPressのほうがお勧めです。

セキュリティ対策

セキュリティ対策については全てJimdoの管理下で行われます。 ただしログインに関してはホームページのURLとパスワードの組み合わせだけで出来てしまうので、しっかりと管理をすることが必要です。

結論

「豊富なテンプレートを使ってクオリティの高いWebを作りたい」「カスタマイズを自由に行いたい」という人にはWordPress、

操作はなるべく簡単な方が良い」「セキュリティ対策や基本設定はツール側で行ってほしい」という人にはJimdoを利用するのがお勧めです。

Wixとの比較

2006年、イスラエル発のWebページ作成ツールです。世界では約9,000万人が利用しており、日本での利用者数も2012年のリリースに伴い増加しています。

料金プラン

Wixにも無料プランが存在します。更に14日間の全額返金保障があるので、たとえプランに満足できなかった場合でも安心です。

テンプレート

Wixのテンプレート数は約500種類あります。あらかじめ「ビジネス」「ネットショップ」といったカテゴリーに分類されていますが、キーワード検索も可能であるため、目的に応じたデザインを見つけることが出来ます。ただし、一度デザインを選択してしまうと後々変更をすることが出来ないので注意が必要です。

セキュリティ対策

サーバーのアップデートやその他のセキュリティの更新はすべてWixの管理下で行われます。サーバーとドメインの契約が必要なWordPressと比べると、Wixはその手間を省くことが出来るので、特にWeb作成初心者にお勧めです。

結論

どちらもデザイン性の高いテンプレートが利用でき、機能の追加も充実しているのでクオリティの高いサイトが作成できます。

ただし、WordPressを利用する場合、サーバーの管理などに手間がかかる事や、内容をこだわるとHTMLやCSSの知識が必要になるという事を考慮しなければならないので、初心者にはWixのほうが向いています

まとめ

ここまでWordPressの利用に関して、メリット・デメリット、他のWeb作成ツールと比較を行ってきました。

WordPress自体は無料ですが、「インストールや基本設定は自分で行わなければならない」という点や、「使いこなすにはある程度の知識が必要である」という点からWeb作成初心者は手を出しにくいのではないかという意見もあります。

しかし、オープンソースであるということから「豊富なデザインを利用できる」「自由にカスタマイズが楽しめる」などの沢山のメリットがあるのも事実です。

より本格的なWebサイトを作成したいと考えている人にはお勧めのWeb作成ツールですので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「WordPress」公式HP・「Jimdo」公式HP・「Wix」公式HP

その他の【Web制作ソフト・CMS】のツール

ページトップへ