Microsoft365

3.5

記事更新日: 2021/09/30

執筆: 編集部

編集部コメント

Microsoft365は月額900円でWordやExcelなど多彩なアプリを利用できるオフィス向けグループウェアです。クラウドサーバーを介し、場所や時間を問わずに作業ができる一方、オフィスのメンバーともシームレスな連携が可能です。仕事における情報共有を活発にし、アイデアを形にしていきたいと考える会社におすすめのソフトです。

グループウェアを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

グループウェアツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする3サービスの資料をダウンロードできます。

1. 低コスト

1ヶ月900円から利用可能

2. 自動更新

WordやExcelなど常時最新版のビジネスシーンに役立つアプリを利用可能

3. 多言語対応

30か国語以上に対応

良い点

クラウドを利用しているため、利用にあたって場所や時間を問いません。それは他のメンバーとの情報共有にも役立ちます。

悪い点

Macでは利用できるアプリケーションや対応言語に制限があります。

費用対効果:

WordやExcelが利用できるプランは1ユーザーにつき月額900円からとなっています。プランによっては1ヶ月の無料トライアルがあります。

UIと操作性:

アプリケーションは定期的に更新されるため、常に最新版が利用できます。

サポート体制:

24時間年中無休の電話とオンラインでのサポートがあります。

Microsoft365の特徴3つ

1. ビジネスのあらゆるシーンで活用

Microsoft365の最大の特徴は、ビジネスシーンには必須のアプリケーションが利用できるところです。これらは定期的にアップデートされるため、常に最新の状態で利用できます。

報告書の作成、決算書類、プレゼンテーションなど、オフィスでの作業に必須のアプリケーションである、Word、Excel、PowerPointといったアプリケーションがMicrosoft365には標準で搭載されています。

これらのアプリケーションは、一人最大5台のPCと最大5台のタブレットにインストールできるのも大きな特徴です。場所や時間を問わず作業できるのはもちろんのこと、複数デバイスでの使用は、スマートフォンが急速に普及しつつあるビジネスシーンにおける生産性向上に大変役立つ機能といえます。

複数のデバイスで使用可能

また、これらのアプリケーションには、インテリジェントな編集ツールが組み込まれています。例えば、Excelでは、強化されたインテリジェンスツールがユーザーのパターンを学習しデータ整理をする、Wordではスペルや文法のチェックのみならず文章のスタイルについても最適な改善提案をするなどがあります。

これらを利用することで、短時間でより効果的な資料の作成が可能になります。

インテリジェントツールで効果的なドキュメント作成

アプリケーションは自動で更新され、常に最新バージョンで利用できます。更新や同期などはバックグラウンドで行われるため、煩わしい作業による仕事の中断はありません。

2. チームワークに最適

次に紹介するMicrosoft365の特徴はチームでの連携に効果的なツールが搭載されているところです。ワークシートはシームレスで共有でき、更新が自動的に反映されます。

作成したドキュメントシートは組織の内外を問わず共有できます。Microsoft365に搭載されているOneDriveを利用し保存することで、場所や時間、組織など全てシームレスでのアクセスが可能になります。

また、SharePointでは、同時に複数名によるファイル操作が可能になるので、ビデオ会議中に変更を行いながら完成させるということも可能になります。変更したファイルは保存と共に自動反映されるので、常に最新の状態で共有できます。

どこからでもファイル共有可能

OneDriveでは、ファイルの保存のために1TBの容量が利用できます。様々なファイルを共有し保存するには充分な容量と考えられます。

3. 法人メールサービス

Microsoft365の特徴3つ目は、メールソフトでスケジュール管理もできることです。Microsoft365ではメールクライアントとしてOutlookを利用し、そのサーバーとしてExchangeを利用することで、クラウドの良さを生かした運用が可能になります。

Microsoft365では50GBのメールボックスを保有しています。サイズの大きな添付ファイルの保存にも充分な容量といえます。また、クラウドに保存されるため、外出先からメールを確認でき、サーバーやPCにトラブルがあった場合でもデータが紛失することはありません。

さらに、Exchange Online Protectionにより、スパムやマルウェアからの保護も万全です。

Outlookで行えるのはメールの受送信だけではありません。スケジュール管理も可能です。予定をカレンダーに登録するだけでなく、メールから自動転送もでき、Exchangeを利用すれば予定の共有も簡単です。

メンバー内で予定表を共有しておくことで、会議を設定、招待が簡単に行えます。スケジュールの共有はMicrosoft365を使用するうえでの大きなメリットといえるでしょう。

スケジュールの共有も簡単

Microsoft365の料金プラン

Microsoft 365 Business Basicは、年間契約で最初の 6 か月間無料になります。

Office アプリのみが必要な場合のプランも用意されています。

Microsoft365の評判・口コミ

不動産

11〜30人

導入している会社が圧倒的に多い

利用にかけた費用

大塚商会を通し、ビジネスプランで契約

導入に至った決め手を教えてください。

メールソフトのOutlookを使うため、元々Office365を導入していました。2020年頃に大塚商会よりMicrosoft365になると説明され、更新が行われました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

Outlookのカレンダー機能は、チームに会議への参加を促せたり、動向を把握するのに便利です。行動予定表代わりに使えます。

不便だと感じた点を教えてください。

Outlookのカレンダー機能は、直感的に操作できるとは言い難い部分も多いです。チームの予定を見るために使いこなしたかったのですが、高齢のスタッフには、例えば公開設定や同期の設定などは、説明しても習慣化ができませんでした。使いこなせれば便利なのですが、まずは何ができるのかを把握する所から始めなければならないのは、不便だと感じました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft365内で完結してしまう業務も多く、特に外部ツールと連携しやすいと感じたことはありません。Microsoft365のツール間での連携は、当然ですが大変やりやすいです。(WordやExcel、Outlook)

他の会社にもおすすめしますか?

導入している会社が圧倒的に多いのでおすすめできます。Windowsを利用しているのであれば、アカウントの紐付が推奨されていますので、こだわりがない限りMicrosoft365をおすすめします。

IT

1001人以上

ローカルで開かないとうまく他者との共同編集ができない

導入に至った決め手を教えてください。

リセラーとして販売もしている商材のためかと思われます。

使いやすいと感じた点を教えてください。

ローカルで使っていたOutlookなどをそのまま使えるので、なんの違和感もなく利用し続けられます。以前は、Gsuiteを利用していましたが、その時はメール以外の操作は慣れるまでに時間を要しました。

不便だと感じた点を教えてください。

導入時は関数利用のときなど、Excelとの互換がまだなかったため苦労しました。単純な計算式を入れていたはずなのに計算結果が変わってしまったり、人によってはExcelを継続利用している人もいるため、修正に追われる日々が続いたことを思い出します。

今では互換性が上がっているので、Gsuite利用の方とのデータのやり取りも楽になりました。

ファイル共有などをしていても、ローカルで開かないとうまく他者との共同編集ができなかったりする点は不便に感じています。

外部連携はしやすいと感じましたか?

最近のGsuiteからGWSが連携のしやすさは優位だも認識しています。ExcelなどのOfficeアプリのファイルをそのままChrome上で編集、保存できるのは大変楽です。

レジャー

1001人以上

アップデートが多過ぎて機能に追いつけない

導入に至った決め手を教えてください。

子会社を全て一社化するにあたり、基盤を作り替える必要があり、各社ごと異なっていたグループウェアを一新した。

使いやすいと感じた点を教えてください。

在宅勤務への移行がしやすかった。以前はノーツやサイボーズだったが、メールはGmailが一番使いやすかったと思う。

不便だと感じた点を教えてください。

  • 使うたびにログインと2次認証がいる。
  • アップデートが多過ぎて機能に追いつけないことがある。
  • アウトルックはイマイチ。メールがアーカイブできず、複数のラベル付けができないことが不満。
  • シェアポイントとワンドライブがわかりにくい。社内でも混同する人が多い

通信

1001人以上

ビジネスの世界においてMicrosoft365は共通言語

導入に至った決め手を教えてください。

当時使っていたノーツにはグローバル事業への柔軟な対応で限界を感じ始めていたため、経営判断で、Microsoft365を全社導入することになりました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

Microsoft365にはメールやWORD、パワーポイント、excel等のアプリ以外にもTeamsやShrepoint等沢山の機能を持ったソフトが含まれていたのが良かったです。

当時所属していた商品計画部門では、販売している商品に関する情報をノーツ上のデータベースで全国にいる営業メンバー5000人と共有していました。このノーツデータベースと同じようなことをMicrosoft365でもできるように、Sharepointを使って開発できたので助かりました。

なお、当時は商品件数・商品画像点数もたくさんあったので、60GBを越すほどの大容量の情報量になっておりました。1つのSharepointのサイトに制限もありましたので、情報を分割していくつかのサイトに分けて管理するような階層的なサイト構成で工夫をいたしました。

不便だと感じた点を教えてください。

Sharepointに画像を取り込むと、アクセス時間が遅くなってしまいます。ここがノーツと異なり不便さを感じました。そこで、画像部分とテキスト部分をさらに分割して、画像部分はMicrosoft365のアプリの1つであるOnenoteを利用して管理するようにしました。

外部連携はしやすいと感じましたか?

基幹システムとの連携等はまだやった経験はありませんが、Microsoftの各種ソフトとの連携はとてもスムーズにできるようになっていると思いました。Excelデータからの取り込みはもちろんのこと、SWAYやOnenoteやSharepoint、Stream等との連携は本当に簡単にできました。

他の会社にもおすすめしますか?

私たちが利用しているMicrosoft365は大企業向けのものですが、既に我々のお取引先や競合他社もMicrosoft365をかなり導入されていて、利便性の良さを実感されている様子です。ビジネスの世界においてMicrosoft365は共通言語的なものになりつつありますので、中小企業様にも導入をおすすめしたいです。

1001人以上

メーカー

業務負荷はツール導入前に比べて大きくなった

導入に至った決め手を教えてください。

office2010の後継品として導入。NOTESメール、スケジュール管理ソフトとしてontimeを利用していましたが、同時にoutlookに切り替えました。

使いやすいと感じた点を教えてください。

コミュニケーションツールとして社内の会議がリモートで行えるようになり、業務効率化に繋がったと考えます。コロナ禍前に導入していたため、リモートによる業務改革、時代の変化に対応できたと考えます。

不便だと感じた点を教えてください。

国内の拠点への出張の必要性がなくなり、リモート会議が増加しています。意思決定のスピードは上がった一方で時間外勤務が増えており、全社的な業務負荷はツール導入前に比べて大きくなっていると感じています。会議のための出社の必要がなくなった反面、資料作成までの納期が短くなり、しんどいと感じる時もあります。

外部連携はしやすいと感じましたか?

外部ツールと連携できたら更なる効率化が図れるとも思いますが、Microsoft 365の各ツールをまずは使いこなしていく必要があると考えます。

他の会社にもおすすめしますか?

Microsoftのツールなので使い慣れている人も多く、幅広い業界・会社におすすめできると考えます。ただし、その他sharepoint等のアプリ、は各社で費用対効果を踏まえ導入を検討する必要があると考えます。

IT

1001人以上

資料共有がしやすく多数でもスムーズ

利用期間 

2019年10月~2021年9月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

Officeをクラウドで使用する場合に、メンバー間の共有ができるだけでなくWeb会議としてのTeams連携が行える点。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

以前はSkype for businessを利用していたが、Teamsの方が資料共有がしやすく多人数でもスムーズなやり取りができるところが嬉しい。 

不便だと感じた点を教えてください。 

さまざまな資料共有ができるが、ストレージ的な利用については検索性が低く、どのエリアに必要な資料がアップされているかがとても分かりづらい。そのために別に共有ストレージの運用が必要になっている。これが1つのクラウドで展開できると、かなり利便性が高い。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

Officeとの連携がしやすく、必要なデータや資料を簡単にTeams上で共有できる点が便利。 

他の会社にもおすすめしますか? 

企業で利用することはとてもおすすめ。在宅ワークが増えている環境や地方とのコミュニケーションツールとして利用できるために、会議運用でも効率的な仕事ができると思う。

その他

31〜50人

使いやすいがセキュリティ面が心配

利用期間 

2018年4月〜2019年3月 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

Gmailのように簡単な作りになっていますので、誰でも使いやすく、ツールに慣れていない人でもすぐ使いこなせるところが良かったと感じました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

自分に合ったカスタマイズがしにくいところと、セキュリティ上のリスクがあるところです。自分が手軽に使えるようにアカウントに自動的にログインできるようにしています。あるとき先輩がパソコンを使えなかった際に、私のパソコンを使用して簡単にログインできてしまい、危機を感じました。個人情報を扱っていますので、情報漏洩の点から心配になりました
 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

もともと機能としてslackとの連携が入っていたので、とても簡単でした。

小売

251〜500人

Officeアプリを使用している会社におススメ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

Microsoft365 E3ライセンス 月額約3000円 

利用期間 

2020年11月〜2021年9月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

会社の機関システムとの連携が可能、そこに加わる手厚いサポートが魅力的です。CRM,Potal,BIなどが同じサービス内で拡張ができることも特徴的だと思います。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

クラウド版に切り替え、onedriveを使うことで、Office系の自動保存が容易にできるようになったことが非常に便利だと感じます。また、同じファイルを複数人でリアルタイムに編集できるのは以前ではできなかったことでした。 

不便だと感じた点を教えてください。 

開発元が海外なので、公式の説明が非常に分かりにくかったり、日本版ではまだ未対応の機能が複数あることが不便だと感じます。(当たり前のことですが)クラウドサービスなのでネット環境にパフォーマンスが大きく左右されます。社員が一斉に使うと回線がパンクしてしまい、本来の効果が十分に発揮できません。
 

他の会社にもおすすめしますか?

Excel、PowerPointなどOfficeアプリを日常的に使用しており、様々なサービスを行き来している会社であれば、ほとんどのツールが一元化できることに魅力を感じると思います。

マスコミ

2〜10人

場所を選ばず使えて便利

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

料金プラン月額950円 

利用期間 

2015年4月〜2021年9月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

エクセルやワード、パワーポイントを社内で共有できるため 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

過去に利用した買い切りのofficeでは、特定のpcでの作業しかできなかったが、サブスクリプションになったことで、出先で他のデバイスでも利用できたので便利と感じた。 

不便だと感じた点を教えてください。 

過去に利用した買い切りのofficeと比べて、バージョンアップも頻繁なサブスクリプションになったことで、新しい機能が追加されたが、まだ使いこなせていない。さまざまなデバイスで使えることで、データの保守が不安な部分がある。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

外部ツールとの連携はしやすい。googleドライブなどのクラウドも併用しながら作業できた。 

他の会社にもおすすめしますか?

以前の買い切りのofficeより場所を選ばず使えて以下メリットがあるので、おすすめしたい。 

打ち合わせやデータ送付のために事務所に戻るなど手間取らなくなる 

・アカウントを他デバイスで使えることでスタッフに橋渡し作業ができる

IT

31〜50人

ワンクリックで会議に参加出来て便利

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

無料 

利用期間 

2020年4月~2021年9月現在も利用中 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

在宅ワークが始まってからはオンライン会議を行うツールとしてzoomを使用していましたが、パスワードを打つなどの動作が面倒でした。それに比べてMicrosoftのteamsのオンライン会議ツールは、ワンクリックで会議に参加できるので重宝しています。 

不便だと感じた点を教えてください。 

特にありませんが、強いて言えば複数人が同時に同じファイルを修正してる際、反映が遅く、先に着手した人の編集が反映されないことがあるのが残念です。また、teams上でフォントの編集が非常に難しく、one noteなどからコピペしてもフォントが反映されないのが残念です。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

Microsoft一括でteams, onenote, outlookを賄っているため外部ツールとの連携が必要ではないと感じています。ただ、cisco webex meeting toolとoutlookの連携は非常に簡単で、ボタン一つで会議通知ができます。 

他の会社にもおすすめしますか? 

他の会社にもお勧めします。Microsoft officeだけでメールツール、オンライン会議ツールなど多くの会社で必要なツールが網羅されているため外部連携に頭を悩ませる必要がないからです。

サービス

101〜250人

環境によって使い分けが必要

利用期間 

2012年4月〜2021年9月現在も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。 

G Suiteと比較すると、スケジュール管理ややり取りがチャット機能とリンクしてできるので、いちいちアプリを切り替えせずにシームレスに同期できる

不便だと感じた点を教えてください。 

メールはGmailの方が優れている。検索機能が優れており、フォルダ分けせずともラベルでメール管理を個別に自動設定でき、TODOリストとも紐付くので、見逃し以外の抜け漏れが防げる。ただ、outlookも設定次第では似た環境を作れるので、そこは相性だと思う。

他の会社にもおすすめしますか? 

環境による。データの量にもよるがインポート、エクスポートがかなり時間掛かるので、あらかじめ完了したプロジェクトはサーバ上に移す等、クラウドだけに頼らない日々の環境整理が必要。

小売

1001人以上

単独で使うなら良いかも

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

0円 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

弊社の社員が使っているパソコンなどのデバイスにもともと内蔵されているところです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

データをシェアするシステムとしては使い勝手がよく、それ単独の場合だとほとんど問題なく使うことができるのですが、たとえばパワーポイントのファイルをプレゼンテーションに移行したりすると文字化けがあります。大事な資料の文字化けは確認にも修正も神経を使うので、結構面倒です。文字化けがあるので、連携もうまくできていないと感じます。 

他の会社にもおすすめしますか? 

弊社のようにGoogleのプレゼンテーションや、ドキュメント、スプレッドシートなどと併用はしていない、という会社であれば、コストパフォーマンスが高く、おすすめできます。 

IT

1001人以上

使い勝手の良さがない

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

恐らく一番ハイグレードの有料プラン 

利用期間 

2019年1月~現在 

導入に至った決め手を教えてください。 

会社の標準グループウェアであり、主にteamsとsharepointを使用 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

windowsのドメインでユーザーの権限を設定できるため、管理部門が一括で管理してくれるところくらいで、正直使い勝手がよい印象はほとんどありません。 

不便だと感じた点を教えてください。 

全体的に重いのと、Slackでは使える「URL短縮」が使えないため、メール等にURLをコピペすると膨大な文字数となり、非常に使いにくいです。 

また、SharepointはBoxと比べると検索がしづらいことと、BoxはBoxドライブやBoxノート等、色々便利なツールがありますがSharepointには無いため、使い勝手に大きな差があります。 

他の会社にもおすすめしますか? 

既に365を導入しているなら継続して使用するのも良いかもしれませんが、新たに使うグループウェアとして検討段階である場合は正直、他社のグループウェアで便利なものが色々あるため、改めてあまりお勧めしがたいです。

メーカー

1001人以上

業務効率化や働きやすさ向上に役に立つ

利用期間 

2021年1月~2021年9月現在 

導入に至った決め手を教えてください。 

元々MicrosoftのOffice製品を契約して使っていましたが、次のプラットフォームとして海外事業所を筆頭に国内事業所も置き換えていっています。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

従来のエクセル、パワーポイントといったアプリケーションだけでなく、SharePointやTeamsといったクラウド環境で働きやすさを上げるツールが豊富にあり、特にTeamsは在宅勤務でよく使います。 

不便だと感じた点を教えてください。 

これまで海外事業所とのナレッジ共有にはConfluenceを使っていましたが、Sharepointに代わって見やすさが向上した半面、ページ作成の時など直感的にわかり難く時間が掛かってしまいます。Cisco WebEXに比べTeamsは資料が移される画面が小さく見にくいと思います。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

RPAのWinActorを連携させて業務自動化をおこなっている部署があるということだけ知っています。 

他の会社にもおすすめしますか? 

基本的にお勧めします。弊社ではPowerBIやPowerAutomateはまだ使われていませんが、Teamsなど含めこれらのツールは業務効率化、従業員の働きやすさの向上のためには必要なものだと思います。

IT

101〜250人

ITに疎い人でも使いやすいツール

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

無料 

利用期間 

2020年6月~2021年9月 

導入に至った決め手を教えてください。 

それまでgoogle workspaceを使用していたのですが、取引先との関係上、microsoftを使用することになりました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

googleの場合は、コミュニケーションチャットはslackを使用し、そこにgoogle work spaceを外部連携させて使用していたのでたまに仕様変更で反映がうまくいかなかったりなどの問題がありましたが、microsoftではコミュニケーションツールはteams、カレンダーなどはoutlook、ノートはonenoteと同ブランドで統一できるため外部連携に対するトラブルシュートがしっかりしており使いやすかったです。 

不便だと感じた点を教えてください。 

teamsの会議の際にコントロール権をメンバーに与えると画面共有されている方の画面をメンバーが触れるようになるのですが、必ず動作が重くなり作業が滞るため、もう少し軽く動かせるように仕様を変更していただからと嬉しいと思いました。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

連携はしやすいと感じました。slackを使用したいお客様とのスケジュールをまとめるツールとしてoutlookとslackを連携させたのですが流れ作業のみで連携が完了したのでありがたかったです。 

他の会社にもおすすめしますか? 

おすすめします。teamsはプロジェクトごとにファイルをまとめることができ、アクセス可能な人を仕分けることができるため、internalの資料とお客さんと共有している資料をわかりやすく一つのツールでまとめることができるので、ITに疎い方でも比較的使いやすいツールだと思うからです。

IT

251〜500人

大手企業にオススメ

利用期間 

2020年5月〜2021年10月現在も利用中 

導入に至った決め手を教えてください。 

複数存在するグループでエクセルやメールを使う頻度が多いので、一元管理できるツールが必須だった。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

エクセルで共通のマクロや計算式を使えるため、在宅になり顔を合わせたことのないメンバー同士でも、認識齟齬なくデータをやり取りすることができた。 

不便だと感じた点を教えてください。 

誰かが誤って計算式を壊してしまった場合など、復元するための手間暇や時間がかかった。共有で使用する場合の設定で防げる事象ではあるが、誰が統括としてデータを扱うかなどオペレーションを徹底していないと、トラブルにもなりかねないと感じた。
 

他の会社にもおすすめしますか? 

おすすめする。大企業のように勤務地やグループがバラバラな場合は、データや情報を一元管理で共有しやすいから。メジャーなツールなので、初めて使う人にも様々なメンバーが教えやすいという利点もある。

IT

251〜500人

事務作業が多い会社におススメ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

980円・中小企業向けプラン・月額980円 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

officeを利用する業務が多く、リモートでも使うため導入した。いつもどおりのofficeなので操作に違和感はなかった。別のツールでopenoficeを使った後にエクセルで読み込むとレイアウトが崩れたりしたので、office製品にかえてよかった 

不便だと感じた点を教えてください。 

バージョンが変わったときなど、office起動時にマニュアルが表示されないことがあった。新機能の存在を知らずに使うことになるので、少しもったいなく感じるときがある。更新情報は公式サイトに掲載されているようだが、自分で探し出すもの面倒なので、スムーズに情報がもらえると嬉しいい。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

連携しやすい。office製品なのでクラウドofficeなどにデータを保管できる。 

他の会社にもおすすめしますか? 

特に事務作業が多い会社やコストなどを考える企業にはおすすめできます。980円でほぼ全てのofficeが使えるので、格段にコストを抑えれる。

不動産

101〜250人

出張先などでも作業が出来る

導入に至った決め手を教えてください。 

コロナウィルス流行に伴いリモートワークを行うために、Microsoft365のSharePoint等のクラウドサービスの利用を目的に導入したと伺っております。

使いやすいと感じた点を教えてください。 

リモートワーク時にもwi-fiさえあれば、どこからでも資料の閲覧ができます。出先での作業や台風等で会社に行けないときにも作業できるようになったのは助かりました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

以前はファイルサーバーを持ち、別途独自のドメインサーバーを用意して、ドメイン管理をしていました。Microsoft365を導入したことで、Microsoft365のメールアカウントと元々あったドメインアカウントを二重で管理しなければならない手間が発生してしまったので、そこが面倒になりました。

IT

501〜1000人

業務効率化は出来るが全て自動化は出来ない

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

A3ライセンス 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

Powerautomateにより業務の効率化ができていること。 

不便だと感じた点を教えてください。 

なんでも自動化できる訳ではなく、フローのタイムアウトが20秒であることや、トリガーは選択式であって自由に作り出すことができないないということが不便。自動化したいフローを分割して回り道をしたフローを考える必要があった。 

外部連携はしやすいと感じましたか? 

teams会議でも外部者の招致ができるなど、外部者とのやり取りがやりやすい。

IT

251〜500人

入れ替わりが激しい会社などにお勧め

利用期間 

2020年4月〜2021年10月 

導入に至った決め手を教えてください。 

メール送信用にOutlookやチャット、Web会議のためにMicrosoft Teamsを使うために導入しました。 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

Microsoft365のライセンスを購入しておけば、新入社員たちのアカウントにライセンスを付与するだけで、使いたいOffice製品が使えるのでとても便利です。また、ローカルにダウンロードすることもなく、Web上で使用できることも魅力です。 

不便だと感じた点を教えてください。 

Outlookに誤送信防止ソフトをインストールしたいなど、各アプリケーションに追加で設定したいものに関しては、個別に設定をするしかないのでその点は不便に思います。Microsoft365管理センターなどから一括で設定できると助かります。 

他の会社にもおすすめしますか? 

人の入れ替わりが激しい企業や一度に多くの新入社員が入社し、各PCにオフィス製品をインストールするのが大変な企業に対しては、Microsoft365はおすすめのサービスとなります。

コンサルティング

251〜500人

誰でも簡単に使用でき、自宅でも会社と同じように作業できる

利用にかけた費用

business premium

 

利用期間

2020年4月~2022年2月現在も使用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

テレワーク環境でteamsでweb会議をするため。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

特にユーザー教育しなくとも誰でも簡単に使えたこと

例えば、会議でなくとも通話アプリとしても使用できるので、テレワーク環境下でお互いに自宅でも内線のごとく会話できるのですが、このような場合でも特に混乱なく利用でき大変重宝しています。

 

不便だと感じた点を教えてください。

アップデートが急に行われること。

知らない間に機能追加になっていたり、メニューが変わっていたりして、使っている最中にそれに気がつくようでは混乱が生じ得ます。慌てて理解する羽目になるので焦って本来の目的に支障がでました。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。もはやスタンダードとなりつつあると思うので、使っておいて損はないと思います。どんな会社にも適応できます。パソコンでもスマホでも利用できるので場所を選びません。

金融

1001人以上

用途に合わせてアプリケーションを使い分けられる

利用期間

2015年4月~2022年2月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

様々なアプリケーションがあり、用途に合わせてアプリケーションを使い分けられるのがメリット

データの集計や分析はエクセル・課題管理などのリスト作成はExcel、プレゼン用資料作成としてPowerPoint、チャットや打ち合わせのツールとしてTeams、メールやカレンダーとしてOutlookを利用した。

・Microsoft製品同士ならば、、マクロを使った各アプリケーションの連携も可能。

・Teams上に添付したExcelやPowerPoint資料をそのまま展開できる。

・過去はチャットツールとしてLINEWORKS、打ち合わせツールとしてZoom、カレンダー機能としてSalceforceを利用していた。これらはすべて独立していたので、Microsoft365は、各ツールが異なる製品である場合と比べると使い勝手は非常に良い。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・メールやカレンダー機能として利用しているOutlookのレスポンスが若干遅いこと。

・メールとカレンダーを分けて見たい時でも、一つのアプリケーションに内包されているため、ウィンドウを分けて表示できないことが不便に感じることがある。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめする。

特に、メモ帳をよく使う会社向けには、WordやExcel、PowerPointといったツールがあるため、用途によって使い分けできることが非常にメリットに感じるのではないかと想像する。また、チャットや打ち合わせ用ツールが複数あるような会社にも、Teamsという1ツールで完結できるため、非常に便利。

小売

51〜100人

メールのテンプレート機能はパソコンでしか使えず不便

利用期間

2016年3月〜2022年2月現在

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

以前はNotesを使っていましたが、Microsoft365は

スマホにアプリをインストールしたらパソコンを開けずにメールチェックができるので便利

長期休暇を取った時も出社前にメールチェックができ。スケジュールが立てやすい。

・カレンダー機能も使いやすい。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・受信フォルダで差出人と件名が一緒に確認できず不便。

テンプレート機能がパソコンでしか使えない

 

他の会社にもおすすめしますか?

経理や総務課の人にお薦めしたいです。メール作成のテンプレートがワンクリックでできるので時短になるので、効率的に仕事がこなせる。宛名を間違えることもなく本当に便利なので、毎月資料を送ったりするのに役立つ。

メーカー

1001人以上

会議や日程管理にとても有効

利用にかけた費用

初期費用・月額費用・料金プランなど不明です。会社から部門への請求金額は以前のNOTESと同じくらいで4800円くらいでした。

 

利用期間

2019年7月〜2022年2月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

会社の方針で自前サーバーでなく外部クラウド化にすることになったため。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・teamsが非常に便利です。名前検索でビデオ電話ができたり、web会議を行うことができます。web会議は会議準備やスケジュール調整が楽になり資料共有や録画も簡単にできます。

・Microsoft365を使って資料共有することで、グループシェアも早く簡単にできて助かります。

 

不便だと感じた点を教えてください。

たくさんのチームができると運営が大変です。たとえばteamsは、チームが増えると、どのチームにどの情報が必要で、どのチームには不要な情報かを選別するのが面倒になってきます。

・名称検索やフォルダ分けて対処できるといいと思いますが、まだうまい方法が定着していません。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

iphoneとの連携がしやすくて便利です。

 

他の会社にもおすすめしますか?

テレワークを進めていくのであれば非常におすすめのシステムです。全国に拠点がある会社なら出張を大幅削減したり、事務所の集約をしたりなとで、会社の体制変更にも活かせると思います。

郵送

1001人以上

営業

回覧や文書管理はdesknet's NEOの方が良い

利用期間

2020年4月から2022年2月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

グループで統一のグループウェアにするため。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・以前はdesknet's NEOを利用していた。どちらも便利であったが、Microsoftにしてからグループ会社全員のスケジュールが見られるようになった

・メールアドレスがわからなくても、名前検索などをすれば送れるのがとても便利。

・いいね機能などもあるので、返信するほどでもないけど読んだよ、と伝えたいときには重宝している。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・desknet's NEOについては回覧機能や文書管理の機能があった。今はないので、以前の方がとても便利たったと感じる。

・Microsoftはグループウェアではあるものの、文書管理はやりづらい。検索機能も若干使いづらいと考えている。desknet's NEOの場合は検索もしやすく、HTMLではないからかサクサク動いていた。Microsoftはすぐ固まってしまう。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめできる。大企業などグループ会社がある場合は、同じグループウェアを使った方がとても便利。Microsoftは使っている企業がとても多いので、そういう意味でも使いやすいと思う。

メーカー

1001人以上

サービス間の連携がとても便利

利用期間

2016年から2022年2月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

・notesからの移行

・アプリ連携がしやすくなるように

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・これまではアプリケーションやサービスシステムが個別で立っていて、アプリ間の連携等ができず、それぞれで利用する必要があった。このシステムになってからメール、ファイル共有、チャット、コミニケーションツールが全て連携するようになったので作業効率が上がった

 

不便だと感じた点を教えてください。

過去に使っていたシステムと、現在使っているシステムでの仕様の違いによって、使い方が変化が発生して嫌な思いをした

・例えば連絡先検索の際に旧システムでは大文字小文字を気にせずに検索することができたが、現在のシステムでは大文字小文字をきちんと定義する必要がある。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

メールアプリとたとえばonedriveやsharepointが連携してファイル保存をいちいちしなくても連携されて非常に便利

 

他の会社にもおすすめしますか?

契約形態がサブスクリプション型で契約すれば様々なサービスを受けることが可能であるし、サービス間での連携が非常に便利なためお勧めする。

メーカー

1001人以上

コスト面を除けばメリットは多い

利用期間

2014年4月~2022年2月現在も使用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

元々、コーポレート全体でMicrosoft Office 2013をライセンス契約していた(その前は、Microsoft Office 2007)。2014年より、Office365を導入し、現在は、Microsoft365。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・Microsoft Office 2013の時は、会社のIT管理部門からCDを借りてインストールしていたが、office365になって以降は、社内ネットでインストールできるようになった。

・バージョンアップも自動で行える点が良い。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・Microsoft Office 2016 までは、Microsoft HUP(自宅使用プログラム)で、非常に安い価格(数千円)で購入できた。Office 365で機能が増えたせいかは分からないが、現在は価格が非常に高くなった。

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft Teamsとの連携は使いやすい。会議に参加して欲しい人のOutlookにスケジュールを共用する時にTeamsの会議通知を設定する事で、簡単にWeb会議へ参加が容易になる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

Office 365以降の商品は、コストがネックになってくる。コスト面を除けばお勧めのツールだと思う。

IT

1001人以上

導入決定者

早期に低コストで環境を整えられる

利用にかけた費用

サブスクリプション形式の約4,000円(月)

 

利用期間

2019年4月〜2022年2月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

オンプレミスで利用していたグループウェアからクラウドへシフトしたため。運用保守の負荷を軽減するためにM365の利用に切り替え。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・使用できるデータ容量が大幅に増加した点が良い点です。具体的には、メールボックスの容量が50GB、OneDriveで個人用ストレージとして1TB用意されるため、容量の枯渇を気にしなくてよくなりました。

・特に、メールでは個人毎にアーカイブできる領域が確保されているため、保管したいメールを別途管理したい場合にはアーカイブ領域に格納することで管理のしやすさが良くなりました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・良くも悪くもクラウド側のサービスに依存する点です。例えば、クラウドサービスを提供しているデータセンターに障害が発生するとM365を利用できなくなります。その場合、業務の継続が困難になります。

・インターネット環境の良し悪しにパフォーマンスが左右されるため、インターネット環境が十分に整っていない環境でのM365利用は向いていないと感じます。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

microsoft製ツールとの連携があるため、外部ツールとの連携は難しいと感じます。しかし、TeamsでBoxとの連携はできるため、TeamsからBoxにアップロードしたファイルをBox経由で共有できる点は連携のしやすさを感じました。

 

他の会社にもおすすめしますか?

クラウドサービスなので、何処からでもアクセスできる点を活かして、テレワーク環境を整備したい会社に導入できるため、おすすめできます。オンプレミス環境でもVPNを使ったりすることでテレワーク環境を準備できますが、インフラ構築のコストと比較するとクラウド導入の方がコストを抑えられます。早期に低コストでテレワーク環境を整えたい会社には適していると考えます。

医療

1001人以上

営業

隠したい予定の内容を非表示にできるのが便利

利用期間

2015年4月〜2022年2月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

従来スケジュールを自社クラウド上で管理していましたが、オンラインでのログインが必要など、機能性に欠けておりiPadやPC、スマホでシームレスに利用できるMicrosoft365を採用

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・スケジュールを各々のカレンダーに書き込み共有できる。

・予定を新しく立てる時に無駄な候補日を立てる必要がなく業務の効率が上がった。

スケジュールの中身を隠す事もできるので、スケジュールだけを押さえておく等の柔軟な対応も非常に使いやすい点

 

不便だと感じた点を教えてください。

PCだとアウトルックの送受信がオンラインになっても行われずに、「更新が止まっています」の文字のみで送受信が行われない

・結果、スケジュールの内容も更新されないといった現象が時たま起きる。

・他のデバイスでは問題ないが急を要する際には不便。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Microsoft365やGoogleフォームとは相性が良く連携は容易

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめする。

Microsoft365は少人数でも連絡を密に取り合う際には非常に有効。

スケジュール管理とオンラインでの会議の設定もteamsと連動しているので、特にOutlookは業務の起点となるレベルで有用。

小売

1001人以上

導入決定者

新しいアプリや機能が頻繁にリリースされる

利用にかけた費用

Office365 E1(200個)、Microsoft365 Business Basic(200個)、Enterprise Mobility + Security E3(180個)初期費用:100万円、追加設定費用:100万円

 

利用期間

2015年10月~2022年2月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

会社の分社化で自社専用のグループウェア導入が急務であり、短期間で導入が可能だった為

利用目的は社内ポータルサイトの構築(SharePoint)、オンプレファイルサーバーからの移行(SharePoint)、Teams、OneDrive、Outlookを利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・デスクトップ版のOutlookを利用していた為、親和性の高いOffice365のOutlookが利用できることでスムーズな導入、移行ができた。

ファイルサーバの移行においても、SharePointやOneDriveを使い分けることで、ユーザー自身に移行作業を行ってもらい、システム部門の負荷軽減ができた

 

不便だと感じた点を教えてください。

・デスクトップ版のOutlookやOffice(Word、Excel、PowerPoint)に機能の違いがあったことでユーザーが慣れるまでに時間が掛かった。

新しいアプリや機能が頻繁にリリースされるため、社内への教育やマニュアル展開が追い付かない

 

他の会社にもおすすめしますか?

Office365については、トータル的には使い勝手が良いと判断しているので他の会社にもおすすめしたい。

特にリモートワーク推奨となったコロナ禍においては、その効果は絶大だと感じている。

IT

1001人以上

速度が遅く感じる

利用期間

2018年4月~2022年2月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

エクセル上での簡易的な編集など操作性に戸惑うことがなかったので非常に便利でした。

 

不便だと感じた点を教えてください。

Googleworkspaceと比べると速度が遅いです。

・sharepointとonedriveなどドキュメントの格納場所のUIが分かりづらく見つけにくいと思います。

 

他の会社にもおすすめしますか?

microsoft365利用はお勧めします。しかし導入するのであれば、部分的な活用ではなく「共有フォルダも今後はOneDriveで行う」など段階的にすべて365に移行する計画で利用を計画したほうが良いと思います。全体的には統一感があり社員同士のコミニュケーションもとりやすいツールなのでお勧めです。

サービス

1001人以上

上席の状況がわかるので便利

利用期間

2014年10月頃〜2015年11月まで

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

上席の状況が簡易的でも分かるので、対応時間の短縮に繋がるのが良かった

・メッセンジャーアプリだとお客様対応中にエスカレーションを投げた時に上席が手隙でないと通知を見逃してしまい、返信が来るまで時間かかり過ぎてしまうので結果的に対応時間が長くなる。

 

不便だと感じた点を教えてください。

Skype起動時に結構な頻度でサインインが保持されておらず、アカウントを入力するのが面倒だった。ログイン情報をCookieから読み取ってくれれば良いのにとも思った。

・その点メッセンジャーアプリではログイン等の必要はなく、直ぐに用件を入力出来た。

 

他の会社にもおすすめしますか?

コールセンターのようにエスカレーションの頻度が高い業務だったらSkypeの入ったプランがオススメです。

相手の状況が簡易的でも分かるので、エスカレーションをする時は手隙な方を選ぶことが出来るから、効率よくお客様対応出来ると思います。

IT

251〜500人

仕様変更が頻繁にある

利用期間

2017年4月から2022年2月現在

 

導入に至った決め手を教えてください。

社会的に広く普及しているため。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

Excelで顧客情報の管理をしており、チームメンバーとファイルの共有ができる点が使いやすいです。

・共有モードにしても、お互いの保存が干渉しないため、デグレが起きることも少ないです。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・outlookはよく仕様変更がある印象です。

・メールの送受信の操作などはあまり変更ありませんが、タブとして上部に表示されているUIがよく変わります。

最近ではteamsもよく仕様変更があり、新しい機能が増えすぎて逆に使いづらく感じる時があります

 

他の会社にもおすすめしますか?

Microsoft365は広く使われているため、どんな会社でも導入をおすすめできます。むしろ導入していない会社はほぼないと思いますので、ビジネスを行う上での必須ツールだと思います。

その他

1001人以上

ある程度知識のある人材でないとカスタマイズできない

利用期間

2021年2月~2022年3月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

今後の組織拡大に応じてカスタマイズしながら利用できるため

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・メール機能がOutlookに近くて入りやすいという印象がありました。

「こういう機能がほしい」「こういうアンケートが取りたい」といった際に情報システムに依頼すると大体の機能が割と短期間で完成するので利便性は高いと思います。

・プロジェクトごと、事業会社ごとのシェアポイント活用も非常に使いやすい。

 

不便だと感じた点を教えてください。

ある程度システムに強い人でなければカスタマイズができないというデメリットがあります。

・SEに依頼するほどでもないが、ある程度システムに明るい人でないとカスタマイズができないので、今の機能で不満はないものの、満足でもないという状況になっています。

・社内インフォーメーション機能があるのですが、入力ルールに沿ってないとリマインドが何件もくることがあります。

・スケジュール機能で、会議室予約と自身のスケジュールが同時登録されるので見え方がきれいでなくて不満です。

 

他の会社にもおすすめしますか?

クラウド上で情報共有する範囲を広げていくうえではお勧めするが、前段でも記載している通り、使いこなすまでに多少時間がかかることとシステムに明るい人とそうでない人で活用度が大きく変わってくると思うので、導入するならある程度、組織が小さいうちの方がよいと思います。また全国に店舗があるような企業には通信環境が影響するので向かないと思います。

IT

31〜50人

一部連携できないツールがあるのが不便

利用にかけた費用

Business Premium(月額¥2,390ユーザー/月)

 

利用期間

2020年6月〜2022年3月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

StreamやPower BIなど数多くのMicrosoft Office製品をフル活用する業種であるため。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・Word、Excel、PowerPointについてはTeams上で開き、編集することが可能である点。

・この点はSlackやChatworkにはない特徴であり良いと思うところです。

・フルサービスであるため、ストレージを気にしなくてもいいのが便利な点です。

PowerBIなどMicrosoft製品を全て使えるのも好印象で、他の製品にはない強みかと思います。

・ダウンロードすればローカルでも使えるため、Wi-Fi環境に乏しいクライアント先でも使えるのもいい点かと思います。

 

不便だと感じた点を教えてください。

PowerBIなど一部 Teams上では開けないツールがある点。

・ExcelなどもTeams上での編集機能を充実させてほしいと思います。

・SlackやChatworkに比べて返信やチームビルディングなどについては癖があり使いにくいという印象です。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

上述通りMicrosoft製品であることもあり、Word、Excel、PowerPointについてはTeams上で開き、編集することが可能であり、連携はしやすいという印象です。

ただPowerBIなど連携できないツールの存在は大きなマイナスかと思います。

 

他の会社にもおすすめしますか?

Microsoft製品全てを月額で利用できるため、多用する会社であれば非常にお勧めできるツールです。買うと高額なBIツールやなかなか選定しにくいグループウェアをいっぺんに使えるので強みがあると思います。一方Microsoft製品以外との連携はあまりなされていないため、Macを使う企業やAdobe/Googleなど別企業のツールもよく使う企業には向かないかと思います。

IT

1001人以上

数か月に一度クラウドで障害が発生する

利用期間

2015年2月~2022年3月現在も利用中

 

導入に至った決め手を教えてください。

客先に派遣常駐し、IT技術の提供を行う会社で、自社社員とのメール・チャットでのコミュニケーションのために導入されました。通常各社員が自社または別々の客先にて業務を行っているため、ブラウザ経由で各自のPCやスマホで利用でき、どの社員にも馴染みがあるであろうoffice製品が選定されました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・ネットワーク環境があれば、どこでもメールやチャットを利用できる点です。

Word, Excel, PowerPointなどの一般的なoffice機能も利用できました

 

不便だと感じた点を教えてください。

・Teamsを利用する際、過去のやりとりに遡るためにキーワードを入力して検索をする時にうまく検索にヒットしない事があります。

・その際は手動でスクロールして過去のやりとりに遡り見つける必要があり時間ロスとなります。

・過去のやりとりが消えている事が多いです。

・クラウド製品のため、クラウド側でのサービス障害発生時は利用不可となり稼働減となります。

数か月に一度程度ですが、自社要員で復旧対応ができないため復旧目途が不明となり、やりとりの相手の電話番号が不明ですと連絡断となってしまいます

 

他の会社にもおすすめしますか?

社員の働く場所がバラバラの会社におすすめします。どの場所でもネットワーク環境があれば、メールやチャットが利用できるので、おすすめです。またoffice製品には馴染みがある方も多いと思われますので、戸惑いなく浸透すると思います。

IT

251〜500人

専用アプリがあり使いやすい

利用にかけた費用

Microsoft 365 Business Standard

 

利用期間

2021年2月~2022年4月現在

 

導入に至った決め手を教えてください。

現在業務でMicrosoft 365を顧客に導入推進しており、推進しているのにも関わらず自社で利用していないのは問題があるため導入した背景があります。

また、Microsoft 365のTeamsを利用したいというユーザーが増えているため利用開始しました。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・馴染みがあり普段と変わらない使用感でした。

・業務でExcel、Word、PowerPointはよく使うのと何よりOutlookでのメール受信のポップアップ、メール作成のユーザーインターフェースの作業のしやすさが好きでした。

・背景を好きな柄や色に設定できるので、個性を出しながら仕事できる気持ちになりやる気アップに繋がりました。

専用Appsがあり使いやすかったです。

 

不便だと感じた点を教えてください。

特にありませんでした。

 

他の会社にもおすすめしますか?

Microsoft 365については、誰もが使った事のあるもので利用に抵抗はないはずなのでどんな会社にもおすすめできると思います。

メーカー

1001人以上

自動翻訳機能があり便利

利用期間

2021年3月から2022年4月現在

 

導入に至った決め手を教えてください。

コロナ禍でリモートワークが増え、TV会議を行う機会が増えたが前に使っていたSkype がキャパと機能面で不足していたのでTeams、その他Officeをベースに共同作業がリモート度効率よく実施するためです。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

Teamsの基本機能の中に自動翻訳やスクリプト機能があり海外事業部とのMTGで役に立った

・録画後に議事録(文字起こし)も自動化できた。

・Officeファイルの共同作業も複数人で同時作業が誰が今何を編集しているかが可視化されたので共同作業の効率が飛躍的に上がった。

・機能が融合されアプリをインストールすれば機能拡張もできる。

 

不便だと感じた点を教えてください。

チームやチャネルが自由に作成されてしまったり共有されたり参加させられたりするので統制が難しいと感じています。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

しやすい。BIツールや外部のアプリケーションが随時増えていっているので非常に便利ですし日々進化していると思います。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。部門連携やアプリ間での連携機能もありより作業が効率化され使いやすくなっています。

マスコミ

1001人以上

営業

複数の組織をまたいで使用する時は設定が大変

利用期間

2015年から2019年

 

現在、そのツールサービスの利用をやめている場合は、利用をやめた理由を教えてください。

転職

 

導入に至った決め手を教えてください。

大量のデータを安全に共有できるから

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

グループやチームで一緒に利用するにあたり、面倒な作業なく簡単にエクセルなどのファイルを共有することができ大変便利でした。

・他のツールでは情報漏洩などの不安もありましたが、オフィス365であればその辺りもほぼ心配いらないと思います。

 

不便だと感じた点を教えてください。

いくつかの会社組織をまたいで使用する場合はなかなか不便だなと思いました。

・各社のユーザーに権限を付与し、利用できるようにするまではいろいろな作業をITチームにお願いし、設定してもらう必要がありました。

 

他の会社にもおすすめしますか?

なかなか使いやすいと思うので、ぜひ他社にも利用していただきたいと思います。

コロナ禍でまだリモートワークをしている会社などにはピッタリです。

IT

251〜500人

エンジニア

"多くの機能との連携で業務効率化 "

導入に至った決め手を教えてください。

世界全体で同一のツールが使えるので、業務統一の手段としても使えると聞いている

 

利用期間

2015年〜2022年5月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・感覚で利用できるので、初心者でも簡単に使える。

・Teamsを利用すると、ファイル共有やオンラインミーティングなど、容易にコミュニケーションがとれる。

多くのツールがあり、業務で必要なことはMicrosoft365で全てこなすことができる。また他のMicrosoft製品と連携させることで、自動処理を加えるなど拡張性も高い。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめする。多くの機能があることで、社内の多くの業務を効率化、統一することが可能。この製品を使うことで必然的にITスキルも高められるのも嬉しい。

IT

101〜250人

"突然のバージョンアップで混乱する "

利用期間

2014年4月〜2022年4月現在も利用中

 

不便だと感じた点を教えてください。

・オンラインミーティングをしていると、参加人数が多くなると音声の質が落ちたり、ファイル共有のスピードが落ちる。

・音声だけは聞こえていても共有する資料がうまく表示されないことが多い。(ネットワークの問題もあるかもしれないが…)

・連携できる各ツールの説明書が少なく、手探りでいろいろ試して習熟度をあげていくしかない。

バージョンアップにより突然機能や使い方が変わってしまうことがある。事前の通知もないので混乱してしまうことがある。

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

しやすい。PowerAutomateを利用するとURLを指定することで情報取得ができる。

小売

1001人以上

在宅勤務にもスムーズに移行できた

導入に至った決め手を教えてください。

社内で既に使用されているマイクロソフトオフィスのツールからリモートになっても、問題なく使用できる。移行がスムーズだったと思う。

 

利用期間

2020年4月から2022年4月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・他社でも使用している場合があるので、仕事で利用していた経験としてアピールできる。

・スキルとして身に付く。

リモートになって以降、社内の文書や書類をやり取り、保存する際に連携して使用できた。エラーなくスムーズに自宅でも仕事ができた

・グローバルに対応しているので、海外転職でも活躍できるツールのノウハウになる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

どの会社にいても活用できるのでおすすめできる。既に多くの企業で活用されているので、社内共通のグループウェアとしても、転職先でも、使用できると実感している。

サービス

501〜1000人

説明にかえって時間がかかることもある

利用期間

2020年春から2021年夏頃まで

 

利用をやめた理由を教えてください。

退社したため

 

不便だと感じた点を教えてください。

・定期的なメンテナンスがあるので、不具合があると全体に影響が生じる。

・様々なコンテンツと連携しているので、新入社員に教えるのが複雑になっていた。

従来の方法で仕事の引き継ぎや教える作業がオンラインに切り替わったことで、一部のコミュニケーションに時間がかかるようになった。時間内に終わらないときには特にストレスと感じた。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

特に携帯やタブレットにもとても連携しやすいです。

医療

1001人以上

データのアップロードがスムースでストレスが少ない

導入に至った決め手を教えてください。

SharePointのデータ移行、セキュリティが必要なファイルのアップロードができないことが多く、多くの部署から仕事にならないと相談が入り、こちらのシステムへ切り替えた。

 

利用期間

2022年5月現在使用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・SharePoint レベル3-4(Credeon)からのデータ移行に利用。

・以前使っていたシステムからの変更だったが、操作に戸惑うこともなく使用しやすかった。

アップロードセンターで保留になってしまうことも少なく、業務がスムーズに行えた

 

不便だと感じた点を教えてください。

ユーザー入退職の際のOffice365グループへのアクセス権申請が大変

・派遣の方がメールしか使えないと申し出してきた事案あり(ライセンスが別途必要だった)

 

他の会社にもおすすめしますか?

医療分野はシステム化が遅れていると思います。現在勤務している病院で初めてオフィス365のようなシステムを使用しているところに出会いました。在宅勤務も多くなる昨今、医療業界も多くこのようなシステムが導入されれば働きやすくなるのにと思います。紙ベースで動いていると何倍も時間も手間もかかり効率が悪いので、ファイルの共有、閲覧がスムーズにできて画期的です。

不動産

2〜10人

OneDriveを1TB利用でき便利

利用にかけた費用

月額900円

 

導入に至った決め手を教えてください。

以前よりMicrosoftを利用しており、パソコンを買い替えた際に導入しました。

 

利用期間

2年前~2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・その他のOfficeと違い、ネットワーク上でアカウント連携ができる。

・使用できるソフトが他のmicrosoftと変わらず、アップデートに追加の料金がかからない。

one driveの1TBのクラウドストレージを利用できる

 

不便だと感じた点を教えてください。

既存のofficeで使用できていたデーターがmicrosoft365で開けなかったことがあった

・外出中で電波がつながらないところではアクセス出来なくなるため、データの保存がクラウド上で出来なくなってしまう。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめする。

アカウント連携ができ外からでもアクセスできるため、リモートワークを推奨している会社におすすめ。

既存のofficeソフトが利用でき、アップデートに追加料金がかからない。

研究機関

31〜50人

細かい権限設定がややこしい

利用にかけた費用

Business Standard

 

導入に至った決め手を教えてください。

Officeのライセンスが付属している点が決め手。

 

利用期間

2021年〜2022年5月現在も利用中

 

不便だと感じた点を教えてください。

細かい権限設定をしようとすると非常にややこしく、ITの素人では全貌を理解できない。権限設定はGoogle Workspaceの方が直感的で簡単。

・上記ゆえに、必要な権限設定が漏れなくできているかどうかやや不安が残る。

・月額→年額に契約条件を変更する際、いったん月額をキャンセルし年額を新規申し込みしなければならない。この方法だと手間で、データが問題なく引き継がれるかどうかの不安が残ります。

 

他の会社にもおすすめしますか?

便利な面はあるが、権限設定が複雑なので、専任担当者か、それなりに詳しい方がいないと苦労するかもしれない。

サービス

51〜100人

導入決定者

PC上のファイルと同じ感覚で扱える

利用にかけた費用

Microsoft 365 Business Standard 1,360円/月/1ユーザー

 

導入に至った決め手を教えてください。

もともとGoogle Workspaceの共有ドライブをファイルストレージとして利用していたが、Microsoft Office文書との相性が非常に悪く、文字化けや画像消失が発生していたので、利用サービスを変更した。

 

利用期間

2022年4月〜2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・OneDriveはGoogle Workspaceが提供する共有ドライブよりも、PCに同期した際の操作性が良く、安定している。

・具体的には、Google workspaceの共有ドライブはブラウザ経由でしかできない操作(フォルダ作成など)もあり、使い勝手が悪かった。OneDriveは一度PCに同期すれば、ほぼPC上のファイルと同じ感覚で扱うことができ、使い勝手がよかった

・会社全体のポータルサイトを比較的容易に作成できる。社内で情報共有するためのポータルサイトが存在しなかったが、Microsoft365のサイト機能を利用して容易に作成、公開できた。

・大まかな設定は、ITの素人でも比較的容易に行えた。

 

他の会社にもおすすめしますか?

文書作成にMicrosoft Officeをメインで使っている会社におすすめできる。Office自体も付属しているためサブスクリプションのライセンス管理もしやすく、Officeが最初から付属していないPCを購入し使用している会社は使い勝手がいいと思う。

マスコミ

1001人以上

WEB上で全て完結するのでリモートワークに最適

利用期間

2019年11月〜2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

基本的な社内ツール(Outlook、Excel、Powerpointなど)と連携がスムーズで使いやすい

・web上でファイル管理が出来るので、PCの容量消費を抑えることが出来る

・紙での保管が不要となり、社内スペースの削減にも繋がった

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Onedriveと同期をしているが、手軽に同期が出来同期することでオフライン作業も簡単になり使いやすさが向上する。

 

他の会社にもおすすめしますか?

これから在宅ワークを主体としていく会社にはとてもおすすめであると感じる。

web上で全て完結出来る点と、社で使用していると思われる主要アプリ(Outlook、word、Excelなど)の連携のスムーズさに加え、一見管理出来る効率性からメリットは大きいと感じるため。

IT

1001人以上

導入決定者

リモートワークで必要な機能が一通り揃っている

導入に至った決め手を教えてください。

これまでのメールベースの仕事のやりとりを、一新したかった。

効率化してテレワークでも、メンバーの情報連携、業務調整などスムーズのやりとりするために導入を決めた。

 

利用期間

2020年4月〜2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・Office製品との連携が簡易

・技術者用ではなくオフィスワーカー用なので、慣れれば高度な技術は必要としない

Office製品以外にもPower Automateやチャネルカレンダー、タスク、承認、ワークフローなどリモートワーク、プロジェクト運営に必要な便利なアプリと連携して使用できる。

 

不便だと感じた点を教えてください。

機能が多く全部を理解して運用開始というのが難しかった

・クラウドサービスなのでライセンスや会社のシステム管理者の利用範囲の制限にひっかかることもある。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

・MOffice製品との親和性は高い。また、コネクタを利用して、外部サービスと連携することも可能。

・Power Automateにより、自動化した運用も可能。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめする。

全社でプロセス、ルールが明確に規定されているような大規模な会社全体で使用するより、プロジェクト単位で試行錯誤しながら運用していくほうが向いている。

使用するメンバーが自発的に勉強、使いこなすというモチベーション作りが重要になる。

マスコミ

501〜1000人

アップデート後に不具合が出ることが多い

導入に至った決め手を教えてください。

全社的に在宅ワークに切り替えるにあたり、これまで紙ベースで行っていた作業をweb上で完結すべく導入することとなった。

 

利用期間

2019年〜2022年5月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・Microsoftの主要ツールと連携ができて便利

 

不便だと感じた点を教えてください。

・自宅の電波状況によりweb会議や、通話の際に音声が途切れたり遅れたりするなどのエラーが発生する

PCのアップデートなど特殊な作業の後に動作不良となることが多い

・web版のメールツールはアプリと異なる部分があるため直感的に操作がしにくく、業務を行う上で通常より時間を要する

・Microsoft系のアプリをクラウドで一見管理出来るため便利だった

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Onedriveと同期をしているが、手軽に同期が出来同期することでオフライン作業も簡単になり使いやすさが向上する。

金融

501〜1000人

災害時やリモートワーク下で役立つツール

利用期間

2018年4月~2021年9月

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

Microsoft365は、災害時にも会社のパソコンがなくてもデータを引き出せるという点がとてもBCP対策案に組み込める良い点でした。総務部の仕事は、コロナ前は、家でのリモートワークが全く許されていなかったのですが、コロナになり突然リモートになり、便利さがよくわかりました。

 

不便だと感じた点を教えてください。

動作が遅い事です。立ち上がりまでにかなり時間がかかるので、とりあえず、立ち上げて違う作業をするという癖がついていたくらいです。あとは、時々クラッシュするので、重要な集中しなければならない作業をしているときはイライラします。機能が多すぎて使いきれない事も、もったいない気がして残念です。

 

 外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

私たちは使っていませんでしたが、営業部はセールスフォースと連動していると聞いたことがあります。

 

他の会社にもおすすめしますか?

とにかく大手なので、まんべんなく幅広い機能が使えるように作られていると思うので、おすすめします。総務部では、とても使いやすかったです。

IT

501〜1000人

Office製品で揃えるとファイルの扱いもスムーズに

利用期間

2020年1月〜2022年1月現在

 

導入に至った決め手を教えてください。

親会社がMicrosoftで統一したいと考えているため

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

一連の操作が統一されるので便利です。

シェアーポイントも使用しているため、シェアーポイント上にアップしているファイルがOffice製品の場合、ファイルを開くときなどがスムーズにできる点です。また、メールもOutlookも Office製品のため、他の製品を覚えることなく使えて楽です。

 

不便だと感じた点を教えてください。

MicrosoftのアップデートでUIがおかしくなる点です。

ある程度の機能を使い慣れた時に新しい製品アップデートが来るため、少し振り回されてしまいます。

アップデートしない方法もあるかもしれませんが、配信用サーバーが存在するため、全てのPCに適用されるので、この配信をやめて欲しいです。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。

Microsoft製品で統一しようとしているのなら、オフィスの最新製品に触れることができるため、非常に良い製品だと思います。

また、Microsoft teamsやシェアポイントの連携も可能なので、非常に使いやすくなると思います。

IT

1001人以上

Outlookと連携すると便利な機能が多々ある

利用期間

2021年9月~2022年6月現在も利用中。

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・Web会議室を設定する際に、OutlookからTeamsの会議室を設定することができる。

Outlookで取引先別のメール自動仕訳ができるため、優先度の高いメールの処理ができ、作業効率が高い

・Teamsを閉じてメッセージが読めない時は、Outlookにお知らせとしてメールされているので見落としが少ない。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

現在、CRMのSalesforceのメール機能と連携をさせています。

その目的は特定顧客とのやり取りをデータベース化して、商談履歴も一元管理するためです。

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。

テレワークのニーズが高まっている昨今では、メールと遠隔コミュニケーションの必要性が高くなっているためで、今後、在宅ワークの機会が増える企業にはベストな選択肢だと思えます。

教育

101〜250人

アプリも重くとにかく不便

利用期間

2015年~2022年7月現在も利用中

 

不便だと感じた点を教えてください。

・サイボウズと比べ、トップ画面からのアクセスがわかりにくい。

・yammer、teams、SharePointといくつかのサービスを併用して使っていたが、それぞれの関連性がわかりにくくデータまで辿り着くのが難しい。

・teamsは動作が遅くエラーが出ることが多かった。

・クラウド上でExcelなど操作は出来るが、かなり不便。普通に作ったExcelもたまに壊れてしまっていたり、共同作業中に同時にデータ書き込みしてもうまく反映されないこともあった。

アプリが重くて作業が滞ることも多くストレスだった

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

Office365内での連携が不便過ぎて他ツールと連携はしていませんでした。

 

他の会社にもおすすめしますか?

基本的にはおすすめは出来ない。

Office365は使う人間の理解が求められるツールだと感じます。

IT

501〜1000人

フォントの大きさを変えられず不便

利用にかけた費用

月額24,000円

 

導入に至った決め手を教えてください。

元々はWeb会議ツールとして、Skypeを導入していましたが、テレワーク業務が常態化してきたため、メールやWeb会議ツールを統合することがきっかけになりました。

 

利用期間

2021年~2022年7月現在も利用中。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・Outlookをクラウド化しているために、レスポンスが遅くなる場合が時折発生する。

・Teamsでは顔を出してミーティングする機能があるが、ネットワークが圧迫されている時は、カメラ機能をオンにしても顔が表示されない

Teamsで表示されるテキストのフォントを大きくすることかできず、見づらいことがある

教育

51〜100人

アカウントの増減が柔軟にできる

導入に至った決め手を教えてください。

会社がOffice365のサポート窓口事業を始めることになり導入した。それまでサイボウズを使っていたが、Office365に移行した。

 

利用期間

2016年頃~2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・サイボウズと比べて初期契約料やアカウントの利用料が安い。

・入退社に伴ってアカウントを増やしたり減らしたりの手間が少なかった。

訓練校で日々変わる受講生の人数と訓練期間に応じて柔軟にアカウントを契約出来るのは便利だった

・アカウント1つにつきいくらというわかりやすい料金体制なのと、日割りで請求が来てたので良かった。

郵送

1001人以上

基本的な操作で不自由しない

利用期間

2022年2月〜2022年8月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・teamsとかでチャットや通話ができる。

・office製品が使える。windows製品との相性がいいため、不自由なく使うことができる。

エクセルでの表の作成やデータの入力など、基本的な操作に関しては何不自由なく仕事で使うことができる

・ワード、パワーポイントに関しても仕事で使う機会が多いものなので、慣れ親しんだツールを使えるのはありがたい。

・送られてくる資料もoffice製品があれば十分対応できる。

 

他の会社にもおすすめしますか?

少人数精鋭で開、基本的な操作や機能のみを必要としているのであれば、試しに使ってみていいと思う。

IT

501〜1000人

エンジニア

特殊な開発フローの拡張性が低すぎる

利用期間

2021年12月頃〜2022年6月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

使いやすかった点は特になし。

 

不便だと感じた点を教えてください。

・ワード、エクセル、パワーポイント以外のサービスが使い物にならない。

パワーBIやパワーappなど特殊な言語の開発フローだったり、拡張性が低く、使えるレベルにするにはかなりのコストがかかった

・業務管理システムをパワーAppで作ろうとしたが、変数の宣言からUIまで何をどうすれば使えるようになるのかまでの道のりが長かった。

・全体的に動きがもっさりしているので、キビキビとした動きで仕事ができない。

・teamsはよく固まるし、チャットの切り替えに時間がかかって何を探していたのか分からなくなる時がある。

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

しにくい。管理権限によって連携はできなかったが、webhookとかで外部APIと繋ぐことはできそう。

 

他の会社にもおすすめしますか?

ワード、エクセル、パワーポイント以外は不要レベルの代物なので、とてもおすすめできない。通話の品質も良くないので、回線が貧弱だとまともに会議はできないと思った方が良い。

不動産

501〜1000人

今まで別々に使っていたサービスが集約されている

利用期間

2020年3月〜2022年7月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

これまで別々に使っていたサービスが集約されているツールです

・チャット機能により社内コミュニケーションのハードルが下がり、無駄な打合せや会議が減った

・Outlookとスケジュールが自動に同期することにより確認漏れが減った

・視覚的に使える機能が多く、導入説明がほぼなくとも即利用が開始できた。

 

不便だと感じた点を教えてください。

チームに投稿した際に誰が既読したかが分からない

・メンションがない投稿について確認漏れが生じる

・チャット内で話題が公私混同して連絡してしまう場合があり、大事な内容が遡れない時がある

・深夜帯に連絡をする人がいる

 

外部ツールとの連携はしやすいと感じましたか?

desknetsとのスケジュール同期

 

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめします。

コロナ禍で一気にリモートワークが加速した中で、いつでもどこでも働くための手助けとなりました。

医療

2〜10人

各ツールをストレスなく使用できる

利用期間

2022年5月〜2022年7月現在も利用中

 

使いやすいと感じた点を教えてください。

・ミーティング時アクセスが簡単で繋げやすかった

・タイムラグやフリーズがなかった

エクセルやワードなど使い慣れているので操作に戸惑いなく操作できた

・開いた際の反応性もストレスを感じない速度であった

・ファイルの共有なども快適に行えた

 

不便だと感じた点を教えてください。

・1度だけMicrosoft側のサーバーで障害が起きたときにサービスを使えないことがあり、その際には不便を感じた

初めのログインする際のパスワード設定がメールが届かず時間がかかった

・ログイン時のパスを忘れ、再発行する際のメールがうまく届かなかった

 

他の会社にもおすすめしますか?

基本的には使いやすいと思います。サーバーもしっかりしていて大きな障害は少ないと思います。ウェブ会議時によく使用していますが、操作性も簡潔でわかりやすいと思います。

IT

1001人以上

セールスフォースとの互換性に問題あり

利用にかけた費用

恐らく6,200円/月・人程度だったと思う

導入に至った決め手

コロナ対策で在宅ワーク制度が本格的になったため。また、Web会議などの連携も含めて統合化されたグループウェアが必要になったため

利用期間

2019年2月~2022年7月も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

・これまで使っているoffice系のソフトを、Teamsを介して共有できる。

メールだけでなくチームメンバーのスケジュールまで統合して管理することができる

・Web会議を開催する際に、Microsoft 365上で予約できるだけでなく、メール案内で開催実施、個別入室までできる。

・会議に関して、今まで使っていたSkypeだと、会議室の設定、メンバーへの案内などが非常に煩雑だったが、Microsoft 365導入によりスピーディーに対応できるようになった。

不便だと感じた点を教えてください。

・利用ユーザーとしては、Outolook、Teams、office系ソフトの連携がメイン。OneNoteやViva インサイトなどの機能もあるが、使うケースがないのがもったいない。

・Outolook・Teams連携の中でパフォーマンスが極端に低下することがある。

セールスフォースと連携をしているが、互換性は決していいとは思えない。セールスフォースのメール機能の中で、Outolookのメールとの紐づけができていないケースがあり、見落とすことも珍しくはない。

コストダウンして使える工夫やウラ技、より効率的に使える工夫やウラ技があれば、教えてください。

定期的なWebミーティングがある場合は、Teamsでの会議枠をいくつも作っておくことで、簡単に会議を開いたり、参加したりすることができる。個別の会議枠の中でチャットも可能なので、スピーディな情報交換も期待できる。

他の会社にもおすすめしますか?

オフィス勤務や在宅ワークなど混在したワークスタイルがある企業では、導入効果が高いと思われるので良さそう。PCだけでなくスマートデバイスまで利用している社員もいるなら、さらに業務効率が高まると思う。

郵送/交通/物流

1001人以上

常時開いていないと通知が来ない

利用期間

2021年8月~2022年7月現在も利用中

使いやすいと感じた点を教えてください。

・ウェブ会議の予定がカレンダー機能で共有でき、そのまま会議が行える。直接URLの入力をするなどの手間が減ったメリットは大きい。

・共同で作業するExcelなどがツール上で共有できるため、ペーパーレス化できる。

掲示板機能がわかりやすく、一斉に情報共有が可能になった

不便だと感じた点を教えてください。

・機能が多すぎる上に、どのようなことができるのか分かりにくい。使いこなせているという自信がない。

常時開いていないと通知が来ないので、パソコンに負担がかかる

・現在使っているカレンダー機能との互換性がないため、スケジュールを2度入力しないといけない。

他の会社にもおすすめしますか?

部署や支店・営業所が複数あり、会議が頻繁に行われる会社であれば、移動時間や資料配布などの負担が減るので、コスト削減として良いと思う。

ただし、しっかりレクチャーできる方がいないと使いこなすのは難しいと思う。

まとめ

チーム内での情報共有に悩んでいる企業にはおすすめです。それはMicrosoft365はファイルやスケジュールの共有など、メンバーを繋ぐための工夫が凝らされたグループウェアだからです。

場所や時間を問わずにファイルにアクセスできるというクラウドの利点は、個人での利用だけでなく、グループでのシームレスな情報共有にも大いに役立ちます。

チーム内でのコミュニケーションを活発化させより良い成果を出したい、情報共有により時間を節約し、効率アップをはかりたいという企業にはおすすめのツールといえるでしょう。

画像出典元:「Microsoft365」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

グループウェアの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

グループウェア
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ