HubSpot

3.1

記事更新日: 2020/11/17

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

十分な機能を備えつつSalesforceより大幅に安価

元々SFA/CRMとしてSalesforceを利用していましたが、アカウント数の増加に伴ってコスト感が当初想定を大きく超えてしまった為、Hubspotに乗り換えました。

基礎的な機能は十分に備わっており、乗り換えの結果価格は大幅に削減できました。何より、有料機能を使わずに無料の部分だけでSFAとしての基礎機能が備わっているので導入して良かったと感じています。

特に費用を掛けられないスタートアップや、大手企業の新規事業などスモールスタートのビジネスにはぜひおすすめしたいです。

悪い口コミ・評判

とにかくUIが分かりづらい

とにかくUIが分かりづらいです。コンタクトや取引を作成する度に不要なページ遷移が発生して、サクサクとは程遠いUIとなっています。

自分の担当案件を確認するのにも何度も遷移が必要で、マニュアルをいちいち見ないと操作ができないです。

社員に入力を依頼しますが、分かりづらいといってなかなか入力してくれません。操作自体はさほど難しくないため、ひたすらUIが問題だと感じています。

編集部コメント

Inbound Marketing(インバウンドマーケティング)に高い効果を発揮するマーケティングオートメーションツールがHubSpotです。リード(見込み客)獲得に強みを持つTop of the Funnelからスタートしたツールであり、マーケティング、セールス、カスタマーサービスの各ソフトウェアをつなぐ総合的なプラットフォームを提供しています。

1. リード獲得に強み

ふるいにかけられる前の顧客に注力し、行動をスコアリング

2. 必要な機能がオールインワン

自社を見つけさせ、興味をもってもらい、購入、満足度を高めていくための機能を提供

3. 顧客に必要なサービスをタイムリーに提供

顧客が抱える複雑な問題を登録、優先順位を付けて整理し漏れなくオンタイムで対処

良い点

自社サイトの構築はもちろん、訪問者、見込み客、顧客それぞれのニーズに合わせて、コンテンツ、フォームをフレキシブルに変更できる点が非常に優れています。

悪い点

インターフェイスは日本語で使いやすくなりましたが、運用上英語表記も多く、ユーザーによってはハードルの高さを感じるかもしれません。

費用対効果:

無料プランが用意されているほか、初心者向けコースは月4,800円で使用可能です。

UIと操作性:

見やすいダッシュボードで最新情報を確認でき、どの端末からも直感的な操作が可能です。

社外連携:

トラフィックの拡大機能を持ち、外部のツールとも有機的に際限なく連携可能です。

HubSpotの3つの特徴

1. Marketing Hub

HubSpotの特徴としてまず挙げられるものが、できるだけ多くの訪問者をウェブサイトに呼び込んで、その中の多くの訪問者を顧客に転換するためのツール(ソフトウェア)であるMarketing Hubの働きです。

Marketing Hubは、PCでもスマホなどのモバイル端末でも、コンテンツ編集やデザイン変更を簡単に行えます。

SEO(検索エンジン最適化)に関するアドバイスをリアルタイムで取得し各種のデータに基づいて、最も効果的なコンテンツ、画像、見出し、CTA(call to action ユーザー行動を誘導する仕掛け)を選び、狙いを定めたコンテンツを配信します。

さらに、ビジターの所在地、アクセス元などに基づいてトラフィックを拡大し、クリックを誘う魅力的なCTAを作成できます。

有望なリードは自動的に送信

多くの訪問者を有望なリードに転換することを容易にする仕組みになっています。

2. Sales Hub

Sales Hubは、最小限の労力で最大限の成果を狙える営業活動効率化ツールです。顧客の属性に最適化されたメールやメッセージを自動配信するなど、キメ細かな顧客の開拓・管理を自動化します。

リードのコンタクト情報、メールの開封・クリック操作はすべて自動的に記録し、データ入力の手間を省いてくれます。

パイプライン全体として成立した取引、不成立になった取引、進行中の取引を追跡・管理することも可能です。営業活動のあらゆる段階を効率化して、人間の労力を最小限に抑える反面、最大限の効果を狙うことができます。

パイプラインを追跡・管理

3. Service Hub

HubSpotにおいて、お客様の求める迅速で的確なカスタマーサービスに応えて高い満足度を実現しているのが、Service Hubです。Service Hubでは、頻繁に寄せられる質問やチケットの情報などをもとにナレッジベースを構築できます。

構築したナレッジベース記事は自動的に検索インデックスに追加され、お客様は検索することで問題の解決方法を見つけられるようになります。お客様からの問い合わせ件数が減り、サポートチームの対応時間は短縮され、お客様はダイレクトに解決策を入手でき双方にメリットが生じます。

さらに、問い合わせチャットやメールなどは、コミュニケーション受信トレイにすべて集約。

そこから誰でも対話に参加できるので、顧客とのやり取りを一か所で管理しながら、チーム全体で協力して対応できます。

お客様の背景や現在直面している問題など、各種の情報を参照しながら最適なサポートをオンタイムで提供できるわけです。

ナレッジベース

顧客に必要なサポートをタイムリーに提供

HubSpotの料金プラン

HubSpotの料金体系はプランやコースによっていくつかに分かれていて、無料で始められるプランが用意されています。

初級者編として月4,800円というリーズナブルな料金のStarterプランもあり、非常に優れたコストパフォーマンスを誇っています。

HubSpotの評判・口コミ

HubSpotの活用で、南アフリカ市場で信頼されるブランドとしての地位を確立
スズキオート南アフリカ社

プロスペクトの興味に応じたコンテンツを提供しつつ、露骨な売り込みは避けます。そうすることで、リードを育成し、最終的には売上高を伸ばすことができました。 売上高は前年比で21.3%増加しました。お客様からの認知度が向上し、南アフリカ市場で信頼されるブランドとしての地位を確立できました。

ビジネスチャンスを逃す心配はなくなりました
カシオUK & Ireland

計算機部門はHubSpot Sales Proを活用しており、特に通知機能(英語)ではリードがEメールを開封したり、メール内のリンクをクリックしたタイミングをリアルタイムに把握できるので、とても便利です。特に成果が見られたのが計算機部門です。HubSpotを使用するようになってから売上が26%拡大しました。HubSpotのソフトウェアを利用すれば、だれもが責任を持って担当業務に当たれるようになり、確実にビジネスチャンスをつかめます。

※「HubSpot」公式HP参照

HubSpotの評判・口コミ

IT業界
51〜100

UIが最悪であるため、全く活用できていない

自社サイトの問い合わせフォームと連携ができるため、フォームのKPIなどの可視化が可能になりました。また、名刺を交換した顧客に自動で営業メールが送れるのが良い点です。弊社が扱うのは頻繁に営業する必要のない商材ですが、接点を持つために配信しています。

悪い点としては、とにかくUIが分かりづらいです。コンタクトや取引を作成する度に不要な遷移が発生して、サクサクとは程遠いUIとなっています。自分の担当案件を確認するのにも何度も遷移が必要で、マニュアルをいちいち見ないと操作ができないです。

とはいえ、取引の状況が可視化できるため効果測定がかなり容易になりました。そのようなメリットを踏まえると、UIに関する、社員へのチュートリアルが十分にできる会社にならオススメできると思います。その余裕がないなら、使いづらいUIに悩まされて終わるのではないでしょうか。少なくとも私の会社では無駄になっています

その他
51〜100

コスト1万円と費用対効果は抜群に良い

現在、弊社ではこのツールを20人で利用していて、ランニングコストは1万円、イニシャルコストも同様でした。
私はこのツールを実際に導入を担当したのですが、Salesforceからの移行導入だった為、既存ワークフロー等の移行は完全に出来ず、スムーズな導入はできませんでした。
元々SFA/CRMとしてSalesforceを利用していましたが、アカウント数の増加に伴ってコスト感が当初想定を大きく超えてしまった為、同程度の機能を持つツールを探していたときに、こちらのツールにたどり着きました。
Salesforceに対して、価格は大幅に削減でき、課題自体は解決されました
そこまで不満に感じているわけではありませんが、salesforceほどバーティカルにオブジェクト展開ができないため、CRMとしての機能を満たしていないと感じていることがたまにあります
導入の決め手としては、上記のように、価格面+基礎的な機能が十分に備わっているかという課題を満たしていたことになります。
結局は、このツールを導入して良かったと強く感じています。
使ってみて必要だと思えば有償切り替えをすれば良いので、まず使ってみる、のスタンスで十分だと思います。
レポートやダッシュボード等の機能も直感的に操作ができるので、あまりITツールに詳しくない方でも一定の利用ができると思います。

インターネット業界
101〜250名

スムーズな導入だった

社内では10名程度がこのツールを利用しています。
このツールのイニシャルコストは無料で、ランニングコストが21,600円(月額)(※Marketing Hub/Sales Hub/Service HubのStarterプランのセット割引+データベース3,000件分での費用)です。
このツールは、試験的に1サービスのみで導入したため比較的スムースに進みました。ただし、業務に当てはめてカスタマイズする部分については、外部コンサルの力も借りて実装しました。
導入の経緯としては、サービスに興味を持ってくれる人(サイト閲覧や資料ダウンロードをしてくれる人)をリードとして管理・育成することが出来ていなかった現状を改善したかったからです。具体的には、MAツールを試験的に利用してどう変わるかをみたいというのがあり、1サービスのみで、私の部署(マーケティング室)が自由に決裁できる範囲で試験的に実施した流れでした。
ただ、リードナーチャリングは、コンテンツマーケとも密接に連携しており、ターゲットに読ませるコンテンツを定期的に発信していく必要があるため、その部分での人的運用は非常に重要であり、そこが不満というか、別の課題であったと認識しています。
他には、高機能・高価格帯ではMarketoやPardot、限定機能・低価格帯ではList FinderやBow Nowなどが候補に上がりました。
その中でも特にHubSpotを導入したのは、単なるMAのみでなく、SFAやCRMの機能もセットで使えるオールインワンなツールだったためです。

塗装業
2〜10

導入から一年経つが操作は覚えられていない

こちらのツールを利用してみて、様々な情報の散らばりを収容できたと感じています。
ただ、導入前から知っていたこととはいえ、機能が多くて、習熟するのに時間がかかると感じています。
導入から一年ほど経ちますが、まだ操作感を覚えることはできていません。MAだと、他にはメールチープなどを利用したことがありますが、ハブスポットの方が機能がたくさんある、メルマガの自動配信、アナリティクスなどの面で優れています。

まとめ

この記事ではHubSpotの特徴・評判・料金を解説しました。

企業から売りたい相手に向けて押し付けるアウトバウンド(外側に向かう)型の旧来までのマーケティングと打って変わり、現代は売りたい相手が自ら企業の方にやってくるインバウンド(内側に向かう)型のマーケティングが主流になっています。こういった時代に、まさにうってつけなのがHubSpotです。

顧客関係を強化して顧客定着率を向上、ビジネス成長を実現できるとともに、手厚く至れり尽くせりのカスタマーサポートの充実で顧客満足度の非常に高いインバウンドサービスになっています。

優れたコストパフォーマンスも大きな魅力でしょう。

画像出典元:「HubSpot」公式サイト

その他の【マーケティングオートメーション】【LP作成ツール】【メールトラッキング】【BtoB向けMA】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ