Senses

記事更新日: 2020/11/26

執筆: 編集部

BtoBマーケ専門家のコメント

まず最初に、過去数百件以上のBtoBマーケティングプロジェクトに関わってきた株式会社才流 代表取締役の栗原康太氏に、起業LOG編集部がきいたSensesの評価を紹介します。

BtoBマーケター/株式会社才流 代表取締役

BtoBマーケの専門家 栗原康太のコメント

10年以上、BtoBマーケターとして活動。過去数百件のBtoBマーケティングプロジェクトに関わる。2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げる株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。カンファレンスでの登壇、主要業界紙での執筆、取材実績多数。

コスパが高いSFAツール

Sensesは安価でコスパが高いSFAツールです。他のSFAツールだと1アカウントあたり月額2万円程度かかるような機能が月5千円~1万円程度で導入できます。
 
機能としては、カンバン形式のダッシュボードとネクストアクション管理が便利です。
 
ネクストアクション管理は、商談のログを登録すると「ネクストアクションを登録してください」というポップアップが自動で出る機能です。
 
ネクストアクションをしっかり管理すると如実に受注率は上がるので、本来やるべきことをソフトウェアがやらせにきてくれるのが良いと思います。
 
他にも見込み客とのメールのやり取りなどのログも自動でSenses内に入るので、SFA入力の手間が省けます。
栗原康太がおすすめするBtoBマーケに使いたい サービス 6選
編集部コメント

「Senses」は、栗原さんがいうようにコスパの高さが魅力のSFAです。営業の効率化を進めたい企業にぜひチェックしてほしいサービスでしょう。

CRMを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

CRMツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. 案件管理機能

取引先との間で行なった案件情報や商談情報を入力・共有が可能

2. アクション管理機能

取引先の事前情報ややり取りなど、取引先の行動履歴を登録・管理できる

3. 企業データベース機能

取引先企業の情報を手軽に自動で収集可能

良い点

営業担当者以外の社員にも情報を共有することで、戦略的に営業活動ができるため、企業全体としての営業活動が強化されます。

悪い点

営業活動で必要となる情報が多くなると、管理作業が増えてしまうのが大きなデメリットでしょう。

費用対効果:

企業の課題に合わせて機能を追加できるので、無駄な料金を払わなくてよい。

UIと操作性:

管理機能のほとんどがドラッグ&ドロップの操作だけで管理できる。

社外連携:

アクション(行動)管理を活用すれば、簡単に情報共有ができる。

サポート体制:

Senses上にあるお問い合わせ用のチャットやメールで素早いサポート対応が可能。

デザイン:

カード形式でわかりやすく、直感的に情報を確認することができる。

Sensesの3つの特徴

1. ドラッグ&ドロップで案件(商談)管理ができる

Sensesの最大の特徴、それはドラッグ&ドロップで簡単に案件(商談)管理ができることです。操作性が難しくないため、すぐに活用できます。

Sensesの案件(商談)管理は、営業チーム内や社内全体で情報共有ができるため、他の部からフィードバックがもらえることができ迅速な問題解決が加速します。

企業としての営業活動を強化し、質を上げるためにはこの機能は欠かせないでしょう。

案件ボード

上の画像は、実際にドラッグ&ドロップだけで作成された案件データの管理画面です。カード形式となっており、直感的に案件の進捗が確認できます。また、情報の更新頻度が下がるとカードの色が変化するので、取引先への対応漏れを防ぐことが可能です。

2. アクション管理で迅速な営業活動

次に紹介するSensesの特徴、それはアクション(行動)機能です。取引先の事前情報やメールのやり取りなど、取引先の行動履歴を登録・管理ができます。また、ワンクリックの動作で簡単に設定ができます。

アクション管理機能を活用することにより、取引先との接点や内容を入力しておくだけで全ての案件履歴を記録し、把握することができます。また、取引先の課題と商談で話した内容をフィードバックして、次の営業活動に活かすことが可能です。

アクション(行動)管理画面

上の画像の左側が取引先情報やアクション内容になっており、右側の画面が取引先での行動履歴内容やその結果を確認できる画面となっています。

とても見やすくわかりやすいため、管理担当者以外のメンバーに案件を引き継ぐ際にスムーズに案件情報の共有を行うことが可能です。

3. 営業活動に役立つ最新AI機能を搭載

Sensesの特徴3つ目は、 営業活動に役立つAI機能搭載です

現在は、AI搭載のOCR機能、受注予測機能があります。 OCR機能は、メモや名刺の画像を瞬時にテキスト化することが可能で、情報入力の負担を大きく軽減します。

受注予測機能は、Sensesに蓄積された営業データから、AIが各案件ごとの受注確率を予測し、現状から受注に近づけるために有効な、次のアクションを提示します。

業務効率を向上させたい企業にとっては役に立つ機能かと思います。


AIによる営業案件の受注予測機能

料金プラン

ライセンス費用はこの3プランから選びます。 

スタータープランでは

・顧客・案件・行動管理
・メール・スケジューラ自動連携
・レポーティング・データ分析機能
・企業データベース・プレスリリース閲覧
・企業データベースによる入力補助
・外部サービス連携
・モバイルアプリ対応
・監査ログ

の機能が利用可能。

グロースプランはスタータープランに加えて

・複数営業タイプ管理
・カスタムリスト作成
・権限設定
・IPアドレス制限
・カスタム表・グラフ作成
・API連携
・見積書作成
・ダッシュボード
・AI予測確度(案件タイプ1つまで)

が追加されます。あらゆる規模の会社にマッチする基本プランです。

社内連携や社外連携を強化したい企業は、グロースプランがおすすめです。

エンタープライズプランは、Sensesが提供する全ての機能から企業の目的に合う機能を選択することが可能です。企業が抱えている課題に合う機能だけを利用したいという企業は、エンタープライズプランがおすすめでしょう。

これらとは別に運用をサポートするプランも用意されています。

 
*2020年8月時点
 
 

まとめ

案件管理やアクション管理、企業データベースなどの機能をうまく活用すれば営業活動の強化は実現可能でしょう。また、活用方法も簡単で使いやすいので、導入後すぐにご利用できます。

また、企業の課題に合わせて便利機能を選択し料金プランを決めることができるため、他社サービスよりも比較的に導入ハードルが低いです。

今後、企業としての成長に繋がる営業活動を効率的に行なっていきたい企業は、是非一度Sensesのご利用をしてみてはいかかでしょうか?

画像出典元:「Senses」公式HP

 

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

CRMの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のCRM

起業ログが厳選するCRM
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Salesforce Sales Cloud
Salesforce Essentials
グロースハックLTV
SMILE V
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ