ライバルマーケティング

4.5

記事更新日: 2021/05/07

執筆: 編集部

編集部コメント

ライバルマーケティングは、任意のURLの訪問者に対し広告を配信するという新しいマーケティング手法です。競合他社をはじめ、他社が集客した見込み客を自社サイトに誘導します。ターゲットを絞り、効率的にマーケティングを行いたいと考えている企業にはおすすめのサービスといえるでしょう。

MAツールを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

MAツールツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする9サービスの資料をダウンロードできます。

良い点

任意のサイトを指定してその訪問者への広告配信を行うので、ターゲットを絞ったマーケティングが可能です。

悪い点

サイト訪問者への広告配信のみのため、プッシュメールやレコメンドなど個別の対応はできません。

費用対効果:

UIと操作性:

任意のURLを指定すれば終了です。指定サイト数に上限はありません。

サポート体制:

効果的な広告配信や、効果検証のために、ABテストの実施や月間レポートがあります。

社外連携:

Googleのプラットフォームを活用しているので、YOUTUBEやアメブロ、食べログなどへの広告配信もあります。

ライバルマーケティングの特徴3つ

1. 競合企業サイトの訪問者を自社サイトに誘導

ライバルマーケティングの最大の特徴は、任意のURLを選んで、その訪問者に広告を配信できることです。これにより、競合企業のサイト訪問者をターゲットとしたマーケティングが可能になります。

始めるための手順は簡単です。競合企業や、自社サービスに関連したサイト、顧客が興味を持ち訪問しそうなサイトなど、任意サイトのURLを指定するだけです。

そのURLを閲覧すると、ユーザーに自社バナー広告が表示されます。指定数の上限はありません。

最も多くの活用事例はライバル企業のECサイトです。

他社が集客したユーザーを、見込み客として自社サイトに誘導するため、無駄がありません。競合サービスであれば、そのまま自社の顧客となる可能性が高く、誘導率や成約率も高確率で高まります。

掲出先はなんと8,000万媒体。Googleのプラットフォームを活用しているので、YOUTUBEやアメブロ、食べログなどへの広告配信も可能です。


効率的なマーケティングが可能

2. ターゲットを指定したリクルーティングにも

任意のURLが指定できるライバルマーケティングは、ターゲットを絞り込んで広告を配信するため、その活用は多方面にわたります。BtoCはもちろんのこと、BtoBやリクルーティングでの活用も可能です。

競合企業の採用サイトや大手就職ナビサイトを指定することで、業界に興味を持つ求職者を効率的に集めることができます。

自社サイトを訪問した場合のみにしか広告を表示できないリマーケティングとは異なり、同業他社のサイトを通して、効率的で効果的なマーケティングができるのが、ライバルマーケティングの大きな強みといえるでしょう。


リマーケティングにはできない強み

 

3. ABテストにより最大の訴求力

ライバルマーケティングでは、指定URLに広告を配信するだけではありません。ABテストの実施や月間レポートなどにより、成約率を上げるためのサポートも行います。

広告を配信時には表示バナーのABテストを行うことで、訴求率を最大化し、成約率につながりやすい出稿を実現しています。

実績は、毎月施策終了日から5営業日程度で月間レポートとして受け取れます。

レポートには、広告表示回数、自社サイト広告のクリック回数、クリック率、最終的なコンバージョン件数が提示されます。

数値は指定したサイトごとに表示されるため、効果の検証が行いやすく、サイトごとの対策を立てるのにも有効です。


月間レポートは指定サイトごとに表示される




 
 

ライバルマーケティングの料金プラン

利用料金の詳細については、お問い合わせをする必要があります。

ライバルマーケティングの評判・口コミ

サービス

51〜100人

数字と最前線で向きあう職種におすすめ

使いやすいと感じた点を教えてください。

サイトの指定をすることで顧客に向け広告配信を行うことが出来るので、狙いを予め絞った無駄のないマーケティング展開が可能になりました。

不便だと感じた点を教えてください。

顧客に向けた広告配信のみであることから、メールやレコメンドなどの個人に向けた対応ができないところに不便さを感じました。個別対応が可能になることで、より幅広いマーケティング展開ができると思うので、改善を希望します。

他の会社にもおすすめしますか?

このツール自体が具体的なマーケティング戦略を広げていく上での大きな武器になることから、数字と最前線で向きあう職種の方々には導入を強くおすすめできます。

まとめ

この記事ではライバルマーケティングの特徴・評判・料金を解説しました。

特定のターゲットを指定して効率的にマーケティングを行いたいと考えている企業にはおすすめのサービスです。それは任意のURLの訪問者に対し自社広告を配信する、というのがライバルマーケティングの大きな特徴だからです。

指定するサイトを工夫することで活用法は無限大です。BtoBはもちろんのこと、リクルーティングにおいても、効果的な活用ができることでしょう。

潜在ユーザーを効率的に誘導したい、短期間で効果を得たいと考えている企業にはおすすめです。ライバルマーケティングという新しい手法を利用することで、リスティングやリマーケティングでは得られない効果が得られることでしょう。

画像出典元:「ライバルマーケティング」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

MAツールの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】MAツール選びのお役立ち資料
MAツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ