ORCA

記事更新日: 2018/11/16

執筆: 編集部

運営コメント

ワークフローや社内掲示板、勤怠管理など様々な機能を持ったグループウェアです。機能が多いので慣れるのに時間がかかるかもしれませんが無料試験利用できるサービスがあるので、まずは気軽に試してみると良いでしょう!

1. 営業支援

契約段階の進捗と対応履歴を管理

2. ワークフロー

各種申請書類の電子化と承認却下ができる

3. 電子書類、営業日報、業務日報

カスタマイズ可能な電子書類や日報が作成できる

良い点

小規模企業向けに最適化したASP型グループウェアで、150名程度の企業にオススメです。営業支援機能を含めて1人あたり100円/月からという圧倒的低価格で利用できます。

悪い点

オルカというよりはグループウェアのデメリットになってしまいますが、社内SNSのように簡単にグループを作れないなど気軽なコミュニケーションは取りづらいです。

費用対効果:

営業支援を含めた機能群が1人あたり100円/月から利用でき、180円/月で日報、330円/月でワークフローを安価に利用できます。

UIと操作性:

特筆すべき点はありませんが、無料で試験利用できるサービスがあるので、その間に慣れることができます。

知名度:

4,800社もの企業への導入実績があります。

セキュリティ:

セキュリティ対策や情報保護対策の全てを標準パッケージとすることで、常に安全で最適なシステム環境を提供しています。

ORCAの3つの特徴

1. 社内メール

社内の業務連絡用メールで相手から返事が返ってこない場合、連絡が確実に届いているのか不安になるときがあります。メールが届いているか電話で確認すると手間がかかるし、相手の時間も奪ってしまいます。

オルカの社内メールは相手方の連絡確認状況がわかり、その場から未確認者に対する追伸が可能です。

また、連絡はオルカの中だけでなくEメールによる通知機能により相手の携帯やパソコンにもタイムリーに届くので、相手がどこにいても、いつでも確実な業務連絡を実現します

また、社内メール機能で受信するメッセージは、他のユーザーからの送信メッセージだけではありません。

新たなスケジュールが登録されたり、承認すべき申請書類が上がってきたり、自分の書類が却下されたり、掲示板に新たな書き込みが行われたりなどオルカで発生した自分に関係する様々なイベント内容も自動で受信します。

相手方の連絡確認状況がわかります

2. 使いやすいスレッド型の掲示板

掲示板はグループウェアの基本機能であり、オルカはシンプルで使いやすいスレッド型の掲示板です。設置する掲示板ごとに「掲示可能」や「閲覧のみ」といったユーザー単位でのパーミッション設定ができます。

掲示ができるのを総務部のみに限定するなど、リアルな社内掲示板のような運用も可能です。

画面の左にはあなたが閲覧可能な掲示板のリストが表示されます。太字の書き込みスレッドはまだ未読であることを示しており、ファイル添付時、画像ファイルはサムネイル表示します。

また、わざわざ掲示板にアクセスしなくても、オルカのトップページに現在あなたが未読の内容が自動で一覧表示されますので見落としがありません。


シンプルで使いやすいスレッド型の掲示板

3. 様々な勤怠管理機能

勤怠管理機能がタイムカード機能しかなく、月次の実績集計作業に手を焼いている総務担当者もいるのではないでしょうか。

オルカの勤怠管理は単なるタイムカード機能だけでなく、各種の勤怠届や毎月の締め処理集計にまで対応できるので勤怠管理業務全般の効率化が図れます。就労実績は日々の打刻や勤怠届の内容に応じて自動計算処理されるので、計算ミスや入力ミスを防ぎます。

月締め処理後の実績データをCSVファイルで出力し、給与計算ソフトに受け渡すだけでいいので総務担当者の手を煩わせることがなくなります。

内容は複雑なシステムですが、総務担当者の方などが馴染みやすいインターフェースデザインを採用し、運用障壁を低減しています。

また、外勤スタッフの勤怠モラルを維持する方法として、対応するスマートフォンからの打刻時に位置情報を取得、記録し、Googleマップで表示することもできます。全てのスタッフに公平な勤怠管理システムです。


Googleマップで表示可能です

料金プラン

料金プランは、ライトプランとプロフェッショナルプランの2つがあります。どちらのプランも月額使用料と初期費用がかかります。

・ライトプラン

初期費用に20,000円で、最低月額使用料金は1,000円/10人です。グループウェアの基本機能+営業支援でユーザー1人あたり100円/月というミニマムスタートが可能です。コスト重視のお客様向けのプランです。

※印は必須の料金です。

追加オプションとして、Eメール50円/1ユーザー、日報80円 /1ユーザー、申請書(ワークフロー)150円/1ユーザーなどの機能が利用できます。

注意点としては、ライトプランからプロフェッショナルプランに移行するには48,000円かかります。反対にプロフェッショナルプランからライトプランへの移行はできません。

・プロフェッショナルプラン

初期費用に20,000円で、最低月額使用料金は15,000円です。ユーザー1人あたり1,000円/月でフル機能が使えるお得なプランです。ライトプランよりも更に高い信用性と可用性を求められるお客様向けのプランです。

※印は必須の料金

いずれのプランも、ビジネスユースに必要不可欠なセキュリティ対策と情報保護対策は全て標準サービスなので安心して利用できます。しかし、より高い信頼性と可用性を求める企業にはプロフェッショナルプランがオススメです。

この2つの料金プランの違いについては以下を参照してください。

 

まとめ

オルカは従業員規模150名程度までの企業向けに最適化したASP型グループウェアです。上記に挙げた機能や特徴以外にも、Skypeとの連携や仮払金の管理、スケジュール管理、安否確認までが行えるなど多くの機能があります。

特に、1人1台のPCが配布できなかったり、携帯キャリアが混在していたり、テレワーク形態などを採用する中小零細企業にオススメです。

画像出典元:「有限会社アクティブ・ネットワーク・デザイン」公式HP

その他の【グループウェア】のツール

ページトップへ