Oracle Marketing Cloud

3.3

記事更新日: 2021/03/09

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

メールマーケティングに活用できる

特に便利だと感じたのは日付を指定した単発のメルマガ配信が行えたり、行動ベースのone to oneのメルマガ配信が行えることです。また、コンタクトごとの行動履歴を詳細に追える機能も重宝していました。こちらのツールは直感的に操作できるUIなので、だいたいの社員が使用可能だと思います。

悪い口コミ・評判

あくまでマーケティングツールの一助

クライアントやエンドユーザーの声を管理、数値化してデータとして活用しています。あわせてSEOツールやSEMツールも利用していますが、連携はあまりスムーズではないです。連携していく部分はマンパワーに頼らなければなりません。今後、社内他部署との連携を考えているので、別ツールの導入を検討しています。

編集部コメント

Oracle Marketing Cloudはデジタルマーケティングの領域において優れた戦略を持っていますが、利用料金が高額のため大企業の方が高いコスパで活用できます。B to B環境でもB to C環境でも適切な顧客を認識してターゲティングでき、顧客の取得から関係維持までオールマイティにマーケティング課題を克服できる点は他ツールと比べても有用と言えるでしょう。

MAツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

MAツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする9サービスの資料をダウンロードできます。

1. アカウントベースド(対企業・組織)マーケティングに特化した機能を豊富に搭載

見込み客ごとのデータを活かし、タイムリーな営業が可能

2. 卓越した分析機能

CTR(クリック率)や開封率などの情報に基づき、継続的な改善を実施

3. データ・マネジメント機能

データを組み合わせて理想的なオーディエンスをターゲティング・誘導

良い点

デジタルマーケティングでそれぞれの顧客に最適な情報を提供し、顧客とのつながりを強めることができます。

悪い点

やや複雑な操作が必要なため、専門知識のあるエンジニアが居ない場合には導入前に対策が必要です。

費用対効果:

UIと操作性:

多少の知識は必要となりますが分かりやすい画面設計で操作しやすいです。

サポート:

導入後にもオラクルスタッフから活用方法についてのアドバイスを受けられます。

セキュリティ:

独自のAI技術を活用したIT運用管理サービスを提供しあらゆる脅威に対処します。

Oracle Marketing Cloudの3つの特徴

1. 潜在顧客を見つけて効率的に誘導

「Oracle Marketing Cloud」のOracle BlueKaiを利用することにより、匿名の顧客の中から理想的な顧客と似た特徴をもつ潜在顧客を発掘してターゲティングすることが可能になります。これにより、デジタルマーケティングのベースとも言える顧客の開拓・獲得を固めることができます。

特に、サードパーティーデータを通じて7億もの顧客プロファイルにアクセスすることができる点は非常に魅力的です。母集団が大きいため、理想とする潜在顧客が見つけやすくなり、精度の高いターゲティングが実現できます。

さらに、ターゲットのデータから分析レポートをリアルタイムに取得できるため、PDCA(Plan・Do・Check・Action)サイクルを効果的に回すことが可能になります。


Oracle BlueKaiツール画面

2. 収益に貢献するマーケティング活動を実現

「Oracle Marketing Cloud」のOracle Responsysを使えば、顧客ごとのデータを統合して顧客の姿を包括的にとらえることができます。

この戦略により、情報に応じたメッセージをカスタマイズして送信することが可能になります。顧客の嗜好や興味に合わせたコンテンツを届けて精度の高いターゲティングをすることにより、自社ブランドの価値を向上させる効果も期待できます。

データ処理能力は非常に優れており膨大な量の情報でも瞬時に処理されるため、リアルタイムに顧客の反応を得られる点もメリットの1つです。

顧客満足度を高めて長期的な関係を築くことができれば、安定した収益が望めます。


Oracle Responsysツール画面

3. 自動ナーチャリングフローで営業を効率化

顧客が求めているものを求めている時に提供できれば、顧客を獲得して関係を維持し、成約率を大幅に上げることが可能となります。

「Oracle Marketing Cloud」のOracle Eloquaではデータを自動処理してくれるため、パーソナライズされたカスタマー・エクスペリエンスを実現できます。

早い段階で顧客のニーズを把握することによって購入意向に合わせたコンテンツを提示できます。これによって成約の確度を上げるだけでなく、顧客とより密接な関係を築くことが期待できます。


Oracle Eloquaツール画面

Oracle Marketing Cloudの料金プラン

料金詳細はこちらご確認ください。

Oracle Marketing Cloudの導入事例

顧客のニーズを把握し、営業効率を大幅に向上
関電不動産開発株式会社
お客様の温度感を知るためにもサイト上の行動を把握したいと思いました。サイト上で興味を示す行動に対し、新しいマーケティングテクノロジーを通じて営業に貢献できると確信し、Oracle Eloquaの導入を決めました。稼働させてみると、驚くほど数多くのデータを、わずかな期間で集める事ができました。今後も1歩1歩、Eloquaと共に私たち自身も成長していきたいと思います。
顧客との最適なコミュニケーションを実現
NEC
複数のキャンペーンを回していくことで、より工数が煩雑になり、PDCAを速く回すということが課題になってきておりました。導入成果としては、メールマガジンのCTRは約7倍に上昇しました。セールス部門との連携も強化して、リードはホットなうちに効果的に営業を行えるようになりました。今後はグローバル展開・さらなるビジネスの発展を目指していきます。

※「Oracle Marketing Cloud」公式HP参照

Oracle Marketing Cloudの評判・口コミ

その他

101〜250人

高まるニーズにしっかりと対応

使いやすいと感じた点を教えてください。

スタート時点で全カテゴリが閲覧できるので「検索不可」といった結果が起こらないところは良かったです。また、カテゴリ選択後に次カテゴリーで検索できるなど、「階層型」を利用しているので、扱いやすいです。またカテゴリ内でキーワード検索や自然文検索が行える点が良いです。選択後の画面はFAQが羅列されますが、更なる絞り込み検索により検索項目を抽出しやすくなります(HIT性が高くなります)。

とにかく、検索回答結果にたどり着ける可能性は高いです。

不便だと感じた点を教えてください。

FAQで検索した場合、データ蓄積数がないからなのか、HITした内容の結果が求めていたものと違うことがある点です。欲しい情報を正確かつ的確に取得するには、システムの見直しや工夫が必要だと思います。

ただ、弊社で利用しているカスタマー・エクスペリエンス・サービスとの連携は使いやすさが向上したと思います。

IT/インターネット/通信

101〜250人

デジタルマーケティング職

MAツールにハードルを感じているなら導入するべき

使いやすいと感じた点を教えてください。

  • 日付を1つ設けて単発なメルマガ配信も行うことができれば、シナリオ作成をし、行動ベースを軸にした1to1のメルマガ配信を行うことができる。そしてそれが直感的に操作ができ、難しさを感じさせない点
  • コンタクトごとの行動履歴が詳細に追えること(メール開封有無、Webページ訪問履歴、フォームダウンロードなど)

不便だと感じた点を教えてください。

  • キャンペーン(メールを作成した後の配信設定)の複製を行い、メルマガ配信を行う際に稀に正常に配信できず、不具合が起きること
  • データ分析のインサイト機能が直感的にわかりづらく、やや古臭さを感じる(エクセルに落とし込んで分析をする事になる)

他の会社にもおすすめしますか?

こちらのツールは、直感的に操作できるUIであり、ITリテラシーが一般的にあるのならば、使いこなせることができますので、使用可能範囲の社員は多いと思います。

これからMAを導入しようと検討している会社、MAは難しいと感じていて導入に躊躇を感じている会社、ただ配信して終わりのメールマーケティングから脱却したい会社の方々にお勧めです。

保険代理店

101〜250人

Webマーケティング

あくまでマーケティングツールとしての一助

使ってみた感想をおしえてください。

あくまでマーケティングツールの一助として使用するツールだと思います。

弊社では、クライアントやエンドユーザーの声を管理して、また数値化などしてデータとして活用していく手段としての利用をしています。それと合わせて別途SEOツールやSEMツールも併用しているため、これらと合わせた機能までは多くは望めないです。つまり、連携していく部分はマンパワーに頼らなければならない現状があります。

自社では、現状では社内で一定の効果をもたらしていると思われるものの、今後は社内他部署などの連携も考えているのでこれに重きをおいた別ツールの導入を考えていくとの話も出始めています。

まとめ

この記事では「Oracle Marketing Cloud」の特徴・評判・料金を解説しました。

「Oracle Marketing Cloud」なら理想に近い顧客に似た潜在顧客を見つけ出すことができ、その見込み顧客の興味に合わせたコンテンツを提供することが可能です。

横断的なマーケティングを強化して、各顧客にあったアプローチができます。連続性のあるカスタマー・エクスペリエンスを通じて、マーケターが業務に集中できる環境の構築が期待できるでしょう。

よりパーソナライゼーションに特化したマーケティングを行いたいと考えている企業には非常に適しているツールだと言えます。

画像出典元:「Oracle Marketing Cloud」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

MAツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】MAツール選びのお役立ち資料
MAツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ