COMSBI SaaS

記事更新日: 2023/11/24

執筆: 編集部

編集部コメント

顧客にストレスを与えないデジタル会員証サービス

「COMSBI SaaS」はLINEアカウントを利用して簡単にデジタル会員証やポイントカードを発行できるSaaSサービスです。

QRコードの読み取りだけで会員証の登録ができるため、顧客にストレスを与えることがなく、顧客獲得数アップの効果が見込めます。

同様に再来店時の会員証提示もQRコードから直接LINE会員証を起動できるため、手間がかかりません。

会員証の利用率アップにより、正確な顧客の来店頻度把握ができるようになるでしょう。

LINE連携CRMツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

LINE連携CRMツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

QRコードを読み取るだけで会員証の登録・提示ができるため、顧客にストレスがかからず、登録率・提示率のアップに繋がります。

悪い点

LINEを利用しての予約機能は備えていないため、理容院や飲食店などで予約管理機能を必要とする場合は注意が必要です。

費用対効果:

安価で高度なポイント&LINE CRMが実現できることを売りにしており、費用対効果は高いと予測できます。

UIと操作性:

見やすい管理画面で、クーポンの利用率や来店履歴などを一目で把握できます。

社外連携:

流入経路を計測するQRコードやURLが発行できるため、InstagramやTwitter、ウエブサイトなど、どこからの流入が多いのか容易に把握できます。

COMSBI SaaSの導入メリット4つ

1. QRコードを読み取るだけで会員登録ができる

COMSBI SaaSを使用すれば、顧客がQRコードを読み取るだけで簡単に会員登録ができます。

再来店時に会員証を提示する際も、QRコードの読み取りで一発表示が可能です。

顧客にストレスがかからないため、会員証の利用率が上がることでしょう。

ストレスのない簡単会員登録

2. クーポンの効果を一目で把握できる

管理画面では、クーポンをどのくらいの人が所有しているのかや、利用人数などを一目で把握できます。

クーポンでどのくらいの割引金額が発生するのかなど、原資についても把握が容易になるのです。

COMSBI SaaSを利用すれば、今まで曖昧だったクーポンの効果をしっかりと把握できるようになるでしょう。

管理画面でクーポンの効果を把握

3. 精緻なCRMが可能

COMSBI SaaSを利用すれば、来店履歴やクーポンの使用履歴を簡単に把握できるため、精緻なCRMが可能になります。

一定期間来店のない顧客を抽出して期間限定クーポンを送信するなど、メッセージのセグメント配信が容易になるのです。

顧客に適したメッセージやクーポンの送信により、再来店率UPに繋がることでしょう。

顧客抽出してメッセージのセグメント配信が可能

4. 顧客のクーポン入手経路を把握できる

流入経路を計測するQRコードやURLが発行できるため、どのサービスから一番流入しているのか、どのクーポンやキャンペーンが一番効果があったのかを把握できます。

COMSBI SaaSを利用すると、いままで測定の難しかった広告効果を把握できるようになります

広告効果を簡単把握
 

COMSBI SaaSのデメリット2つ

1. LINEを利用しての予約機能はない

COMSBI SaaSはデジタル会員証やポイントカード機能をメインとしており、LINEを利用しての予約機能は備えていません。

理容院などで予約機能を利用したいと考えている場合は注意が必要です。

2. ボット機能は個別相談

COMSBI SaaSにはベーシックプランと他店舗展開プランの2種類がありますが、どちらのプランでもメッセージのボット機能は基本機能に含まれておらず、個別相談となります。

オペレーションコストを削減したいなどの理由でボット機能を必要としている場合は、注意が必要です。

COMSBI SaaSの料金プラン

COMSBI SaaSにはベーシックプランと他店舗展開プランの2種類のプランがあることが公式ホームページに記載されていますが、詳細な費用については問い合わせが必要です。

  ベーシックプラン 他店舗展開プラン
初期費用 要問い合わせ 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ 要問い合わせ
主な機能 会員登録・デジタル会員証
流入経路計測
顧客台帳
クーポン発行・取得・利用
状況管理
ポイント発行
ポイント原資管理
など
ベーシックプランの機能

複数LINEアカウント管理
店舗別クーポン取得・利用
状況管理
店舗別ポイント取得・利用
状況管理
権限設定機能権限設定
個別相談機能 ボット機能 ボット機能

 

競合製品との料金比較

COMSBI SaaSの費用に関しては問い合わせが必要のため、すぐに他のサービスと比較することはできません。

しかし、安価で高度なポイント&LINE CRMが実現できることを売りにしており、競合サービスよりも飛び抜けて費用が高いということはないと予測できます。

  COMSBI SaaS
他店舗展開プラン
Lステップ
プロプラン
Liny
プレミアムプラン
初期費用
(税込)
要問い合わせ 0円 54,780円
月額費用
(税込)
要問い合わせ 32,780円 76,780円
特徴 会員登録・デジタル
会員証
流入経路計測
顧客台帳
クーポン発行・取得・利用状況管理
ポイント発行
ポイント原資管理
など
予約管理機能
イベントのリマインド機能
など
予約管理機能
顧客ごとの管理状況
単利マーク
スタッフの管理権限操作
メッセージのテンプレート登録機能
など

 

COMSBI SaaSを導入すべき企業・向いていない企業

導入すべき企業

・会員証の利用率を上げたい会社

COMSBI SaaSは競合サービスと比較して、デジタル会員証の機能が充実しています。

登録・提示がQRコードの読み取りだけでストレスなくできるため顧客の会員証利用率が上がり、正確な来店頻度の把握に繋がります

・複数店舗や複数LINEアカウントを管理したい会社

COMSBI SaaSの複数店舗展開プランならば、店舗ごとにクーポン利用率やポイント原資を管理できます

店舗や役職ごとに顧客情報に閲覧権限を設定できるので、個人情報に配慮した管理も可能です。
 

向いていない企業

・予約管理機能を使いたい会社

COMSBI SaaSはデジタル会員証やポイントカード機能をメインとしており、LINEを使用しての予約機能は備えていません。

理容院やエステサロンなどのサービスを展開する店舗で利用機能を必要とする場合は、他のサービスを検討する必要があります。

まとめ

COMSBI SaaSはLINEアカウントを利用して簡単にデジタル会員証やポイントカードを発行できるSaaSサービスです。

来店履歴やクーポンの使用履歴を一目で把握できるため、来店頻度などを抽出してのメッセージのセグメント配信が容易になります。

多店舗展開プランでは複数LINEアカウントも一括管理できるため、複数店舗を構えるチェーン店にオススメのサービスです。

画像出典元:「COMSBI SaaS」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

LINE連携CRMツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

LINE連携CRMツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求

ページトップへ