STORES.jp

記事更新日: 2018/11/11

執筆: 編集部

運営コメント

現在では70万件以上のストアが誕生しており、この数字からもSTORES.jpのサービスがいかに優れているとわかるでしょう。ZOZOTOWNと連携していることもあり、人気を高めればZOZOTOWNでの出品も可能になるのは大きな強みになります。

1. オンラインストア開設機能

簡単におしゃれなオンラインストアを開設できる

2. 決済システム機能

オンラインストアで大切な決済システムが豊富にある

3. アクセス解析機能

ユーザーが何人訪問したか、何分滞在したか解析する機能

良い点

驚くほど簡単にネットショップを開設することができ、オンライン上で商品を販売することができます。

悪い点

カード手数料が5%と少し高め。注文受付のメールがHTMLメールなので伝票に書き換える時に手間が生じます。

費用対効果:

アイテム公開数は5店までですが、基本は無料で始めることができ、有料にするとインターネットストアに必要な機能はほとんど揃います。

UIと操作性:

ECサイトの作りやすさとわかりやすさはトップクラス。サイトのお洒落度も高いです。

知名度:

設立から数年でユーザー数20万人以上になり、2013年からZOZOTOWNグループの関連会社になっています。

サポート体制:

商品の保管・発送代行サービス並び集荷依頼サービス、他にもSTORES.jp MAGAZINEなどでサポート体制は高いです。

STORES.jpの3つの特徴

1. ZOZOTOWNとの連携

STORES.jpは、ファッションオンラインリテーラー国内最大手のZOZOTOWNの親会社である、スタートトゥデイと簡易株式交換により子会社となりました。

それにより、ZOZOTOWNとの連携も加速して、2014年にはZOZOMARKETがオープンしました。

ZOZOMARKETとは、スタートトゥデイとSTORES.jpを運営しているスタートトゥデイの子会社ブランケットとの初の共同事業になり、個人、法人、規模を問わず商品を出品できます。

ZOZOMARKETで人気が高まれば、ZOZOTOWNでの出品ができるようになるので、インターネットストアの可能性が広がり、STORES.jpでオンラインストアを開設しているユーザーならば、ZOZOMARKETで商品を露出・販売ができます

2. ECサイトに必須な機能が充実

月額980円(税別)のプレミアムプランになりますが、インターネットストアに必須な機能が充実しています。

豊富な機能が充実

この中でも、注目すべきはアクセス解析機能です。ストアにどのくらいのユーザーが訪問し、その訪問したユーザーがどのくらいの時間ストアを閲覧したのかを、STORES.jpダッシュボード内のアクセス解析画面で確認することができます。

これにより、自分のストアがどれくらいのアクセス数があるのか、そして、アクセス数に対して、どれくらい売れているのかがわかるので、インターネットストアでの実績を可視化できます。

他にもレビュー機能では、お店の評判・商品の状態や感想・使い勝手など、お客の生の声を聞くことができます。

良いレビューを継続的に獲得することができれば、新規の顧客を獲得することができるので、新規開拓として活用することができます。

レビュー機能は、ネットストアにとって、とても重要な機能です。STORES.jpではこのレビュー機能があるうえに、ユーザーからのレビューに返事をすることもできます。

他にも、スイッチをONにするだけで、英語表記に変わったり、商品の値引きや送料無料のクーポンが発行できたり、ネットストアに欠かせない機能が充実しています。

3. 倉庫・配送サービス

ネットショップで商品を作るとき、大量注文をする方が多いと思います。大量注文をすることで値引きや割引が見込めますし、細かく注文するよりまとめて一回で済むので、注文者のメリットが大きいです。

しかし、一度に大量注文してしまうと、注文した商品をどこに保管しておくかというデメリットもあります。そのようなときに重宝するのが倉庫サービスです。

stores.jpの倉庫サービス

利用には初期費用や月額利用料がかかるわけではなく、「この期間だけ使う」「部屋をかたづける時だけ預かってもらう」など、自由に自分の都合がよいときだけに使うことができるのでとても便利です。

また、STORES.jpの会員であれば利用したい日から倉庫サービスを始めることができます。倉庫サービスページから「倉庫への入庫依頼」をし、その後はSTORES.jpが案内する入庫方法に従い、倉庫に商品を発送するだけなのでとても簡単です。

利用の流れは簡単

2018年5月より、物流プラットフォームを運営しているオープンロジと業務提携をしたことにより、さらに便利に使いやすくなりました。

オープンロジのAPIを利用することにより、入庫依頼後の商品管理が管理画面でできるようになったり、管理画面もそれぞれの機能が区切られることなく、一貫して操作できるように簡単にわかりやすくなりました。

また料金体制も一新され、これまで商品の大きさに関係なく配送料を一律800円(税別)、保管料も同じ条件で一律25円(税別)で運営していました。

これでは、小さな商品は割高になってしまうリスクがありましたが、これからは配送料は330円(税別)~、保管料は1日あたり0.2円(税別)~利用できる仕組みになりました。

ECサイトが成功すればするほど、倉庫サービスは便利な機能となるでしょう。

料金プラン

STORES.jp の料金プラン

無料の「フリープラン」以外に、有料の「プレミアムプラン」が月額980円(税別)で準備されています。

まずは「フリープラン」で試してみてから、上手くいきそうなら「プレミアムプラン」に切り替えると良いでしょう。

「フリープラン」と「プレミアムプラン」の大きな違いは、公開できる商品数です。「フリープラン」は5アイテムまでしか公開できないのに対し、「プレミアムプラン」では無制限にアイテムを公開することができます。

ECサイトを作る上で、アイテム数が少ないのは致命的です。将来的に売上を大きく出したいのであれば、「プレミアムプラン」一択となるでしょう。

他の費用では、決済手数料が5%(売上金を翌日振込できるスピードキャッシュを選べば+3.5%)、倉庫サービスが商品一個につき入庫料18円(税別)、保管料0.2円1個/日、倉庫からの配送料が一個につき330円(税別)~かかります。

詳細は以下の通りです。

倉庫サービスの必要経費

STORES.jpの公式サイトはこちら

まとめ

ECサイトを開設し、自身で運営したいと思っても、さて何をすれば?と思う方も多いでしょう。そんなときに役立つのがSTORES.jpです。「最短2分で、驚くほど簡単にオンラインストアがつくれる!」とHPに書いてあるとおりに、本当に簡単にオンラインストアが作れます。

さらに、ZOZOTOWNとの連携がさらに深まる可能性もありますので、ECサイトを開設するなら、STORES.jpの可能性はさらに大きくなる思われます。ECサイトに興味がある方は、まずはSTORES.jpを試してみてはいかがでしょうか?

画像出典元:「STORES.jp」公式HP

その他の【Web制作ソフト・CMS】のツール

ページトップへ