desknet's HR

記事更新日: 2019/05/09

執筆: 編集部

運営コメント

チームで仕事を行う際にあると便利なのが、グループウェアです。しかし、いざ導入を検討してみると意外と初期費用がかかったり、容量が少なかったりと、さまざまな問題が出てくることがあります。「desknet's HR」は初期費用やディスク容量の問題をクリアした高性能グループウェアです。

1. スケジュール管理

個人だけでなくグループ全員のスケジュールを共有できる

2. タスク・文書・プロジェクト管理

個人やグループ全員のタスク・文書・プロジェクトを管理する

3. インフォメーション

部署内や社内全体に対して情報発信と情報伝達を行える

良い点

搭載機能が充実しているため、導入効果が高いでしょう。初期費用は格安、容量は実質無制限のため、容量不足の心配がありません。さタブレットやスマホからの管理も可能なので、外出時も安心。

悪い点

機能が多いため使い始めは機能を使いこなしきれないかもしれません。ただ、この点については慣れれば問題ないでしょう。

費用対効果:

1ユーザー1カ月400円という格安料金で利用でき、5ユーザーから利用可となっています。

UIと操作性:

新規導入はもちろん、他のグループウェアからの移行も可能。2週間の無料お試し期間があるので、操作性を試してから導入を決められます。

社外連携:

PCだけではなくタブレットやスマホからもアクセスが可能。

desknet's HRの3つの特徴

1. サーバーの運用管理はファーストサーバに一任

やってみると意外に手がかかるのがサーバーの運用や管理ですが、「desknet's HR」であればそのような心配は無用です。このグループウェアなら運用や管理はすべてファーストサーバ任せにできるからです。

監視は24時間365日体制となっており、外部からの侵入や不正防行為の検知はもちろんバッチリ、タブレットやスマホからもアクセス可能のため、いつでもどこからでも利用できます。


運用管理はファーストサーバにお任せ

2. 東西の2拠点にあるデータセンターにバックアップ

「desknet's HR」はYahoo!JAPAN提供の拠点分散型・クラウドストレージサービスを導入、東西2拠点・合計で6重のバックアップを実施します。そのため、日次、週次、月次のパックアップをスムーズに行うことが可能、保全性も高いというメリットがあります。

災害などでデータセンターが被害を受けたときの対策も万全ですので、安心してデータを保存できます。


東西で合計6重のバックアップ

3. インターフェースの言語の切り替えが可能

「desknet's HR」は、インターフェースの言語を日本語または英語から選択できますが、これは「desknet's HR」だけに搭載されている機能です。

世界各国の時差の設定も可能、海外にいるメンバーのスケジュールについても、現地時間でしっかり管理することが可能です。


グローバル対応も可能

 

料金プラン

ライセンスを購入しない場合は、1ユーザー当たり1カ月400円で利用できます。

ユーザーは5人以上からとなり、自由に追加することが可能です。

5ユーザー単位で申込をしたい場合は、1ユーザー180円で利用できるライセンス持込型のほうがおすすめできるでしょう。

評判・口コミ

大幅なコスト削減に成功
株式会社 畠山製作所様

PC入れ替え時に必要になるのが、ライセンスの再設定やメンテナンスなどです。また、それに伴う電気代もかなりかかりますが、「desknet's HR」を導入することによってこれらのコストの削減に成功しました。

*「desknet's HR」公式HP参照

まとめ

エンジニアが特に多くない限り、情報共有で悩んでいる会社にはうってつけです。エンジニアもエンジニア以外の人も使いやすい、というのが「DocBase」の大きな特徴だからです。

社外のパートナーと協業している、アルバイトやインターンを多く雇っているなど、情報共有の権限設定に細やかな配慮が必要な会社でも重宝するでしょう。

人数としては、20〜30人程度の規模におすすめです!これくらいの規模は、情報が属人化しがちで、かつ直接のコミュニケーションによる情報共有が難しいため、最も効果を発揮するでしょう。

画像出典元:「desknet's HR」公式HP

その他の【グループウェア】のツール

起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ