CRMについて

【最新比較】おすすめCRM(顧客管理システム)33選

記事更新日: 2022/09/27

執筆: 挾間章子

CRMとは、顧客関係管理の略で、営業やマーケティングに必要な顧客に関する様々なデータを一元管理できるシステムのことを指します。

CRMは、種類が豊富で、関連するSFA・MAツールとの住み分けがあいまいなツールも多く、導入前に用途と機能を十分に検討することがポイントです。

この記事では、CRMに詳しい専門家への取材を元に、おすすめのCRMシステムの比較、選び方、メリット・デメリットを徹底解説していきます。

SaaS利用経験豊富な専門家に徹底取材!

今回起業LOGでは、これまで数多くのSaaS利用経験を持つ株式会社サイトビジット代表の鬼頭 政人さん、BtoBマーケティングの専門家である株式会社才流代表の栗原康太さんに取材を敢行しました。

CRMを選ぶ際のポイントや、おすすめシステムについて、専門家の視点を踏まえて解説していきます。

この記事に登場する専門家

freeeサイン株式会社 代表取締役

鬼頭政人

2007年石井法律事務所入所。

弁護士として企業に関わる中、より経営や財務面にも携わる機会を求めて2010年株式会社産業革新機構(現、株式会社INCJ)入社。

在籍期間中は、大型企業再編やベンチャー投資、ベンチャーキャピタルへのLP投資などを担当する。

ベンチャー投資やベンチャーキャピタル投資をしているうち、同年代のベンチャー起業家に憧れを持つようになり、「自分もやりたい」と思い起業を志す。

2013年12月に資格試験対策をオンラインで提供する「資格スクエア」を創業、その後、ワンストップ電子契約サービス「freeeサイン(旧:NINJA SIGN by freee)」も創業し、現在に至る。

取材実績

受かってからを意識した資格勉強「資格スクエア」創業者鬼頭政人さんに聞く」(20年7月、東大新聞オンライン)

独学で司法試験に合格した経験を生かし、法律に関わる全ての人をテクノロジーで支援」(20年5月、マイナビエージェント)

『差別化戦略は考えない、顧客の声を鵜呑みにしない』リーガルテック市場のオピニオンリーダーを目指すサイトビジット」(20年2月、FastGrow)

書籍

東大合格者が実践している 絶対飽きない勉強法」(17年9月出版、大和書房)

資格試験に『忙しくても受かる人』と『いつも落ちる人』の勉強法」(16年9月出版、大和書房)
 など

> 続きを見る

BtoBマーケター/株式会社才流 代表取締役

栗原康太

1988年生まれ、東京大学文学部行動文化学科社会心理学専修課程卒業。

2011年に株式会社ガイアックスに入社し、BtoBマーケティング支援事業を立ち上げ。事業部長、経営会議メンバーを歴任。

2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げ、経営者・事業責任者の想いの実現を加速させる株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。アドテック東京などのカンファレンスでの登壇、宣伝会議・広報会議など主要業界紙での執筆、取材実績多数。

取材実績

注目SaaS企業のマーケ戦略を音声で学ぶ!才流栗原さん×SmartHR岡本さん対談」(20年7月、MarkeZine)

Withコロナ時代の最優先事項はコンテンツの充実 SmartHR岡本さんに才流栗原さんが訊く/第二弾」(20年6月、MarkeZine)

> 続きを見る

このページの目次

CRMとは?

CRMとは、「Customer Relationship Management 」の略で、顧客関係管理という意味で、顧客との継続した良好関係を維持するために必要な様々なデータを一元管理するシステムのことです。

CRMの機能

CRMシステムの機能の基本は、大まかに以下のようなものがあります。

  • 顧客管理機能
  • メール配信機能(キャンペーン管理)
  • 問合せ管理機能
  • 分析・レポート

 

CRMとSFA/MAの関係

図のように、リード(見込み客)の獲得から営業活動を経て、システム上に蓄積された顧客情報を管理し、さらに追加の購買を促したり、適切な情報やサービスを提供したりするのに役立つのがCRMです。

但し、多くのツールがCRMの機能だけを提供している訳ではなく、CRMとSFAが合わさったもの、CRMとMAが合わさったものなど、様々なタイプがあります


MA/SFA/CRM業務フロー

特におすすめCRM全17ツール料金・機能比較表


※赤字=最安値、青字=最高値、△=あまり充実していない、もしくは拡張機能などを利用することで可

料金に関しては、初期費用は設定がないツールが多く、月額料金は無料のものから10万円以上と幅があります。

機能面に関しては、SalesforceやZohoのようにCRM/SFA/MAオールラウンダーのもの、ネクストSFAのようにSFAが強いもの、Synergy!のようにCRMに特化しているものなど、特色が出ています。

詳しい選定ポイントは、下の章でご紹介しますが、

  • CRMを初めて導入する企業:完全無料プランがあるもの、無料お試しができるもの
  • 営業部門がメインで利用する企業:商談管理、行動管理、タスク管理があるもの
  • リモートワークが中心の企業:行動管理、タスク管理、承認機能があるもの
  • BtoCの企業:プロモーション管理機能があるもの
  • 中小企業向け:低コストでCRMの基本機能が備わっているもの
  • 大企業向け:CRM/SFA/MAの機能がまんべんなく利用できるもの

を選ぶと良いでしょう。

まず最初に検討したい定番のCRM5選

1. CRMと言えばこれ!世界No.1シェア『Salesforce Sales Cloud』






画像出展元:「Salesforce Sales Cloud」公式HP

 

Salesforce Sales Cloudの特徴

Salesforceは世界で15万社以上が導入、CRMにおいては世界でNO.1シェアを誇ります。

CRMの中でも特にSFA(営業支援)との連携を得意としているシステムで、顧客を発掘・管理するだけでなく、集めた顧客を売上につなげるための営業支援にも注力しています。

但し、ある程度Salesforceの知識や経験を持っていてITに詳しい経験者がいないと、運用に時間がかかってしまう可能性があります

株式会社
サイトビジット
代表取締役
鬼頭政人

Salesforceは、初めの構築と運用をしっかりと行えば、とても素晴らしい導入効果につながると思います。弊社で一番利用している機能はデータ分析で、商談データを入力し、今月の成果予測や個人別の成績を自動集計させ、レポートとして抽出しています。ただしSalesforceエンジニアという言葉があるくらいなので、使いこなす上で社内にデータを構築できる人がいることは必須です。

 

Salesforce Sales Cloudの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/30日間 クラウド型
(アプリあり)
電話・メール・FAQ・
有料サポートあり

 

Salesforce Sales Cloudの料金プラン

  Essentials Professional Enterprise Unlimited
月額費用 3,000円/ユーザー 9,000円/ユーザー 18,000円/ユーザー 36,000円/ユーザー

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT/インターネット/通信業

501〜1000人

 

Salesforceに知見がある人がいないなら導入すべきではない

なかなか営業がデータを入力してくれない、入力してくれないのでデータの分析ができないなどの問題が多発しがちです。アドミン業務を行う私たちがその点を改善している状態なので、Salesforceに知見がある人がいないと導入するのは厳しいのではないかと思います。

建設業

 

101〜250人

 

顧客管理の重複チェック機能が便利

顧客管理の重複チェックは他営業とかぶっていたりすることがすぐわかるので便利です。また、セールスフォース経由のメールであれば、開封したかどうかががわかるので、フォローがしやすくなりました。


Salesforce Sales Cloudの口コミをもっと見る

 

Salesforce Sales Cloud 含むCRMの資料を一括DL

 

 

2. 少人数なら無料で使える『Zoho CRM』



画像出展元:「Zoho CRM」公式HP

 
 
 

Zoho CRMの特徴

Zoho CRMは、世界250,000社以上が導入している初期費用無料・無料プランなら永久0円で導入できるクラウド型CRMシステムで、低価格でリッチな機能が利用できると人気が高いです。

CRMとSFAの両機能が搭載されており、細かい顧客管理項目の設定、ステージ管理、タスク管理などを駆使し、営業商談化率や営業一人当たりの売上の向上に役立ちます。

但し、無料プランの場合は、サポートが英語対応しか利用できないなどサポート体制は比較的簡素です。

Zoho CRMの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
◎/15日間 クラウド型
(アプリあり)
オンライン
サポート

 

Zoho CRMの料金プラン

  スタンダード プロフェッショナル エンタープライズ アルティメット
月額費用(税抜き) 1,680円/ユーザー 2,760円/ユーザー 4,800円/ユーザー 6,240円/ユーザー


15日間の無料お試し期間が設けられていますので、使い勝手を確認してから導入できます。

*上記費用は、年間契約プランになります。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT業

31〜50人

 

登録することが仕事になってしまい不便

カスタマイズ性は高いとされていますが、複雑なうえ登録や更新の手間が多く、項目の連動性が低いです。月の案件進捗などは結局エクセルで行っていました。

製造

51〜100人

 

操作そのものが直感的でオススメ

他のツールも使用した経験がありますが、それと比べると操作そのものが直感的だったのでおすすめです。レポートの作成も覚えてしまえば進捗管理などに便利ですので、是非活用してもらえればと思います。


Zoho CRMの口コミをもっと見る

 Zoho CRM 含むCRMの資料を一括DL

 

 

3. SFA機能がメインで充実『Senses』


画像出典元:「Senses」公式HP

Sensesの特徴

Sensesは、営業案件がカードごとに整理されていたり、営業先のデータを簡単に取得できたり、営業活動を行う上で効果的な機能が揃っています。

導入後すぐに利用できる上に、操作が簡単で使いやすいため、98%という高い利用継続率を誇ります。

企業の課題に合わせて便利機能を選択し料金プランを決められるため、他社システムよりも比較的に導入ハードルが低いでしょう。

但し、SFA機能が強く、CRM機能としては顧客情報管理機能の部分のみで、メール配信や問合せ管理は別システムと連携させる必要があります。

株式会社才流 代表取締役
栗原康太

Sensesは安価でコスパが高いSFAツールで、他社だと1アカウントあたり月額2万円程度かかるような機能が月5千円~1万円程度で導入できます。使える機能としておすすめは、カンバン形式のダッシュボードとネクストアクション管理機能で、商談のログを登録するとポップアップが自動で表示され、ネクストアクションを管理することができ、受注率アップにつながり良いと思います。

 

Sensesの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/〇 クラウド型
(アプリあり)
チャット・メール

 

Sensesの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 25,000円~(5ユーザー含む)

 

実際に利用したユーザーの口コミ

コンサルティング

101〜250人

 

社員数が増えると料金負担が増していく

利用する社員数が増える度に、1人当たり料金が1万5000円追加されることが不便。

IT

251〜500人

 

効率的に営業活動できた

取引先が現在どのような事業に力を入れようとしているかなどを、ツール内で調べられて情報量も豊富だったので、より取引先に対して効果のある営業活動を行えるようになってありがたかったです。


Sensesの口コミをもっと見る

 

 

4. 定着率99%の国産SFA/CRMツール『GENIEE SFA/CRM(旧ちきゅう)』


画像出典元:「GENIEE SFA/CRM」公式HP

GENIEE SFA/CRMの特徴

GENIEE SFA/CRMは、どんな年齢層の従業員にも使われるシステムを目指して、とにかくUI/UXはシンプルに、直観的に使用できる設計になっています。

必要な機能は豊富に搭載されているものの、比較的リーズナブルな価格から導入可能なため、特に中小企業やスタートアップの企業に定着しています。

一方で、シンプルな機能性とSFA要素が強いため、CRMとしての配信機能や問合せ管理などは外部システムとの連携が必須です

GENIEE SFA/CRMの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/15日間 クラウド型
(アプリあり)
ヘルプサイト・
チャット・メール



GENIEE SFA/CRMの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
非公開 1,480円(10ユーザー)〜

 

実際に利用したユーザーの口コミ

 

1人

 

複数企業の営業活動の進捗が把握できる

取引先ごとに1ヶ月あたりで営業活動を行った時間数などその時気になった情報を、5分以内にグラフで見られたので営業活動の方針を決めやすくなり、ありがたかったです。


GENIEE SFA/CRMの口コミをもっと見る

 

 

5.世界1,000社の営業組織が選んだ『Oracle Sales Cloud』


画像出典元:「Oracle Sales Cloud」公式HP

Oracle Sales Cloudの特徴

従来の顧客管理機能にテリトリー分析機能と売上予測機能を組み込んだクラウド型営業支援ツールです。

顧客情報の増加に伴い営業が複雑化して、営業方針に悩んでいる企業におすすめ。情報の蓄積に加え、顧客ニーズの予測も可能なツールは、顧客中心型の営業を進めるうえで重宝することまちがいなしです。

Oracle Sales Cloudの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
要問合せ クラウド型

 

Oracle Sales Cloudの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
非公開 非公開 要問合わせ

 

実際に利用したユーザーの口コミ

メーカー

1001人以上

 

ユーザー数が多ければ多いほど、保守管理が複雑化する

上司や管理者、ユーザーなど役職によって操作できる権限が設定できるので、承認が必要な過程があった場合、即座に対応できないことがあります。またユーザー数も多ければ多いほど、保守管理が複雑化するのでIT管理者との連携が必要になることもあります。


Oracle Sales Cloudの口コミをもっと見る

 

 

完全無料プランがあるCRM

1. オールインワン型マーケティングツール『Hubspot』


画像出典元:「HubSpot」公式HP

HubSpotの特徴

HubSpotは、オールインワン型のマーケティングツールで、サイト構築(CMS)・MA・SFA・CRMの機能が搭載されており、一気通貫でデータを連携させることができるシステムです。

顧客からの問い合わせチャットやメールなどは、コミュニケーション受信トレイにすべて集約され、顧客の属性に最適化されたメールやメッセージを自動配信するなど、キメ細かな顧客の開拓・管理を自動化することができます。

無料プランもあるため、ニーズに合わせた利用が可能なのも魅力です。

HubSpotの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
◎/14日間 クラウド型
(アプリあり)
FAQ・メール・
チャット・電話

 

HubSpotの料金プラン

初期費用 無料プラン 有料プラン(Starterプラン)
無料 無料 5,400円~


HubSpotの料金プランは、機能によっていくつかに分かれていて、無料プランでもCRM/MA/SFAの機能の一部の利用が可能になっています。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

51〜100人

 

UIが最悪であるため、全く活用できていない

とにかくUIが分かりづらいです。コンタクトや取引を作成する度に不要な遷移が発生して、サクサクとは程遠いUIとなっています。自分の担当案件を確認するのにも何度も遷移が必要で、マニュアルをいちいち見ないと操作ができないです。

その他

51〜100人

 

コスト1万円と費用対効果は抜群に良い

元々SFA/CRMとしてSalesforceを利用していましたが、アカウント数の増加に伴ってコスト感が当初想定を大きく超えてしまった為、同程度の機能を持つツールを探していたときに、こちらのツールにたどり着きました。Salesforceに対して、価格は大幅に削減でき、課題自体は解決されました。


HubSpotの口コミをもっと見る

 

 

2. マーケティングが完全無料でできる『Ambassador Relations Tool』


画像出典元:「Ambassador Relations Tool」公式HP

Ambassador Relations Toolの特徴

Ambassador Relations Toolはメール・Web両方のマーケティングに対応しており、同時に顧客の管理を一元化することを強みとしています。

顧客情報はマーケティングに役立つ視点で分析・蓄積可能な他、顧客に今必要な情報をピンポイントで送信可能です。

メールマーケティングに課題を抱えているけれど、MAツールの導入だと機能が多すぎる企業におすすめです。

 

Ambassador Relations Toolの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
◎/✕ クラウド型/
オンプレミス型

 

Ambassador Relations Toolの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 0円~ -

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251〜500人人

 

取引先が多く情報管理を効率的にしたい会社にはおすすめ

同じ業種の複数の取引先の違いを比べにくく、新たな仕事を獲得するための施策が考えにくかったです。施策を立てにくいという点では不便だと感じました。

IT

251〜500人

 

効率的に営業をかける企業を絞り込める

同じ基準で興味の度合いを把握できるので、比較して今後の方針を練りやすくなります。データを分析して、効率的に営業をかける企業を絞り込めるのでありがたかったです。


Ambassador Relations Toolの口コミをもっと見る

 

3. 世界で40,000社の導入実績『Freshsales Suite

画像出典元:「Freshsales Suite」公式HP
 
 

Freshsales Suiteの特徴

Freshsales Suiteは、世界で40,000社の導入実績を誇るクラウド型CRMプラットフォームです。

日本には2019年に本格進出し、現存する様々なCRMツールの中でも、低コスト、使いやすいUI、最短1日で運用できる手軽さが強みです。

1つの製品の中にCRM、SFA、MAの機能がオールインワンで搭載されているので、複数のツールを管理しきれていない、コストがかさんで悩んでいるという企業にもおすすめです!

Freshsales Suiteの料金プラン

Freshsales Suiteの料金プランは以下の通りです。

無料トライアルも用意されているので、初めて利用する企業やお試しで利用したい企業に最適です。

  GROWTH PRO ENTERPRISE
月額料金
(年一括払い)
2,100円 5,300円 9,400円
月額料金
(月払い)
2,500円 6,400円 11,300円

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

 

251〜500人

 

連携できるアプリも幅広い

リーズナブルな価格で利用できて、連携できるアプリの種類も幅広くて、よりそれぞれの会社に適した営業活動を始められるようになるので、おすすめできると思います。


Freshsales Suiteの口コミをもっと見る

 

 

4. 顧客管理機能以外の機能も搭載!『monday.com』


画像出典元:「monday.com」公式HP

 

monday.comの特徴

monday.com(マンデードットコム)は、顧客管理が搭載されていますが、それ以外にも、プロジェクト管理やタスク管理、ナレッジマネジメント、ヘルプデスク、採用管理など、社内のあらゆる業務を一元管理できるプラットフォームです。

一つのシステムで一括管理できるため、他社サービスと比較してコストを抑えることが可能です。

ドライブやWeb会議ツール、SalesforceやHubSpotなど、数多の他サービスとも連携して最適化できます。

monday.comの料金

  個人
(2ユーザーまで)
ベーシック スタンダード プロ エンタープライズ
月額料金
/ユーザー

(年契約)
0円 900円 1,100円 1,800円 要問合せ

 

 

 

CRM以外の機能も利用したい企業におすすめ

1. 自社に合ったビジネスアプリで業務改善『kintone』


画像出典元:「kintone」公式HP

kintoneの特徴

kintoneは、15,000社以上の導入実績をもつ、業務改善プラットフォームで、クラウド上で様々なアプリを連携・実行して情報共有・業務効率の向上を図れるツールです。

業種や職種に合わせたビジネスアプリケーションを作成することができ、簡単な作業のみで顧客関連情報を効率的に管理できるようになりす。

また、Salesforceなどと比較しても価格が手頃なことも魅力の一つです。

但し、簡単に様々な機能のアプリが作れる、API連携が多数可能など便利ではあるもののうまく使いきれないということもあるようです。

kintoneの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/30日間 クラウド型
(アプリ)
メール・電話・
チャット・導入相談カフェなど

 

  • 業務アプリの作成・連携
  • モバイル対応
  • 他システムとの連携

kintoneの料金プラン

初期費用 ライトコース スタンダードコース
なし 780円/月/ユーザー 1,500円/月/ユーザー

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT業界

31〜50人

 

高度なシステムを作ろうとすると急に敷居が高くなる

ナレッジを見て自分で開発してくださいという不親切な感じなので、スキルがないと外注に頼ることになりコストになってしまいます。エクセルより良いけど高度なシステムを作るとなると急に敷居が高くなる印象です。結局外注していたのは前職ではゼロでしたが、小さい会社だと難しいと思います。

ホテル業界

1001人以上

 

慣れれば誰でも使いこなせる便利なサービス

社内システムが複数分かれていたので、同じシステムに統一して業務の効率化を図っています。色々な申請を個別にカスタマイズすることが出来るので、業務の目的に合わせて効率よくワークフローを管理する事が出来ます。社内システムが変更することに戸惑いを最初感じていましたが、使い勝手がよく従業員もおおむね満足しています。


kintoneの口コミをもっと見る

 

 

2. グローバルな導入実績『Zendesk Sell』


画像出典元:「zendesk Sell」公式HP

Zendesk Sellの特徴

Zendesk Sellは、電話の発信、メールの送信、商談のスケジューリング、取引履歴の確認といった営業活動に必要な操作をすべて1か所で行うことができる顧客管理システムです。簡単な操作アクションで、営業活動を大幅に効率化してくれるでしょう。

無料トライアルも利用できるので、導入に踏み込みやすいシステムです。

Zendesk Sellの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/14日間 クラウド型
(アプリあり)
webサイト・
電話・メール

 

Zendesk Sellの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 19ドル~

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251〜500人人

 

クレーム防止になる機能が不足している

顧客に送ったメールが届いているか届いていないか、メールが開封されたのか開封されていないかなどの、細かい状況を把握できる機能が欲しいです。


Zendesk Sellの口コミをもっと見る

 

3. Microsoft製品との連携がしやすい『Microsoft Dynamics 365』





画像出展元:「Microsoft Dynamics 365」公式HP
 
 

Microsoft Dynamics 365の特徴

Office製品とインターフェースが似ているので非常に使いやすく、Office製品を使っているユーザには導入しやすいでしょう。

例えばOutlookで送受信されたメールを顧客活動履歴としてCRM内に反映させることが可能です。また、Dynamics CRM内にある顧客データをExcelに反映させ、リアルタイムに情報を分析し、簡単にレポートを作成できるなど、Office製品との相性は抜群です。

また他のシステムと比較して、日本での導入事例はまだ少ない印象です。

Microsoft Dynamics 365の機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/✕ クラウド型/
オンプレミス型

(アプリあり)

 

Microsoft製品との連携がシームレスなので、「Microsoft Dynamics CRM」を導入した部署と他部署とのデータのやり取りがスムーズでしょう。

Microsoft Dynamics 365の料金プラン

  営業支援 カスタマーサービス フィールドサービス
月額費用 7,070円/ユーザー 5,440円/ユーザー 10,330円/ユーザー

 

実際に利用したユーザーの口コミ

小売

31〜50人

 

顧客の入力の仕方も履歴もわかりにくい。

以前はAS400というシステムを使用していたが、これに比べると、まず顧客情報の入力の仕方が分かりづらく、見づらく、顧客との活動履歴も分かりにくい

小売

251〜500人

 

カスタマーに対して有効な提案ができる

顧客とのやり取りを一元化するカスタマーポータルの作成、メールマーケティングの作成、運用が1つのアプリケーションでできて拡張性が高いのはとても評価できます。


Microsoft Dynamics CRMの口コミをもっと見る

 

 

CRMツールの公式HPにも載っていない、より詳細な料金情報を効率的に集めませんか?

起業LOG独自の取材や口コミ調査などで分かった、公式HPには載っていない料金情報をまとめました。

色々なサイトで詳しい料金情報を調べる手間を省いて、効率的にサービス比較をしませんか?

【無料】独自調査で分かった料金比較表を確認したい方はこちら

 

営業支援(SFA)中心に利用したい企業におすすめ

1. 営業管理に特化したツール『ネクストSFA』


画像出典元:「ネクストSFA」公式HP

ネクストSFAの特徴

ネクストSFAは営業を円滑に行うために必要な機能が充実しており、営業の進捗管理や案件重複などの問題に悩んでいる企業におすすめです。メール自動配信機能や配信結果取得機能など、顧客の育成につながる機能が備わっています。

データ入力を簡易化しつつ、必要なデータにはきちんとアクセスできるよう営業マン目線でデザインされており、非常にユーザビリティの高いツールです。

ネクストSFAの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/14日間 クラウド型
(iOSのみアプリあり)

 

ネクストSFAの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
なし 50,000円~

 

実際に利用したユーザーの口コミ

コンサル

51〜100人

 

BtoBがメインの会社にはオススメ

不便なのは会社のパソコンでしか操作ができないところです。コロナ禍になってからは在宅勤務も発生しているので、在宅勤務中に確認できないのは、今の時代の最大の不便さだと思います。

WEBサービス

51〜100人

 

法人ビジネスがメインの会社にお勧め!

管理本部長目線で利用してみて、とくに法人ビジネスをメインとしている会社にお勧めします。理由は、案件管理状況を取締役や本部長クラスの社員が簡単に閲覧できるため、現状の会社の状況をそれぞれの立場で判断できるからです。


ネクストSFAの口コミをもっと見る

 

2. 必要な機能を選んで使える『Knowledge Suite』


画像出典元:「
Knowledge Suite」公式HP

Knowledge Suiteの特徴

Knowledge Suiteは、SFAやCRMをはじめ、グループウェア・メール配信管理などがオールインワンになったクラウドサービスです。

複数の機能をフル活用するだけでなく、必要な機能のみを選択できるのも嬉しいポイント。

初期費用なしで、最安プランは月額6,000円~と低コストにもかかわらずユーザー数無制限で利用できます。

初期コストやランニングコストをおさえて利用したいという企業には特におすすめです!

Knowledge Suiteの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/✕ クラウド型
(アプリあり)

 

Knowledge Suiteの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
0円 6,000円~

 

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

51〜100人

 

通知機能が弱く作業効率が悪い

「通知機能」が弱いと感じます。アプリの通知機能がなく、ワークフローの申請者への通知機能もありません。これでは作業スピードを落とす要因にもなってくるので、この部分は強く改善を希望します。

金融

51〜100人

 

コストを抑えたい会社におすすめ

イニシャルコストやランニングコストを出来るだけおさえていきたい、という会社にはおすすめしたいです。


Knowledge Suiteの口コミをもっと見る

 

 

マーケティング(MA)中心に利用したい企業におすすめ

1. データマーケティング業界シェアNo.1『b→dash』


画像出典元:「b→dash」公式HP

b→dashの特徴

データマーケティングに必要な機能をフル導入するも良し、自社に必要な機能だけを選んで導入するも良し。導入する上での柔軟性が高いことが魅力。

2019年度グッドデザイン賞受賞したデザイン性の高い操作画面です。

プログラミング知識がなくても自由にデータを処理・加工・活用可能。アルバイトでも使いこなせるとの声もあります。

社内に点在するデータの取込・統合・変換・活用は、全ての工程をGUI(画面操作)のみで完結できます。

 

b→dashの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
要問合せ 300,000円 ×

こちらの資料から詳細をご覧いただけます。

b→dash 含むCRMの資料を一括DL

 

 

2. LINE活用で顧客獲得『MicoCloud』



画像出展元:「MicoCloud」公式HP

MicoCloudの特徴

MicoCloudは、LINEを活用して集客と顧客管理、効果的な情報提供を可能にするシステムです。

セグメント配信やbot対応など多様な機能を活用し、公式アカウントだけでは掴み切れない顧客のニーズを把握します。

また、顧客カルテをMicoCloud上で簡単作成でき、LINE内での回答情報や顧客属性も管理画面に自動反映し可視化します。

属性情報を見ながら最適な顧客フォローが実施でき、顧客獲得率やリピート率の向上に貢献します

セールスフォースや予約システムなどと多様なシステム連携も可能で、活用の幅を広げることができる点も魅力的です。

MicoCloudの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/✕ クラウド型
(アプリあり)

 

  • LINE友達登録で顧客情報を収集
  • LINE内での行動を計測・分析
  • ユーザー属性や志向性をタグ管理
  • 顧客に最適化したコンテンツ配信
  • 流入経路ごとの費用対効果分析

LINEを起点として最短かつ簡単に顧客接点を獲得。
自動化も含めた簡単ツールで管理工数を削減し、顧客情報の一括管理を可能にします。

MicoCloudの料金プラン

月額費用は、別途お見積もりが必要になります。

※詳細は無料資料をご参照ください。

 

実際に利用したユーザーの口コミ

サービス

101〜250人

 

LINEで手軽に集客できる点は便利

LINEで手軽に問い合わせが送信できたことで、その分問い合わせの数が増えて対応に追われてしまうことがありました。ある程度は自動で返信できるように設定できるのですが、返信できない内容は各店舗に問い合わせて頂く設定になっていたのがまずかったようです。他の仕事ができないくらい問い合わせだけに時間が取られてしまい、非常に不便でした。

IT

251〜500人

 

LINEを使った情報発信に有効

登録者の方々の特性に合わせて分析を行うことができた点です。登録者数の伸びを分析したかった際に、全体で分析できたのはもちろん、性別や特定の記事に目を通しているかなど明確な基準で付与したタグで絞って分析できました。


MicoCloudの口コミをもっと見る

 

MicoCloud 含むCRMの資料を一括DL

 

 

3. 見込み客育成に強み!『クラウドサービスサスケ』


画像出展元:「クラウドサービスサスケ
」公式HP

クラウドサービスサスケの特徴

クラウドサービスサスケは見込み客育成に特化したインサイドセールスと同時に、アウトバウンド営業にも最適なCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)ツール。

営業支援(SFA)とマーケティングオートメーション(MA)との統合、かつリードデータの一元管理機能により、営業とマーケティングの効果的な連携が強みです。

1,000社以上のツール導入実績、98.9%の継続率、アワード受賞などその実績は確固たるものといえます。

料金は高めですが、インサイドセールス担当者の声から生まれた90以上の優秀な機能が詰まっています。

クラウドサービスサスケの料金プラン

契約は年間契約となります。

初期費用 200,000円
月額費用 基本料金 50,000円〜

月額(最小契約)合計
55,000円

アカウント料金 1,000円/1アカウント
(最小契約5アカウント)
顧客登録件数

10,000件まで:0円
20,000件まで:+5,000円
30,000件まで:+10,000円
40,000件まで:+15,000円
以降10,000件ごとに:
+5,000円

※全て税別価格

その他、豊富なオプション機能やツールが用意されています。

 

 

4. KPI・利益の構造を可視化できる分析サービス『CRM ANALYZER』

画像出展元:「CRM ANALYZER」公式HP

CRM ANALYZERの特徴

CRM ANALYZERは、CRM分析サービスでありながら、分析結果をもとにダイレクトマーケティングまでワンストップで対応してもらえるのが魅力です。

DM送付などのダイレクトマーケティング実施後、効果検証までを支援。次の施策でさらに高い効果につながる、継続利用により収益改善を見込めるサービスです。

顧客のデータをもとに、経験や感覚に頼ることなくダイレクトマーケティングを行いたい企業にはぜひおすすめです。

CRM ANALYZERの料金プラン

詳細は直接お問い合わせください。

シンプルにCRMを利用したい企業におすすめ

1. 少人数企業向けSalesforce『Salesforce Essentials』

画像出典元:「Salesforce Essentials」公式HP
 
 

Salesforce Essentialsの特徴

Salesforce Essentialsは、最大5名までの少人数企業に特化した顧客管理システムです。

低価格な料金でありながら、営業支援のSales Cloudと顧客サポート支援のService Cloudの両機能の利用が可能です。

Salesforce Essentialsの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/14日間 クラウド型
(アプリあり)

 

Salesforce Essentialsの料金プラン

  Sales Cloud Essentials Service Cloud Essentials アップグレードする場合
月額費用 3,000円/ユーザー 3,000円/ユーザー 9,000円/ユーザー

※詳細は無料資料をご参照ください。

実際に利用したユーザーの口コミ

その他

11〜30人

 

突然英語表記になり困る

英語の設定でなくてもなぜか急に英語が出てきてしまう点が不便

IT

1001人以上

 

従業員に外国人が多い会社には、特におすすめ

世界拠点で一意のIDがふられているので、権限があれば他拠点の案件も見られました。営業会議の際に、ダッシュボードで成績や案件のオープンクローズの管理を行っていました。


Salesforce Essentialsの口コミをもっと見る

 

Salesforce Essentials 含むCRMの資料を一括DL

 

関連記事

Salesforce Essentialsの特徴と料金を徹底解説!SFAの比較も徹底解説!

この記事ではSalesforce Essentialsの特徴・料金や価格などをご紹介し、他のSFAシステムの比較も徹底解説していきます!

 

2. 必要な機能だけを厳選『Synergy!

画像出典元:「Synergy!」公式HP

Synergy!の特徴

Synergy!は、本当に必要な機能だけを厳選した成果を出しやすいCRMツールです。データベースに情報を格納すると顧客の氏名・住所・連絡先をはじめ、購買履歴やクーポン利用状況などまで確認できます。

ウェブ上で公開できるアンケートの作成・分析も簡単なため、CRMの基盤である顧客データの収集・管理に強いと言えます。

注意すべき点は、最低利用期間が6ヶ月と、すぐに解約できない点。テスト利用ができるので、事前に試してみると安心して導入できるでしょう。

Synergy!の料金

【基本機能】
・初期費用118,000円(税込129,800円)
・月額15,000円(税込16,500円)~

【追加機能】

メール配信 アンケート LINEへの配信 Webパーツ

・月額10,000円~
(税込11,000円~

・初期費用30,000円
(税込33,000円)

・月額15,000円~
(税込16,500円~)

・初期費用30,000円
(税込33,000円)

・月額0円~

・初期費用30,000円
(税込33,000円)

・月額10,000円~
(税込11,000円~)

・初期費用30,000円
(税込33,000円)

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251〜500人

 

選択式など簡単な手順でアンケートを作成して調査できる

答えやすい形式のアンケートをスムーズに作成できて、100人以上など大人数の方たちに一斉に送信してその日のうちに答えを得られたので、ありがたかったです。


Synergy!の口コミをもっと見る

 

Synergy! を含むCRMの資料を一括DL

 

 

3. 企業と顧客の双方向コミュニケーションを実現『WEBCAS』


画像出典元:「WEBCAS」公式HP

WEBCASの特徴

WEBCASは、6,000社以上がすでに導入しており、経験・実績が豊富な点も魅力。あらゆる企業の要望に対応する柔軟性に定評があります。

また、顧客がサイトでの会員登録やメルマガ登録をするだけで、自動的にデータベースに情報を反映でき、企業側で顧客データを移行させる手間が省けます。顧客が登録内容を変更した際も同様に、自動的に反映。データベース上の顧客情報は、常に最新の状態を保てます。

WEBCASの機能

無料プラン/
無料トライアル
CRM機能 SFA/
MA機能
運用形態 モバイル対応 サポート体制
✕/〇 クラウド型

 

WEBCASの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
110,000円 25,000円 応相談

 

実際に利用したユーザーの口コミ

小売

51〜100人

 

操作性も良く仕事の幅が広がった

会員登録された情報を自動で蓄積できること、アンケートフォームが回答数無制限であるところ、操作性が非常によいところなど利用していてできることが一気に多くなって、仕事の幅が広がりました。


WEBCASの口コミをもっと見る

 

 

4. ユーザー多数なら月額が安い『Visionary』


画像出典元:「Visionary」公式HP

Visionaryの特徴

Visionaryは導入実績200社以上で、最近注目され始めているCRM。使いやすさにこだわったシステムで、ストレスなくマーケティングのPDCAを回せます。

また、実店舗だけでなくECサイトや独自の顧客管理システムなど、あらゆる場所に点在する顧客情報を集約。「Visionary」内で一元管理することで、情報の更新漏れや入力の重複を防ぎます。

Visionaryの料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
10万円〜 10万円(10万人まで)〜 なし

 

実際に利用したユーザーの口コミ

小売

251〜500人

 

現場の販売に役立つ

単に在庫の稼働を見る、顧客の動きを見るという視点だけではなく、全店の状況も把握できます。地域的な動きや所属店舗の得意な点など傾向が読み取りやすく、現場の販売に役立つと思うためです。


Visionaryの口コミをもっと見る

 

 

その他のおすすめCRM

1. シンプルな料金体系で導入しやすい!『Falcon DB』


画像出典元:「Falcon DB」公式HP

特徴

「Falcon DB」は求人管理や選考状況、売上管理など、情報把握にかかる業務負荷を軽減できる人材紹介業者のための管理システムです。

日本全国のDX事業の成功をミッションとする、アルサーガパートナーズ株式会社が提供するシステムで、ITシステムの開発に必要な機能を備えています。

基本情報と会社情報の登録の最短2ステップで導入が可能で、アカウントを作成すれば即時に利用開始でき、導入ハードルが低いのも魅力です。

料金プラン

有料プランは1種類で、シンプルな料金体系です。
ユーザーアカウントを追加するごとに10,000円(税別)の費用が加算されます。

・初期費用:0円
・月額費用:10,000円(税別)/ID

今なら、ユーザーアカウント登録で1か月、クレジットカード登録で1か月、最大2カ月無料となるキャンペーンを実施中です。
無料トライアルもあるので、使用感を試してから導入できます。

※詳細につきましては、以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

FalconDB 含むCRMの資料を一括DL

 

 

2. プラットフォーム1つに集約できる『ベネワン・プラットフォーム』


画像出典元:「ベネワン・プラットフォーム」公式HP

特徴

「ベネワン・プラットフォーム」は、タレントマネジメント・福利厚生・従業員の健康管理を1つのプラットフォームに集約できるサービスです。

従業員調査機能も搭載。人事・評価・健康など社員のデータを一元管理することで、分散する情報管理のリスクを軽減し、セキュリティ強化も叶います。

福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」利用企業は無料で使用できますが、エンゲージメントや離職度の感度まで把握したい場合は1人あたり月額200円(税別)の追加料金が発生します。

料金プラン

福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」に加入した場合は無料で利用できます。

【初期設定費用: ~50万円】
初期設定をサポート会社にて代行する場合に発生します。

ベネフィット・ステーション料金詳細

プラン名 学トクプラン 得々プラン
月額料金 1,200円 / 月 / 人
(税込1,320円 / 月 / 人)
1,000円 / 月 / 人
(税込1,100円 / 月 / 人)
機能
  • 福利厚生支援
  • 健康支援
  • 教育・研修支援
  • 利用促進
  • 福利厚生支援
  • 健康支援
  • 利用促進

 

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

251〜500人

 

人事評価だけでなく働きやすい仕組みを整えたい会社におすすめ

人事評価だけでなく社員たちが働きやすい仕組みを整えたい会社、導入するツール数が多くなると管理が面倒になりそうでためらっている会社などにおすすめです。


ベネワン・プラットフォーム の口コミをもっと見る

 

ベネワン・プラットフォーム 含むCRMの資料を一括DL

 

 

3. 人材紹介に特化したマッチングCRM!『PORTERS Agent』

画像出典元:「PORTERS Agent」

特徴

「PORTERS Agent」は、マッチングのスピードと質を改善できる人材紹介に特化したマッチングCRMです。

ExcelライクなUIなので操作も容易です。求人媒体や自社サイト、システムとのAPI連携によって情報の一元管理もでき、生産性の向上も期待できます。

ベンチャー企業から大企業まで幅広く導入されており、PORTERS全体での導入実績は2,000社超。

業務フローの標準化で生産性を上げたい企業や、KPIを可視化して事業拡大したい企業におすすめです。

料金プラン

月額利用料は、登録された人数によって変動します。

基本的な機能はすべて基本料金で利用可能です。

初期費用 100,000円
月額利用料(1ユーザー当たり) 15,000円
(11 ID以降7,500円)

※有料・無料の便利なオプションが多数用意されているため、詳細は以下の資料をダウンロードしてご確認ください。

PORTERS Agent 含むCRMの資料を一括DL

 

 

4. 人材派遣業務で利用するなら『CastingONE Lite』


画像出典元:「CastingONE Lite」公式HP

特徴

「CastingONE Lite」は人材派遣業の売上・利益の最大化にコミットしてくれるクラウド型の派遣支援サービスですが、CRMとしても有効活用できます

既に人材派遣システムを利用中の企業でも併用して使えることが魅力です。

LINE公式アカウントとの連携で登録派遣スタッフの離脱率を下げたり、ステップ配信で未稼働(未就業)の登録派遣スタッフを効率よく確保するなど、人材派遣業の企業活動をサポートする機能が充実しています。

導入時の対応は代行サポートがあるので、安心です。人材派遣業務に特化したCRMを導入したいという企業にとくにおすすめです!

料金プラン

料金プランについてはお問い合わせをする必要があります。

サービスの詳細については下記資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

CastingONE Lite 含むCRMの資料を一括DL

 

 

5. ヘルススコア管理ならこちら『KiZUKAI』


画像出典元:「KiZUKAI」公式HP

特徴

「KiZUKAI(キヅカイ)」は、顧客体験を管理し、収益につなげる施策運用を実現します。

社内にある顧客データを連携するだけで、自動ターゲティング/施策の管理/LTVへの効果測定など、データドリブンなCS/CRM運用を支援。

また、AIによるスコアリングやレコメンド機能も搭載されており、予測的なアクションやレコメンドされたコミュニケーションの実行も可能です。

グローバルでは標準化されつつある、Rev Ops(レベニューオペレーションズ)の概念を国内初で取り入れ、顧客の体験価値を高めながら、自社のレベニューへの影響を確認できる、次世代型CXM(顧客体験管理)ツールといえます。

料金プラン

自社のビジネス規模に合わせた料金プランを提案してもらえます。

サービスの詳細については以下の資料を無料ダウンロードしてご確認ください。

KiZUKAI 含むCRMの資料を一括DL

 

 

6. 基幹系・情報系システムが同一基盤で連携できる『SMILE V』


画像出典元:「SMILE V」公式HP

特徴

「SMILE V」は基幹系システムと情報系システムを統合し、幅広い企業に対応するオフィス業務効率化システムです。

独自のシステム構築、定型業務の自動化など、オフィス業務の簡略化が実現できます。自社機能に柔軟に対応できるシステムを探している企業にはおすすめのシステムといえるでしょう。

実際に利用したユーザーの口コミ

IT

501〜1000人

 

クラウドシステムではないのでリモート下では不便

クラウドシステムではないため(一部クラウド提供している製品もあります)、社内LANに接続した状態でないと使えない

小売

51〜100人

 

物流の多い商社などにオススメ

大量に仕入して大量に出荷するような会社はおすすめだと思います。商品コードで商品も複数種類管理出来るので、在庫管理に役立ちます。在庫表や棚卸の管理も出来るので、物量の多い商社におすすめです。


SMILE Vの口コミをもっと見る

 

7. 全体戦略をトータルサポート!DM改善+顧客管理なら『Fumi』


画像出典元:「Fumi」公式HP

 

特徴

「Fumi」は、DMの印刷・発送代行だけでなく、全体戦略と企画・制作、効果検証のサイクルを回すことで顧客とのコミュニケーションを改善し、LTVを最大化してくれるサービスで、効果的な顧客管理を可能にします。

強みは、プロモーション効果の高いクリエイティブの数々。

日本郵便株式会社主催の全日本DM大賞のグランプリを連続受賞の実績が裏付けています。

DMにより顧客の来店・購買促進を図り収益UPにつなげたい、ターゲットの絞り込みを効率的におこないたい企業におすすめです。

料金プラン

「Fumi」は、DM発送だけでなく、戦略・企画立案から制作、発送までに対応するサービスです。

そのため、企業ごとに料金が異なるため個別に見積もりが必要です。

 

8. 問い合わせ対応の効率化をサポート『desknet's CAMS(デスクネッツ キャムス)』


画像出典元:「desknet's CAMS」公式HP

特徴

desknet's CAMSは問い合わせ対応の効率化をサポートするwebベースの顧客対応システムです。

メールや電話での問い合わせへの対応内容を共有するだけではなく、データを蓄積することで顧客満足度のアップも図れます。

問い合わせ対応のミスを防ぐだけでなく、業務効率改善にも活用できるサービスです。

料金プラン

ユーザー数 基本ライセンス価格(税抜き) 追加ライセンス価格(税抜き)
5 ¥150,000 ¥50,000
10 ¥200,000 ¥100,000
20 ¥300,000 ¥200,000
30 ¥400,000 ¥300,000
50 ¥600,000 ¥500,000
100 ¥1,100,000 ¥1,000,000
無制限 要問い合わせ 要問い合わせ

 

実際に利用したユーザーの口コミ

学校事務

1001人以上

 

操作が苦手な人でもわかりやすい

掲示案内を作成する際、ファイル添付などもできて便利でした。また編集もしやすく、掲示期間の設定など簡単で個人的には使いやすかったです。


desknet's CAMSの口コミをもっと見る

 

 

9. 販売管理の効率化を図るなら『楽楽販売』(旧:働くDB)


画像出典元:「楽楽販売」公式HP

特徴

「楽楽販売」は顧客情報・社員情報・勤怠等を数多く管理する必要のある企業におすすめのシステムです。管理を楽にしたい企業にはうってつけ。

他システムで既にデータベース管理を行っている場合は、これまでの貴重なデータも無駄なく活用できます。

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
150,000円 60,000円~

 

実際に利用したユーザーの口コミ

小売

51〜100人

 

問い合わせが多い会社にはおすすめ

絞り込みしたいくつかのデータがExcelへ出力できないところには不便さを感じました。1データであれば何とかほかの方法で出力できるものの、複数のデータとなった場合には出力できません。これが作業上ネックになってくるので、改善を強く希望します。

メーカー

11〜30人

 

業務上の利便性は大変良い

自動処理があって簡単なバッチみたいなものが作れる点は便利です。また、アクセスの組み込みマクロなどをプルダウンで作る際にも便利です。深夜にメールで特定情報の一覧を送ることができたので、業務上の利便性は抜群だと思います。


楽楽販売(旧:働くDB)の口コミをもっと見る

 

 

10. 世界で30,000以上の企業が使っている『Intercom』

画像出典元:「Intercom」公式HP

 
 

特徴

「Intercom」は顧客とのコミュニケーションをスムーズにし、その後の顧客管理もしやすくなる機能が充実したシステムです。

しかし、英語での説明が非常に多いので、英語が苦手な方は使いづらいでしょう。

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
要問合せ 要問合せ

 

 

11. 通販サイトにおすすめ『グロースハックLTV』


画像出典元:「グロースハックLTV」公式HP

特徴

通販サイトなどの売り上げが伸び悩んでいる会社にはおすすめです。ツールの提供だけでなく、専任のコンサルタントによる課題発見や改善策の提案が受けられます。

ツールの使い方自体も簡単なので、自社の状況を視覚的に把握することができます。これからECサイトを始めようとしている会社でも大きな効果を発揮するでしょう。

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し
300,000円 80,000円~ 要問合せ

 

 

CRMの無料プランは本当に使えるのか?!

CRMの中には、無料プランを用意しているツールもあります。

果たして無料プランは本当に使えるのでしょうか?!

上の表は、今回ご紹介したツールの中で無料プランのあるツールのプラン内容です。

それぞれのツールの特性によって内容は異なりますが、4ツールとも、CRMの基本である顧客管理はできると考えて良いでしょう。

Hubspotは、顧客管理、タスク管理、案件管理、メール送信、ダッシュボードなど、比較的多機能が利用できます。

FreshsalesとAmbassadorは、顧客管理とメール・アンケート送信というシンプルなCRM機能、monday.comは、人数制限ありで顧客情報やプロジェクト管理ができるボードを利用できます。

CRMの無料プランは本当に使えるかの答えは、利用用途によりますが、顧客管理・メール送信程度であれば使える、より多機能を求めるのであれば無料お試し利用できる有料プランを選択するのがベストでしょう。

CRMを選ぶ際の5つのポイント

実際にシステムを選ぶ際には、大枠のポイントを5つチェックしていきましょう。

  • 価格:有料プラン、無料プラン(無料お試しがあるか)
  • 機能:CRMだけできれば良い、他の機能も欲しい(SFA、MAなど)
  • 運用形態:クラウド型、オンプレミス型
  • 対応デバイス:PC、タブレット、スマホなど
  • サポート体制

 

1.無料プラン・有料プランどちらにする?

CRMの料金プランは、今回ご紹介するシステムを例にとると、初期費用・月額料金共に無料、初期費用は無料・月額料金は有料、初期費用だけでも10万円を超え月額料金も数万円するものまで様々です。

上の章でもご紹介しましたが、無料プランは基本的な顧客情報管理とメール送信程度の機能になるため、より多くの機能を求めるのであれば、無料お試しのある有料プランを選ぶと良いでしょう。

2.CRM以外の機能は何か必要か


CRM機能比較表

CRMを導入することで実現したいこと、解消したい問題を明確にし、必要な機能を搭載したCRMを選びましょう。

上記の表のように、システムによってCRM機能がメインのもの、営業支援システム(SFA※)やマーケティング自動化(MA)などの他の機能との連携ができるものなど多くの種類があります。

顧客情報を元に、営業戦略を立てたい、メールマーケティングを行いたいなど企業のニーズによっては、SFAやMA機能を兼ね備えたシステムを選ぶ方が良いでしょう。

※SFAについての詳細は以下記事でご確認頂けます。

 

3.運用形態はクラウド型・オンプレミス型?

運用形態には、クラウド型・オンプレミス型と大きく分けると2種類あります。

どこからでもアクセスできるクラウド型の方が、リモートワークを取り入れている企業には適しているでしょう。

但し、クラウド型の場合は、セキュリティ対策をしっかり行う必要があることを念頭にいれておいてください。

運用形態 運用方法 特徴
クラウド型 インターネット上のサーバーを利用してソフトウェアを使用する。 コストが安く導入スピードが早い。
オンプレミス型 自社サーバーにソフトウェアをインストールして使用する。 セキュリティに強くカスタマイズ性が高い。

 

4.対応デバイスが複数あるか

PCだけでなく、外出先からでもシステムにアクセスできるタブレットやスマホなどモバイル対応のものの方が使い勝手が良いのでおすすめです。

また、OSもiOSとAndroidのどちらに対応しているのか、専用アプリはあるのかなどもチェックしておきましょう。

5.サポート体制は手厚いか

サポート体制は、以下の2つのポイントから検討しましょう。

  • サポート頻度 (導入前後)
  • サポート方法 (電話・メール・チャット・マニュアル・FAQなど)

最近の傾向としては、24時間好きな時に利用できる点でFAQやチャットボットが利用しやすいという声が多いようです。

CRMを選ぶ上での大枠の基準を決定し、後はその基準に沿って各システムの詳細をじっくりと見ていきましょう。

 

CRM導入のメリット

効果的な営業戦略が立てられる

最新の顧客情報を一元管理できるため、受注履歴や過去のやりとり、トラブル対応など、様々な情報を元に効果的な営業戦略を立てることができます。

見込み客の早期発見ができる

ウェブからの資料ダウンロードや、セミナーへの参加などの情報も顧客ごとに管理できるため、見込み客を早期発見し、適切なアプローチをかけることができます。

顧客満足度が上がる

顧客の過去の受注履歴や営業とのやりとりを閲覧することができるため、担当者が変わっても顧客の嗜好や状況を理解した上で対応することができます。

また、メール配信機能を利用して、適切な時期に必要な情報提供や、提案をすることで、継続した顧客との関係を築くことができます。

CRM導入のデメリット

コストがかかる

初期費用や月額料金の必要となるCRMを導入することでコストがかかることが、デメリットと捉えられる場合もあるでしょう。

もしコスパを知りたければ、まずは無料トライアルなどで試してから判断すると良いでしょう。

定着までに時間がかかる

エクセル・名刺管理していた顧客情報の登録や、システムを利用する社員向けの研修など、CRMを業務に定着させるためにはそれなりの準備と時間が必要です。</p

使いづらく利用されないシステムにならないよう、無料トライアルなどで、UI/UXをきちんと体験した上で選定していく必要があるでしょう。

まとめ

CRMは、非常に種類が多いものの、きちんと自社の業務フローに適したものを選べば、業務効率と顧客満足度を同時に上げることができる、非常に使い勝手の良いシステムです。

ご紹介したようにある程度大まかな選択基準を決めてから、いくつかの無料トライアルを試してみるとより効率的に選定ができるでしょう。

ぜひCRM導入の検討にこの記事をお役立ていただければと思います。

画像出典元:O-dan

CRMツールの比較検討に役立つ資料を無料配布中!

現在、起業LOGでは独自に実施した取材や口コミ調査などで分かった情報をまとめた、お役立ち資料を無料配布中です。

  • 公式HPにはない料金相場も載ったCRMツール比較表
  • 国内外の約50ツールが記載された「CRMカオスマップ」
  • 独自取材で分かったCRMの失敗導入事例集
  • 起業LOG限定の「割引・キャンペーン情報まとめ

がもらえます!

【無料】起業LOG独自資料を確認したい方はこちら

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

CRMの資料を一括ダウンロード

CRMに関連する記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】CRMツール選びのお役立ち資料
CRM
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ