Pardot

4.0

記事更新日: 2020/11/17

執筆: 編集部

良い口コミ・評判

月にして10商談ほど増えた。

Pardotを導入してからは、月にして10件ほど商談の機会が増えています

また、自社ホームページへ流入してくれた方を逃さず拾っていくこともできていて、今までできなかった営業が可能になりました。他にも、SFAのSalesforceとの連携が非常によく、連携させれば大きな成果を上げられると思います。

悪い口コミ・評判

15万円と高額、リードが少ない会社は使いこなせない

このツールは、15人で利用していますが、月々15万円とかなり高いです。

また、インターフェイス面も使いにくく、活かしきれていないのが現状です。リードが少ない会社は費用対効果が見合わない場合も多いはずなので、しっかりと検討した後に導入を判断するべきだと思います。

編集部コメント

「Pardot」は、世界の5,000社以上で導入されているBtoB専用MAツールです。SalesForce社の各ツールと連携できますが、特にSFAツールSalesForceと連携すると商談管理までカバーできるため、非常に効果的です。機能が充実している分、利用料金が高いので、顧客数が1万以下の企業ではコスパが悪いでしょう。

マーケティングオートメーションを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

マーケティングオートメーションを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする6サービスの資料をダウンロードできます。

Pardotだけ知りたい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

Pardotの資料を請求
1. ドリッププログラム

見込み客(リード)の行動に応じてメール配信を設定できる機能

2. 自動割り当て

見込み客を最適なタイミングで営業に引き渡すことが可能

3. 動向追跡

見込み客のWEB上の動きをログで確認でき、育成から商談までのプロセスを把握可能

良い点

スコアリング機能により、客観的にリードの確度を判定することで、効率的に見込み顧客の抽出が可能になり、マーケティング効果を随時可視化・改善できます。

悪い点

機能は多岐に渡りますが、標準的な料金プランのGrowthでも月150,000円という高額設定です。リード数が5万を超えてくる企業でないと効果を実感しにくいでしょう。

費用対効果:

各料金プランは機能が明示されており、自社の必要に応じたプラン導入が叶います。

UIと操作性:

ドラッグ&ドロップで、フォームやランディングページを直感的にカスタマイズ可能。

社外連携:

検索連動型広告キャンペーンの実施やSales Cloudとのシームレスな連携が可能です。

Pardotの3つの特徴

1. リアルタイムでの有望な見込み顧客の創出

見込み顧客の動向追跡やセグメント機能によって、関心に即したコンテンツ供給を行い、見込み確度の高い顧客へと育成します。

見込み顧客をさまざまな角度から分析し、特に有望な見込み顧客を見つけるためのスコアリング機能も充実しているので、営業効率の大幅改善が期待できます。

また、見込み顧客に大きな動きがあったらリアルタイムで通知を届けてくれるので、迅速なフォローアップが可能です。モバイル端末のアプリでもこの機能は利用できるので、外出先でタイミングを逃すことなく対応できるようになります。

顧客の見込み度合いを分析

 
 

2. マーケティングコンテンツの充実化

「Pardot」ではA/BテストとSPAM解析を活用することによって、膨大な顧客のデータを分析し最適化したコンテンツを提供することができるようになります。この機能によってEメールなどのコンテンツもより充実した質の高いものになることが期待できます。

また、他にも直感的に操作できるビルダーによってイベント専用のページや入力ホームの作成が可能です。フォーム入力も内部スコアと連携できるので、データ分析を利用した効率的なマーケティングができるようになります。

スコアリング機能と連携した直感的なビルダー

3. 投資対効果の可視化により改善を常に意識

「Pardot」は、配信されるレポートによりマーケティング活動のROI(投資対効果)を常に把握できます。

視覚的なレポート機能、カスタム可能なWave機能が充実しているので、マーケティングアクションを体形的に捉えることが叶います。

営業サイクルが正常に機能しているかを確認できるエンゲージメントレポート・ライフサイクルレポートを活用すれば、有効な過程・不要な過程を判断することも容易です。


マーケティング成果を可視化

ただし、操作画面が味気ないとの声も聞かれます。Pardotの画面は良くも悪くも無駄がなく、b→dashやLinyと比較すると作業感が強い印象を受けるかもしれません。

 
 

Pardot(パードット)の料金プラン

「Pardot」には、3種類の料金プランがあります。

標準的なプランの「Growthプラン」は月150,000円

最も利用されている「Plusプラン」は月300,000円

イノベーションを実現する高度な「Advancedプラン」は月480,000円

マーケティングチームと営業チームの効果的な連携を実現できる「Salesforce Engage for Pardot」を利用したい場合には、ユーザー1人につき月6,000円の料金が必要です。

無料プランは用意されていません。料金の詳細は資料をご参照ください。

 
 

Pardotの導入事例

新たなマーケティング施策の構築へ
パーソルキャリア株式会社
顧客の行動をPardotで検知し、Sales Cloudを通じてインサイドセールのチーム全員に共有する仕組みを構築。誰が担当しても、Sales CloudおよびPardotから示されるプロセスとルールを守ってアクションを行えば、必ず一定以上の受注率を維持できると実証した。インサイドセールスに転換した現在、1人あたりがコンタクトをとるお客様は、従来の約5倍に拡大した。
Pardot でキャンペーンとメールマーケティングを大幅効率化
ソニー不動産株式会社
Pardot で入力フォームを作成するのは非常に簡単。フォームに名前をつけてフィールドを定義するだけなので、慣れればものの 10 分で作れます。新サービスの開発期間を 3 分の 1 に短縮、反響数は 6 か月で 2.5 倍に!さらに Pardot は、新サービスにおいても不可欠な存在になっています。

※「Pardot」公式HP参照

Pardotの評判・口コミ

広告業
31~50名

Salesforceとの相性が良い

自社ではこちらのツールを二人で利用しています。ランニング、イニシャルコストは10万円でスムーズに導入することができました。弊社ではもともとSalesforceを利用していたため、それとの連携相性や、利用しやすさ、担当のサポートの見たうえで導入を決定しました。課題解決の道筋はできているものの、こちらの戦略変更などもあり活用方法の見直しが今後必要となってくる予定です。

こちらのツールはUIもSalesforceに近いので、SalesforceのUIに慣れていれば、簡単に利用を開始することができます。他に候補として、マルケトなどもありましたが、やはり連携の面でこちらを選びました。

SaaSモデルのビジネスをやられている会社であればですが、The modelを取り入れている企業も多いと思うので、その実現にはこのツールの導入が必要と感じます。

広告業
251〜500名

コストが高いが、その分成果も出してくれる

このツールは月額のコストが非常に高いです。そこがネックになり、会社ではかなり導入が渋られていましたが、私がこのツールの導入担当者であるため、今後MAの必要性を訴えかけ、何とか導入にこぎつけることができました。
私は印刷会社にて営業を担当しておりますが、3年ほど前から、主力の折込チラシ受注が大幅に削減しており、新規の商材の開発、売り込みに注力しなければならない状況になりました。さらにコロナにより、展示会を利用してのリード獲得が難しく、インサイドセールスの必要性がさらに高まっており、そのような状況を鑑みて、導入に至りました。
過去に名刺交換をさせていただいたお客様へメール配信し、感度の高いリードが拾えるようになったことで、商談の回数が少しづつですが、上がって来ました。インターフェイス面が若干使いにくいですが、有り余る実力を持ったツールだと思います。
以上を踏まえると、問い合わせを増やしたい企業は積極的に導入にするべきツールだと思います。テレアポなどの人海戦術も時として必要かもしれませんが、導入し、上手く流れに乗れば、かなり心強い味方になると思います。

まとめ

リードの行動トラッキング機能やスコアリング機能により、高い確度で商談につながりやすいリードを浮き彫りにできるマーケティングオートメーションツールが「Pardot」です。

リードを一元管理し本当の投資対効果を可視化できる、現代のマーケティング施策改善には必携のビジネスツールと言えるでしょう。

Pardotの資料を無料ダウンロード


画像出典元:「Pardot」公式サイト

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

マーケティングオートメーションの資料を一括ダウンロード

ダウンロード時にご登録された個人情報は資料ダウンロードボタンが表示されているサービス運営会社(その連携会社)に提供されます。

その他のマーケティングオートメーション

起業ログが厳選するマーケティングオートメーション
まとめて資料請求する
※資料請求後にサービス提供会社または弊社よりご案内を差し上げる場合がございます。プライバシーポリシーおよび利用規約に同意の上
Pardot
List Finder
b→dash
マーケロボ
Liny
MAJIN
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ