CCCMとは?ツールと機能をOne to Oneマーケティングに活用!

CCCMとは?ツールと機能をOne to Oneマーケティングに活用!

記事更新日: 2020/10/26

執筆: 編集部

CCCMは、マーケティング手法の一つでオンラインとオフラインから顧客との複数の接点(チャネル)活用して、顧客ひとり一人に合わせた売り込みアプローチを図る事です。

この記事では、顧客一人一人に合わせたプロモーション(One to Oneマーケティングなど)にCCCMが必要とされる背景と活用ツールの機能を解説します。

CCCMの運用メリットと運用スターまでのポイントも理解できます。

CCCMとは

CCCMとは「クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント」を省略したものです。

CCCMは、マーケティング手法の一つでオンラインとオフラインから顧客との複数の接点(チャネル)活用して、顧客ひとり一人に合わせた売り込みアプローチを図る事です。

クロスチャネル(複数チャネル)とは、アプリのプッシュ通知やメール、LINEなどを指します。

主にOne to Oneマーケティングの時に活用される手法がCCCMです。

本来は、CCCMを可能するツールをCCCMツールと呼びます。

しかし、近年はCCCMというワード自体がCCCMツールを指すことも多くなっています。

CCCMを活用する業種とは

CCCMは商品販売をする業種やサービス提供の業種など様々な業種で利用されています。

インターネットの通販サイトやアパレルの店頭販売はもちろんのこと、クラウドサービスなどでもCCCMは利用されています。

CCCM活用の背景

CCCMが注目されている理由は「顧客とのチャネル増加」「顧客の購買行動の多様化」があります。

1. 顧客へのチャネル増加

現在はスマートフォンが普及してきたことで、顧客へのチャネルが増加しています。

顧客自らクロスチャネル(ネット、SNS、メール、アプリ、YouTube、LINEなど)から商品情報を得るようになり、顧客の意志で買う・買わないの判断を行うようになりました。

企業は顧客へ積極的に情報提供をしていき、興味と購買意欲を引き出すためにクロスチャネルの運用が必要になっています。

2. 顧客の購買行動の多様化

また、購買チャネル(実店舗・ネット・アプリ・フリマなどの個人間売買など)も増え、顧客の購買行動の多様化もCCCMが普及している要因です。

モノを売る事に対し顧客の意思決定と購買行動が主導権を持っている現在は、従来のマーケティングの売り込み型アプローチの効果がなくなってきています。

企業はCCCMツールを活用して顧客一人ひとりに対して「One to Oneマーケティング」でアピールすることが求められています。

CCCMの特徴的な機能

MAとCCCMの基本機能は顧客管理とデータ分析ですが、CCCMの特徴的な機能が2つあります。

クロスチャネル対応

CCCMはクロスチャネルを利用したアプローチを前提として機能が設定されています。

通常のMAではクロスチャネル対応ができません。

リードのデータ分析

リードのデータ分析はMAにも搭載されている機能ですが、より細かい項目や個人データを分析できるのがCCCMツールです。

CCCMが分析する情報は住所・年齢・性別などの個人情報が中心です。

「どの地域にリードが多いのか」や「どの年代のリードが多いのか」などを分析できます。

職業情報があれば「どの職業の人に支持されているのか」なども分析できます。

CCCMはOne to Oneマーケティングに活用されるものですので、マーケティング対象の詳細情報が見えるデータ分析が可能です。

CCCMツール導入準備のポイント

CCCM導入目的の明確

CCCMの特徴と自社が望むOne to Oneマーケティングどの特徴を重要視するのか決めるために、導入目的・導入したい機能を明確にすることが重要です。

CCCM運用体制の整備

CCCMの導入が決まったら、運用体制を早急に決定します。

主に下記の項目を検討します。

  • CCCMの担当者とツール運用の人材の確保
  • CCCMツールの人材確保出来ない場合はアウトソーシング
  • CCCMツールの研修期間
  • CCCMの導入から運用開始までの期間

CCCMは細かい顧客対応を可能にするツールですが、正しく設定や機能を使いこなすことが重要です。

社内のCCCM運用体制を整えましょう。

CCCMツール導入のメリット

業務が効率化できる

CCCMを利用するとマーケティング業務効率化できます。

CCCMに対応したツールの中には業務を自動化するような機能もありますので、CCCMの活用で工数の削減を見込めます。

例えばCCCMに対応したツールは以下の機能を持っています。

  • リードの自動選別機能
  • 広告の選択機能
  • マーケティング結果の分析機能

今までは人間が対応していた業務はCCCMに対応したMAツールに置き換えられます。

CCCMに置き換えができれば、ツールの力を借りて業務を効率よく進められます。

リードに合わせたアプローチができる

CCCMを導入するとリードに合わせたアプローチができるようになります。

全員に対して同じようにアプローチするのではなく、リードの特性を踏まえたものにできるのです。

リードが多くいる状況であっても、無駄なくアプローチができるようになります。

例えばCCCMを利用すると以下のようなアプローチができます。

  • 「緑茶」をお気に入りしている人へ類似商品「麦茶」の案内をメールする
  • 「Tシャツ」をお気に入りしている人へ在庫数が3個以下であるとメールする
  • 「Aさんの新刊」の広告を表示した人に「Aさんの過去の書籍」の広告も表示する

CCCMを利用するとあらかじめ用意したパターンに該当する人へ適切にアプローチでき、販売などにつながりやすくなります。

導入から運用スタートまでの流れ

コミュニケーション戦略の立案

CCCMを実現する場合、最初にコミュニケーション戦略の立案が必要です。

コミュニケーション戦略はマーケティング用語であり「製品やサービスの情報を効果的に顧客へ伝える戦略」を意味します。

ただ、これはCCCMのためだけではなく、マーケティング戦略の一環として検討されるものです。

そのため、すでに検討されているものがあれば、その方針に従ってツール導入なども進めます。

改めて戦略を立てる場合は、リードの分析から始めます。

現場の調査を行い、どのような戦略を立てるべきか仮で決めるのです。

その後、仮説をもとに具体的な内容を検討していきます。

「ターゲットとなるリード」「コミュニケーション方法」「ゴール」を明確に決めていきます。

アピールコンテンツの作成

アピールコンテンツとは「実際にリードに向けて発信する情報」を指します。

例えば「メール」「Webサイト」「ダイレクトメール」「スマホアプリのプッシュ通知」などのコンテンツです。

リードが目にする情報を作っていきます。

ここのコンテンツがリールがどう行動するかにつながります。

マーケティング手法を検討するだけではなく、ここのコンテンツ作成にも力を入れなければなりません。

まとめ

CCCMは商品販売をする業種やサービス提供の業種など様々な業種で利用されています。

MAをしている企業でも、これとは別にCCCMの導入を検討するべきです。

MAでは対応しきれない詳細な顧客管理と作業の効率化を図れるのが、CCCMです。

CCCMを活用するためには、適切なツール選定と準備をしましょう。

画像出典元:Burst

最新の記事

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ