FORCAS

3.8

記事更新日: 2021/05/30

執筆: 編集部

「FORCAS」は、保有している多くのデータに基づいて顧客分析を行い、 ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)の実践を強力にサポートするクラウドサービスです

まず最初に、過去数百件以上のBtoBマーケティングプロジェクトに関わってきた株式会社才流 代表取締役の栗原康太氏に、起業LOG編集部がきいたFOCASの評価を紹介します。

BtoBマーケター/株式会社才流 代表取締役

BtoBマーケの専門家 栗原康太によるFORCASの総評

10年以上、BtoBマーケターとして活動。過去数百件のBtoBマーケティングプロジェクトに関わる。2016年に「才能を流通させる」をミッションに掲げる株式会社才流を設立し、代表取締役に就任。カンファレンスでの登壇、主要業界紙での執筆、取材実績多数。

本来事業責任者がやっていたような「ターゲット戦略の決定」を助けてくれるサービス

FORCASは、過去の受注企業をインポートすると、例えば「アミューズメント系の企業にもっと売れるのではないか」といった形で狙うべきターゲット企業を提案してくれます。
 
過去の受注企業の傾向を分析して、適切なターゲットにアプローチをかけるというのは、BtoBマーケでかなり再現性高く成果につながる施策なので、実際に導入後に売上が上がったという話をよく聞きます。
 
あと良いのは、「フラグ付け」のような機能がある点です。
適正なセールス活動を行うには、売上・業種・従業員数・BtoB/BtoC・利益率といった属性情報をリードに付与することが必須なのですが、それをマーケターやセールスがやるとなると気の遠くなるような作業量になります。それをFOCASが自動でやってくれます。
 
機能を考えると、BtoBマーケに必須のサービスだと思います。
ただ、ある程度予算をもった企業をターゲットにしたサービスと値付けをしているので、年間売上が10億円程度、あるいは高LTVの商材を扱うような企業が導入検討をすべきだと思います。

「FORCAS」は、栗原さんがいうようにBtoBマーケでかなり再現性高く成果につながるツールなので、マーケティングや営業アプローチに大きく貢献してくれるでしょう。特にBtoBの事業を行っている方にはオススメできます。

本記事ではFORCAS(フォーカス)の評判や口コミ・特徴・料金や価格などをご紹介していきます!

1. 豊富なデータベースを保有

B2Bマーケティングに特化したデータベース

2. 顧客リストの自動生成機能

高精度アルゴリズムにより顧客を自動で分析

3. 名寄せ・データエンリッチメント

精度の高い顧客データ統合を実現

良い点

情報収集・情報整理の業務への負担を軽減し、効率的に営業・マーケティングの連携が強化できます。

悪い点

営業のアプローチ方法やPDCAサイクルなどは「FORCAS」では補足しきれないため、売上に繋げるための努力は必要です。

費用対効果:

UIと操作性:

SFA・MAとAPI連携するだけで、効果的なセグメント配信が可能になります。

知名度:

導入実績が多く、知名度は高いといえるでしょう。

サポート体制:

「FORCAS」のコンサルタントが導入から運用までサポートしてくれます。

FORCASの3つの特徴

1. 成約確度の高い見込み客を予測

「FORCAS」は既存顧客のデータを取り込むと、業界・シナリオ・地域・売上・従業員数などを自動的に分析することが可能です。これにより成約確度が高いと予測される見込み顧客を特定できます。

また、「FORCAS」には約141万社の企業データが入っているので、そのデータをもとに独自のスコアを付与したターゲットリストを自動作成することもできます。


見込み客を特定しリスト化が可能


既存顧客の傾向をグラフで可視化したり、リストをExcel形式でダウンロードしたりすることも可能です。

2. ターゲット企業を特定しやすい

「FORCAS」は、様々な切り口でターゲット企業を特定できます。多くの企業データだけでなく、560業界以上の業界区分、約120のシナリオデータも持ち合わせているためです。

企業の業種、活動状況や課題、導入している外部サービスなどを切り口に、条件保存が可能な企業リストを作成し、さまざまな仮説からターゲット企業を特定することができます。


条件保存が可能なリスト作成機能

3. 顧客の情報を効率よく獲得

「FORCAS」は、ターゲット顧客の情報をまとめて表示することにより、情報収集にかける時間を大幅に削減できます。

商談獲得・ 提案に役立つ業界情報やシナリオ、潜在顧客の基本情報や事業概要など、様々な情報が一箇所に表示され確認できるので、効率的にアプローチを行うことができるでしょう。


顧客情報を表示した例

 

FORCASの料金プラン

料金は、固定月額制となっています。

詳細はお問い合わせをする必要があります。

FORCASの導入事例

ターゲットを絞り込み成果が大幅にアップ
SAPジャパン株式会社 様

約4万社のターゲット企業リストを約2,000社に絞り込み、成果が大幅に向上しました。「FORCAS」の「シナリオ」「業界区分」を活用して組織間の連携を実現をすることができました。

運用までのスピードも早く、リスト作成の手間も削減
VAIO株式会社 様

導入2ヵ月でABMを実践できる体制が確立しました。また、1ヶ月かかっていたリスト作成の手間が不要に。膨大な企業リストの中から成約確度の高い見込み企業リストを作成可能になり、業務の効率化が実現しました。

*「FORCAS」公式HP参照

FORCASの評判・口コミ

その他

51〜100人

効率的な営業が可能になる

使いやすいと感じた点を教えてください。

弊社ではこちらのツールを5名で利用しています。私は、導入を担当しましたが、イニシャルコスト:100,000円 ランニングコスト:100,000円でした。導入もスムーズに進み、使用方法も担当者が丁寧でわかりやすく説明していただいたので、問題ありませんでした。

弊社では、学校のホール貸出の営業で、効率よく営業ができなかったので、必要としている企業へ自動的にアプローチしたいという課題がありました。

実際に導入してみると、この課題が解決しました。効率よく企業へアプローチができるようになったので、効率よく営業できるよういなったという印象です。

通信業

101〜250人

Hubspotとの連携が難しかった

利用にかけた費用

イニシャルコストが20万円、ランニングコスト(月額、ディスカウント)が33万円(定価50万円)でした。

使いやすいと感じた点を教えてください。

現在の既存顧客リストをインポートすると、その顧客に近しい特徴を持つ新規顧客(潜在顧客)のリストを出してくれるので、新規アプローチを進めていく際の参考となりました。特に、具体的な自社サービスの顧客に絞って上記作業を行うと、確度が高く、使いやすかったです。

不便だと感じた点を教えてください。

コスト的に割高なため、投資対効果を出すには難しかったです。また、リストのダウンロードが1回あたり5,000件までなので、リストの絞り込み方が弱いとうまく全体像を見れないため、リストの絞り込み方に工夫が必要なところも不便と感じました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Hubspotとの連携を行ったのですが、何度か失敗したため、連携がしやすかったとは言えないです。特に、連携設定の際にFORCASのエンジニアにもサポートしてもらう必要があったため、タイミングを合わせる点でも手間でした。

他の会社にもおすすめしますか?

すでにMAツールなどを導入しているなど、ある程度のリード獲得施策を行っている中規模以上の会社にはMAツールと連携させてABMを進められるためおすすめですが、中小企業に入れるには費用的にも見合わないと思います。

まとめ

マーケティングや営業アプローチをする上で、情報収集や情報整理をもっと手軽に短時間で効率よく出来たら...とお悩みの企業は多いのではないでしょうか。「FORCAS」は、そんな悩みを解決してくれるABMツールです。

豊富な企業データやシナリオデータを保有しており、それに基づきターゲットをピックアップ・リスト化してくれる、まさに痒い所に手が届くツールといえるでしょう。

サポート体制が充実していてコンサルタントが導入から運用までサポートしてくれるので、とても安心です。

企業の業務効率化、さらなる発展のために、「FORCAS」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:「FORCAS」公式HP

関連するサービスの比較記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ