LeadGrid

記事更新日: 2022/12/06

執筆: 太田繙

編集部コメント

リード創出を仕組み化する直感的なCMSツール

「LeadGrid」はWebマーケティングにおける生産性向上とコスト削減が可能なCMSです。

Web開発知識がない場合でも、豊富なテンプレートとシンプルな操作性で手軽にコンテンツ制作ができます

リード獲得に必要なフォーム管理やウェビナー集客、CTA管理など充実したリード獲得機能がワンストップで利用可能です。

オプション料金は必要ですが、CMS以外のSEOキーワード選定や構成案作成、記事執筆など自社でリソースが不足する業務への支援が受けられます。

Web制作ソフト・CMSを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

Web制作ソフト・CMSを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする1サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

充実したリード獲得ツールがどのプランでも利用でき、各種MAツールとの連携など拡張性と機能性に優れています。

悪い点

オリジナルデザインを利用する場合は初期費用の追加が必要です。

費用対効果:

充実したリード獲得施策がすべてのプランで利用できるため、予算に合わせたサイト運用ができます。

UIと操作性:

見たままにWebページを作成でき、ドラック&ドロップでテキスト編集・画像差し替えも簡単です。

セキュリティ:

サイトの暗号化、脆弱性対応、バックアップ体制など、安心して利用できるセキュリティ対策が行われています。

 LeadGridの導入メリット4つ

1. 充実した機能が搭載

LeadGridの魅力は、リード獲得に有効とされているメルマガ配信や資料DL機能など、さまざまな機能の充実です。

リード顧客情報の流入経路やアクションなどを管理する顧客管理機能や、ソーシャル連携、イベント管理機能など、ほとんどのリード機能は網羅しています。

各種MAツールと連携が可能

Hubspot、Marketo、Pardot、SATORなど外部のMAツールと連携が可能なので、LeadGridで獲得したリードを育成する仕組みづくりも可能です

獲得したリード情報はダッシュボードで目的別に絞り込みができるため、理想のリードナーチャリングを実現できるでしょう。

2. シンプルな操作性でコンテンツ管理が手軽

LPなど、リリース後の運用も重要なWebサイトですが、LeadGridでは見たままの画面でサイトを編集することができます。

ドラック&ドロップでテキスト編集、画像差し替えが可能なので、Web知識をあまり必要としません

初めてのCMSツール利用でも手軽に編集でき、運用を効率化できるのはLeadGridの魅力です。

手軽なコンテンツ運用が可能

3. 拡張性と機能性を重視

さまざまなMAツールと連携ができるLeadGridですが、他にも自社サービスのブランディングに合ったデザイン表現が可能です。

トレンドに合ったサイトデザインはもちろん、自社の特徴を生かしたデザイン、ユーザビリティを優先したデザインなど自由度の高いサイトデザインが実現します。

レイアウトパターンも豊富なので、テキストや画像を設定するだけでコンテンツページが構築でき、制作費用・時間を大幅に削減できるでしょう。

柔軟性と拡張性、さらに機能性を兼ね備えているので、サービスサイトだけでなく、オウンドメディアなどさまざまなサイト運用に適しています。

拡張性と機能性を重視した理想のマーケティングが可能

4. ペルソナや戦略立案フェーズまで、自社に合わせた支援が受けられる

さまざまなコンサルティング支援を行ってきたLeadGridは、企業の成果を最大化するための戦略設計やコンテンツ企画、施策実行まで一気通貫のサポートです。

サイト運営におけるコンテンツ制作や運用支援サポート、将来的なインハウス化のためのコンサルティングも受けられます。

集客においても、SNS広告やリスティング広告の施策支援が受けられるので、自社のマーケティング課題が解決するかもしれません。

新規の集客チャネルの構築や、CPA高騰による広告依存脱却など、課題解決に向けて手厚いサポートを活用していきましょう。

予算に限りがある場合は、モールスタートが可能なプランも用意されているので、新規事業を立ち上げたばかりでも安心して利用できます。

自社の課題に合わせて支援が受けられる

 LeadGridのデメリット2つ

1. オリジナルデザインを利用する場合は初期費用が追加で必要

LeadGridはサイトデザインの柔軟性が高く、オリジナルデザインの構築ができるメリットがある反面、テンプレートのパッケージプランよりは初期費用が少し高くなります。

WordPressデザイン代行の相場は、250万円です。

LeadGridではオリジナルデザインの初期費用は120万円〜と相場よりは安いといえます。

もちろんサイト制作の要件によって初期費用は異なりますが、テンプレート利用よりもコストがかかることに注意しておきましょう。

2. エンタープライズプランでないとアカウント権限をカスタマイズできない

LeadGridのアカウント権限種別は管理者、編集者、投稿者、寄稿者の4段階あります。

より詳細な権限種別を設定したい場合は、エンタープライズプランでないとカスタマイズ対応ができません。

サイト運用担当者が少ない企業はあまり問題ありませんが、プロジェクト毎に運用担当者が異なる場合は、事前に権限種別について確認しておく必要があります。

 LeadGridの料金プラン

LeadGridの料金プランは3種類ありますが、利用できる基本機能に違いはありません。

各料金プランの違いは、フォーム管理の上限数・アカウント数の上限・アカウント権限種別のみです。

料金プランにはサーバー費用や独自ドメイン利用料も含まれているため、比較的割安なサービスといえるでしょう。

  スタンダード プロフェッショナル エンタープライズ
月額料金(税別) 30,000円 50,000円 要問い合わせ
フォーム管理の上限 5個 30個 無制限
アカウント権限種別 4段階 4段階 カスタマイズ対応

 

 競合製品との料金比較

クラウド型CMSサービスの多くは低コストで運用できるため、競合サービスと比較するとLeadGridは少々割高に見えます。

しかし搭載されている機能が多く、サーバー費用やドメイン利用料も含まれていることを考慮すると、あまり違いはありません

サイト運用のみや最低限の機能だけ利用したい場合は、競合サービスのほうがコストが節約できる可能性があります。

  LeadGrid ShareWith オークCMS
初期費用 500,000円~
(税別)
750,000円~
(税対応不明)
165,000円(税込)
月額費用 30,000円~
(税別)
120,000円~
(税対応不明)
11,000円~(税込)

 

 LeadGridの評判・口コミ

要望を形にしてくれる頼もしさを感じました
株式会社ファイブニーズ

サイト制作は初めてでわからないことも多かったのですが、こちらの要望をもとにGIGのみなさんが積極的に提案してくれたので、頼もしかったですね。こちらからの質問やリクエスト(or 要望)に対しても迅速にご対応いただき、プロジェクト期間中は常に並走してくださっている感覚でした。最終的にイメージしていたとおりのサイトを作ってもらい大満足です。リニューアルサイトは、社外の方からも大変ご好評いただいています。

不便さを感じない、シンプルで使いやすいCMS
株式会社 フロンティアインターナショナル

「LeadGrid」は、CMSとしてもシンプルで使いやすいと感じました。他のCMSだと1つの機能を使うのにいくつも設定が必要だったり、マニュアルがないと分からなかったりするんですよね。「LeadGrid」はそういった不便さを感じず、直感的に操作できました。自分ひとりでテキストの編集やコンテンツの予約投稿などができるので、とてもありがたいです。

*「LeadGrid」公式HP参照

 LeadGridを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

 オウンドメディアの立ち上げなど幅広く運用したい企業

LeadGridはWeb制作からリード獲得、さらにマーケティング戦略立案から施策実行まで、幅広く支援が受けられるCMSサービスです。

ペルソナ、カスタマージャーニーの設計、キーワード調査や選定など、戦略立案フェーズも含めたコンサルティング支援が受けられます。

運用フェーズにおけるPDCAサイクルやSEO対策といった、コンサルティングや施策代行支援も可能です。

サービスサイトだけでなくオウンドメディア運用など、幅広くWeb運用を検討している企業に適しています。

 シンプルなサイト運用を希望している企業

初めてCMSサービスを利用す場合でも、直感的にコンテンツ制作、編集が可能なLeadGridは、シンプルなサイト運用を希望している企業におすすめです。

Web知識があまり必要なく、実際に表示されるページを見たまま編集ができるので、簡単にページ複製やLPの量産もできます

サイトリリース後のコンテンツ管理が手軽で、新規コンテンツ制作代行を依頼することもでき、力の入れたい部分だけのコスト負担です。

向いていない企業

 自社にWeb開発スキルがある企業

すでに自社サイトを運用していて、ある程度のWeb開発スキルがある場合にはLeadGridの利用はあまり向いていません。

サイト運用以外にマーケティング・コンサルティング支援が受けられますが、費用がかかります。

すでに自社のノウハウがある場合は、必要なコンテンツが制作できる低コストのサービスを検討しましょう。

 まとめ

LeadGridは、Web制作からリード獲得まで一気通貫でできるクラウド型CMSツールです。

初めてCMSツールを利用する場合でも、直感的な操作でコンテンツ制作ができるので、手間なくWeb開発に力をいれられるでしょう。

拡張性や機能性を重視し、ブランディングを意識したデザインの自由度も魅力のLeadGridは、理想のマーケティングが実現するCMSツールといえます。

画像出典元:「LeadGrid」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

Web制作ソフト・CMSの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

起業ログが厳選するWeb制作ソフト・CMS
Web制作ソフト・CMS
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ