Cuenote FC

記事更新日: 2019/01/15

執筆: 編集部

運営コメント

シンプルなUIと業界トップクラスの配信速度を誇るメール配信システムで、様々なデバイスに対応したメールが作成できます。「メール配信サービスを始めたい」「現在のメール配信システムを見直したい」という企業にお勧めです。

1. トップクラスの配信速度

独自開発の配信エンジンとノウハウで業界トップクラスの配信速度

2. 簡単操作でHTMLメールが作成可能

簡単操作で思い通りのHTMLメールが作れ、絵文字やデコメなど標準で使える機能も豊富

3. 定額制で安心

配信する人数(配信リスト)で定額料金なので経理担当にも優しい

良い点

メールを配信する上で必要な機能がほとんど標準で付いており、配信速度や月額定額制で同じ人にはメールが送り放題です。

悪い点

最低契約期間が6ヶ月であることです。しかし、無料のデモも利用できるので、利用前にサービスを実感できます。

費用対効果:

ASPサービスの場合、2,000個のメールアドレスで5,000円という設定で、1メールアドレスあたり2.5円でメールを無制限に配信できます。

UIと操作性:

簡単操作でHTMLメールを配信することができます。

知名度:

阪急阪神東宝グループのユミルリンク社が10年以上提供してきたサービスで、1,300社以上の有名企業で採用されています。

他言語対応:

UTF-8(日本語を含む多言語表示のための文字コード)に対応している文字であれば、英語や中国語など様々な言語のメール文書を送ることができます。



Cuenote FCの3つの特徴

1. 業界トップクラスの配信速度と実績

Cuenote FCの最大の特徴は、独自開発されたMTAと呼ばれる(配信エンジン)により1時間あたり450万通以上の業界トップクラスの高速配信を行えることです。

さらに、10年以上培ってきたノウハウにより、PCはもとよりスマートフォンや携帯にも高速・確実にメールを届けます。その実績は、月間配信数37億通、導入企業1,300社以上という数字に表れています。

Cuenote FCでは、携帯やスマホで通常エラーとなって配信できないケースでも、キャリアによって配信数を最適化し、受信ブロックにならないよう配信することで確実にメールを配信できます。

Cuenote FCがスマホにメールを配信するイメージ

2. 簡単操作でメール配信

Cuenote FCは、シンプルなUIで簡単にメール配信が行えます。実際には3ステップでメールが配信できます。まずは、配信したいアドレス帳と文面を指定する。次に配信テストを行う。最後に、配信時間を設定すればOKです。

簡単なメール設定

メールの書式も、テンプレートが準備されていて簡単に作成することができます。

Cuenote FCの実際の画面


さらに、Cuenote FCではテキストメールだけでなくHTMLメールを作って配信したい人のために、操作性に優れたHTMLエディターを使うことができます。

次世代HTMLエディターと謳うだけあって直感的に操作でき、写真などがドラッグ&ドロップで挿入できたり、文字の大きさや色などを自由にアレンジすることができます.

また、画像や文字をクリックすると特定のURLへ移動させることなども、HTMLを一から勉強する必要なく直感で操作できるようになっています。

HTMLメール作成画面の例


PC・スマホ・タブレットなどのデバイス別にメールを作成しなくても、デバイス別自動配信機能もあるので、メール本文をじっくり考えることに時間が使え、あとの面倒な設定はCuenote FCが自動でやってくれます。

どのデバイスでも最適に表示

3. 欲しい機能が定額料金の中に!

Cuenote FCの第3の特徴は、メールを配信・運営・管理するために必要な機能が追加料金なしの標準で使えることです。

先程説明したHTMLエディター・デバイス別自動配信機能・多言語配信はもちろん、属性差し込み機能で名前やポイント情報などをメールに差し込めます。これにより、メールをより身近に感じてもらえ、クリックして自社サイトに来てもらいやすくなります。

また、メールの配信後の解析機能も優れていて、メールやメルマガを受け取った人がそのメールをいつ開封したかどうか、そしてどの記事に興味を持ってクリックしたか、またはそのクリック回数などをクリックカウント機能で簡単に数値化できます。

クリックカウント機能のイメージ

これらはコンテンツの検証や読者の興味・関心の把握に使えます。これを利用して読者ランキング形式で配信することができます。

また、クリック数を広告主に成果として知らせることもできます。この他、多くの機能が定額プランの中で実現可能です。

報告主にクリック数を成果として報告

 
 
 

料金プラン

ユニークメールアドレス数 月額料金
2,000件 5,000円
5,000件 10,000円
10,000件 20,000円
30,000件 50,000円
50,000件 70,000円
100,000件 100,000円
150,000件 150,000円
無制限 150,000円〜

ASPサービスの料金表

上の表の通り、2,000件のプランで1ヶ月5,000円、15万件のプランだと15万円です。1件(1アドレス)あたりでは、2.5~1.0円以下で1ヶ月無制限にメールが配信できます。

ちなみに、登録できるアドレス帳は、2,000~30,000件のプランで4個、5万~10万件のプランだと6個、15万件のプランで8個、15万件以上のプランで15個以上となります。

Cuenote FCでは、1つのメールアドレスに対して従量課金制ではなく定額制をとっているため、ユーザーに配信するメールの量が増加しても料金が増えないというのがメリットです。

一方で、年に1~2回しか顧客にメールを送らない場合には、メールを配信しない月も月額料金を支払わなければならないのがデメリットです。

また、自社でサーバーを立ち上げて運用したい企業のために、オンプレミス(ライセンス)型も用意されています。こちらは、Cuenote FCに問い合わせてください。

評判・口コミ

ECのミカタ株式会社
メールの到達率が3%向上し、機会損失を改善

導入を開始した初月から早々に効果が出まして、それまでより3%ほど配信数が伸びました。 Cuenote FCの導入によって、それまでメールマガジンが届いていなかったお客様に正常に届くようになったと考えると、効果としては最も大きかったと認識しています。

株式会社セイバン
“脱手動”でPDCAを高速化し、高い開封率を実現。セキュリティも万全に。

また以前のツールでは開封率やセッション時間確認のためにCSVダウンロードやそこからのグラフ化が必要になるなど、多大な工数がかかっていました。その点「Cuenote FC」では手をかけずともそのままレポートが出てくるため、以前よりもリッチなデータをはるかに少ない手間で確認でき、PDCAのサイクルを大幅に早く回せるようになりました。

 

まとめ

Cuenote FCは、中小企業から大企業まで、これからメール配信を始めようとする会社や現在の配信を見直そうという会社におすすめです。

メールは配信したらそれで終わりではなく、そこからリアルな読者の興味・関心をフィードバックして次の配信に繋げてこそ、読者数や会員登録者数に反映されるものです。Cuenote FCは、これからメールやメルマガを積極的に利用して、メルマガの読者数を増やし事業を拡大していこうとする会社におすすめのツールです。

画像出典元:「Cuenote FC」公式HP

その他の【メール配信システム】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ