Eメール配信サービス

記事更新日: 2023/01/26

執筆: 編集部

編集部コメント

メールマーケティングに必要なすべてを備えたメール配信システム

CM.com Japan 株式会社が提供する「Eメール配信サービス」は、マーケティング機能を搭載したメール配信システムです。

ドラッグ&ドロップエディタによって気軽にHTMLメールの作成から配信効果の測定、自動ステップメールの送信などまで行えます。

連絡先管理ツールと連携すれば、顧客情報を自動的に挿入し、メール本文に名前や会社名などのデータを反映。

見込み客や既存顧客へのアプローチを自動化して、マーケティング活動を効率化できるのも大きなメリットです。

メール配信システムを比較したい方はこちら

まとめて資料請求

メール配信システムを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする11サービスの資料をダウンロードできます。

Eメール配信サービスだけ知りたい方はこちら

Eメール配信サービスの資料を請求
良い点

メールの開封率やURLのクリック率などを分析できます。メール配信の効果まで確認したい方におすすめです。

悪い点

公式ホームページで導入企業数や口コミが確認できません。実績を知りたい方は問い合わせが必要です。

費用対効果:

競合ツールと比べると比較的料金が高くなっていますが、MAツールとして活用できるのは便利です。

UIと操作性:

ドラッグ&ドロップの操作でHTMLメールを作成できます。HTMLメールを初めて作成する方におすすめです。

デザイン:

画像や動画付きのデザインメールを送信できます。メールの見栄えにこだわりたい方にピッタリです。

 Eメール配信サービスの導入メリット4つ

1. 専門知識なしでHTMLメールを作成できる

専門知識がない方でもドラッグ&ドロップエディタによってHTMLメールを気軽に作成できます。

画像・動画を駆使して、プロが制作したようなデザインのメールを素早く作成可能です。

お気に入りのレイアウトをテンプレートとして保存して使いまわすこともできます。

初めてHTMLメールを作成する方におすすめです。


プロが制作したようなメールを作成

 

2. SMS配信と併用できる

Eメール配信サービスは、同社のSMS配信と同じプラットフォームで利用可能です。

メールで関心を引き出した顧客にSMSを送信できます。

EメールとSMSの併用を検討している場合に検討しやすいです。

SMSで顧客をフォロー

3. メール配信効果の測定に対応

顧客に配信したメールの開封率やURLのクリック率などを配信後にチェックできます。

購読者から読まれたメールやクリックされたコンテンツなどを分析可能です。

配信効果を継続的に測定していけば、効果の高いメルマガやニュースレターを配信できるようになるでしょう。

メールの開封率やURLのクリック率などを分析できる

4. ツールの連携によってマーケティング活動を効率化

連絡先管理ツールや付属のカスタマーデータプラットフォーム(CDP)と連携すれば、MMCに付随するLP制作ツールで制作したランディングページやフォームへの顧客情報の差し込みや、メール本文に名前や会社名などのデータを反映できます。

またCDPの機能を利用することで、ドラッグ&ドロップで条件付きのステップメールやマーケティングオートメーションを実現できます。

見込み客や既存顧客へのアプローチを自動化して、マーケティング活動を効率化できます。

見込み客や既存顧客へのアプローチを自動化

資料請求リストに追加する 

 Eメール配信サービスのデメリット2つ

1. 導入企業数が不明

公式ホームページでは、導入企業数が公表されていません。

実績を重視する場合、問い合わせをする必要があります。

2. 利用している企業の口コミがない

公式ホームページでは、サービスを利用している企業の口コミが見つかりません。

ユーザー目線の客観的な使い心地を把握しにくい点がデメリットです。

 Eメール配信サービスの料金プラン

 Eメール配信サービスの料金プランについては、問い合わせが必要となります。

競合サービスとの料金比較

競合サービスには、高速かつ到達率の高いメール配信が特徴の「アララ メッセージ」や、導入社数1,900社以上の「WiLL Mail」などがあります。

詳細は問い合わせをしてみると良いでしょう。

  Eメール配信
サービス
アララ メッセージ WiLL Mail
月額費用 問い合わせ 7,000円
(税表示なし)~
4,400円(税込)~

 

資料請求リストに追加する 

 Eメール配信サービスを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・メール業務を効率化したい会社

顧客に応じたテンプレートメールを作成可能です。

配信業務を効率化したい方におすすめできます。

・顧客データをExcelで管理している会社

Excelの顧客データを連絡先ツールにアップロードして、顧客に応じたメッセージを配信できます。

顧客データをExcelで管理している会社でも利用を検討しやすいです。

資料請求リストに追加する 

向いていない企業

・問い合わせの手間を省きたい会社

利用する機能やメールの配信上限に応じて料金が変動するので、詳細については問い合わせが必要です。

問い合わせの手間を省きたい場合は面倒に感じるかもしれません。

 まとめ

Eメール配信サービスは、専門知識なしでHTMLメールを送信できるメール配信ソフトです。

カスタマーデータプラットフォームと連携すれば、条件に応じてメールを配信できます。

マーケティング活動を効率化したい方におすすめです。

資料請求リストに追加する

 

画像出典元:「Eメール配信サービス」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

メール配信システムの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】メール配信システム選びのお役立ち資料
メール配信システム
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ