MailPublisher

記事更新日: 2020/06/30

執筆: 編集部

運営コメント

メールマーケティングでクリック率が上がらないとお悩みの企業におすすめしたいメール配信システムです。受信環境ごとに配信方法を最適化することで、メールの到達率やクリック率を高めることができます。また、セグメントごとへのメール配信や、イベントメールの配信が可能なだけでなく、BIツールやECシステムなど社内外のシステムと連携可能な点も魅力です。

1. メール配信

4,100万通/時を配信できる速さと、月間60億通を超えるメール配信実績を誇るメール配信機能

2. データ収集・活用

フォームの作成、データの収集からメール配信までを一貫して行える

3. 権限管理

アカウントごとに権限や表示メニューの設定が柔軟に設定可能

良い点

4,100万通/時という圧倒的な配信性能の高さが魅力です。メール配信システムで、10年以上のトップシェアを誇る実績も信頼感を持てます。

悪い点

「MailPublisher Smart Edition」ではデータベースを持たないため、データをエクセル等で管理することになり、管理がしにくくなる可能性があります。

費用対効果:

UIと操作性:

ユーザーの声を取り入れて日々開発を行っていることから、ストレスフリーに利用でき、ミスが生じにくい機能実装が特徴です。

社外連携:

利用企業の自社開発システムを含め、あらゆる社内外システムと連携が可能です。

サポート体制:

回答スピードや正確性、専門知識のない人向けにに対しても丁寧な説明が特徴です。

MailPublisherの特徴3つ

1. 配信方法の最適化で、トランザクションメールの高い到達性を実現

MailPublisherのサービスの1つ、「MailPublisher Transaction」は、トランザクションメールの到達性を高められることが特徴です。

トランザクションメールとは、購入明細メールや会員登録完了メールなど、自動的に配信される確認・通知メールのこと。携帯キャリアやプロバイダによっては、ブロックされてしまい、メールが届かない場合があります。

「MailPublisher Transaction」では、これまで培ってきたノウハウをもとに開発された配信エンジンが、受信環境ごとに最適な方法でメールを配信。「MailPublisher Transaction」のサーバーを介してトランザクションメールを送信することで、メールがブロックされにくくなります。

さらに、高度なエラー解析モジュールを搭載。500種以上のエラーメールを解析できるため、エラーとなったメールアドレスに対して、適切な対応を取ることが可能です。

例えば、致命的なエラーの場合はメールアドレスの再登録を促す、一時的なエラーの場合には時間をおいてメールを再送するといった対応が取れます。

「MailPublisher Transaction」を使用してメールを送信するイメージ

2. フォーム作成から情報活用までの充実したCRM機能

次に紹介するサービスは、情報収集からCRMマーケティングの活用まで1つのプラットフォームで実現できる「FormFactory」です。

テンプレートや編集機能が充実しているため、専門知識がなくても、登録フォームやアンケートが簡単に作成できるだけでなく、デザイン性の高いものを作成可能。メールの形式はHTML/テキスト/マルチパートとさまざまな形式に対応しています。

収集したデータについても、アンケートごとに個別に管理するか、複数のアンケートをまとめて1か所に管理するかを選択することができ、柔軟性が高いです。

また、「FormFactory」には豊富なCRM機能が実装されているため、新たにマーケティングツールを導入する必要もありません。収集した顧客情報を活用して、セグメントごとへのメール配信や、イベントメールの配信等、さまざまなメール施策が可能です。

CRMマーケティングの高い効果を発揮するには正確にメールを到達させるだけでなくタイミングも重要です。

MailPublisherは、メールの高速・大量配信を叶える堅牢なメール配信エンジン、受信環境にあわせて送り分けのできる高い到達性を誇っており、より効果的なマーケティングを実施できます。


情報収集からデータ利用、効果測定まで1つのプラットフォームで実現
 

収集した情報を分析し、多様なメール配信が可能

3. 社内外システムとの柔軟な連携

MailPublisherのサービス3つ目は、ファイルベースでメール配信ができる「MailPublisher Smart Edition」です。

データベースを持たないことで、他システムとの連携を行いやすいことが魅力です。BIツールや基幹システム、ECシステムなど、自社内外のさまざまなシステムと連携することで、より高度なマーケティングを実現できる環境を生み出します。

また、すでに自社開発のメール配信システムを持った会社でも、既存アプリケーションをそのままに、「MailPublisher Smart Edition」を組み込むことで、メール配信の性能を高めることが可能です。

「MailPublisher Smart Edition」では、開発にユーザーの声を積極的に取り入れることにより、ストレスフリーな操作性を実現。メール配信は、毎日頻繁に作業が発生するため、その作業を簡素化することが、マーケティングの効果向上につながります。

また、万が一メールが誤配信されてしまった場合は、クレームにもつながり多大な影響になります。そのため、操作ミスを起こしにくくするシンプルな操作性を実現しています。


外部システムとも柔軟に連携でき、オリジナルのマーケティングプラットホームを実現

 

MailPublisherの料金プラン

「FormFactory」には「固定+従量プラン」、「登録レコード課金プラン」の2つの料金プランがあります。

「固定+従量プラン」は、1フォームあたりの固定費に加えて、メール配信数に応じて従量課金される料金体系となっています。

「登録レコード課金プラン」は、登録レコード数に応じて課金されます。利用状況に合わせてプランを選べる点が魅力です。

その他の料金プランの詳細についてはお問い合わせをする必要があります。

MailPublisherの評判・口コミ

他社との差別化を図る高度なCRMマーケティングを実現
株式会社ZOZOテクノロジーズ

独自のマーケティングシステムを、さまざまなシステムを連携することで構築していますが、「MailPublisher」はそのメール配信部分で活用しています。行うべきマーケティング施策をシステム制約なく行うことができる高性能さが、高度なマーケティングの実現につながっていると思います。

*「MailPublisher」公式HP参照

まとめ

メール配信を通して、CRMマーケティングを強化したいという会社におすすめしたいサービスです。

それは、受信環境ごとに配信方法を最適化することで、メールの高い到達率を実現できることがMailPublisherの大きな特徴だからです。

また社内外のシステムと自由に連携できる柔軟さも、独自のマーケティング施策を行いたいと考える会社には嬉しい機能でしょう。

フォームの作成からデータの活用まで、ユーザーの声をもとに開発された操作の容易さが特徴のため、誰でも運用できるだけでなく、メールの誤配信といった重大なミスも防げるので、安心して利用できます。

既に自社開発のメール配信システムを持っている会社であっても、そのシステムにMailPublisherを組み合わせることも可能なので、幅広い企業が活用できるサービスといえるでしょう。

画像出典元:「MailPublisher」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

メール配信の資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他の【メール配信システム】のツール

起業ログが厳選するメール配信
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
WiLL Mail
VPS-NEO
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ