メールマーケティングとは?失敗しない始め方と運用のコツを解説

メールマーケティングとは?失敗しない始め方と運用のコツを解説

記事更新日: 2021/04/02

執筆: 編集部

メールマーケティングは実施しやすく効果も出やすいため、マーケティング施策としてはとっつきやすくおすすめの施策です。

ただメールマーケティングの現実をお伝えすると、ビジネスマンのメール受信数は平均50通/日、仕事関連で受信したメールのうち開封するのは69%と、普及しているがゆえの難しさがあることもまた事実です。

本記事ではそんなメールマーケティングについて、見込める効果やスタートまでの手順、失敗しないために押さえておきたいポイントまでご紹介します。

メールマーケティングとは?

メールマーケティングとは、文字通りメールを活用したマーケティング手法です。

自社の登録会員にメールコンテンツを送り、商品やサービスを認知・購入してもらうために用いられるマーケティング施策の1つです。

メールマーケティングでは、リード育成と相性が良いといえます。

リード育成では、自社サービスへの興味関心・購買意欲を高めるために中長期的にアプローチを行っていく必要がありますが、普及率・継続性を鑑みてもメールマーケティングは適した施策の1つです。

メールマガジンとの違い

メールマーケティングにはメールマガジンも含まれるため、実際にはほぼ同じものです。

実際には「メールマーケティングという大きな括りの中にメールマガジンという施策がある」と考えた方が、より正確といえます。

メールマガジンのコンテンツは、新商品やキャンペーン情報などどちらかというと不特定多数の人を対象とした一般的なものであり、内容によっては特定の性別・年代・好みの層には訴えかけない場合もありましす。

メールマーケティングは見込み客や既存客それぞれのニーズに応じたメールを適切なタイミングで配信するので、メールマガジンよりも、問い合わせや商品購入などのアクションに結びつきやすいという利点があります。

メールマガジンは会員に対して自社のいいイメージを伝えエンゲージメント(自社に対する信頼度)を高めるという効果があります。

メールマガジンもメールマーケティングで使えるメールの種類のひとつです。後ほど紹介する他の種類と並行して利用することで相乗効果を期待できます。

メールマーケティングの効果とは?

1. 低コストで導入・運用できる

後に紹介するメールマーケティングツールを利用すれば、自社の登録会員を属性ごとに分けてセグメント化することができます。またメールの開封率やURLクリック数などの効果検証もできます。

こうしたツールはたくさんあり、月額利用料が数千円程度というサービスもあります。

テレアポ・チラシ・Web広告などマーケティング施策にはいろいろな方法がありますが、そうした方法と比較しても低コストで導入・運用ができるというメリットがあります。

2. ターゲットマーケティングが可能

メールマーケティングでは自社の登録会員を、性別・年齢・閲覧履歴・購買履歴などのデータをもとに分類し、それぞれの会員に適した内容のメールを、適切なタイミングで送ることができます

例えば、誕生日が登録されていれば、その誕生日に特別な割引クーポンが付いたメールを配信するということも可能です。

特定の層をターゲットにしたマーケティングが行なえるというメリットがあります。

3. マーケティング戦略に役立つ情報を入手できる

メールマーケティングツールを利用すれば、開封率・URLクリック率などの効果検証が行なえます

数値に基づいた分析を行うことで、より効率的にマーケティング戦略を組み立てることができます。

効果検証については後ほど詳しく解説します。

4. 高いROI(投資対効果)が期待できる

メールを受信することをすでに許可している見込み客や顧客にメールを配信するので、コンバージョン(資料請求や商品購入など目的達成につながる行動をとってもらうこと)しやすいという利点があります

高い効果を期待できるツールですが低コストで導入できるので、ROI(投資対効果)が高いマーケティング施策です。

メールマーケティングの4つの種類

1. メールマガジン

登録会員すべてに、新商品やキャンペーン情報など同じ内容を一斉配信するメールマガジンは、コンテンツの自由度が高いというメリットがあります。

自社の認知度を深めたり、エンゲージメントを高めたりできる効果があるので、昔から使われている方法ですが、今でも一定の効果を期待できます。

2. ステップメール

会員登録してくれた日を起点とし、ユーザーに次のアクションを促すメールを段階的に送るするという方法です。

例えば、商品購入時に新たに会員登録したユーザーに以下のようなステップメールを送ります。

最初から目的を設定しそれを達成するようなシナリオを用意します。そして、その目的を達成するように配信日と内容を考えたメールを段階的に送るのがステップメールです。

登録会員の離脱を防ぐ、購買意欲を高めるという効果を期待できます。

3. ターゲティングメール

セグメントメールとも呼ばれるこのメールは、登録会員を「設定した条件」ごとにセグメント化し、そのセグメントに適したメールを配信するという方法です。

30代・女性・東京都在住・会社規模50人~100人など細かい条件を設定しセグメント化するためには手作業での仕分けでは無理があります。ですからメールマーケティングツールを使うのがおすすめです。

ターゲティングメールにより、登録会員にとってより興味のある情報が受け取れるようになるので、メールの開封率や記載されているURLのクリック率が上がるという効果が期待できます。

4. 休眠発掘メール

一定期間アクションのない登録会員に対して何らかのアクションを促すメールです。

登録会員が休眠会員になる条件として、タイトルだけで不要と判断されている、メールが迷惑メールフィルタでふるい分けされているなどの理由が考えられます。

こうした状況を改善するために、メールの差出人表記を変更する、タイトルを工夫するなどの方法があります。

もし休眠会員がこれらの方法により何らかのアクションを取れば、先ほど紹介したステップメールやターゲティングメールで休眠状態からの復活を促せるでしょう。

メールマーケティング実施の流れ

KPI設定をする

メール配信から登録会員をコンバージョンまで導くことがメールマーケティングの最終目標です。

最終目標であるコンバージョンにどれくらい繋がっているのか、どれくらいコンバージョンすれば成功といえるのか把握するためにも事前にKPIを設定しておきましょう。

メール配信におけるKPIは以下の4つに分けられます。

  • 到達率
  • 開封率
  • クリック率
  • コンバージョン率

どれも重要な指標なので、以下で詳しく解説します。

1. 到達率

メールをたくさん配信してもユーザーに届かなければ次の段階につながりません。ですからまず到達率を考えなければなりません。

到達率は以下の式で計算できます。

到達したメールの数÷メール総数×100=到達率

到達率の低い原因として無効なアドレスに送り続けていることが挙げられます。無効なアドレスにメールを送り続けていると受信側のサーバーからスパムメールと判定される可能性があります。そうなるとその他の有効なメールアドレスへのメールもブロックされる可能性が出てきます。

高い到達率を維持するために無効なアドレスは配信リストから削除しましょう。

2. 開封率

メールが届いても、次に障害となるのがそれが開かれるかどうかです。HTMLメール形式で配信すれば開封率が測定できます。

開封率は以下の式で計算できます。

到達したメールの数÷開封されたメールの数×100=開封率

平均値:15~20%

開封率を上げるカギはメールの「タイトル(件名)」です。

ユーザーの目に留まり、気を引くようなタイトルにすれば開封率は上がります。

また先ほどの成功事例でも紹介したように、配信する時間もポイントです。登録会員の行動を分析しメールを開いてもらいやすい時間帯に配信できるでしょう。

3. クリック率

クリック率はメールに記載されているURLがクリックされた割合です。

(クリックされた数÷配信成功数)×100=クリック率

平均値:2~3%

開封されたもののクリックされなかったということは、「その会員には必要な情報ではなかった」と推測できます。

そこから出発して「この会員にはどんな情報が必要なのか」ということをもう一度分析していきましょう。

導き出した仮説をもとにもう一度最アプローチしていくことが重要です。

4. コンバージョン率

メールマーケティングにより資料請求や商品購入などの最終目標が達成された割合です。

  • コンバージョン率

(コンバージョン数÷配信成功数)×100=コンバージョン率

目標値:1%

  • クリックした人のうちのコンバージョン率

(コンバージョン数÷クリック数)×100=コンバージョン率

コンバージョン率を上げるためには会員との信頼関係を築くことが大切です。

会員登録後すぐに個人的にメールでキャンペーン紹介をしたり、商品の売り込みをすれば、信頼関係がまだ築けていないので会員が離れていく可能性が高まります。

ターゲティングメールなどで役立つコンテンツを段階的に配信し、信頼関係を築いてから、キャンペーンやセール情報を配信すればコンバージョン率を上げることができるでしょう。

またメールマーケティングから実際の成約までに至った成功事例、成約に至らなかった失敗事例それぞれを分析し、そこから原因を探り次に施策に活かすという方法もあります。

送信先アドレスの準備

KPIが決まったら、送付先のメールアドレスを設定します。

送信数がどれくらい必要なのか、という点を明らかにするためにも先ほどのKPIは重要になってきます。そのためには最終目標から逆算して各種目標を設定していきましょう。

その月の最終目標(=コンバージョン数)が10件と仮定します。

以下の条件で配信すると仮定しましょう。

  • クリックした人のうちコンバージョンに繋がる率:2%
  • クリック率:2%
  • 開封率:15%
  • 到達率:90%

 

目標コンバージョン数5件/月

コンバージョンポイントに250人

クリック数12,500

開封数83,333件

送信数92,593

上記の条件ではひと月に約9万件のメール送信が必要ということがわかりました。

上記の数字が把握できるだけでも、今後の方針が決めやすくなります

送付先のアドレス数が足りない場合はアドレスの獲得に、送信回数が少ない場合は月のメール配信数を増やす、など次の行動が見えてくるため、目標から逆算して送信数の設定をしましょう。

メール作成

実際に送付するメールの内容や送信先を決めていきます。

ステップメールの場合

ステップメールでは、送信するメール内容はあらかじめ決まっています。

そのため、メールアドレスを登録したユーザーの次の動きや、求めている情報に沿った内容で配信するメールを作成する必要があります。

ステップメールの作成方法の詳しい解説は以下の記事もぜひ参考にしてください。

 

ターゲティングメールの場合

メールの訴求内容とターゲットの属性が一致していることが必須の条件です。

極端な例ですが、自社の売りたいサービスが男性向けの商品にも関わらず、女性に向けて商品のアピールをする、といったことは避けるべきです。

CVに繋げたいものとターゲット属性が一致するように、内容を設定していくと考えやすいかもしれません。

メール配信

メールマーケティングでは高頻度で改善を繰り返しながら、大量のメールを送付するため、メールの管理を助けてくれるツールを導入することをおすすめします。

メール配信システムを使うことで、単にメールを送るだけではなく、セグメンテーションや到達率の計測、といった効率を高めながらのメール配信も可能になります。

成果の分析

メール配信を行った後は、KPIをはじめとした成果を確認しましょう。

メール配信ツールやマーケティングオートメーションといったツールを使うことで、到達数や開封数、クリック数、コンバージョン数は簡単に把握できます。

KPI目標に対しての進捗や、進捗が芳しくない場合はその原因などの分析を行いましょう。

改善

成果の分析を行う過程で集まったデータや問題点はそのまま次の施策の改善に活かしましょう。

KPIで設定した各種目標のうち、どこがボトルネックになっているのかを把握することで的確な改善施策をうつことができます。

メール配信に役立つツール8選

メールマーケティングではメールの送信と同じくらいに、継続的な改善が重要です。

継続的な改善を行うためにも、分析に必要な「開封数」や「クリック数」といったデータも自動的に取得してくれるツールを利用することを強くおすすめします。

おすすめのメール配信システム4選

4年連続売上成長率1位!『WiLL Mail』


画像出典元:「WiLL Mail」公式HP

特徴

WiLL Mail高機能を比較的安価に使うことができる、コスパの良さが魅力です。初期費用も無料なので気軽に導入することができます。

また、感覚的に操作できる点でも非常に利用者の評価が高く、たとえばHTMLメールの作成では、メルマガ作成にかける時間が導入前の4分の1になったという評判もあります。ドラッグ&ドロップのマウス操作だけで簡単に作ることができるため、専門知識も必要ありません。

分析機能では開封・クリック・コンバージョンの分析をグラフやヒートマップを用いて比較することもできます。

ヒートマップを活用すれば、多数のユーザーが注目している部分とそうでない部分が浮き彫りになるため、バナーを張る位置や、レイアウトなどの検証しながらユーザーの行動を分析することが可能です。

配信数に応じた従量課金制の料金プランを導入しているため、無駄な出費を抑えて導入することができるのも大きな魅力と言えるでしょう。

機能

  • ドラッグ&ドロップの簡単操作
  • スマホ対応のHTMLメール作成
  • 開封・クリック・コンバージョンの分析
  • 12種類の分析機能
  • ステップメール配信機能

料金プラン

「WiLL Mail」の料金プランは月間配信数に応じた従量課金制です。

プレミアムプランとシングルプランがあり、シングルプランで定額課金の場合には以下のような料金体系となります。

初期費用 月額費用 配信数
無料 4,000円~ 5,000〜

 

 

 

法人導入シェア数7年連続No.1 『blastmail』


画像出典元:「blastmail」公式HP

特徴

blastmail(ブラストメール )は法人導入シェア数7年連続1位を獲得し続けているメルマガ配信システムです。年間メール送信数の上限の高さとお手頃な価格、長年の実績から多くの企業に信用度の高いツールとして使用されています。

ブラストメールは最安プランでも3,000件ものアドレスに向けて配信することが可能です。加えて月額費用内での配信数は無制限のため、1か月の間に多くの人に向けて複数回配信する使い方をする場合に特に適しています。

機能

  • HTMLメール作成
  • アドレス自動排除機能
  • 空メール登録
  • ターゲット配信
  • クリック率・開封率の測定

料金プラン

初期費用 月額費用 登録アドレス数
10,000円(1年契約で半額) 3,000円~ 3,000件~

 

 

 

世界50万社に選ばれているシステム『Benchmark Email』

画像出典元:「Benchmark Email」公式HP

特徴

Benchmark Emailは世界50万社に選ばれている、とても人気なメール配信システムです。 ドラッグ&ドロップだけで誰でも簡単にHTMLメールを作成でき、500種を超える豊富なデザインテンプレートを使うこともできます

HTML上級者の人向けにはより自由にカスタマイズできるエディタも用意されているので、初心者だけでなく、デザイン重視の場合にもおすすめできるサービスです。

初期費用が無料で月額費も1,800円から選べるので、コスト面も優しいのが特徴です。

機能

  • HTMLメールの作成
  • 購読者分析・クリックヒートマップによる効果測定機能
  • オートメーション
  • A/Bテスト

料金プラン

初期費用 月額費用 登録アドレス数
無料 1,800円~ 500件~


無料トライアルで基本的な機能を試すことができるため、導入を検討している場合には是非一度試してみることをおすすめします。

 

 

業界トップクラスの圧倒的高速配信『MailPublisher』

画像出典元:「MailPublisher」公式HP

特徴

「MailPublisher」は配信速度や配信到達性に課題をお持ちの企業におすすめしたいメール配信システムです。

「4,100万通/時」の圧倒的な高速配信が実現するだけでなく、500種類以上のエラーメールを自動解析するエラー解析エンジンを搭載しており、高い到達率を実現します。

また、CDP、BIツール、ECシステムなど社内外のシステムと連携可能な点も魅力です。

機能

  • エラーメール自動解析機能
  • 受信環境に応じた送り分け設定
  • CDP、MA、ECシステム、レコメンドエンジン等、外部ツールとの連携

料金

月額費用25,000円からの利用が可能です。

月の配信通数によって、料金体系が分かれており、月の配信通数が多ければ多いほど、メール1通あたりの金額はリーズナブルになります。

詳しくは無料資料をご参照ください。

MailPublisherの資料を無料ダウンロード

 

 

メール配信にも使える!マーケティングオートメーション(MA)ツール4選

MAツールとは?

MAとはMarketing Automation のことで、マーケターが「本当はやりたいけれど、工数がかかりすぎてできないきめ細かな対応」を全て代わりにやってくれるツールです。

MAツールの備えている機能は、リードとの関係性に応じて以下のようなものが用意されています。

  • リードの獲得  自社HPの作成・メルマガ配信・SNS利用による新規顧客の獲得 
  • リードの育成  自社への関心を高めてもらうためにメール配信や商品案内を実施
  • リードの分類  過去の行動履歴から顧客に点数をつけ、確度の高い顧客を営業へ紹介
  • 分析      配信コンテンツの中身や配信タイミングを分析し、ブラッシュアップ

MAツールは料金が高額ではあるものの、メール配信以外の業務もカバーしている非常に多機能なツールです。

リード数や会社の規模によってはMAツールの導入も検討したほうがいいかもしれません!

BtoB:セールスフォース社の製品と連携するなら『Pardot』


画像出典元:「Pardot」公式HP

おすすめしたい企業

  • ハイスペックでMAを導入したい企業
  •  セールスフォース社の製品を導入している企業
  • 顧客数が5万以上、自社メディアのPVが50万以上の企業

 

強み

  • セールスフォース社の各種ツールと連携可能
    SFAツールSalesForceと連携すると商談管理までカバーできることが強みです。
  • 高確度なスコアリング機能
    顧客別にリードスコア・行動スコア・行動履歴が操作画面上に常に表示されるため、リアルタイムに進捗を確認できます。
  • 世界の5,000社以上で導入
    世界的なツールです。英語・日本語両方で表記可能なので、海外に支店がある企業は全社的に利用でき、便利です。 知名度が高いだけでなく、セキュリティ面でも評価されています。

 

発生する費用

初期費用 Growth Plus Advanced 無料お試し
0円 150,000円/月 300,000円/月 480,000円/月 ×


マーケティングチームと営業チームの効果的な連携を実現できるSalesforce Engage for Pardotを利用する場合は、月6,000円/1ユーザーが必要です。

詳細はこちらの資料をご覧ください。

 

BtoC:安心して導入できるのは業界シェアNo.1『b→dash』


画像出典元:「b→dash」公式HP

おすすめしたい企業

  • 社内にエンジニアがいない企業
  • 段階的に機能を増やしていきたい企業
  • 顧客数が1~5万、自社メディアのPVが5~10万の企業

 

強み

  • 導入形態を選べる
    データマーケティングに必要な機能をフル導入するも良し、自社に必要な機能だけを選んで導入するも良し。導入する上での柔軟性が高いことが魅力。
  • UI/UXの使いやすさ
    2019年度グッドデザイン賞受賞したデザイン性の高い操作画面です。プログラミング知識がなくても自由にデータを処理・加工・活用可能。アルバイトでも使いこなせるとの声もあります。
  • 業界初のテクノロジー「Data Palette」を搭載
    社内に点在するデータの取込・統合・変換・活用が叶います。

 

発生する費用

初期費用 月額費用 無料お試し
要問合せ 300,000円 ×

こちらの資料から詳細をご覧いただけます。

b→dashの資料を無料ダウンロード

 

 

BtoB & BtoC:直感的なインターフェース『MAJIN』


画像出典元:「MAJIN」公式HP

おすすめしたい企業

  • 初めてMAを導入する企業(専任の担当が並走してくれる) 
  • Excelで顧客情報を管理している企業(Excel並みの簡単操作) 
  • 顧客数1万以下、自社メディアのPV5万以下の企業

 

強み

  • 簡単で分かりやすいUI
    独自開発機能「シナリオキャンバス」により、シナリオ作成から運用まで全ての業務を1つの画面で操作可能。
  • シナリオ設計が高機能
    リードの獲得から分類までを完全に自動化できます。
  • 10万円でフル機能装備
    月額10万円の1プランで明瞭です。オプション機能をつけることもできますが、7~8割の企業はオプションなしで運用しています。

 

発生する費用

初期費用 月額費用 無料お試し
100,000円 100,000円 30日

オンラインサポートは無料です。

導入時のサポートや導入後のコンサルティングには費用が発生します。
(スタートダッシュサポート:200,000円 コンサルティング:月1,000,000円)

MAJINの資料を無料ダウンロード

 

 

BtoB特化:上場企業での導入率No.1『List Finder』


画像出典元:「List Finder」公式HP

おすすめしたい企業

  • 初めてMAを導入する企業(専任の担当が並走してくれる) 
  • Excelで顧客情報を管理している企業(Excel並みの簡単操作) 
  • 顧客数が1000〜1万以下、自社メディアのPVが5万以下の企業

 

強み

  • 低価格
    月額3万円台から利用可能。スモールスタートしたい企業にぴったり。
  • 配信レポートが充実
    メールの開封率やクリック率だけだなく、配信した顧客の中にどれだけホットリード・ワームリードがいるかを一目で確認可能。他ツールにはない機能です。
  • セールスも活用できるUI
    多くの導入企業が、マーケ部だけでなく営業現場でも活用しています。引き継いだリードの動向をセールスが継続的に確認し、さらなるリードの質向上につなげています。
  • 導入後6ヶ月間のコンサルティングが無料
    専任のコンサルタントが並走してくれるため、より自社に即した運用スタイルを見つけられます。テクニカルサポートも無料。FAQサイトや定期的な勉強会、個別相談会など、万全のサポート体制。

 

発生する費用

初期費用 ライト スタンダード プレミアム 無料お試し
100,000円 39,800円~/月 59,800円~/月 79,800円~/月 20日


PV数・顧客データ数に応じて、課金される従量課金制ですが、基本プランでも50,000PV・顧客数5,000件まで管理できるので、ほとんどの企業が39,800円で運用できています。

サポート費用は無料です。

 

 

まとめ

メールマーケティングについてご紹介しました。

改めて、メールマーケティングは実施しやすくかつ効果も出やすいため、マーケティング施策としてはとっつきやすくおすすめの施策です。

本記事でご紹介した内容を元に売上を拡大させていってください。


画像出典元:O-DAN

MAツールの概要・サービス一覧をみる

最新の記事

比較検討におすすめのお役立ち資料

【特典】MAツール選びのお役立ち資料
MAツール
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ