記事更新日: 2021/02/26

執筆: 編集部

編集部コメント

Aipoは、幅広い世代の方に抵抗感なく利用してもらえる非常にシンプルな操作性がウリのグループウェアです!使いやすさに定評があるので初めてグループウェアを導入する企業におすすめです。スケジュール管理、チャット機能、勤怠管理、各種申請業務など、リーズナブルな価格設定にも関わらず社内の煩雑な作業を一気に一元管理します。

グループウェアを比較したい方はこちら

利用規約とご案内の連絡に同意の上

まとめて資料請求

グループウェアツールを徹底的に調べた起業LOG編集部がおすすめする4サービスの資料をダウンロードできます。

1. カレンダー機能

予定の共有、設備予約などに活用できる。安心のリマインダー機能

2. ビジネスチャット機能

相手に即座に通知されるためリアルタイムコミュニケーションに最適

3. タイムライン機能

予定の登録や変更、タスクの追加など、さまざまな情報を即座に把握できる

良い点

シンプルなインターフェースと安価に使える料金体系のため、導入しやすくITリテラシーの低い方でもストレスなく使えます。

悪い点

サポートはチャットによるものなので、電話でのサポートを受けることができません。

費用対効果:

かなり安価に使える印象。自社に浸透するか不安な企業はLiteプランから段階的に利用していくことができます。

UIと操作性:

業種や職種・年代に限らず、直感的に利用できるシンプルなインターフェースでチームへの浸透を促進します。

社外連携:

Gooleカレンダー、Outlookカレンダー、iCloudカレンダーなど各種カレンダーソフトと連携が可能です。

サポート体制:

サポートもメールではなく、チャットで気軽にできる点はさすが徹底しているという印象。

セキュリティ:

Amazon社が提供するAWSのデータセンターを利用。非常に高い信頼性を持つ認証と認定を受けていて、多数の豊富な実績がある。

Aipoの3つの特徴

1. チームの予定を1つのカレンダーで共有

Aipo(アイポ)の最大の特徴、それはひとつの画面でチームのメンバーの予定を可視化できる点です。

会議室や設備の予約、柔軟な繰り返し設定、過去の予定の検索、予定のエクスポート、豊富な機能でスケジュール管理を強力にサポートしてくれます。

マウスでドラック&ドロップするだけで任意の時間帯にスケジュールを追加することができ、時間の変更もドラックで移動するだけでかんたんに変更できます。

Aipoスケジュール画面
 

情報共有ツールをチームに浸透させるための第一歩として、まずはスケジュールを共有できる機能がついているのは、今までグループウェア導入に挫折してきた企業にとってはありがたい機能ですね。

2. チャット機能でビジネスを加速

Aipoの次の特徴は、ビジネスを加速化させるチャット機能が搭載されている点です。

チャット機能を使えば、社内メールや会議の代わりになり、どこでもリアルタイムで迅速にやりとりができ、ビジネスにおける決断が早くなります。

また、チャット専用のスマートフォンアプリもリリースされており、従来のスマートフォンウェブブラウザより快適な操作で利用できます。新着メッセージはプッシュ通知で届きますので、外出時や離席時の確認漏れを防ぐことができます。

Aipoのチャット画面





 

3. 必要な機能だけを導入できる

Aipoの3つ目の特徴は、必要な機能のみを選択して導入できる点です。

カレンダーやチャット、ワークフローなど機能ごとに料金が課金されていく料金体系なので、他のツールとの併用も無駄なくできます。

例えば、カレンダーはGoogleカレンダーで十分という方や、既に別のグループウェアやタスク管理システムを導入している場合でも、不必要なコストをかける心配がありません。

初めて導入する方にとっても、各機能月額100円〜利用できるので、予算をできるだけ抑えたいと考えている方にはおすすめできるサービスと言えます。

Aipoの料金プラン

機能 月額料金
カレンダー 200円
チャット 100円
ポータル 100円
タイムカード 100円
ワークフロー 100円
タイムライン 100円
TO DO (タスク共有) 100円
プロジェクト 100円
フォルダ 100円
Wiki 100円
掲示板 100円
報告書 100円


Aipoは機能追加ごとに料金が発生する課金型となっているため、必要な機能だけを導入することが可能です。

14日間無料お試しすることができるので、導入前に必要な機能や操作性を確かめてみることをおすすめします。

無料トライアル終了後、自動で課金されることはありません。

Aipoの評判・口コミ

コンサルティング

2〜10人

価格は非常に安い

利用にかけた費用

1名あたり300円程度

使いやすいと感じた点を教えてください。

転職支援会社で使っていました。社員の営業活動状況を把握したり、求職者の来社面談日程、使いたい会場の状況管理など、シンプルイズザベストのスケジューラーだと思います。価格にも非常に満足しています。

不便だと感じた点を教えてください。

当時はアプリでなくWEBブラウザー上での操作(スマホでもブラウザ経由使用)だったので、スマホ上で操作するには細部拡大が必要でした。慣れるまでは押し間違いもあるなど、結構操作しにくかったです。

他の会社にもおすすめしますか?

価格は非常に安いと思いますのでおすすめです。ただ、zoomチャットワークgooglemeetなど、オンラインツールが格段に普及してきた今、スケジューラー機能単体のサービスは、利便性・必要性が低下してきているように感じます。

通信

2〜10人

価格が4倍近く高かった

使いやすいと感じた点を教えてください。

社員のスケジュールや来客スケジュール、使用施設管理など、社内の活動を見える化できるので良いと思いました。

不便だと感じた点を教えてください。

基本的には便利だったのですが、グレードアップするかどうかで社内で議論した結果、見送りました。

理由は価格が4倍近く高かったからです。

利用プランがスケジューラーのみのプランだったので、掲示板やファイル共有・チャット機能などを付帯して社内基幹コミュニケーションツールにしようかどうか検討したのですが、最終的には価格が見合わないと判断しました。

レジャー

501〜1000人

情報の共有化をして無駄な時間を省ける

 導入に至った決め手を教えてください。

幅広い派遣先だったので、全員の行動を共有化したいからと聞いています。

使いやすいと感じた点を教えてください。

情報がすぐに反映できるので、社内連絡や各個人の行動内容が把握できてよかったです。課長に電話したが全く返事がないので、スケジュールを確認したら有給中と分かったなど、人属に確認が進むのでありがたいです。

不便だと感じた点を教えてください。

そのツールはガラケーでは操作ができないのうで、ガラケーの人は登録も編集も確認もできません。社内連絡も確認できないため、締め切りに間に合わなかった事が多々発生しました。どのように解決するかが課題になりました。現在も、コレという良い方法は定まっていません。

また、最初は使い勝手が悪く、慣れるまでにそれなりに時間がかかりました。

他の会社にもおすすめしますか?

おすすめはできると思います。情報の共有化をして無駄な時間を省けるのは、活用のし甲斐いがあると思います。(上司より返事が来ないなどと悩む時間、上司が休みとわかるので前日までに書類を提出するなど)

 

IT

11〜30人

サイボウズのほうがおすすめ

初期費用・月額費用・料金プラン名等 

ベーシックプラン 

利用期間 

2017年8月から2018年12月 

使いやすいと感じた点を教えてください。 

社内連絡ツール、出退勤の管理ツールとして使用していました。導入までは紙タイプの退勤管理でした。テレワーク、コアタイプ勤務など、働き方の状況に応じてどこにいても使用できる共通の連絡ツールという点で便利だと感じました。 

不便だと感じた点を教えてください。 

メール機能が使いにくいです。メールに関しては、結局Outlookなどのメールツールで管理していました。気軽にできるチャットなどもなかったので、別ツールで個別対応することになり、面倒だと感じました。最終的には、社員のスケジュール共有と、社内連絡掲示板としての役割だけにとどまっていたと思います。 

他の会社にもおすすめしますか? 

以前の会社ではサイボウズを使っており、社内スタッフのやりとりは全てサイボウズ内で行っていました。サイボウズはクラウド型で、いつでもどこでも受信送信メールが確認できて便利だったので、Aipoよりはサイボウズをおすすめすると思います。

まとめ

この記事ではAipoの特徴・評判・料金を解説しました。

Aipoはカレンダーやチャット、タイムカードなど必要な機能を選択して導入することができるからこそ、オールインワンパッケージのものと異なり、無駄なコストをかけることなく利用することができます。

現在利用しているサービスにはない機能のみを補完的に利用する場合にも、初めてグループウェアを導入する場合にもおすすめです。

14日間無料お試しすることができ、終了後自動で課金が発生する心配もないので、まずは試しに利用してみてはいかがでしょうか。


画像出典元:「Aipo」公式HP

100社の導入事例まとめがついてくる!

起業LOG独自取材!

起業LOG独自取材!

100社の導入事例まとめがついてくる!

はじめて起業ログで資料請求した方には、起業LOG編集部が独自調査した導入事例まとめをプレゼント!

グループウェアの資料を一括ダウンロード

関連するサービスの比較記事

グループウェア
資料がすぐに届く!
一括資料請求
起業LOG運営のプロトスター社では一緒に働く仲間を募集しております

ページトップへ